夫 の 扶養 から 抜け出し たい。 【ふよぬけ】「夫の扶養から抜け出したい」の感想と結末予想!専業主婦がモラハラ夫と幸せになるには!?

【無料試し読みあり】夫の扶養からぬけだしたい

夫 の 扶養 から 抜け出し たい

「夫の扶養から抜け出したい」は作者ゆむいさんの体験を元に漫画にした半分フィクションのエッセイです。 ふよぬけの夫のつとむはフィクションの存在で、 ゆむいさんの夫のぷーさんとは別人です。 「夫の扶養から抜け出したい」 同様、 ゆむいさんは離婚せずに再構築の道を選ばれており、家族の様子はSNSやブログで見ることができます。 今回は「夫の扶養から抜け出したい」ファンの私が• ゆむいさんの結婚・離婚状況• ゆむいさんのプロフィール• ゆむいさんのお仕事情報 をまとめます。 ここから先は詳細なネタバレを含みます。 まだ漫画を読んでいない人は に無料登録するともらえる 600円分のポイントを使って最後まで読んでから先に進んでください。 U-NEXTは月末月初関係なく31日間無料です。 名前:ぷーさん• 容姿:眼鏡をかけたビール腹• 仕事:転勤ありのサラリーマン ゆむいさんの夫はブログやツイッターに登場します。 夫が新手の詐欺に引っかかった話。 マンガ内のつとむの 「たった40万円の収入で『共働き』って堂々と言えるの? 」という発言は実際にゆむいさんが受けた言葉だそうす。 ゆむいさんの漫画は 夫のぷーさんが一番の読者だそうで、モラハラ発言が時折あるものの、それすらネタにして仲良くされているようです。 「夫の扶養から抜け出したい」 ゆむいの再婚なしで離婚していない実体験部分の考察• 夫が転勤族• 妻が2人目出産後、イラストレーターとしてデビュー• 夫は妻が働くこと希望• 保活に苦労した経験あり ゆむいさんはにて「夫の扶養から抜け出したい」は実体験をもとに漫画にしているが実話ではないと語られています。 実際、ゆむいさんの状況はふよぬけとほぼ一致しており、転勤に苦労する様子も描かれていました。 産後1ヶ月で夫の転勤辞令。 それでも「一緒に行く」と決めた理由 子供が小さいとき、単身赴任にするか、帯同するか、迷いますよね〜。 悩んだ末、我が家はこういう選択をして現在に至ります。 — ゆむい yumuihpa ゆむいさんが実際に体験されたのは以下のようなモラハラ発言部分がメインです。

次の

『離婚してもいいですか?翔子の場合』結末で泣いた【ネタバレ・感想】

夫 の 扶養 から 抜け出し たい

夫の扶養からぬけだしたい第23話最終回のネタバレ! エミ「えー!離婚しないのー!? 」 「納得できないなー」 ひとみ「まぁまぁ。 こればっかりは納得とかそういうんじゃないから…」 ももこは同級生のエミとひとみとお茶をして、自分の気持ちを話していた。 つとむが搬送された病院へ向かう途中で事故現場で血の跡を見た瞬間、心の底から憎んでたらほくそ笑んでいただろうけど、「無事でいて欲しい」と思ったのだとももこは言う。 ももこ「…あのね。 私、精神的にズタボロだったけど… ここまで来れたのは、ひとみとエミがいてくれたからだよ。 」 「本当にありがとう」 エミは、たるとの前で夫婦喧嘩しないでよと注意した。 「もちろん!」と答えたももこは、父が母のことを叩いていたことを思い出す。 エミ「もし、また旦那が暴走したら私が狙撃してあげる」 つとむの後輩・山田 つとむの後輩・山田はスマホを見ながらため息をつく。 山田「先輩の仕事ぶりは尊敬してたけど、ああはなりたくない」 「ここに居続けたら、俺もあんな風に…」 つとむの事故のことを思い出して、山田はゾッとする。 あれからも会社はいつも通りに回っており、部長は相変わらず無茶ぶりをしているし、課長もよく考えずに部下に仕事を丸投げして、何も変わらない。 山田「仕事変えようかな…」 『転職の心得』というサイトを読みながら、転職するなら20代のうちに挑戦してみたい…。 山田「…転職…。 いや…起業もいいなぁ」 ももことつとむのその後 ニュースで芸能人の離婚の話が流れ、その理由が『価値観の違い』。 街頭インタビューで「他人なんだから価値観が違って当たり前」「そこを歩み寄るのが夫婦」「若い人は堪え性がない」という意見を聞いて、ももこのズキッと心が痛んだ。 ももこも少し前まではそういうものだと思っていた。 でも、「価値観の相違」を理由に挙げるのは字面通りではなく、自分が大事にしているものを相手に理解してもらえなかったり、軽視され、尊重してもらえないときに限界を感じるのだと思う 自分が価値を見出しているもの…軽く扱われたくない。 ももこは、今つとむと互いに大事にしているものを尊重できているのかと考える。 生きているだけでお金がかかる 夫の扶養を抜けてから家計を見直し、基本的な生活費をつとむ、教育費と通信費をももこが払い、ざっくりだけどちょうどいいかな…と家計を管理していが、 つとむ「収入が増えたなら、その分生活も潤った方が…」 と、冗談なのか本気なのか、時々こんなことを言ってくる。 市民税、国民年金、国民健康保険…。 基本的なものだけでも大きな支出になる。 必死に辿り着いた最初の目標201万円。 それを下回らないように維持…。 いや、それ以上の収入になるように走りつづける必要がある。 幼稚園の月謝に給食費や絵本代、指定服の買い足しに、父母会費やイベントごとの参加費。 しかも、子どもが可愛いからついつい散財もしちゃうから、幼児教育の無償化が始めるけど油断できない。 中学生の子がいるママ友も「笑えるくらいお金が飛ぶ」と言ってた。 理由はどうあれ、一歩踏み出してよかったと思うももこ。 仕事用の机に向かう。 もっと絵も上達したいし、たくさんの人に作品を見てもらいたい。 扶養を抜けて感じたのは、常に付きまとっていた焦燥感や閉塞感が軽減した代わりに、責任を負うことへの緊張感と心が自由になった開放感が増えた。 「今日も張り切って描くぞーっ!」 >>『夫の扶養からぬけだしたい』完• 簡単登録無料• 別途料金は発生しません• 割引クーポンが豊富 リンク先: 初回登録で半額クーポン! 『夫の扶養からぬけだしたい』を無料で読む方法として、FODの登録して1300ポイントもらえる方法を利用すれば、漫画を無料で読むことも可能です。 サービス一覧 U-NEXT FOD music. 夫の扶養からぬけだしたい第23話の感想・考察 最後は、オマケにような内容で、みんなのその後が書かれていました。 見た感じでは、つとむは以前のようにモラハラしている様子もなく、逆にももこの尻に敷かれ始めているような感じも見受けられました。 ももこにとっては、これで良かったのかな…? まぁ、最終回で離婚が正解だとも思えないって言っていたから、良かったのでしょうね。 これで『夫の扶養からぬけだしたい』は終わりになります。 以上、『夫の扶養からぬけだしたい』第23話のネタバレ感想でした。

次の

夫の扶養から抜け出したい(ふよぬけ)ネタバレありで最終回までのあらすじ解説と感想【おとふよ】

夫 の 扶養 から 抜け出し たい

夫の扶養からぬけだしたい第23話最終回のネタバレ! エミ「えー!離婚しないのー!? 」 「納得できないなー」 ひとみ「まぁまぁ。 こればっかりは納得とかそういうんじゃないから…」 ももこは同級生のエミとひとみとお茶をして、自分の気持ちを話していた。 つとむが搬送された病院へ向かう途中で事故現場で血の跡を見た瞬間、心の底から憎んでたらほくそ笑んでいただろうけど、「無事でいて欲しい」と思ったのだとももこは言う。 ももこ「…あのね。 私、精神的にズタボロだったけど… ここまで来れたのは、ひとみとエミがいてくれたからだよ。 」 「本当にありがとう」 エミは、たるとの前で夫婦喧嘩しないでよと注意した。 「もちろん!」と答えたももこは、父が母のことを叩いていたことを思い出す。 エミ「もし、また旦那が暴走したら私が狙撃してあげる」 つとむの後輩・山田 つとむの後輩・山田はスマホを見ながらため息をつく。 山田「先輩の仕事ぶりは尊敬してたけど、ああはなりたくない」 「ここに居続けたら、俺もあんな風に…」 つとむの事故のことを思い出して、山田はゾッとする。 あれからも会社はいつも通りに回っており、部長は相変わらず無茶ぶりをしているし、課長もよく考えずに部下に仕事を丸投げして、何も変わらない。 山田「仕事変えようかな…」 『転職の心得』というサイトを読みながら、転職するなら20代のうちに挑戦してみたい…。 山田「…転職…。 いや…起業もいいなぁ」 ももことつとむのその後 ニュースで芸能人の離婚の話が流れ、その理由が『価値観の違い』。 街頭インタビューで「他人なんだから価値観が違って当たり前」「そこを歩み寄るのが夫婦」「若い人は堪え性がない」という意見を聞いて、ももこのズキッと心が痛んだ。 ももこも少し前まではそういうものだと思っていた。 でも、「価値観の相違」を理由に挙げるのは字面通りではなく、自分が大事にしているものを相手に理解してもらえなかったり、軽視され、尊重してもらえないときに限界を感じるのだと思う 自分が価値を見出しているもの…軽く扱われたくない。 ももこは、今つとむと互いに大事にしているものを尊重できているのかと考える。 生きているだけでお金がかかる 夫の扶養を抜けてから家計を見直し、基本的な生活費をつとむ、教育費と通信費をももこが払い、ざっくりだけどちょうどいいかな…と家計を管理していが、 つとむ「収入が増えたなら、その分生活も潤った方が…」 と、冗談なのか本気なのか、時々こんなことを言ってくる。 市民税、国民年金、国民健康保険…。 基本的なものだけでも大きな支出になる。 必死に辿り着いた最初の目標201万円。 それを下回らないように維持…。 いや、それ以上の収入になるように走りつづける必要がある。 幼稚園の月謝に給食費や絵本代、指定服の買い足しに、父母会費やイベントごとの参加費。 しかも、子どもが可愛いからついつい散財もしちゃうから、幼児教育の無償化が始めるけど油断できない。 中学生の子がいるママ友も「笑えるくらいお金が飛ぶ」と言ってた。 理由はどうあれ、一歩踏み出してよかったと思うももこ。 仕事用の机に向かう。 もっと絵も上達したいし、たくさんの人に作品を見てもらいたい。 扶養を抜けて感じたのは、常に付きまとっていた焦燥感や閉塞感が軽減した代わりに、責任を負うことへの緊張感と心が自由になった開放感が増えた。 「今日も張り切って描くぞーっ!」 >>『夫の扶養からぬけだしたい』完• 簡単登録無料• 別途料金は発生しません• 割引クーポンが豊富 リンク先: 初回登録で半額クーポン! 『夫の扶養からぬけだしたい』を無料で読む方法として、FODの登録して1300ポイントもらえる方法を利用すれば、漫画を無料で読むことも可能です。 サービス一覧 U-NEXT FOD music. 夫の扶養からぬけだしたい第23話の感想・考察 最後は、オマケにような内容で、みんなのその後が書かれていました。 見た感じでは、つとむは以前のようにモラハラしている様子もなく、逆にももこの尻に敷かれ始めているような感じも見受けられました。 ももこにとっては、これで良かったのかな…? まぁ、最終回で離婚が正解だとも思えないって言っていたから、良かったのでしょうね。 これで『夫の扶養からぬけだしたい』は終わりになります。 以上、『夫の扶養からぬけだしたい』第23話のネタバレ感想でした。

次の