セルフ ホワイトニング 機器。 セルフホワイトニング機器の導入|初期費用や溶液は安い・高い?|開業におすすめ

セルフホワイトニングは医療行為?真っ白にならない理由とは…

セルフ ホワイトニング 機器

Contents• ホームホワイトニングとは ホームホワイトニングとは自宅で歯を白くする方法です。 特徴として、 生まれた以上の歯の白さを手に入れることができるのがホームホワイトニングです。 ホームホワイトニングでは国にホワイトニング効果が認められている過酸化水素(漂白剤)入りの製品を使うことで歯の内部から歯を白く漂白します。 歯の表面だけ白くするオフィスホワイトニングや歯の汚れを取り除くホワイトニング歯磨き粉と違って一度ホームホワイトニングで歯を白くするとなかなか色が落ちないです。 日頃からコーヒーを飲む人や喫煙者はホームホワイトニングがおすすめです。 一度ホームホワイトニングで歯を白くすると、なかなか黄ばみにくくなります。 ホームホワイトニングは過酸化水素の濃度が 15%と薄いので効果を実感するのに時間がかかります。 しかし時間をかけてゆっくり確実に歯を白くするので一度歯が白くなれば歯の白さがずっと継続します。 歯の内部から徹底的に歯を白くするので確実に歯を白くしたい人におすすめです。 いますぐに歯を白くしたい人は一度で歯が白くなるオフィスホワイトニングがおすすめです。 ホームホワイトニングと他の比較 ホワイトニング方法は主にホームホワイトニング、オフィスホワイトニング、ホワイトニング歯磨き粉の3種類あります。 ホームホワイトニングの特徴をオフィスホワイトニングとホワイトニング歯磨き粉と徹底比較してみました。 「効果」「薬剤」「料金」の3つの項目で比較しました。 しかしホームホワイトニングは歯が白くなるまでに時間がかかります。 お金がかかっても緊急で今すぐに歯を白くしたい人は オフィスホワイトニングがおすすめです。 オフィスホワイトニングに興味がある方は2,500円でできる日本最安のスターホワイトニングのページ参照です。 違いとしてはホームホワイトニングの方が過酸化水素の濃度が薄いので白くなるまでに時間がかかります。 過酸化水素は漂白剤でもともとの白さ以上に歯を白くすることができます。 しかし人によっては過酸化水素を用いたホワイトニングは歯に薬剤が染みて痛い可能性があります。 ホワイトニングの薬剤が染みて歯が痛い人や漂白剤を使うのが怖い人は ホワイトニング歯磨き粉がおすすめです。 時間がかかっても安く確実に歯を白くしたい人はホームホワイトニングがおすすめです。 ホームホワイトニングは一度マウスピースを作ればあとは定期的に薬剤ジェルをもらうだけなのでトータルコストはかなり安いです。 注意点 マウスピースが必要です。 自分の歯型にあったマウスピースを作らずに自己流で行うと歯や歯茎が傷ついてしまいます。 マウスピースは専門のホワイトニングクリニックで一度作りましょう。 おすすめのマウスピースを作るクリニックは ホワイトエッセンスです。 47都道府県展開の日本一のホワイトニングクリニックなのでホワイトニング用のマウスピースを作るのにおすすめです。 マウスピースとオパールエッセンスのホワイトニングジェルをもらいました。 マウスピースを作るだけでなく、ホワイトニングの方法や注意点など細かく丁寧に教えてくれたのでこれからホームホワイトニングをしようと考えている方やホームホワイトニングが不安な人におすすめです。 2位:海外製ホワイトニングペン Be Smileのおすすめポイント ・酸化チタンで汚れ除去 ・歯磨き粉より効果あり ・漂白剤が怖い人向け ・歯の傷を修復する ビースマイルは日本で入手できる人気ホームホワイトニングキットです。 酸化チタンという成分で歯を白くして、歯の傷を修復するので歯も汚れにくくなります。 歯磨き粉よりも歯に効く時間が長いので、効果が高いです。 過酸化水素は人によっては痛かったりするので、 ホワイトニング薬剤を使うのが怖い人におすすめです。 ビースマイルはLEDもついているので効果倍増が見込めます。 ビースマイルは公式HPでのみ入手可能です。 いまなら20%オフキャンペーンしているのでチェック推奨です。 しかし多くの歯磨き粉は効果の薄い歯磨き粉が多いです。 こちらの記事ではホワイトニング研究所が独自の観点で厳選したおすすめのホワイトニング歯磨き粉を紹介しています。 ホワイトニングをする時間や薬剤を使うのは怖い人はホワイトニング歯磨き粉でじっくり歯を白くしましょう。 おすすめホームホワイトニングはオパールエッセンス 自宅で出来るおすすめのホームホワイトニングランキングTOP5を徹底解説しました。 ぜひ自分にあったホームホワイトニングをしてみてください。 特におすすめが 1位のオパールエッセンスでのホワイトニングです。

次の

セルフホワイトニング開業・機器導入なら「プラチナムGE」【公式】

セルフ ホワイトニング 機器

セルフホワイトニング機器を徹底比較!おすすめマシンはどれ? セルフホワイトニング機器を徹底比較!おすすめマシンはどれ? 大きな盛り上がりを見せるホワイトニング市場。 口元の美しさが重視されるようになった現在、ホワイトニングの需要はかなり高くなっています。 店舗の空きスペースの活用、または事業拡大などを目的としてセルフホワイトニングを導入するためには、 開業に相応しいホワイトニング機器の選択が必要です。 ・セルフホワイトニング機器にはどのような種類があるのか ・それぞれの価格はどれくらいか ・導入することで得られるメリットとは 以上の要素を踏まえ、おすすめの業務用ホワイトニング機器の情報を比較してみましょう。 セルフホワイトニング導入に最適な機器一覧 日本国内で手に入る業務用セルフホワイトニング機器は様々です。 ただ、 セルフホワイトニングの仕組み自体に大きな違いはありません。 現在は特殊なジェルを塗布した歯にLEDライトを照射し、光触媒を発生させて歯の表面に付着した汚れ(ステイン等)を浮かせる方法が一般的です。 「それならどの機器を選んでも同じなのでは?」と考えるかもしれませんが、 初めての事業を成功させるためにも、導入する機器をしっかり選ばなければいけません。 これから紹介する機器は 開業という観点からおすすめできるもの。 それぞれの特徴をご確認ください。 集客に関するサポートも充実しており、困ったことがあればコールセンターやLINEで相談することも可能です。 また、 機器代にはその他の備品(ホワイト溶液やマウスオープナー、歯ブラシなど)がスタートパックとして含まれています。 開業に必要となるアイテム一式をまとめて揃えられる点は魅力的です。 歯に塗布する溶液は 酸化チタンを主成分とするスプレー式の国産ジェル。 食品として認められた酸化チタンを含むため、飲み込んでも問題ないほどの安全性を誇ります。 スプレー式なので塗布に手間がかかりません。 Magic White(マジックホワイト) 機器の情報 電力 36W 照射時間 21分 保証期間 記載なし 買取/レンタル 買取 支払い方法 記載なし 定価 365,000円 海外製のホワイトニングLED機器、その名も マジックホワイト。 希望であれば導入講習を受けられます。 日本での取扱店舗はそこまで多くないものの、初期投資が少額というメリットが特長です。 マジックホワイトのLED機器はパーツ分解できて、付属品である専用のキャリーケースに入れれば出張ホワイトニングが可能になります。 60回分の備品(ホワイト溶液など)も定価に含まれているのでお得です。 ベルギー産のホワイト溶液は、 オーガニックの炭酸水素ナトリウム(ベーキングソーダ)を含んでいます。 歯に優しい成分で安全性が高く、かつ歯の汚れを浮かせる効果にも優れています。 初期費用として198,000円が発生しますが、 80名分のホワイトニングキットとマシンの1年保証、そして施術研修などが開業スタートパックとして提供されます。 そしてレンタル月額料は19,800円。 2年間の契約期間後は1年間の自動契約更新となります。 歯に塗布する溶液は 真珠と珊瑚由来の成分を含み、天然のカルシウムを用いたホワイトニングが可能です。 機器代は0円で好みのタイプを選べます。 初期費用として必要になるのは、定期パック代2ヶ月分と初回優待パック代です。 有料の出張研修(関東エリア限定)に対応しているため、機器の使用法などで困ったことがあっても安心です。 使用する専用ジェルは 酸化チタンと酸化タングステンを独自配合したもの。 光の波長を選ばずに光触媒を発生させられるため、高いホワイトニング効果が期待できます。 ホワイトニング機器の賢い選び方 せっかく機器を導入しても、売上が伸びなければ利益に繋がりません。 かといって安い機器を購入すればいいわけではなく、 顧客獲得を目指すなら効果にもこだわりたいところ。 そこで セルフホワイトニング機器を選ぶ上で重視すべき3つのポイントを紹介します。 利益に繋がるホワイトニング機器を求めているなら、ビジネスを成功させるために以下のポイントをしっかりと確認しましょう。 機器の性能をチェック セルフホワイトニングで使用するLED機器を選ぶ際、 パワー出力(ワット)に注目してみましょう。 ワット数が高いほど光触媒作用は大きくなります。 ただしワット数が高すぎると熱を感じたりする恐れがあるため、 セルフホワイトニング用であれば50~55W程度が最適です。 サロンで利用されているLED機器のほとんどは青色の光を発します。 紫外線が含まれていると日焼けなどのリスクがあるため、安全性が保証されたものを選択しましょう。 支払い方法をチェック 一括で支払える額は人によって異なるものですが、導入費用を抑えたいと考えた場合、分割払いに対応していると安心です。 レンタル品もまた初期費用を抑えられます。 しかしレンタル期間が長くなるにつれて総額は大きくなるため、 分割払いによる購入が結果的に負担は少なくなるでしょう。 そして 施術に必要な備品は使い捨てが基本。 備品の金額にも注目しておきたいところです。 サポートの充実度をチェック 3つのポイントの中で最も重要なもの、それが サポート体制です。 セルフホワイトニング機器の販売だけではなく、開業支援を行ってくれるメーカーを選ぶことで、開業から運営までがかなりスムーズになります。 セルフホワイトニングの開業において特に必要な資格などはありませんが、経営に関するノウハウを学ぶことは不可欠です。 導入後まで丁寧にサポートしてくれるメーカーが理想的でしょう。 導入するならホワイトニングLED55がおすすめ! 株式会社シャリオンが運営するサービス、 ホワイトニングネット。 加盟店は47都道府県すべてに存在しており、全国で約2000店舗を超えます。 そのホワイトニングネットのオリジナルブランドこそが ホワイトLED55です。 ホワイトLED55は55Wという高出力でありながら、安全性に関するエビデンスを取得しています。 使用されている青色LEDは紫外線を発生させず、安全な施術が可能です。 また、ホワイト溶液には食品添加物としても使用される酸化チタンが含まれています。 光触媒作用をより高めるための配合で、ホワイトニング効果も十分です。 そして何よりの魅力はメーカーによるサポートの充実度。 全国のセルフホワイトニングサロンの8割以上がホワイトニングネットに加盟しているため、その実績の高さは折り紙付き。 新たな事業展開をしっかりとサポートしてくれます。 セルフホワイトニング事業はローリスクで始められるというメリットがありますが、 開業後にどう集客し、どう売上を伸ばしていくのかが重要なポイントです。 ホワイトLED55は性能の高さだけでなくメーカーの対応力も魅力的。 強力なビジネスパートナーになってくれるでしょう。

次の

ホワイトニングや美容機器販売まで!美容機器販売事業のご紹介

セルフ ホワイトニング 機器

美容界の新しいビジネスとして、今もっとも注目を集めている セルフホワイトニング。 市販品で行なうホームホワイトニングよりも即効性と効果に優れていて、歯科で受けるオフィスホワイトニングよりも手軽に続けられる歯の美容として、世間の注目度はグングン高まっています。 そこをビジネスチャンスとして狙うアナタはさすが! たっぷりと市場が広がっているだけでなく、ローリスクで始められるところがセルフホワイトニング導入の大きなメリットだからです。 余っているスペースがあれば始められる! 資金が少なくてもチャレンジできる! 特別な資格や準備がなくてもOK! など、「やってみたい!」と思ったらすぐに始められるのがセルフホワイトニング事業です。 ビジネスとして成功させるカギは、なんといっても 機器選び。 そこで「セルフホワイトニングマシンといえば・・」の、今注目すべきベスト3をご紹介します! コンテンツ• ホワイトLED55 株式会社シャリオンが手掛ける ホワイトニングネットというサービスの看板商品。 セルフホワイトニング界のパイオニア的存在として、すでに日本全国で4,000店舗以上も導入されています。 そんなLEDマシンは、 自社で開発・製造しているというこだわりよう。 「歯がキレイになることで自信を持ち、会話が増え、笑顔が増える。 だからひとりでも多くの方に、歯への興味を持っていただきたい」という、社長のセルフホワイトニングに懸ける思いがギュッとつまった注目度NO. 1のホワイトニング機器です。 LEDの特徴 東京都立産業技術研究センターによる分光放射測定と消費電力測定で、紫外線領域ではなく安全性の高い光を発することを検証済み。 450nm前後の光は可視光線といって、身体にダメージを与える紫外線からは離れた領域です。 サイズ 高さ142cm 幅63cm アーム最長125cm 重さ 18. 5kg 電力 55w 定価 1,100,000円 溶液・付属品について ホワイトLED55で使用するホワイトニング溶液は、おもに 酸化チタンからできています。 酸化チタンといっても塗料と同じではなく、食品としての安全基準をクリアした特殊な酸化チタンなので飲み込んでしまっても大丈夫。 化粧品登録されていてMSDS(化学物質等安全データシート)のお墨つきなので、安心して使用できます。 また、ホワイトニングでは過酸化水素や過酸化尿素が用いられることがありますが、これらは医薬品にあたるため医療行為を行なわないサロンで使用することはありません。 WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン) 選びぬかれたオーガニック素材だけを使用することで、安全かつ高品質なセルフホワイトニングを実現しています。 とくに、独自に作っている ブランジェルという溶液に注目。 高いステイン除去作用によってホワイトニング効果を大きく向上させています。 LEDライトの本体はレンタルなので、初期費用や月々の出費が抑えられる仕組みもうれしいポイント。 LEDの特徴 サイズ 高さ142cm 幅63cm 重さ 18. 5kg 電力 40w 定価 0円(初期費用198,000円/月額19,800円) 溶液・付属品について 真珠とサンゴ由来のカルシウムを原料にして作られたオリジナル溶液・ブランジェルに注目! ジェルの中ではそれぞれのカルシウムが微粒子化されていて、歯に塗布すると炭酸イオンとカルシウムイオンに分離。 LEDを照射した際に起こる熱遷移を、ステインの除去に応用しています。 染み込んでしまう油分(汚れ)の遊離を実現した最新技術によって、より高いホワイトニング作用が期待できます。 PLATINUM(プラチナム) 3種のLEDマシンを展開。 卓上タイプ1種・スタンドタイプ2種のなかから、営業形態や予算などに合わせて選ぶことができます。 とくに卓上用は小さなスペースで使えるので、ネイルやマツエクなどすでに行なっているサービスの延長でプラスアルファできると評判。 有料で事前研修を行なってくれるものの関東エリアのみなので、遠隔地での導入は厳しいという面も。 溶液・付属品について 酸化チタンと酸化テングステンを配合したオリジナル溶液で、安全かつ高い光触媒作用を実現しています。 オリジナルロゴが入った歯ブラシや紙コップが用意されていて、プラチナムによるブランディング意識が高め。 そのほか必要な備品は初回優待パック(80,000円)として用意されているので、開業準備もラクラク! まとめ ホワイトニング機器はさまざまなメーカーから販売されていますが、どれがイイのか決めるのは難しいもの。 費用で選ぶ? LEDのパワーで選ぶ? 溶液の成分で選ぶ? 比較できるポイントはいくつもあり、どれが最適かというのは選ぶ人次第。 歯科で行なうオフィスホワイトニングは漂白によって歯を明るくしますが、自分自身で施術するセルフホワイトニングでは医療用の成分を使うことができません。 ですから安全性の面でいえば、どの商品も安全なはずなんです。 LEDの光は紫外線とは離れた波長ですし、歯に塗る溶剤(酸化チタン)は体内に入っても大丈夫。 安全であることを大前提に、 歯の汚れや着色をクリーニングすることで本来の白さに戻してキープするのがセルフホワイトニングの目的です。 購入orレンタル・・初期投資とランニングコストで選ぶなら? いざセルフホワイトニング事業をはじめよう!と決めたら、いちばん気になるのがお金のことではないでしょうか? マシンを購入するのか、レンタルするのかで費用はかなり変わってきます。

次の