失業保険 いつからいつまで。 失業保険の延長申請をするには?期間や必要な書類・忘れた場合や入手方法を徹底解説!

失業保険はいつ振込まれますか、振込日の確認方法。

失業保険 いつからいつまで

失業保険の給付期間は?いつからいつまで? 失業保険の給付期間は、離職理由と雇用保険の被保険者の期間で異なります。 離職理由ごとに失業保険の給付期間を確認してみましょう。 まず退職理由が自己都合による一般受給資格者の場合です。 一般受給資格者の場合は、年齢によって期間は考慮されません。 一律一定の期間給が給付されることになります。 給付期間は、雇用保険の被保険者期間1年以上10年未満で90日、10年以上20年未満で120日、20年以上で150日です。 会社の倒産または解雇が理由の場合の特定受給資格者、契約の更新がない場合や体力不足・通勤困難などで離職した場合の特定理由離職者の場合はまた計算が異なります。 1年未満または30歳未満で被保険者期間が5年未満の場合は90日、30歳未満で10年未満または30歳以上35歳未満で5年未満は120日、60歳以上65歳未満で5年未満は150日、30歳未満で20年未満または35歳以上45歳未満で10年未満は180日、60歳から65歳未満で10年未満は180日です。 30歳以上35歳未満もしくは60歳以上65歳未満で20年未満の場合210日、30歳以上35歳未満で20年以上、35歳以上45歳未満20年未満または60歳以上65歳未満20年以上で240日。 さらに、35歳以上45歳未満20年以上もしくは45歳以上60歳未満20年未満で270日。 45歳以上60歳未満20年以上で270日というように年齢に応じて受給日数が増えます。 一番長いのが45歳以上60歳未満で20年以上というケースです。 この年代は、年齢的になかなか次の職が見つかりにくい上に、リタイアするにはまだ早い年代。 こうした事情も加味されて期間が定められていることが分かります。 なお、就職困難者の場合はさらに期間が長く45歳未満で被保険者期間1年未満の場合150日、それ以外で300日、45歳以上65歳未満で360日に受給期間が延びます。 失業保険でいくらもらえるの? 失業保険でもらえる給付額は、前職給与の50%から80%、60歳から64歳に関しては45%から80%くらいです。 前職の離職までの6ヶ月を180で割った額をもとに計算が行われます。 ただし、場合によっては5割の受給額を切る場合があります。 年齢によって需給限度額が定められているためです。 受給限度額は、2017年8月時点で30歳未満6,710円、30歳以上45歳未満で7,455円、45歳以上60歳未満で8,205円、60歳以上65歳未満で7,042円です。 失業保険の受給額は、もとの賃金が低いほど受給額が多くなることが分かります。 なお、このほかにも受給資格者が公共職業訓練を積極的に受ける場合、別途技能取得手当を受けることも可能です。 受講手当は日額500円、上限20,000円まで受給することができます。 このように見ていくと、再就職するまでの環境がしっかり整っていることが分かります。 失業保険の手続きについて それでは、失業保険の手続きの流れを確認してみましょう。 前提として、失業保険の申請を行うのはハローワークなので、ハローワークに行って手続きをする必要があります。 必要なものは、雇用保険被保険者証と離職票1と2。 基本的には退職した場合、会社からもらえる書類です。 ただし、雇用保険被保険者証はない場合もあるので、申請に行く前に確認しておきましょう。 離職票がもらえない場合は会社に問い合わせる、倒産などで難しい場合はハローワークでその旨を伝えましょう。 手続きは、離職票で離職の理由や前職の給与、そして雇用保険の被保険者期間を加味された上で行われます。 無事受給者となったら失業保険受給者資格証が渡され、受給の説明があった後に求職活動、失業保険受給の判定、支給という流れです。 なお、失業保険は求職の状態で左右されるため、原則4週に1回判定が行われます。 失業保険の期間を延長したい!手続き方法は? 失業保険は、年齢や状況に合わせて受給できる期間が長くなっており、基本的には期間内に次の職を探すことになりますが、人によってはなかなか次の職が見つからないという場合があります。 このような場合は、受給期間の延長を申し出ると良いでしょう。 必ずしも認められる訳ではありませんが、公共職業訓練を受ける場合、病気やけがで難しい場合は延長が認められる場合があります。 延長を希望する場合は、受給期間延長申請書に記入をし、現状を示す証明書と離職票を持って、ハローワークで手続きを行います。 まとめ 失業保険は、年齢や雇用保険の期間に合わせて長く受給できるようになっています。 特に年齢が高くなると次の職を探すのが難しくなるので、ありがたい制度だと言えるでしょう。 なお、基本的には期間内の受給ですが、職業訓練を受ける場合など状況次第で延長を申し出ることもできます。

次の

失業保険の延長申請をするには?期間や必要な書類・忘れた場合や入手方法を徹底解説!

失業保険 いつからいつまで

雇用保険の失業手当をもらう条件には、「失業の状態にあり、働く意志のある人」というのがありますが、中には事情があって、働きたくてもすぐに働くことができない人もいると思います。 このように退職後、今すぐに働くことができない場合は、失業手当の受給期間を延長することができる制度が用意されています。 そこで今回は、この 『受給期間延長』の申請方法について、ハローワークの窓口で確認してみました。 またこちらの記事では、「延長できる人の条件」「延長できる期間」の他に、「受給期間延長の申請はいつするのか?」や「いつまでにやらなければいけないのか?」など、申請のタイミングや申請期限についても確認することができますので、ぜひ参考にしてみてください。 受給期間の延長とは 失業手当がもらえる 「受給期間」には、 「会社を退職した日の翌日から1年間」という有効期限が設けられています。 つまり、下の図のように、所定給付日数(失業手当がもらえる日数)の全てを受給するためには、 支給開始日と支給終了日がこの1年間に収まっている必要があります。 この受給期間をはみ出した場合は、未支給の失業手当が残っていたとしても、その時点で受給権はなくなり失業手当をもらうことができません。 ) 特に注意が必要な人は 「会社都合で所定給付日数が330日ある人」ですね。 油断すると期限の1年を過ぎてしまい、所定給付日数分の失業手当(はみ出した分)がもらえなくなる可能性があるからです。 しかし、中には働きたくてもすぐに働くことができない事情があり、失業手当をもらうことができない人もいると思います。 このような場合は、申請をすることで 「受給期間を延長」することができます。 受給期間を延長することで、退職して1年を過ぎてしまっても、働けるようになってから改めて手続きをすれば、失業手当が受給できる仕組みになっています。 では、どのような人が受給期間を延長することができるのか?確認していきましょう。 定年退職後に失業手当を受給する方は、こちらの記事を参考にしてみてください。 「失業手当(基本手当)」の場合は、給付日数が最低でも90日分~と「高年齢求職者給付金」の給付日数(30日分~50日分)と比べると大きな差があるため、退職金等に影響がない場合は、65歳になる前(誕生日の前々日まで)に退職して、失業手当(基本手当)と年金の両方を同時に受給するという選択もアリだと思います。 手続きは、窓口の他にも郵送や代理人(委任状が必要)申請も受け付けていますが、「定年(60歳以上)退職後の休養の場合」は、窓口申請のみとなっていますので注意してください。 ) 続いて、申請は いつまでできるのか? 上記の申請日から、 (延長後の)受給期間の最後の日までとなります。 ただし、申請期間内ギリギリで申請した場合、所定給付日数のすべてを消化できない(受給できない)場合もありますので注意してください。 スポンサーリンク 必要書類を確認 受給期間延長の申請には、以下の書類が必要です。 受給期間延長申請書• 離職票-2• 定年退職の方は不要です。 受給期間延長申請書の書き方と記入例については、こちらで解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。 )を調べている方は、こちらの記事を参考にしてみてください。 条件に該当する場合は、忘れず申請をしておくようにしてくださいね!.

次の

失業手当をもらうと扶養から外れる?税金上・社会保険上の取り扱い

失業保険 いつからいつまで

加入期間 1年未満 1年以上 5年未満 5年以上 10年未満 10年以上 20年未満 20年以上 30歳未満 90日間 90日 120日 180日 — 30歳以上 35歳未満 120日 180日 210日 240日 35歳以上 45歳未満 150日 240日 270日 45歳以上 60歳未満 180日 240日 270日 330日 60歳以上 65歳未満 150日 180日 270日 240日 会社都合で会社を退職した場合の失業保険の給付期間は、 「年齢」と「雇用保険の加入期間」によって決まります。 会社都合の場合は自己都合と比べると、 雇用保険の加入期間が1年未満でも90日間給付されることや雇用保険の加入期間が20年以上あり45歳以上60歳未満の場合は最大330日も給付が受けられます。 自己都合とは異なり会社都合の場合は年齢が高い人ほど対象になるケースが多いと言えます。 失業保険はいつから給付される?待機期間と給付開始までの期間 失業保険は申請者が本当に職を失った状態かを確認するために7日間の待機期間があります。 この待機期間が終了すると、「自己都合」と「会社都合」でそれぞれ定められた期間が経過した後に失業保険が給付されます。 では、失業保険は退職後に「 いつから給付が受けられるのか?」についても合わせてお伝えしたいと思います。 この1万円の5割から8割が失業保険の1日あたりの給付額の目安になりますが、5割から8割と聞くと「 給付される 金額に大きな差が生まれるのでは?」とお考えになると思います。 これは、 年収や年齢によって給付率が変わることが要因になります。 そのため、実際にいくらの失業保険が給付されるか知りたい方は「」にて失業保険の早見表を公開していますので合わせてご参照ください。 雇用保険の加入期間は転職しても通算可能? 失業保険の給付条件の1つに「 雇用保険を1年以上継続して加入している」ことが挙げられますし、本記事で解説したように 失業保険の給付期間は雇用保険の加入期間によって大きく変動すると言えます。 そのため、雇用保険の加入期間を通算できるか否かは大きな問題になりますが、結論をお伝えすると、 雇用保険の加入期間は通算可能になります。 そのため、退職する企業とその前の会社の雇用保険の加入期間を合算させて手続きが出来ますので、期間の変わり目に該当する場合は申告漏れがないようにしましょう。 妊娠で退職した場合は失業保険の期間を延長できる? 失業保険の給付期間は退職した翌日から1年以内となります。 そして、失業保険の基本原則は再就職までの支援であるため、 妊娠を理由に退職した場合は当面再就職が出来ないことから失業保険の給付を受けられない。 と考える方も多い言えます。 このような場合でも、 失業保険を受け取れるように「延長」をすることが可能になります。 退職後すぐに「受給期間延長の手続き」を行うことで、 元来の1年間の給付期間に加えて、最長3年間の延長が認められることから合計4年間の延長が可能になります。 手続きを行なっておけば、子育てがひと段落し再就職先を探すタイミングで失業保険の給付が受けられます。 失業保険の給付期間中に扶養に入ることができる? 失業保険の給付を受けながら扶養に入ることは可能ですが、これは失業保険の給付額によって変動します。 扶養家族に入る条件は、月の給与額が13. 5万円前後になりますので、 基本日額に置き換えると3,611円以下であれば扶養家族に入れます。 逆に、 3,612円以上の場合は扶養家族に入ることは出来ませんので事前に基本日額を算出しておきましょう。 失業保険は職業訓練を受けると給付時期を短縮できるって本当? その通りです。 通常、自己都合によって退職した場合は、失業保険が給付されるまで3ヶ月の期間が必要になりますが、 職業訓練を受講する場合は、受講開始のタイミングから失業保険を受け取ることが可能になります。 職業訓練を受けるメリットは、 受講が無料であるにも関わらず、交通費も支給されるなど多数ありますので、再就職に難航している場合はぜひ活用してみましょう。 まとめ 失業保険はいつからいつまで給付が受けられるのかについて解説を行いました。 退職理由は大きく「自己都合」と「会社都合」に分けられますが、その中でも、 「妊娠であれば給付期間の延長ができる」ことや「職業訓練を受ければ給付までの期間を短縮できる」などあまり聞かない制度も用意されています。 失業保険を正しく理解し使いこなすためにも上記の情報を含めてしっかりと調べるようにしましょう。

次の