小麦粉 と 薄力粉 の 違い。 薄力粉と小麦粉の違いとは?粉の種類や代用についても解説!

「小麦粉」と「強力粉」「薄力粉」「中力粉」の違いは?

小麦粉 と 薄力粉 の 違い

強力粉…タンパク質12パーセント以下• 中力粉…タンパク質9パーセント前後• 薄力粉…タンパク質8. 5パーセント以下 タンパク質は水に溶かすとグルテンという粘り気のある物質に変わるのですが、 タンパク質の量が多いほど粘りやコシが強くなります。 薄力粉はグルテンの量が少なく粘り気があまり強くないので、サックリふんわりした食感が大事なクッキーやケーキ作りに適しています。 中力粉はコシと柔らかさを活かして、うどんや和菓子を作るのに適しています。 強力粉はグルテンの量が多く、粘り気・弾力性が強いので、パンや麺類、餃子の皮などを作るときに適しています。 粘り気が少ないと生地がボロボロになってしまい、こねることができないですからね。 片栗粉とは? 片栗粉とは、ジャガイモのデンプンでできている粉です。 江戸時代はカタクリの花が原料だったので、その名残で「カタクリコ」となりました。 片栗粉はタンパク質を含んでおらず、ほぼ100パーセント、デンプンでできています。 とろみが強いので、中華料理のあんかけなどによく使われます。 わらびもちなども片栗粉で作られます。 粉の種類 タンパク質の割合 小麦粉 強力粉・中力粉・薄力粉 8. 5パーセント~12パーセント 薄力粉 8. 5パーセント以下 片栗粉 ほぼ含まない タンパク質の割合が多いほど粘り気が強くなり、向いている料理が違ってくるんですね! POINT 薄力粉は小麦粉の一種で、デンプンの割合が少ない! 薄力粉と小麦粉と片栗粉は代用できる? 料理をするときに片栗粉の代わりに小麦粉を代用できるのか? または小麦粉の代わりに片栗粉は代用できるか?をご紹介していきます。 たとえば、とろみを作りたいとき片栗粉と小麦粉では仕上がりがどう違うのか、また代用できるレシピをご紹介していきます。 小麦粉と片栗粉のとろみの違い 小麦粉も片栗粉もデンプンでできているので、水に溶かして加熱するととろみができます。 では、シンプルに両者でとろみを作ったらそれぞれどう仕上がるか比べてみます。 片栗粉:水=1:1の分量でとろみを作った場合、 無色透明に近い感じになるので、食材の色を活かしたつややかな仕上がりになります。 片栗粉は素材をコーティングするので、栄養を逃がしません。 さらに保温効果があるのであんかけを熱々の状態に保ってくれます。 片栗粉でとろみをつけた麻婆豆腐や酢豚は、つややかな色をしていますよね。 小麦粉:水=1:2の分量でとろみを作った場合、 白濁 はくだく した色になります。 注意小麦粉は片栗粉と同じ分量だとダマになってしまうので、水は多めの方がよいです。 同じ麻婆豆腐を作っても、片栗粉に比べて白っぽい仕上がりになります。 でも片栗粉で作ったものと比べて味に違いはありません。 両者ともとろみを作ることはできますが、中華料理など、見た目の透明感が大事な料理は片栗粉の方が向いているといえます。 カレーやシチューは白っぽさが気にならないですし、少量でとろみがつくので小麦粉を使うのがいいでしょう。 小麦粉・片栗粉の用途 とろみ 小麦粉 カレー・シチュー 片栗粉 中華料理のあん おすすめ!代用レシピ ここで、おすすめしたい代用レシピをご紹介します。 ベイクドチーズケーキって小麦粉で作るイメージが強いですが、片栗粉でも作れちゃいます! 片栗粉で作る濃厚ベイクドチーズケーキ 唐揚げは薄力粉・小麦粉で作れる? 唐揚げは、片栗粉を使うとカリカリッとした食感に仕上がります。 小麦粉を使うと、カリッと感は片栗粉には劣りますが、ふわっとした仕上がりになります。 片栗粉と小麦粉をミックスして唐揚げを作ると両方のいいとこどりで、ちょうどよい食感の唐揚げになるのでミックスもおすすめです。 でも片栗粉がないときは、小麦粉だけでも唐揚げが作れちゃいますのでご安心ください。 片栗粉や唐揚げ粉がなくても作れるおいしい唐揚げレシピをご紹介します! 唐揚げの代用レシピ コンビニで大人気のからあげクンがお家で作れるレシピです! 薄力粉で作ったらフワッと、強力粉で作ったら弾力のある仕上がりです。 小麦粉で作るからあ げクンみたいな唐揚げ• 出来上がったらスプーンでよく混ぜて、スプーンを2本使って丸くして170度の油で揚げる• カリッと揚がったら出来上がり! いざというときは片栗粉と小麦粉は代用できて、おいしい唐揚げが作れます。 カリッとが好きか、フワッとが好きか、お好みで使い分けをするのもいいですね! まとめ 小麦粉と、薄力粉、片栗粉の大きな違いはタンパク質の割合ということがわかりました。 タンパク質の割合が多いほど粘り気とコシが強く、少ないほど粘り気は少なくなります。 それぞれの特徴を活かして、料理によって使い分けをするのが一番よいということですね! でも小麦粉を片栗粉に、片栗粉を小麦粉にそれぞれ代用できるので、ないときでもわざわざ買いに行く必要はなくなりました。

次の

「小麦粉」と「強力粉」「薄力粉」「中力粉」の違いは?

小麦粉 と 薄力粉 の 違い

ではもっちりした触感を生かし、 や 、 、中華まん、 の皮などの主原料に使われます。 「 はくりきこ 」とは、おもに「軟質小麦」を原料とした粒度の細かい 「小麦粉」で、タンパク質の割合が8. 料理では、サクッとした触感を生かし、 や の衣、柔らかく仕上げることができるため や などの主原料に用いられます。 料理では や 、 などに用いられます。 「強力粉」、 「薄力粉」、 「中力粉」に、明確な用途の区分はなく、それぞれの特徴を生かしてブレンドして使用されることも多いです。 なお「デュラム小麦」は、タンパク質が多く粘りが少ないという性質を生かし、 や などの の主原料となるセモリナ粉に加工されます。 また、これら精製された 「小麦粉」以外に、表皮、胚芽、胚乳をすべて粉にした「 」も含めた「小麦」の の総称として 「小麦粉」を使う場合があります。 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 439.

次の

小麦粉と強力粉の違いは?強力粉は小麦粉の1種

小麦粉 と 薄力粉 の 違い

薄力粉 にわけられており、用途により使いわける必要があります。 小麦粉は昔、「うどん粉」や「メリケン粉」と呼ばれていたこともあります。 このふたつは、どちらも俗称です。 明治期に小麦粉の輸入がはじまったときに、「国産の小麦粉」と「輸入の小麦粉」を区別するために使われた言葉です。 当時、日本での小麦の利用方法は麺類、とくにうどんに使われることが多かったため「うどん粉」としました。 これに対して「輸入の小麦粉」は「アメリカ産の粉」という意味で「メリケン粉」と呼ばれました。 「メリケン」は当時のアメリカの呼称で漢字表記「米利堅」と書きます。 グルテンとは 小麦やライ麦に含まれるタンパク質で、語源はラテン語の「グルー」です。 グルーは「粘着」という意味です。 強力粉 小麦粉はグルテンのふくむ量により種類があります。 強力粉は、小麦粉の1種です。 強力粉は、小麦粉に含まれる タンパク質の割合が、 11. 強力粉の原料となる硬質小麦は「パンコムギ」とも呼ばれます。 その名前の通り、強力粉はパン作りに適した小麦粉。 粘性と弾力が特徴の強力粉は、パン以外にもピザ生地やパスタの材料としても最適です。 小麦粉の種類と特徴 強力粉以外にも小麦粉には種類があり、「薄力粉」と「中力粉」となります。 それぞれの違いと特徴は? 薄力粉 薄力粉は含まれるタンパク質の割合が8. 5%以下の粉で、きめが細かく、しっとりしています。 軟質小麦(なんしつこむぎ)からつくるのが薄力粉です。 薄力粉はふくんでいるグルテンの量が少ないので粘性は弱く、モ チモチした食感はありません。 逆に、サクっとした軽い食感が特徴となります。 薄力粉を使うとよいのは、てんぷらや唐揚げのほか、生パスタ、ムニエルなどの調理に適しています。 パンケーキやケーキのスポンジ、クッキーにも適してます。 中力粉 日本ではスーパーなどで見かけることが少なく、 昔「うどん粉」として売られていたのが中力粉になります。 軟質小麦と中間質小麦からつくられています。 国産のものもありますが、 日本で流通している中力粉の多くはオーストラリア産になります。 粘性や弾力性も「薄力粉」と「強力粉」の中間ぐらいで、ふんわりだけでなく、硬さや粘りけだけでもない、独特の食感が特徴的。 うどんや、お好み焼き、たこ焼きに適しています。 パンの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、パンのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

次の