す と ぷりる ぅ と くん 顔。 すとぷりライブでメンバーが歌えない?ななもり号泣の理由は何?|アレって気にならない?

#すとぷり #るぅとくん 大切に扱います。【すとぷりハピシュガパロ】

す と ぷりる ぅ と くん 顔

この「お願いダーリン」の再生回数がなんと1000万回再生を超え、莉犬くんの名前が一気に知れ渡ることとなりました!歌詞も曲も、莉犬くんの歌声も可愛いですよね。 莉犬くんは、顔バレの動画や顔画像も話題となっていますが、中性的な歌声なので莉犬くんの性別も「男性?女性?」と噂になっています。 その顔バレしてしまった動画はもう削除されてしまって見ることはできませんでしたが、莉犬くんと思われる顔画像はツイッターに投稿されていました。 莉犬くんの顔がわかるライブでは、莉犬さんはしっかりメイクしているのですっぴんの顔を知る人は少ないので、顔バレした顔画像が本当に莉犬くんかどうかは不明です。 ですが、この顔バレ動画に関しては「他の人が映ることはありえない」という意見が多く、この顔画像は莉犬くんとされているようです。 普段、アニメキャラクターで活動している莉犬くんなので、驚いたファンも多かったようです。 先ほどの顔バレ画像とは違う人のようにも見えますよね!莉犬くんはイケメンですし、可愛さもありますね。 顔バレ動画が出てすぐ、莉犬くんが自身の顔画像をツイッターで投稿したので、顔バレ動画の否定という意味がこもったツイッターの投稿だったのかもしれません。 確かに、莉犬くんの歌声は中性的ですし、顔立ちも可愛い印象ですが、性別障害というのはどういうことなのでしょうか? 莉犬くんが言われている性別障害というのは「性同一性障害」のことで、莉犬くんがその性同一性障害という噂があるようです。 実際に、莉犬くん自身から性別障害について、莉犬くんの性別に関してファンに向けた投稿がありました。 こちらが自分からの報告です。 長くなってしまいましたが最後まで読んでいただけると嬉しいです。 女性らしくしていないといじめられたり、除け者にされたりしていたそうで、女性である違和感と周りとの関わり方で悩んでいたそうです。 しかし「歌ってみた」の動画に出会い、女性でも男性でも関係なく、莉犬くん自身の歌声を認めてもらえたことで、性別障害も何も関係なく自分は自分として生きていこうと勇気づけられたそうです。 現在では、女性ではなく男性として生きていくことを決めた莉犬くんですが、女性や男性関係なく「莉犬くん」として活動しています。 この莉犬くんの告白に、莉犬くんのファンは「莉犬くんが女性であろうが男性であろうが関係ない」「莉犬くんは莉犬くんだよ」「性別障害のこと話してくれてありがとう」という意見が多かったようです。 莉犬くんのファンは莉犬くんの歌声や声が好きというファンが多く、莉犬くんの歌や話している声を聞いている人が多いようです! 莉犬くんは、すとぷりの活動以外でもソロでも活動しており、2019年12月には莉犬くん初のオリジナルアルバム「タイムカプセル」もリリースする等、莉犬くんの歌は多方面から支持されています。 アルバムにはヒット曲や、カバー曲、そして莉犬くんが作詞も務めた楽曲が収録されています。 今でこそ性同一性障害であることを告白し、受け入れられていますが、告白するまでにはかなりの勇気がいったそうですよ。 自分でも性別の違いに苦しむ中で、周りからの悪口など辛いことがたくさんあったようですね。 周りからは認められても、自分を偽って生活するのは大変だったでしょうね。 そんな中、先ほども触れたように、ありのままの自分でいられるネットの世界に引き込まれていきます。 「男みたい!」と言われることに喜びを感じていたそうです。 そこで性別を非公開にし、活動をすることにしました。 リスナーが離れてしまうのではないか、と心配だったそうですが、それ以上にいつも応援してくれるリスナーに自分を隠し続けるのが嫌だったそうです。 ほんとうに勇気を出して話してくれてありがとう。 莉犬くんは莉犬くんです。 そんな莉犬くんが私は大好きだから、これからも応援するし、ついて行かせてください。 ついていきます。 だいすきです。 一緒に、共にがんばっていこうね。 勇気をありがとう。 自分の家は普通じゃないんだと気づいたと言います。 確かに普通はそんなこと自分の子供に言いませんよね。 その借金のせいで、家を追い出されたり、借金取りがくることもあったといいます。 そんなこともあって母親は重いうつ病になってしまったそうです。 母親にとっても辛い日々だったのでしょうね。 声優になりたいと母親に伝えた時も「あなたは声優にはなれない」と一言で却下されてしまったそうですよ。 名前 莉犬 りいぬ• 本名 非公開• 性別 女性 現在は男性として生活している• 生年月日 1998年5月24日• 年齢 21歳 2020年1月現在• 出身地 東京都• 血液型 B型• 身長 149. 8cm• 好きな食べ物 らーめん• 莉犬くんは長い間、自身の性別障害について悩んでいたそうですが、その時の経験を糧にしてこれからも活躍して欲しいですね!.

次の

さとみくん(すとぷり)の顔が超イケメン?画像は?整形の噂も!?

す と ぷりる ぅ と くん 顔

ころんくんは一般的には顔面偏差値高いと言われる顔だと思います。 るぅとくんも顔も普通にかっこいいと思います。 足とかほんと長くてスタイルめちゃくちゃいいですし、雰囲気もイケメンな感じで個人的には2番目にとてもタイプでした。 莉犬くんも顔小さくて鼻高くて美少年感凄かったです。 女性らしさはあまり感じませんでした。 最推しにこんなこと言ったら失礼だとは思うのですが、なーくんは主さまから見たらあまりって感じかと……。 私は推しなのでフィルターかかってますが、一般的に見ればかっこいいとは言えないと思います。 個人的にはさとみくんの顔がかっこよくてとても好きでした。 推しとか関係なく本当にドストライクでめちゃくちゃタイプでした。 ジェルくんは好きな人は好きな顔だと思います。 鼻筋や目元とかはかなりかっこいいと思います。 こんな感じかなと思います。 個人の意見もめちゃくちゃ含んでるのであまり参考にはならないかもしれませんが………。 追記 それと、Googleなどで本気で探せば出てきますよ。 雑談たぬき辺りあされば出てくると思います。 また、莉犬くんはTwitterで顔出ししてると思います。 情報交換などで知ろうとするのは個人的にはおすすめできません。 マナー悪く感じてしまいます。

次の

43

す と ぷりる ぅ と くん 顔

「ただいまー!」 僕は部屋の扉を開け、そう言った。 一瞬シンとなったがらその後、リビングからダダダダと、音が聞こえ、リビングの扉から幼い少年が現れた。 「あーっ!るーとくん!」 その子は僕を見ると目を輝かせてバッと抱きついた。 「おかえりぃー!るーとくんっ!」 その少年に思わず微笑み、 「ただいま。 莉犬くんっ!」 そう返した。 ボクは莉犬くんと呼んでいる。 「ねーねー!るーとくん疲れたでしょ!お風呂入ろーよ!」 莉犬くんはそう言いながらまだボクに抱きつきながら微笑んでいる 僕の名前は 苺 るぅと。 莉犬くんは僕の事をるーとくんと呼ぶ。 「莉犬くん。 お風呂はまず沸かさないとなんだよ。 」 「あぁ〜そっかぁ・・・じゃーわくの待ってるあいだいっしょにあそぼーよ!」 莉犬くんはそう言い無邪気に微笑んだ。 「うん!いいよ!」 そういったあとまた僕はまた実感した。 「あははっ!」 莉犬くんは無邪気に笑っている。 」 「ん?なーに?」 「あひるさんはなんで浮かぶの?」 「んー」 僕は莉犬くんの可愛い質問にトキメキながらも質問の返答を考えていた。 だって莉犬くんにアルキメデスの原理と言っても分からないだろうし・・・ 「んーとね。 お湯さんがあひるさん浮かすぞーっ!って、頑張ってくれてるから、アヒルさんは浮いてるんだ。 」 僕は精一杯の頭を使ってそう答えた。 ちょっと子供すぎたかな💦 「へー!すごぉい!るーとくんはかせだ!」 莉犬くんは目を輝かせながら自分の犬耳をパタパタさせている。 「あははっ、莉犬くん元気だねー」 莉犬くんの可愛い姿に思わず微笑んでしまう。 『プルルルル』 「ん?ねーるーとくん。 おでんわ鳴ってるよ?」 「ん、ホントだ。 」 ボクは莉犬くんとの会話を遮るものにイラつきながらも発信中のスマホの画面を見ると、 【発信中:飛騨 ななもり。 】と、表示されている 「あ、なーくんか・・・」 「私てれび見てるね!」 「あ、うん!」 莉犬くんに返事をしたあと、『電話に出る』を押して、スマホを耳に当てた 「もしもーし。 なーくん?」 『あ、るぅと?』 電話の相手、飛騨 ななもり。 通称なーくんは、飛騨家の子供で、かなりのお金持ち。 strawberryfairy talePrinceっていう執事カフェのバイト仲間。 カノジョとどんな感じ?』 くだらな。 あんたに関係ないじゃん。 そんなので電話かけないでよ。 』 「で、それだけ?」 『あー、あとさ、るぅと、今度遊べない?』 「ん!遊べるよ!」 ボクと莉犬くんの時間を奪うな。 『じゃ、またねー!』 やっと電話が切れて、ボクは後ろを振り向いて莉犬くんを抱きしめた。 「わっ!るーとくんおでんわ終わったの?」 「終わったよぉ〜!あそぼっ!」 「・・・!うん!」 本当ならば、あんな奴、関わる必要なんてない。 だけど、【一般的な人間】を演じるには、ともだちが必要。 「ねーねー!いっしょにとらんぷしよーよ!」 無邪気に笑う莉犬くん。 この世界には、ともだちなんて必要ない。 ボクと莉犬くんのいる世界なら、他のものなんて、何も要らない。 「・・・いってきます」 「・・・」 莉犬くんは黙り込んでる 「・・・僕が言っちゃうのヤダ?」 ボクがそう聞くと、莉犬くんは一気にぶわぁっと泣いて 「やぁだぁ!るーとくんが行っちゃうのやだぁ!」 と、泣いちゃった。 「・・・けどね、莉犬くんが食べてるご飯も、ボクがバイトに行かないと食べれないんだ。 そーしたら、ボクたちふたりとも死んじゃうよ?」 そしてボクは莉犬くんを撫でて、 「ボクは、莉犬くんが死んじゃうのはイヤ。 」 そう言うと、莉犬くんはにはっと笑って、 「わかった!るーとくん、ばいと頑張ってね!」 と、微笑んだ。 あぁ、天使だ。 「いってきます。 」 ボクはそう言って家を出た。 「・・・叔父さん・・・」 「もー!ジェルくんでいいんやで〜?」 「断る。 」 僕はそう言って、叔父の横を行き前に進もうとした。 「・・・」 「・・・」 「るぅとくんの愛は、小さくて可愛いんやな、」 「っ!」 ボクが叔父さんの言葉に驚き後ろを振り向くと、叔父さんはクスクスと笑いながらボクを見つめている。 ボクはそれを睨み、何も言わずにその場から離れた。 その場には、ずっと叔父さんの笑い声が響いていた。 」 「ころちゃん!」 ボクは、なーくんとの待ち合わせ場所に向かう途中に、青髪の、僕と同い年の限りなく男の子に近い女の子。 ころちゃんこところんくんに合った。 「久しぶり。 こんな朝にどうしたの?」 「あ、いやその・・・」 「?」 ボクが首を傾げると、ころちゃんは 「・・・行方不明の張り紙を見つけたから、探してたんだ。 」 と、答えた。 「へー、偉いね!どんな人?ボクも手伝うよ?」 そう言うと、ころちゃんは路地の先の汚いフードを被った少年を指さし、 「・・・あそこのお兄さんが配ってた、・・・神戸 莉犬って子だよ。 」 「っ!」 ボクはまさかの名前に驚き、 ころちゃんが指さした方向にしっかりと目をやると、その少年は、黒いピンク色の目で僕のことを睨んでいた。 そして次の瞬間、その少年はボクにすごい勢いで近ずいて、 「・・・見つけたら、教えてください」 そう言って、莉犬くんの写真が入った見つけてください。 という紙を渡してきた。 「あ、はい」 ボクがそう言うと、その少年は、後ろを向きササッと歩いていった 「あ、キミ!」 僕が呼び止めると、少年は「なんですか?」と言い振り返った。 「名前、教えてくれない?」 ボクがそう言うと、少年は未だに死んだ表情で、 「・・・神戸 さとみです。 」 と答えた。 「なんなんだあのひとは・・・」 「あはは・・・」 「・・・あなたも、見つけたら・・・お電話お願いします。 「・・・っはぁ!」 その直後、ころんくんは莉犬くんの写真が貼ってある張り紙を顔に当て、はぁはぁと息を吸った。 「かっ・・・かわいい・・・!」 ころんくんは、その乱れた顔で、 「神戸 莉犬くんっ・・・!」 その名を叫んだ。 なーくん。 」 ボクは、あるショッピングモールでなーくんと合流して、お話したり、ショッピングしたりして、カフェに着いた。 「はー!楽しかったね!そろそろ解散する?」 「・・・」 なぜかなーくんの顔が浮かない。 「どうしたの?なーくん。 」 「・・・なぁ、るぅと。 」 「ん?」 ボクがなーくんの顔を見ると、 「お前、彼女なんて居ないんだろ?」 「・・・」 ボクが言ってることがわからずなーくんを見つめていると、 「お前の様子が最近おかしいのは気づいてた。 最初は、慣れないカレカノ生活に戸惑ってんのかと思ったけど、違う。 」 そうして、一息つくと、 「お前、ホントは・・・何してんだよ?」 そう言われ、ボクが真顔でいると、なーくんが手を握り、 「お前の力になりたいんだよ!」 と言った。 そして、ボクは顔を上げて、 「なんでもないよ!勘違いしすぎ!」 そう笑った。 「なーくんそれ1番はずいやつじゃ〜ん」 「え、はぁ!? そしてボクはいま、家に向かって帰っている。 ボクの家はあるマンションの504号室。 ボクはエレベーターのボタンを押して、5階へ向かった。 そして、5回に着き、ボクが部屋のドアをガチャっと開けると、 「るーとくーん!」 「わぁっ!」 莉犬くんが飛び出してきて、僕に抱きついた。 「おかえり!おかえりるーとくん!」 莉犬くんは嬉しそうに耳をぴょこぴょこさせて喜んでる。 「僕ね!るーとくんが帰ってくるのずっと待ってたんだ!おかえり!おかえりぃ〜!」 「・・・ただいまっ!」 ボクは、莉犬くんを前にして、にぱっと笑った。 そして、ボク達があははっと笑っていると、 『パシャッ』 カメラのシャッター音が響き、ボクが睨みながら振り向くと、 「・・・あ」 「・・・なーくん」 そこには、ボクらにスマホのカメラを向けたなーくんがいた。 「・・・」 ボクは無言でなーくんに近づくと、バッとなーくんのスマホを取り、なーくんの手を引っ張って部屋の中へ連れ込んだ。 「るぅ・・・と・・・!」 なーくん・・・ななもりはボクの方を睨んでいる。 「・・・莉犬くんは部屋に行ってて。 ちょっとこの子とお話するから。 」 ボクがそう言うと、莉犬くんは首を傾げ、「わかった!」と言い、寝室へ行った。 「・・・こっち来い」 ボクはななもりの手を強引に引いてリビングへ連れていった。 そして、リビングの扉を、バタッと閉じた。 「五月蝿いなぁ。 これが僕が見つけた『愛』なんだよ。 『愛情』は誰にも止められない。 そうだろ?」 ボクが死んだ目でそう言うと、ななもりは「あんたおかしいよ!」と叫んだ。 「・・・てゆーか、ボクはキミを、『一般的』を演じる道具としか思ってないから。 」 「・・・!」 僕がそういった後、ななもりは黙り込んだ。 「・・・」 ボクが部屋を離れようとすると、ななもりがボクを抱きしめて、 「それでもいい!悪魔でも、俺はお前の力になりたい!」 「・・・!」 「スマホはお前のすきにすればいい。 警察には言わないよ。 」 ななもりはそういった後、リビングの扉を開けて、 「バイバイ」 そういった後、部屋を出ていった。 「・・・バイバイ。 」 そういった後、俺は、るぅとがいる部屋から出ていった。 『ななもり。 お前は優秀だ。 』『流石、私の息子ね。 』 脳内で親の言葉がフラッシュバックする。 うるさい。 「友達1人救えないで、なにが優秀だよ。 」 そう呟いた直後、何かが俺の口を塞ぎ、後ろに倒れた。 「ボクは誰も信用していない。 親も、親族も、友達も、」 ボクはそう言い、包丁をゆっくり降ろした。 「だから、ごめんね?」 ザッ 刃物が皮膚を切り裂く音が響いた。 「ん゛っ・・・ん゛ぁっ・・・」 口を塞がれて悲鳴を出せないななもりの悲痛な声が響いている。 うるさいなぁ そう思いながら、ボクは包丁を、奥までグッと刺した。 「あ゛っ・・・」 ななもりは最後にそう呻くと、全く動かなくなった。 料理をしていたボクは、エプロン姿のまま後ろを振り向き、答えた。 「おはよっ!いい朝だねっ!」 そのエプロンの下には、何度やっても取れなかった、ななもりの血がついていた。 「あ、そーだ莉犬くん。 」 「ん?なーに?るーとくん。 」 「あのさ、このおうちの端っこに小さい部屋があるよね。 」 「うんうん。 」 「あそこ、今ちょっと大きいゴミ置いてるから使えないんだ。 」 「えー!そーなの?」 「うん。 ごめんね?ちょっと大きいゴミだから捨てるのに時間かかっちゃうから、ね?」 「別にいいけど・・・なんのごみなの?」 莉犬くんが首を傾げると、ボクは笑いながら答えた。

次の