ライン トーク 履歴 復元 できない。 ヘルプセンター

うっかり消してしまった・・・。ラインのトークを間違えて削除したら元に戻せるの!?【LINE】

ライン トーク 履歴 復元 できない

こんにちは!SNS LABOです!今回は機種変更後LINEが引き継ぎ出来ない場合の復元方法を紹介していきます。 せっかく新しいiPhoneやスマホを手に入れてもLINEの引き継ぎに失敗するととても困りますよね。 「メールアドレス、パスワードを忘れてしまった」「トーク履歴の復元に失敗してしまった」「エラーで2段階認証が出来ない」 といったさまざまな失敗ケースの報告があります。 それぞれの失敗、エラーの症状ごとに復元方法を解説しているので解決していってくださいね。 まずはチェック!Facebook連携はされていますか? Facebook認証はパスワードなどを万が一忘れてしまったときに便利なアカウント認証の方法。 万が一の場合を考えて連携しておいて損はないでしょう。 まずは自分のLINEアカウントでFacebookに連携しているかを確認!• Facebookの 『連携する』をタップ。 Facebookアプリから自動的にLINEに切り替わったら完了。 連携後は 『連携解除』が表示されます。 パスワードを忘れてしまった方 パスワードは自分のアカウント画面から確認することはできないため、パスワードを忘れてしまった場合にはパスワードを再設定する必要があります。 パスワード再設定メールが届かない? アプリにログインする際にパスワードを忘れてしまった時は 『パスワードを忘れた場合』をタップします。 この時LINEに登録した正しいメールアドレスを入力すると 『メールアドレス宛てにパスワード変更の案内メールをしました』というポップアップが表示されます。 このポップアップメッセージが表示されたのにも関わらずメールが届いていないという場合は次のことをチェックしてみてください。 迷惑メールフォルダに振り分けられていないか。 キャリアの迷惑メールブロックなどで『 lime. me』がはじかれていないか。 旧端末のメールアドレスを使用していないか。 ログイン制限がかかってしまった場合 LINEでのアカウント認証(メールアドレス・パスワードの入力)で 3回~5回ほど失敗すると、一時的にログイン制限がかかります。 この場合には 1時間程度時間をおいてから再度ログインするか、次の方法でLINEのデータを消去することで制限を解除できることもあります。 スマホの再起動• 『電話接続による認証』を選んで電話から認証番号を聞く。 Facebook認証でログインする。 LINEサーバの不具合である可能性がある場合は一定時間後に試す。 2段階認証ができない場合 『アカウント引き継ぎが許可されていません••• 』のエラーメッセージが出る場合は旧端末側で引き継ぎの設定が完了していないことがあります。 この場合は旧端末がインターネット(wifiなど)に接続されているか確認してください。 引き継ぎ許可をONにし忘れた場合は? 電話番号を変更していない場合にはSMS認証(または電話認証)でアカウント認証をすることが可能です。 どうしても認証ができない場合には、旧機種で登録していた情報をLINEのに報告することでアカウントを新機種に移行できる場合があります。 トーク履歴が引き継げなかった場合 Android端末での引き継ぎに失敗した場合-原因と対処方法 Androidでトークを引き継ぐにはいくつかの方法がありますが、LINEの他のデバイス(Gmailなども含む)にバックアップデータを保存した場合には、新しいAndroid端末でのトークデータの移行が正しく行われないとトーク履歴を引き継ぐことができません。 LINE KEEPを使ってトークのバックアップを取った場合は電波状況やLINEサーバーの不具合によって一時的に読み込みがエラーになることがありますが、条件の良い状態で再トライすると復元できることがほとんどです。 現在はGoogleドライブでバックアップ&復元の引き継ぎ方法が一番カンタンです! iPhoneでの引き継ぎに失敗した場合-原因と対処方法 iPhone版LINEのトーク履歴のバックアップはiCloudに作成されます。 必須の条件としてはiCloudに同じアカウントでログインしていることが必要ですが、iCloudに正しくログインしている場合には電波状況やLINEサーバーの不具合によってデータのダウンロードにエラーが発生している可能性があります。 この場合は電波状況 Wi-Fi、4G,LTEの切り替えをする やLINEサーバーが安定している時に再度トライしてみてください。 スタンプは異なるOS間でも引き継ぐことが可能です。 LINEアプリから右下 をタップ。 設定 をタップ。 『マイスタンプ』『my着せ替え』をタップ。 『すべてをダウンロード』をタップ。 購入履歴にスタンプがない場合 引き継ぎの際にアカウントを作り直した、アカウントを削除した場合はアカウント情報が消えてしまうため購入履歴からスタンプが消えてしまいます。 ツムツムなどのゲームアプリのアカウント引き継ぎに失敗した場合 ツムツムなどのLINEゲームアプリの情報はLINEアプリのアカウント情報と一緒に保存されています。 つまり、ツムツムのゲームデータを引き継ぐためには LINEのアカウントを間違いなく引き継ぐ必要があります。 ツムツムのデータを間違いなく引き継ぎたいという人は次の項目をチェック!• 旧端末側LINEで念のためFacebook認証もしておく。 新端末LINEアプリの初めの画面では『ログイン』を選択する。 新端末でLINEアカウントの移行が完了するまで旧端末を手元に置いておく。 (下取りなどに出さない) 新規登録したら友達が減った?理由とは アカウントを新規で作成する場合には 『自動で追加される友達』以外の友達はリストから消えることになります。 LINE以外に連絡手段がある友達は相手のLINEの QRコードのスクショなどを送信してもらうことでも友達追加することが可能。 直接友達に会う場合は 『ふるふる』を使えばOK。 すでに友達になっている人に、別の友達のLINE連絡先を直接トーク上に張り付けてもらうことも可能です。 【最終手段】あきらめてアカウントを新規登録する前に! いろいろな方法を試してもやっぱり新端末でのログイン、アカウント認証ができない(泣)という人は、アカウントを新規作成する前にから事情を報告してみましょう。 引き継ぎに関する問題報告の3つ目のプルダウンの 『アカウント・登録情報』、4つ目の 『アカウントを引き継ぎたい』を選択し、本人確認ができればデータ移行することが可能になる場合もあります。 ・関連記事•

次の

LINEでトーク履歴を間違って削除してしまった!詳細や復元方法を徹底解説

ライン トーク 履歴 復元 できない

原因1:トーク履歴のバックアップを取り忘れていた 友だちリストやアルバムなどのデータはアプリ内ではなく、LINEのサーバーで保管しています。 そのためバックアップは必要なく、電話番号、パスワードといった本人情報を入力して新端末でログインするだけでデータを引き継げるようになっています。 一方、LINEのトーク履歴は、端末にインストールされているLINEアプリ内に保存される仕様です。 機種変更後に元通り復元するには、事前に旧端末でiCloudやGoogleドライブにバックアップしておく必要があります。 対処法:旧端末のLINEアプリでバックアップをとれるか試す 旧端末が手元にあり、かつバックアップの存在に気づいたのがアカウントの引き継ぎ中もしくは引き継ぎ直後なら、まだ間に合う可能性が高いです。 旧端末を操作してトーク履歴のバックアップをとることで、新端末で元通りに復元させられます。 端末のOSに合わせて、以下の方法を試してみてください。 ただ、一切バックアップをとっていない状況でスマホの紛失や故障が起きた場合には、旧端末のLINEアプリを操作できないので、トーク履歴の復元は難しいでしょう。 iPhoneからiPhoneにトーク履歴を引き継ぐ iPhoneのLINEアカウントの引き継ぎでは、パスワード入力の後に「トーク履歴を復元」の画面が表示されます。 バックアップをとっていなかった場合は、この画面でなにも操作せず、新端末での引き継ぎ作業をいったん休止してください。 「トーク履歴を復元」の画面が表示された時点であれば、まだ旧端末のLINEアプリを操作できます。 旧端末のLINEアプリでバックアップが取れたら、新端末の引き継ぎ作業に戻ります。 再び「トーク履歴を復元」の画面を開いたら[トーク履歴を復元する]をタップ。 「トーク履歴を復元しますか?」という確認ポップアップが表示されるので[続行]を押してください。 この時点で旧端末のLINEアプリは完全に操作できなくなり、「利用できません」という画面が表示されます(Androidのケースと異なり、この画面が表示されたらバックアップは不可能)。 再度「トーク履歴を復元」の画面が表示されます。 バックアップが正常におこなわれていた場合、[前回のバックアップ:]の項目に当日の日付と時間が記載されているはずです。 確認できたら、改めて[トーク履歴を復元]をタップしましょう。 これで新端末へのトーク履歴の引き継ぎは完了です。 iCloudドライブの設定など、iPhoneの引き継ぎ方法は以下の記事に詳しくまとめているので、参考にしてください。 AndroidスマホからAndroidスマホにトーク履歴を引き継ぐ スマホの機種にもよりますが、Android版LINEの場合はアカウントの引き継ぎ途中だけでなく、 引き継ぎの完了後であっても、トーク履歴のバックアップ・復元ができる可能性があります。 LINEアカウントの引き継ぎでパスワード入力を済ませた時点で、旧端末のLINEアプリには「利用することができません」という画面が表示されています。 この画面で [確認]ボタンを押さずに、画面下部の「戻る」ボタンや「ホーム」ボタンをタップしてください。 確認ボタンを押してしまうとLINEアプリが初期化され、バックアップを取ることは完全に不可能となってしまいます。 再び旧端末のLINEアプリを起動させると「利用することができません」の画面は表示されず、通常と同じLINEのホーム画面が立ち上がるはずです。 なお、LINEは同じアカウントに2台のスマホで同時にログインできないので、この状態ではトーク履歴のバックアップ以外の機能は全て停止しています。 旧端末のLINEアプリでバックアップが取れたら、新端末のLINEアプリを開きます。 Android版LINEではトーク履歴をいつでも復元できるので、新端末での引き継ぎ作業を完了させてアカウントにログインしてください。 バックアップが取れていれば、これでトーク履歴が復元できるでしょう。 Googleドライブの設定など、Androidスマホの引き継ぎ方法は以下の記事に詳しくまとめているので、参考にしてください。 異なるOS間で引き継げないデータ• トーク履歴• 購入済みのLINEコイン残高• LINE Outのチャージ済みコールクレジット• LINE連動アプリ・サービスの情報(LINE GAME・LINEマンガ・LINE占いなどのアイテム) 対処法:テキストファイルでトーク履歴を保存する 異なるOS間の機種変更では、トーク履歴のバックアップ・復元はできません。 しかし、どうしても消したくない大切なメッセージのやりとりがあるのなら、テキストファイルとしてメモ帳などに保存しておくといいでしょう。 といっても、あくまでテキストファイルで保存できるだけなので、復元はできません。 後から見直すことができる程度だと思っておいてください。 トーク設定画面で[トーク履歴を送信]をタップします。 メモ帳やメール、ファイルアプリまたはDropboxのようなオンラインストレージなどの共有手段が表示されるので、任意のツールを選択して保存しましょう。 あくまでもテキストベースでの保存となるため、スタンプや画像は表示されません。 OSごとに対処法が異なるので、どちらか自身が該当するほうを確認してください。 iOS版LINEの対処法 iOS版LINEでは、Appleが提供しているクラウドサービス「iCloud」にトーク履歴のデータをバックアップします。 バックアップ時と異なるApple IDでiCloudにログインした状態でトーク履歴を復元しようとしても、データがインポートされず「見つかりませんでした。 」と表示されてしまいます。 Apple IDのサインアウト画面 こうなった場合、まず引き継ぎを中断して、一度LINEアプリをアンインストールしてください。 そして現在のApple IDからサインアウトし、トーク履歴をバックアップしたときと同じApple IDでサインインし直します。 そのうえで、LINEアプリを再度インストールし直して、最初から引き継ぎ作業を開始しましょう。 あらためて「トーク履歴を復元」の画面まで進んだら、[トーク履歴を復元]ボタンをタップ。 これでトーク履歴を復元できるはずです。 Android版LINEの対処法 Android版LINEでは、Googleが提供しているクラウドサービス「Googleドライブ」にトーク履歴を保存しています。 iOS版LINEと違って、新端末に異なるGoogleアカウントでログインしている状態でも、引き継ぎ画面でバックアップしたアカウントを選択、もしくは追加してトーク履歴を復元できます。 「トーク履歴を復元」の画面が表示されたら、[Googleアカウントを選択]をタップして該当するアカウントを選択します。 端末からのログアウトなしで、バックアップしたときのGoogleアカウントを追加できる トーク履歴をバックアップしたGoogleアカウントと、新端末でログインしているGoogleアカウントが異なる場合は、[アカウントを追加]をタップして該当するアカウントにログインしましょう。 ログイン完了後、LINEによるリクエストを許可するとトーク履歴が復元されます。 原因4:iCloud Driveがオンになっていない(iOS版LINE) トーク履歴の復元時には、新iPhoneで[iCloud Drive]がオンになっていなければなりません。 iCloud Driveがオフの状態でトーク履歴を復元しようとすると、「iCloudに接続できません」とポップアップが表示されます。 対処法:iCloud Driveをオンに変えてから改めてトーク履歴を復元する このケースでは、ポップアップの[OK]をタップして一旦引き継ぎを中断し、iCloud Driveをオンに変えてから、改めてLINEアプリで[トーク履歴を復元]ボタンを押せば問題ありません。 iCloud Driveをオンにする iPhoneの「設定」アプリで、最上部にあるユーザー名の部分をタップ。 Apple IDの画面に移動するので、[iCloud]を選択します。 続いて、iCloud画面を下にスクロールすると[iCloud Drive]の項目があるのでスイッチをオン(緑色)にします。 iCloud Driveを確実にオンにしたうえで再度LINEアプリを開き、[トーク履歴を復元]ボタンをタップしましょう。 もし再度「トーク履歴が見つかりません」と表示されてしまった場合は、LINEアプリを一度アンインストールし、インストールし直して最初から引き継ぎ作業をおこなってください。 原因5:引き継ぎのタイミングでトーク履歴を復元しなかった(iOS版LINE) iOS版LINEでiCloudにバックアップしたトーク履歴データを復元できるのは、引き継ぎ途中の「トーク履歴を復元」の画面が表示されたタイミングだけです。 トーク履歴を復元せずに実行をタップすると、注意書きが表示される とはいえ、ここでトーク履歴を復元しなかったとしても、 バックアップさえとれていればトーク履歴が失われるわけではないので安心してください。 対処法:LINEアプリをアンインストールして引き継ぎ作業を最初からやり直す 一度LINEをアンインストールし、再度インストールすることで引き継ぎ作業を最初からやり直して「トーク履歴を復元」の画面を表示できます。 なお、LINEアプリをアンインストールしたところで、データは消えません。 再び電話番号とパスワードを入力していけば、LINEアカウントにログインできます。 Android版LINEではいつでもバックアップを復元できる ちなみに、Android版LINEでは、このステップでトーク履歴を復元し忘れたとしても、いつでもトークを復元できる機能が用意されています。 原因6:その他、iCloudやGoogleドライブの容量不足やLINEアプリのバージョンなど 大前提として、バックアップする際には端末のOSとLINEアプリを最新版にアップデートしてください。 新端末と旧端末のOSバージョンが異なる場合は、バックアップしたトーク履歴を新端末で復元できないエラーが発生する可能性があります。 また、LINEアプリのバージョンが以下のものよりも古いと、そもそもトーク履歴のバックアップ機能自体を使えません。

次の

引き継ぎが失敗!Android,iPhoneでLINEのトーク履歴を復元できない時は?

ライン トーク 履歴 復元 できない

もくじ• バックアップできない原因3選 LINEデータのバックアップ方法はいくつかありますが、最も簡単な方法は「」です。 ワンタップでバックアップを取れるのですごく簡単なのですが、たまに失敗する場合があります。 (1)iCloud Driveがオフになっている まずiCloud Driveがオフになっていると「 iCloudに接続されていません」と表示されて、トークのバックアップが取れません。 設定画面からApple IDを選択して、iCloudの画面にある「 iCloud Drive」をオンにすれば、バックアップできるようになります。 (2)LINEアプリの不具合 バックアップ失敗で一番多いのは LINEアプリの不具合です。 「アップロード中」の画面で止まって、バックアップが進まないケースです。 この場合は、LINEアプリを強制終了させて再起動してください。 それでもう1回バックアップすれば大体の場合は上手くいきます。 それでも上手くいかない場合はiPhone自体を再起動させましょう。 「バックアップ中に強制終了させたらデータ消えない?」と思うかもしれませんが、多分大丈夫です。 僕は何度か再起動したことありますけど、 データが消えたことは一度もありません。 (3)iCloudの容量不足 次に多いのがiCloudの容量不足です。 iCloudって 無料で利用できる容量が5GB までなんですよね。 僕みたいに容量に余裕があれば(あり過ぎる!)問題ないのですが、結構いっぱいいっぱいだとバックアップできないことがあります。 この場合の 解決方法は2つあります。 まず1つは、 iCloudのストレージをアップグレードさせる方法です。 iCloudの画面で「ストレージを管理」をタップすると、以下のようにアップグレード画面が開きますので、ストレージ容量を選択して右上の「購入する」をタップしてください。 2つ目の解決方法は、iCloudを諦めて、 iTunes経由でPCにバックアップを取る方法です。 iTunesを使う場合は、LINE単体ではなくiPhoneのデータ全てのバックアップを取ることになります。 iTunesを使ったバックアップ方法はこちらの記事をご参照ください。 じゃあ何のためのバックアップなんだよ!って感じですよね。 主な原因としては以下の3つが挙げられます。 (1)引き継ぎ設定をしていない 古いiPhoneを紛失した・粉砕した・消化したなどの理由で、LINEのアカウント引き継ぎ設定をしていない場合、新しいiPhoneでLINEにログインしようると、ログインできずに認証画面が表示されます。 出典: 「続行」をタップしても先に進めません。 ここから先に進むには「認証コードを受け取る」とタップしてLINEアカウントに登録した電話番号を入力してください。 するとSMSで認証番号が送られますので、それを入力して認証してください。 LINEアカウントに電話番号を登録していない、もしくは登録した電話番号が使えない場合は認証できないため、アカウントは引き継げません。 当然バックアップの復元もできません。 (2)iOSやアプリのバージョンが違う 復元する時のiOSやLINEアプリのバージョンが、バックアップを取った時と違うとデータの復元に失敗することがあります。 そのため、バックアップを取る時は事前にiOSとアプリを最新版にアップデートさせることをおすすめします。 (3)未読トークは復元できない また、LINEのトーク履歴に関しては、未読メッセージは復元できないことがあるようです。 バックアップを取る前に全てのメッセージを既読にしておきましょう。 スポンサーリンク 復元できないバックアップはただのゴミ バックアップできない原因は以下の3つです。 iCloudに接続されていない• iCloudの容量が足りない• LINEアプリの不具合 バックアップの復元に失敗する主な原因は以下の3つです。 引き継ぎ設定をしていない (LINEに登録した電話番号が使えない場合は復元不可能)• iOS・アプリバージョンが違う• メッセージが未読状態 バックアップ失敗はやり直しがききますが、復元失敗はお終いです。 きちんと復元できるようにしっかりバックアップしておきましょう。

次の