中国 ウィルス。 中国の新型コロナウィルス対策 ITの使い方を理解している政府

新型コロナウイルス 「研究所から流出」説の真偽を追う

中国 ウィルス

プロフィール:浜田和幸(はまだ かずゆき) 国際政治経済学者。 前参議院議員。 米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。 『ヘッジファンド』『未来ビジネスを読む』等のベストセラー作家。 総務大臣政務官、外務大臣政務官、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会委員、米戦略国際問題研究所主任研究員、米議会調査局コンサルタントを歴任。 日本では数少ないフューチャリスト(未来予測家)としても知られる。 歴史は繰り返す?「食べられるものは何でも食べる」という習慣 危機管理の欠如 中国の武漢で発生した新型コロナウィルスは、変異と「人から人への感染」を重ね、感染者や死亡者の拡大をもたらしている。 武漢の病院では医者や看護師も感染し、どこの病院も大混雑のようだ。 こうした緊急事態に直面し、人口1,100万人の武漢では、地下鉄やバスなど全ての公共交通機関が運行停止となった。 武漢からウィルスを外に出さないためであろうが、「時すでに遅し」の感を免れない。 なぜなら、中国では4億人が国内で移動する春節を迎えており、国内に限らず、中国人旅行者を介して日本、韓国、タイ、香港、そしてアメリカでも感染が確認されているからだ。 武漢市の周先旺市長は新年に3万人の市民を集めた食事会を主催し、その参加者からも多数の感染者が出たため、「危機管理の欠如」を指摘され、辞任は時間の問題であろう。 発生源は非合法に売られていたコウモリ? 2002年に発生し、多くの犠牲者を生んだSARSの悪夢が蘇ってきたと言えそうだ。 何しろ、発生源は「非合法に売られていたコウモリ」らしいが、まだ特定はされていない。 しかも、治療薬の開発には数年かかるという。 お陰で、予防用のマスクは売り切れ続出で、生産が間に合わない。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

中国のコロナウィルス予防・対策まとめ!中国人の対応がヤバすぎる件!

中国 ウィルス

中華人民共和国に指定されている。 12月現在、研究所には合計266人の研究員がおり、内訳は科学研究職189名、大学院生253名(課程124名と課程129名)などが在籍する。 所長は ()。 委員会は ()。 沿革 [ ] 、「中国科学院武漢微生物研究室」として設立。 同年、がとと協力してに研究所を設立することを決定。 研究室の設立は、武漢大学学部長で微生物学の主任教員を務めていた ()を筆頭として行われた。 研究室は、各分野の研究のために次の4つのグループに分かれていた。 研究分野 研究内容 指導者 および、ウイルス 学部長兼微生物教育研究主任 () 土壌微生物の生命活動と植物および土壌との関係 土壤農学研究主任 () 微生物を利用した植物病の抑制 華中農学院植物保護研究主任 () 、および 細菌(放線菌を含む)およびそれらのファージ変異、遺伝学および 武漢大学微生物教育研究副主任 () 11月、「中国科学院中南微生物研究所」 、さらに10月には「武漢微生物研究所」に改名され、にの地方分院が廃止されるとともに科学技術委員会の所管となり、「湖北微生物研究所」となった。 の ()の前に中国科学院の管轄に戻され、「中国科学院武漢病毒所」として改編された。 付属施設 [ ] 中国科学院武漢国家生物安全実験室( 中国科学院武汉国家生物安全实验室、 National Biosafety Laboratory NBL , Wuhan )は、武漢P4ラボまたは地元では単にP4ラボとも呼ばれる、と共同で建設されたP4(4:BSL-4)研究所である。 に完成し、に正式な運営が開始された。 の感染拡大が顕在化する以前は、実験施設を対外的にアピールしており、には当時の首相、が視察を行っている。 研究機器 [ ]• H-7000FA• Amray 1000B• ギルソン GIAPD多機能分析システム• GC-9Aシステム• UV-300• Super NOVA 極薄 歴代所長 [ ] 姓名 任期 備考 1 () 1956年6月-1984年3月 2 () 1985年9月-1987年9月 3 () 1994年4月-2000年10月 4 () 2000年10月-2008年8月 5 () 2008年8月-2018年10月 6 () 2018年10月- 歴代党委員会書記 [ ] 姓名 任期 備考 1 許 力 1958年3月-1959年2月 2 劉 然 1961年3月-1979年12月 3 曹 健 1980年1月-1984年7月 4 湯吉梅 1987年9月-1992年4月 5 何添福 1992年4月-1996年6月 6 李興革 1996年6月-2004年8月 7 袁志明 2004年8月-2013年8月 8 肖庚富 2018年12月- 疑惑 [ ] 「」、「」、「」、および「」も参照 2015年には研究の委託として370万ドルの資金援助を行うなど同研究所はを積極的に研究している。 2017年頃から、施設管理の面からの可能性が指摘されており、現在、とともにの感染源であるとの疑惑が上がっている。 のやではにアメリカの外交官が同研究所を視察した際に「危険性」があると、研究所の安全面の不備についてに公電にて伝達していたとする報道があり 、これについて米政府も調査中である。 これに対し、武漢ウイルス研究所の幹部は「ありえない」話だとして全否定 、日本のに当たるも同研究所からウイルスが流出したとの説を否定した。 さらに、(WHO)もは動物由来で、人工のものではないとしたうえで、「研究所から流出した可能性はないとみている」とした。 アメリカのを統括する(ODNI)もウイルスは人工のものではないと発表し 、英語圏5カ国の諜報当局が運営する(ファイブアイズ)も「研究所から流出した可能性は極めて低いとみている」と報じられた。 2020年に形式で開かれたWHOの総会では、中国での新型コロナウイルスの発生源について国際的な独立調査を行うことで同意した。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• , , 2010年02月18日 , 2020年2月18日閲覧。 中国科学院武汉病毒研究所. 2020年1月31日閲覧。 : p. 第3版. 1956年6月7日• 武汉地方志编纂委员会, ed 1993年2月. 《武汉市志:科学志》. 武汉大学出版社. 第564页• 中国科学院武汉文献情报中心. 2018年1月17日時点のよりアーカイブ。 2020年1月31日閲覧。 中国国立武漢生物安全研究所。 AFP 2020年4月18日. 2020年4月17日閲覧。 2020年4月11日. 2020年5月11日閲覧。 2020年4月22日. 2020年5月11日閲覧。 2020年2月9日. 2020年2月16日閲覧。 2020年2月10日. 2020年2月16日閲覧。 (NHK). 2020年4月16日. 2020年4月16日閲覧。 2020年4月16日. 2020年4月16日閲覧。 2020年4月16日. 2020年4月16日閲覧。 2020年4月16日. 2020年4月16日閲覧。 (BBC). 2020年4月18日. 2020年4月22日閲覧。 2020年4月19日. 2020年4月20日閲覧。 2020年4月19日. 2020年4月20日閲覧。 (NHK). 2020年4月19日. 2020年4月22日閲覧。 2020年4月21日. 2020年4月22日閲覧。 2020年4月20日. 2020年4月22日閲覧。 2020年4月21日. 2020年4月22日閲覧。 2020年5月1日. 2020年5月11日閲覧。 2020年5月5日. 2020年5月11日閲覧。 2020年5月18日. 2020年5月18日閲覧。 2020年5月19日. 2020年5月19日閲覧。 (BBC). 2020年5月20日. 2020年5月20日閲覧。 関連項目 [ ]• 2019新型コロナウイルスに関する項目• - 疾患の原因となる• - 上記項目のウイルスによって引き起こされる疾患• - 当疾患の流行状況• (コロナ禍) 外部リンク [ ]• - (2017年7月21日アーカイブ分).

次の

「新型コロナウイルス 故意の拡散は死刑」中国高裁が通知、検査拒否は懲役7年も

中国 ウィルス

米国に亡命した中国の実業家・投資家である郭文貴氏(イメージ:YouTubeスクリーンショット) 米国に亡命した中国の実業家・投資家である郭文貴氏は2月3日、中国共産党が武漢肺炎ウイルスは人工合成の産物であると事実上認めたことを明らかにした。 その根拠は、中国共産党の公式軍事ポータルサイト「西陸網」が、武漢の肺炎を引き起こす新型コロナウイルスが人工的に合成されたものであることを認めており、コウモリウイルスによる自然突然変異は不可能だと主張していることだ。 郭文貴氏は次のように述べた。 中国共産党軍の最高権力機関である中央軍事委員会のウェブサイト「西陸網」で発表される情報は極めて重要で、最高位層の首肯を得たものだ。 そのようなサイトが武漢肺炎の爆発を米国になすり付けた。 「西陸網」は1月26日に「武漢ウイルスの4つの主要蛋白質が交換され、中国人を正確に狙い撃ちできる」という文章を発表した。 この文章には、武漢肺炎ウイルスが人工合成であることが書かれていた。 文章の要点はこうだ。 「『武漢新型コロナウイルスは4つの重要な蛋白質を取り替えた』ことである。 その目的は第一に、SARSウイルスに偽装し、医療関係者を欺くことで、治療の時間を遅らせることである」 「第二に、『人への感染力が強力』であるため急速に蔓延させ、伝染させることができる。 人間を絶滅させるこの生物技術はコウモリや竹ネズミが生み出したのでしょうか」 「これほど正確な『4つの鍵となるタンパク質』の『交換』は、自然界では1万年たっても不可能だ」 「これらの事実から導かれる結論は、武漢ウイルスは実験室が製造と生産に関与していることだ」 米国になすり付ける 続いて、この中国共産党の権威ある軍事サイトの文章は米国に矛先を向け、「SARSから武漢新型肺炎まで、米国の人種絶滅計画を見る」という小見出しで、米国が生物兵器を製造し、中国人を攻撃できるようになったと非難した。 文章のもう1つのゴシック体の小見出しは「もっぱら中国人を選んで殺している。 文章は武漢ウイルスが生物戦であることを暗示し、「生物戦というこつの文字は消えることはない」 「原爆は強いでしょう。 生物兵器の前では、原爆でも水素爆弾でも、まったく武器にはならないかもしれない」 動画でこの文章のスクリーンショットを写したあと、郭文貴氏は、アメリカ人はまだ中共がどのような悪の政権であるかを意識していない。 米国人は金銭を信じ、マスコミを信じている。 しかし彼らのメディアの中でどれほど多くの人がすでに中国共産党に買収・浸透されているか思いもよらないだろう。 その中で何人が民衆の側に立っているのか? 真実の側に立っているのか? そのため、トランプ大統領が正しい行いをすると、アメリカのメディアはでたらめな偽ニュースを流す。 また、「西陸網」は1月22日に邱崇畏という人物の文章「武漢新型肺炎は米国の生物戦の匂いがする」を掲載した。 同様に、武漢の疫病発生の責任を米国に転嫁した。 この文章では、「米国は中国に対してもっと極端な手段に出るかもしれない」「米国はサイバー戦や宇宙戦を始めるかもしれない。 しかし、皆さんが本当に無視できないのは『生物戦』です」と対立を煽動した。 郭文貴氏は次のようにまとめた。 「今は、米国人が目覚めるかどうかの歴史上最も重要な瞬間であり、現在武漢の疫病はまさに戦争である。 この戦争は国賊である中国共産党と14億人の中国国民の戦争だ。 そして中国共産党は14億中国国民を煽動して米国に戦争を仕掛けようとしているのだ。 」 (翻訳・柳生和樹).

次の