ハリスの旋風 最終 回。 ドンキッコ

ドンキッコとは

ハリスの旋風 最終 回

週刊少年マガジン1965年16号から1967年11号に連載されていた、ちばてつやの漫画作品。 また、それを原作としたテレビアニメ。 リメイク作品として『国松さまのお通りだい』がある。 タイトルはカネボウハリスのスポンサードを受けていた事から社名使用の承認を取得したことに由来する。 1966年5月5日 - 1967年8月31日までフジテレビ系で放送された。 全70話。 モノクロ。 1971年、「国松さまのお通りだい」としてカラーでリメイクされた(カネボウハリス<現・クラシエフーズ>とのスポンサー契約が期間満了、更新されなかった為に原題は使えなかった)。 脇役の「メガネ」は、アニメで人気を獲得し、その人気が反映する形で原作での出番が増えた。 国松役の大山とメガネ役の小原は後に『ドラえもん』でも長く共演することになる。 主人公が暴力的なキャラクターの為、当初は番組への批判は多かったのだが、高視聴率を維持、制作のビー・プロ側は放送延長を望んだが、結局叶う事は無かった。 次作『ドンキッコ』(原作:石森章太郎)への制作変更は、スポンサーのカネボウハリスが新商品戦略を目論んだことによる。 なお最終回放送日の1967年8月31日付「毎日新聞 夕刊」ラジオ・テレビ欄に掲載された番組予告では、本作の石田国松とドンキッコが握手をし、(国松)「ドンキッコ、がんばれよ」(ドンキッコ)「オーケー! 国松兄ちゃん」と会話するイラストが掲載され、番組改編を印象付けた。 放映開始当時の『週刊少年マガジン』には、「普通のTVアニメ1本で使われるセル画は3000枚だが、『ハリスの旋風』第1話では5000枚のセル画が使われた」とのエピソードが紹介されていた。 1985年頃、4話分を収録したVHSがジャパンホームビデオ発売された。 同社からは同時期に「0戦はやと」のビデオソフトも発売されている。 長年、映像は殆ど残っていないとされていたが、ネガフィルムが奇跡的に発見され、全話を収録したDVD全10巻が2004年5月12日〜9月8日に発売された。 裏番組であったテレビドラマ『悪魔くん』も本作品と同様に「週刊少年マガジン」連載の漫画を原作としていたため、「マガジン」編集部は誌上での両作品の扱いに苦慮したという。

次の

「ハリスの旋風」と「国松様のお通りだい」ストーリーは全然違...

ハリスの旋風 最終 回

ストーリー [ ] ドンキッコは訳あって田舎から都会へやって来た自然児。 相棒のドンドンとともに放置されているチンチン電車を仮の住まいとしている。 骨董品屋「わんわん堂」の娘あやめと親しくなり、意地悪オヤジ「ミスター・トウセンボウ」と戦いを繰り広げるなど、日々騒動を巻き起こす。 登場人物 [ ] 「声」はアニメ版での担当。 ドンキッコ 声 - 骨董品屋「わんわん堂」を目指し、田舎から来た少年。 チビだが自称「の末裔」。 暴れん坊だが明るくお茶目な性格で憎めない。 ペンやサーベルになる「ドンキッコ・スティック」を腰に下げている。 ドンドン 声 - ドンキッコの子分である大柄の少年。 頭は弱いが怪力の持ち主で、飯を食うと力を発揮する。 ゴンベエ 声 - ドンキッコの子分。 人と話をすることができる。 あやめ 声 - ドンキッコたちが世話になる骨董品屋「わんわん堂」の娘。 明るく気立ての良い美少女。 ミスター・トウセンボウ 声 - ドンキッコたちの宿敵である意地悪な中年男。 くわえているパイプは棍棒になる。 ヨーヨーという子分がいる。 漫画版 [ ] 石森による漫画版は、からまで『』()、『』(集英社)、『小学館コミックス』()の3誌で連載されていた。 テレビアニメ版 [ ] アニメ版は、1967年から1968年まで系列局で放送。 前作『』と同様、カネボウハリス(現・)の一社提供で放送されていた。 全42話(全21回、1回につき2話放送)。 放送時間は毎週木曜 19:00 - 19:30 ()。 『ハリスの旋風』最終回が放送された1967年8月31日付の夕刊には、ラジオ・テレビ欄に本作のPR広告が掲載された。 この広告には、『ハリスの旋風』の主人公・石田国松と本作の主人公・ドンキッコが握手をし、(国松)「ドンキッコ、がんばれよ」、(ドンキッコ)「オーケー! 国松兄ちゃん」と会話するイラストが掲載された。 スタッフ [ ]• 原作 - 石森章太郎• アニメ制作 -• 監督・演出 - 石黒光一、布上善雄• 脚本 - 、、朝風薫、安藤豊弘、今村文人• 作画 - 稲村孔志• 美術 - 山田順司• ドンキッコ鑑隊 11月9日 10 エントツ4・3・2 ビールがのみたい 11月16日 11 シャックリ世界珍記録 なんでもなる木 11月23日 12 泣くなドンキッコ ヤセッポッチのペケ 11月30日 13 ゴンベの卵 ノビノビ村 12月7日 14 へんなライオン アメリカのサムライ 12月14日 15 おじいちゃんは世界一 ドロンコ道の女の子 12月21日 16 ハッスルドンキッコ 金庫をさがせ 12月28日 17 Xマスと正月のあいのこ (不明) 1968年 1月4日 18 敵はさるもの 花の湯No. 2 1月11日 19 負けるな迷犬コロ (不明) 1月18日 20 ボクはアヤメちゃん ピンポケドンドン 1月25日 21 一年坊主の鐘が鳴る 小学校へもぐり込め 参考: 『石森章太郎アニメワールド』、1981年、284 - 285頁。 放送局 [ ] この節のが望まれています。 フジテレビ:木曜 19:00 - 19:30• :木曜 19:00 - 19:30• :日曜 18:00 - 18:30• :土曜 17:00 - 17:30• :木曜 19:00 - 19:30• :木曜 18:15 - 18:45• :火曜 18:00 - 18:30• ビデオソフト化 [ ] 本作はこれまでに全話分のDVD、ブルーレイの発売はされていない。 オープニング映像や本編映像の一部については以下の映像ソフトに収録されている。 なおオープニング映像は全て前期バージョン。 の誕生(、SHOWA) - 本編映像の一部を収録。 TVヒーロー主題歌全集9 ピープロ編(VHS・、) - 本編映像の一部を収録。 マニア愛蔵版 懐かし〜いTVアニメテーマコレクション(VHS・LD、ハミングバード) - オープニング映像を収録。 また、1981年に徳間書店から発行された前述の『石森章太郎アニメワールド』には、第1話『ドンキッコ登場』のフィルムを接写したフィルムストーリーが掲載されている。 1980年代にビデオショップを経営していたピープロでは、個人から好きな作品・話数のリクエストを数万円で受注し、その話数のフィルムをして直接ビデオ販売する「ソフトオーダーメイド」と銘打ったサービスが行われており、発注可能な作品リストには本作も含まれていた。 うしおは2002年のインタビューで「『ドンキッコ』というのは(中略)ソフト、何もないでしょう。 だからあれは、何本かとってあるんですよ。 (中略)一番とってあるのは、『』なんだけど」と話しており 、ある程度の本数のフィルムがピープロに現存しているとみられる。 脚注 [ ]• 2016年5月5日閲覧。 『』(縮刷版) 1967年(昭和42年)9月、テレビ欄。 『河北新報』1967年9月17日 - 9月24日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1967年9月16日 - 9月30日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1967年9月7日 - 1968年1月25日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1967年9月14日 - 1968年1月25日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1967年9月19日 - 1968年1月30日付朝刊、テレビ欄。 『まんだらけZENBU No. 17』出版部、2002年、326頁。 外部リンク [ ]• - メディア芸術データベース• - メディア芸術データベース 系列 【本番組まで一社提供枠】 前番組 番組名 次番組.

次の

ドンキッコ

ハリスの旋風 最終 回

新潟県民放子供向け番組放送の推移その二は、昭和41年7月、10月と三カ月おきに番組プログラムを紹介していきます。 日曜日(7/31) 10:30-11:00「狼少年ケン」 11:00-30「トムとジェリー」 17:00-30「マグマ大使」(フジ遅れネット約二週間) 18:00-30「レインボー戦隊ロビン」(NET遅れネット二ヶ月強) 19:00-30「ウルトラマン」(TBS同時ネット) 19:30-20:00「オバケのQ太郎」(TBS同時ネット) 23:00-15「仙人部落」(7/2放送開始) 「マグマ大使」は「ワンダースリー」の後番組として、フジテレビ系同時ネットから約二週間遅れで7/17から放送を開始しています。 「ウルトラマン」は「ウルトラQ」に引き続きTBS系の同時ネットです。 オールカラーの巨大ヒーロー特撮物の先駆者である「マグマ大使」と「ウルトラマン」は、新潟においては日曜日に揃って放送という豪華ラインナップであります。 これは他県いや東京にお住まいの方でも垂涎のプログラムと申せましょう。 ただ私は「マグマ大使」は見たことがありません、スイマセン親方・・・。 「マグマ大使」の初回放送は新潟日報テレビ欄の番組紹介でも写真付きで取り上げられており、「ウルトラQ」「ウルトラマン」も紹介頻度はまだ高い状態。 7月から12月放送分を見ると、「ウルトラQ」は最終回の「206便消滅す」が、「ウルトラマン」は「ウルトラマン前夜祭」「ウルトラ作戦第一号」「侵略者を撃て」「科特隊出撃せよ」「怪獣無法地帯」「謎の恐竜基地」「宇宙から来た暴れん坊」「ミイラの叫び」「真珠貝防衛指令」「科特隊宇宙へ」「遊星から来た兄弟」「故郷は地球」が記事になっています。 「前夜祭」「侵略者」「無法」「暴れん坊」「ミイラ」「宇宙へ」は写真付きです。 ちなみに「ウルトラQ」の「206便」は゛できばえはシリーズ中最もすぐれているので゛と激賞されていて、一般人の目にはあの作品が傑作に映るのか!?と驚きましたわ。 アニメの「レインボー戦隊ロビン」は7/3から放送開始で、NET系同時ネットから二ヶ月強の遅れであります。 こちらも私は見たことがありません、申し訳ないです親方・・・。 カラー化直前の時期に放送されたモノクロ作品は、どうしても再放送の機会に恵まれず不運な感が強いのです。 月曜日(7/25) 18:00-30「丸出だめ夫」(日本テレビ同時ネット) 月曜から土曜まで朝の帯番組として流していた「エイトマン」は7/1で放送終了しています。 火曜日(7/26) 18:00-30「ハリスの旋風」(フジ遅れネット約一ヶ月) 19:00-30「宇宙少年ソラン」(TBS同時ネット) 「ハリスの旋風」は「宇宙エース」の後番組として6/7から放送を開始。 フジテレビ系同時ネットから約一ヶ月の遅れです。 「ハリスの旋風」も私は見たことがないです、遺憾です親方・・・。 なお火曜日には「奥様は魔女」が5/3から21:30-22:00の枠で放送を開始しています。 当時の子供が見るにはかなり遅い時間帯ですけれど、何度も再放送されたこの番組を私は幼児の頃から大好きでしたw サマンサの母エンドラの根性曲がりっぷりがもう辛抱たまらんとですよ。 彼女からみれば劣等種族のニンゲンのダーリンの名前なんて絶対に正しく呼称してやらないぞという老魔女の意気地と気合をビンビンに感じるのですわ。 水曜日(7/27) 18:00-30「ジャングル大帝」(フジ、同時ネット) 木曜日(7/28) 18:00-30「スーパージェッター」 4/14で一旦放送を打ち切った「スーパージェッター」が同じ枠で7/28から放送を再開しました。 再開第一回は「二人の亡命者」(第32話)で、以前と同様にランダム放送のようです。 金曜日(7/29) 18:00-30「遊星仮面」(フジ遅れネット一週間) 「遊星少年パピィ」の後番組として6/10から放送を開始したのが「遊星仮面」です。 フジテレビ系同時ネットから一週遅れでのオンエアであります。 なお17時台に流していた「おそ松くん」は6/24で放送を終えています。 同時ネットでは昭和42年3月まで放送しているので、新潟では打ち切りということです。 越後では人気が無かったんですかねぇ。 土曜日(7/30) 19:00-30「鉄腕アトム」(フジ同時ネット) 追記すると、後年BSNが夏休み期間中の午前中に「夏休み子供劇場」として流していた子供向けプログラムは、この頃にはまだ存在していませんでした。 続いて昭和41年10月最終週の番組ラインナップは下記の通り。 日曜日(10/30) 17:00-30「マグマ大使」(フジ遅れネット約二週間) 18:00-30「レインボー戦隊ロビン」(NET遅れネット二ヶ月強) 19:00-30「ウルトラマン」(TBS同時ネット) 19:30-20:00「オバケのQ太郎」(TBS同時ネット) 午前中に放送していた「狼少年ケン」と「トムとジェリー」は9月末で放送終了しています。 「狼少年ケン」の後番組に「ジャングル・ジム」という番組を流していて、ひょっとしてアメリカのアニメかな?とぐぐってみたら、ジャングルモノの映画の再編集ドラマだそうです。 この月は木曜日以外、三ヶ月前と変化無しです。 月曜日(10/31) 18:00-30「丸出だめ夫」(日本テレビ同時ネット) 火曜日(10/25) 18:00-30「ハリスの旋風」(フジ遅れネット約一ヶ月) 19:00-30「宇宙少年ソラン」(TBS同時ネット) 水曜日(10/26) 18:00-30「ジャングル大帝」(フジ同時ネット) 木曜日(10/27) 18:00-30「スーパージェッター」 19:00-30「がんばれ!マリンキッド」(フジ同時ネット) 10/6から放送開始の「がんばれ!マリンキッド」は後の「海底少年マリン」のパイロット版のような作品で、ウィキペディアによると現在はフィルムの所在も不明との事。 そんなマイナーかつレアな番組が、もっとメジャーな作品を差し置いて我が新潟で同時ネット視聴できたというのは、幸運な話と言えるとかどうか判断に苦しむところであります。 「おそ松くん」が打ち切られてこの番組を流すっていうのもなんだかなぁ。 まぁこの枠はフジのものなので、ナニが流されようと田舎は文句を言えないのです。 金曜日(10/28) 18:00-30「遊星仮面」(フジ遅れネット一週間) 土曜日(10/29) 19:00-30「鉄腕アトム」(フジ同時ネット) この後、11月からは土曜の昼12時台に「かわいい魔女ジェニー」(原文ママ)が放送を開始(11/26から)。 その他、私の目を惹く番組としては木曜22:30から「特別機動捜査隊」、金曜21:30から「ザ・ガードマン」があります。 海外ドラマでは前回に引き続き、「コンバット」(水曜20:00)と「逃亡者」(土曜22:00、12月で終了)、「サンセット77」(日曜22:00)、「0011ナポレオン・ソロ」(日曜23:15)が放送中。 そして12月には大晦日に「鉄腕アトム」がついに放送終了して、昭和42年の元日を「ウルトラマン」の第25話「怪彗星ツイフォン」で子供たちは迎えることになるのです。

次の