リュック ベッソン ロリコン。 リュック・ベッソン

ナタリー・ポートマン「レオンに出たのは黒歴史、性的搾取のクソ映画」

リュック ベッソン ロリコン

人物 [ ] 幼少期から異彩を放ち、特に思春期には類まれな独創性を発揮して周囲を驚かせた [ ]。 暇つぶしに書き始めた小説は後に『』の作品世界として活かされている。 両親はともにのインストラクターであり、ベッソン自身もダイバーとして過ごしたが、17歳のときに潜水事故に遭いスキューバダイビングができなくなった。 18歳のとき故郷のパリに戻り 、そこで映画の雑用的な仕事をこなして映画製作のノウハウを学んだ。 その後3年間アメリカへ移住、さらにフランスに戻って自身の映画製作会社を興した。 後に会社はLes Films de Dauphins(イルカ映画社)と改名し、現在に至っている。 1980年代に作曲家のに出会い、自身初のショートフィルムである L'Avant dernier の構成を依頼。 それ以後ベッソンとセラはバンド仲間として、そして最も重要な創作上のパートナーとして数々の作品を共に手がけることになる。 『』の主演女優と結婚していたが、作品完成後には離婚していた。 1993年1月2日に女優と結婚し、1女をもうけたが離婚。 11月14日、女優のと結婚したが、後に離婚。 8月18日に映画プロデューサーのとの結婚しており、現在3人の子がある。 1999年の『』以降はプロデュース業や脚本執筆を中心に活動。 しかしショートフィルムに関しては演出を手がけることもあり、日本車の宣伝用フィルムやの候補地であったパリのプレゼンテーション用のビデオも製作している。 2001年1月にヨーロッパ・コープを立ち上げた。 また、同年9月に、、、シネマゲートと共同出資して日本法人ヨーロッパ・コープ ジャパンを設立した。 監督業についてはかねてから10作品程度で引退することを公言しており、2006年9月には『アーサーとミニモイの不思議な国』三部作をもって監督業を引退することを発表。 同作の日本公開に伴うPR活動で2007年6月に来日した際も引退を宣言した。 しかし、2010年公開の『』では再び監督を務め、プロモーション中のインタビューにて引退宣言を撤回した。 作風は『レオン』『ニキータ』のようなハードボイルド・アクションから『』のような明朗快活な冒険活劇、『』のような独自の解釈による歴史巨編まで幅広いが、他国ではB級アクションとして宣伝された製作脚本作品『』『』が、日本では『レオン』のようなハードな作品であるかのような宣伝がなされたこともあった。 なお、『レオン』『ニキータ』のような暴力的な作風は当時フランスで起こったバブル経済へのアンチテーゼとして描かれたもので、2008年以降の世界的な不況下においては、誰にでも気軽に楽しめる愉快な作品を目指している。 女性を主人公にしたり、女性を物語の軸にすることが多く、彼自身女性について「特徴の違うお互いに必要な相手として認め合うべき」と語っている。 主な作品 [ ] 監督作品 [ ]• Le Dernier combat 1983• Subway 1984• Le Grand bleu 1988• Nikita 1990• Atlantis 1991• The Fifth Element 1997• The Messenger: The Story of Joan of Arc 1999• Angel-A 2005• Arthur et les Minimoys 2006• Arthur et la vengeance de Maltazard 2009• Arthur et la guerre des deux mondes 2010 日本未公開• The Lady 2011• Lucy 2014• Valerian and the City of a Thousand Planets 2017• Anna 2019 製作および脚本作品 [ ]• Kamikaze 1986• Taxi 1997• The Dancer 1999• Taxi 2 2000• Wasabi 2001• Yamakasi 2001• Kiss of the Dragon 2001• The Transporter 2002• Taxi 3 2003• Fanfan la tulipe 2003• Michel Vaillant 2003• Banlieue 13 2004• Revolver 2005• Danny the Dog 2005• Transporter 2 2005• Taxi 4 2007• Transporter 3 2008• Taken 2008• Banlieue 13 - Ultimatum 2009• Colombiana 2011• Taken 2 2012• Un prince presque charmant 2013• 3 Days to Kill 2014• Taken 3 2015• The Transporter Refueled 2015• Renegades 2017• Taxi 5 2018 製作作品 [ ]• Lune froide 1991• Nil by Mouth 1997• () Exit 2000• Taxi 2004• The Three Burials of Melquiades Estrada 2005• Love and Other Disasters 2006• Hitman 2007• Staten Island 2009• From Paris with Love 2010• La Planque 2011• No Limit 2012• Lockout 2012• Intersection 2013• Brick Mansions 2014• The Homesman 2014• Kursk 2018 ミュージックビデオ [ ]• Pull Marine 1983• Love Profusion 2003 CM [ ]•

次の

ナタリー・ポートマン「レオンに出たのは黒歴史、性的搾取のクソ映画」

リュック ベッソン ロリコン

第19回フランス映画祭の団長として、先ごろ来日。 「ここ30年、日本は何度となく訪れた。 フランスで日本(の地震や原発の状況)を心配しているよりも、自分の目で確かめたかった」と言う。 取材場所は、皇居が一望できるホテルのスイートルーム。 以前は、取材時に何杯も砂糖を入れた紅茶を飲んでいたが、今回彼の前に置かれたのはミネラルウオーターだった。 10年ほど前、「人生で一番大切なものは何か」と尋ねたことがある。 今回、同じ質問を投げかけると、返ってきたのは「健康」のひとこと。 これは10年前と変わらなかった。 健康を維持するために、「いまは砂糖も減らし、水分も控えている。 まるでシンデレラみたいな生活をしている」と笑った。 「実は2年で20キロほど減量した。 一番太っていた時は140キロ近くあった。 まさに関取さ。 今は104キロくらいだから、相撲取りとしては小さなほうだけど(笑)」 この2年間、「走ってもいるし、毎日腹筋を150回から200回はしているんだ」と言う。 「ニキータ」のアンヌ・パリロー(41)、「フィフス・エレメント」のミラ・ジョヴォヴィッチ(35)など、ベッソン映画のヒロインに抜擢された女優は次々スターダムにのし上がっていく。 最近では、「ブラック・スワン」でアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン(30)。 彼女が1994年に「レオン」のヒロインを探すベッソンの前に現れた時は、まだ11歳だった。 幼い少女に何を見たのか。 「卓球のコーチなら、11歳のジュニア選手を見ても、その子の力量、能力がわかる。 それと同じ、当たり前のことさ。 当時のナタリーに出会ったら、誰だって彼女を選ぶよ。 それだけのオーラをナタリーは放っていたから。 僕は何も特別なわけでない、普通なだけだよ」 「WASABI」(2001年)に主演した広末涼子(31)は、パーティーの席上で来日したベッソンの目に留まりヒロインを射止めた。 「最初に東京で広末涼子と出会ったときは、ほかにも若い女優さんがいたし、彼女は決して目立っていなかった。 ところが出演作をビデオで見たら、際立つ存在感がある。 それで彼女を起用したんだ」 その後、広末は日本映画で初めてアカデミー賞外国語映画賞を受賞する「おくりびと」(09年)にも主演した。 ベッソンの目にかなった女優は世界に飛躍するというジンクスは広末も実証している。 今年のカンヌで審査員賞を受賞して注目を集める「ポリス」(11年)の監督マイウェン(35)は、16歳でベッソンの娘を産み、その後「フィフス・エレメント」(97)にも出演した女優だった。 ベッソンの女優を見る目、女性を見る目に狂いはない。 公開を控えるシリーズ3作目の「アーサー3(仮)」は、「12歳以下の少年少女のために作った」という。 ジャンルを問わず映画を生み続ける職人。 その女優眼があるかぎり、フランス映画界もまた安泰だ。 1959年3月18日、フランス・パリ生まれ、52歳。 17歳で高校を中退。 ゴーモン社でニュース映画のアシスタントをした後、米ハリウッドで映画製作にかかわり、再びフランスに戻って製作会社を設立。 「最後の戦い」(83)で長編監督デビュー。 以後、「サブウェイ」(84)、「グレート・ブルー」(89)を監督。 「ニキータ」(90)に続き、アメリカ進出第1作「レオン」(94)が大ヒット。 「フィフス・エレメント」(97)、「ジャンヌ・ダルク」(99)以後は監督よりも製作中心となり、「WASABI」(2001)、「トランスポーター」シリーズなどを製作。 監督として「アーサー3(仮)」(10)に続いて、ミシェル・ヨー主演でアウンサン・スー・チーさんの半生を描いた「ザ・レディ」(10)を英仏合作で手がけ、9月8日からカナダで開催される第36回トロント国際映画祭で上映される。

次の

映画「レオン」が面白くないと感じた3つの理由。リュック・ベッソンの公私混同作

リュック ベッソン ロリコン

AmazonPrimeVideoの「見放題が終了する」リストに載っている。 有名未見の作品は、この際に観ておこう。 先日観た「ニキータ」と同じリュック・ベッソン監督作品。 「ニキータ」をブラッシュアップしたカンジなのかな、と。 いやいや、断然素晴らしい。 よくもこんな素晴らしい映画を見逃していたものだと、呆れるほど、素晴らしい映画だった。 ただ、この映画のなにが素晴らしいのかを説明するのは難しい。 他人のレビューも読んでみたけれど、いまいちピンとこない。 この映画の素晴らしさのキモは、おそらく、監督のリュック・ベッソンも分かってはいない。 たとえば、似たような(?)ハナシの「LUCY/ルーシー」は、ツマラナイとは言わないけれど、素晴らしいにはほど遠い。 監督自身も「レオン」の何が素晴らしかったのか分かっていないんじゃないかなぁ。 というわけで、奇跡的な傑作、ということでどうだろう。 「完全版」は「22分の未使用シーンを追加収録」とある。 見比べたわけではないので、どこがその追加部分なのかは分からない。 いや、削った方が良いシーンなんてなかったけど。 ダメなシーンがひとつもないという、希有な映画だと思う。 追記 「ロリコンホイホイ」という指摘を見た。 リュック・ベッソンは「ロリコン&アクション&イノセンス」がすべて、と。 なるほど。 リュック・ベッソンに対する評価は、当たっていると思う。 ただ、本作の魅力がロリコン趣味にあるのかというと、そうだろうか。 マチルダ(ナタリー・ポートマン)の年齢がもう少し上でも、性別が男でも、なんなら人間ですらない犬だったとしても、それはそれで魅力的な作品になったと思うけど。 どうかな?.

次の