サイン し て ください 英語。 「あなたのサイン(署名)をください」を英語でいうと?

sign / signature / autographの違い

サイン し て ください 英語

Could you sign these documents for me? クッジュー・サイン・ジーズ・ドキュメンツ・フォーミー? こちらの書類にサインしていただけますか? こんなフレーズ 仮払い費用の受け取りは、認印ではなくサインで済ませる企業も増えています。 もともと欧米では印鑑という文化がないので、サインのほうがグローバルスタンダードと 言えるかもしれません。 signは、動詞では署名するという意味がありますが、 名詞では印です。 つまりサインは名前である必要はないんです。 ご存知でした? 日本人はサインと言われると、判で押したようにフルネームを書きますが、 それはsignatureのことです。 signは、イニシャルだけ、ファースト・ネームだけ でもいいんです。 ちなみに著名人のサインはautographです。 どんな場面で使える? 仮払申請が承認されたとき、経理担当者が申請者にサインを求める際のフレーズです。 特に専門用語があるわけではないので、いろいろな場面で使えますよね。 レストランの会計時などにもいけそうです。 ところで、クレジットカードのサインは漢字にしています? 欧米人から見ると、漢字の筆跡は判定しにくいもの! 明らかに別人のものでもわからないそうなので、 アルファベットのほうがいいかもしれませんよ。 出張旅費の申請をしたいのですが Please fill in the cash advance form. 仮払申請書に必要事項を記入してください.

次の

英語でのサインの書き方!筆記体はアメリカ人も書けない?

サイン し て ください 英語

有名人に会って、 「サインを下さい」と言いたいときに 何と言うでしょうか? コレ意外と間違えやすいです。 大学入試でもたまに問われる内容です。 Can I have your ( )? (サインしていただけますか?) さて、( )の中にどんな名詞が入るでしょうか? 実は、signやsignatureではありません。 有名人のサインは、 autographと頭に入れておきましょう。 sign は名詞としては看板・標識を意味し、 signatureは手紙や書類など への署名を意味します。 動詞としてのsignは、「署名する、労働契約を結ぶ」などの意味が あります。 (signはその他いろいろな意味がありますので、興味ある方は辞書で 調べてみて下さい。 ) これらは、間違えやすいので例文で押さえると記憶に定着して いいと思います。 【例文】 ・a road sign (道路標識) ・sign a contract (契約書にサインする) ・put one's signature on a paper (書類にサインする) また、サインをねだる人たちのことを「autograph seekers」と言ったり します。 【編集後記】 久々に英文解釈の名著 『英文解釈教室』を読み返してみました。 受験生の頃は、その緻密さかつ難解さに苦しんだものです。 伊藤和夫氏の著書らしく賛否両論ありますが、英文解釈の方法論 を確立したい方にはお勧めします。 日常英会話をマスターしたい方に1番のお勧めはです。 ブログランキングに参加しています。 1日1度、上のポタンをポチッと押して頂けると励みになります。

次の

サインください 英語

サイン し て ください 英語

英語のかっこいいサインの作り方・コツ4つ目は、自分のサインを装飾します。 装飾はサインに横線を引いてサインを強調させる方法や、イラストやマークをつける方法があります。 装飾をしなくてもサインが映える場合は装飾しなくてもいいですが、シンプルでなにか付け足したい場合は装飾してみてください。 1番簡単な装飾の作り方はアルファベットを伸ばして線を引くやり方です。 例えば名前の最後が「a」の場合は、「a」の線を名前の下を往復するように引いて強調させます。 ほかにも曲線のあるアルファベットを使ってサインを覆うように丸を書いたり、サインの中に笑顔マークなどイラストを付け足す方法があります。 クレジットカードを使用したときのサインは英語でも大丈夫です。 クレジットカードのサインに特に決まりはありませんが、真似されやすいサインは避けたほうがいいといわれています。 なのでクレジットカードのサインでは簡略化しすぎず、慣れていないと書きにくいサインにするのがおすすめです。 例えば一筆書きではなく二筆書きにするだけでも真似されにくく、決まった筆記体ではなく自分オリジナルの書き方をするサインがいいですね。 かっこいい英語のサインが作れたら、万年筆で書いてみたいですよね。 万年筆の使い方やコツについてはこちらの記事でまとめています。 参考にして万年筆で自分のサインを書いてみてください。 漢字のかっこいいサインの作り方・コツ4つ目は、クレジットカードで使えるサインです。 クレジットカードのサインは真似されにくいものが好ましいので、海外の方では書きにくい漢字のサインはクレジットカードのサインにおすすめです。 しかし漢字は画数が英語よりも多くなるので、クレジットカードのサインのようにサッと書きたい場合では使いにくいですよね。 なのでフルネームなら画数が多くなってしまう方は、苗字や名前だけのサインでも大丈夫です。 かっこいい漢字のサインが作れたら、筆でサインを書いてみたいですよね。 筆ペンの書き方のコツや上達する練習方法についてはこちらの記事でまとめています。 かっこいいサインを筆で書いてよりかっこよくデザインしてみてください。 漢字のかっこいいサインの参考になるサイト5つ目は、古文書ナビです。 古文書便覧の部首のくずし字をクリックすると、様々な部首のくずし字一覧が見れます。 漢字のサインの部首をくずすだけでも画数が減り、書きやすくかっこいいサインになります。 かっこいいオリジナルサインを作ってみよう かっこいいサインを作っておくことで、クレジットカードの署名や個人活動をするときに便利ですよ。 紹介した英語と漢字のサインの作り方を参考にして、自分のオリジナルサインを作ってみてください。 有名人からサインをもらうと、どうやって飾ったらいいのか悩みますよね。 上手く飾れていない色紙があるかたは、こちらの記事を参考にしてみてください。 こちらでは色紙の飾り方や保存方法も紹介しています。

次の