海洋工学部。 海洋工学センター

東京海洋大学海洋工学部流通情報工学科の口コミ

海洋工学部

海洋土木工学プログラムで取り扱う教育・研究の範囲は、通常の陸上及び海岸の他に、着底型のような構造物の構築が可能な大陸棚以浅の海洋の領域での土木工学に関わる諸問題を対象としています。 従って、従来の海洋学、土木工学の基礎教育を行うことによって海に深い理解を有する人材の育成を目指すと共に、さらにソフト面およびシステム面に対する物 の見方や考え方ができるエンジニアを育成するための教育を行います。 具体的には、最新の海洋開発技術を支える計画・設計・施工・管理に関わる専門科目、その基礎となる工学基礎科目を学ぶこととなります。 それと同時に、周辺の自然環境の保全、地域の文化や景観との調和、自然災害の防止などの社会が要請する問題を広い視野から考えることのできる力を養成します。 現代社会の高度情報化、国際化と言った動きを踏まえ、時代の要請に応えうる豊かな環境意識と高い倫理感を持った技術者を育成するために、以下に本プログラムの具体的な学習・教育目標を掲げます。 [人類の幸福と福祉] 人類の幸福と福祉について考えることのできる素養の養成• [持続的発展と調和] エネルギーと環境、人間と社会の持続的な調和を考えることのできる基礎的素養の養成• [コミュニケーション能力] 国際的なコミュニケーション能力の養成• [基礎学力] 数学や自然科学の基礎と工学基礎に関する知識の充実• [専門学力] 土木工学の基礎知識を柔軟に適用できる応用力とデザイン能力の養成• [海洋の開発と保全] 海洋環境の開発と保全とについて総合的判断を行う能力の養成• [自主的な解決能力] 調査・討論・発表などを通じて,自ら課題を発見し,それを解決できる能力の養成• [継続的な学習能力] 卒業後も主体的に学習を継続できる能力の養成.

次の

海洋工学センター

海洋工学部

試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。 まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。 多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。 ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。 卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。 また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。 企業の資源について、より合理的で有効な活用法を考える 経営工学とは、経営に関する問題を工学的アプローチによって解決し、効率的で合理的な経営システムを構築しようとする学問です。 経験や勘だけではたどり着けない、経営における真理をみつけるため、種々の問題を数学的に分析。 より普遍的で、ムリ、ムダ、ムラのない経営体系を考えます。 経営学は実際の組織運営から方法を学ぼうとするのに対し、経営工学が数学的分析に基づいて課題解決を目指す、といった違いがあります。 卒業後の進路としては、生産管理、品質管理をはじめ、人事、財務、企画広報など、さまざまな選択肢があります。 物事を俯瞰して分析する力は、システムエンジニアやプロジェクトマネジャーとしても重宝されるでしょう。 もちろん、起業して経営者になるという道もあります。 目指せる仕事• 海洋工学部 海事システム工学科では、リーダーシップ能力とグローバル化対応能力を持つ、次世代の海技技術者養成を目指した教育を行う。 具体的には、2年次後学期・3年次で船舶管理と海事工学に分かれて学び、4年次では船舶管理教育、海事工学教育、海技士養成教育の3つの体系に分かれて学ぶ。 海洋電子機械工学科では、次世代を担う内外航路の機関運用・保守管理を行う船舶機関士と、大型機械プラントの運用・保守管理や、海洋エネルギーシステム、ロボット、電子制御機器の先端要素・材料の設計・開発などで活躍できる人材を育成する。 流通情報工学科では、流通における物資流動、およびこれと表裏一体の関係にある情報を一元的にとらえ、工学的観点から研究する。 さらに、ロジスティクス・システムに関する研究を行う。 海事システム工学科および海洋電子機械工学科機関システム工学コースの卒業生に対し、6か月間課程の乗船実習科がある。

次の

東京海洋大学海洋工学部流通情報工学科の口コミ

海洋工学部

海洋土木工学プログラムで取り扱う教育・研究の範囲は、通常の陸上及び海岸の他に、着底型のような構造物の構築が可能な大陸棚以浅の海洋の領域での土木工学に関わる諸問題を対象としています。 従って、従来の海洋学、土木工学の基礎教育を行うことによって海に深い理解を有する人材の育成を目指すと共に、さらにソフト面およびシステム面に対する物 の見方や考え方ができるエンジニアを育成するための教育を行います。 具体的には、最新の海洋開発技術を支える計画・設計・施工・管理に関わる専門科目、その基礎となる工学基礎科目を学ぶこととなります。 それと同時に、周辺の自然環境の保全、地域の文化や景観との調和、自然災害の防止などの社会が要請する問題を広い視野から考えることのできる力を養成します。 現代社会の高度情報化、国際化と言った動きを踏まえ、時代の要請に応えうる豊かな環境意識と高い倫理感を持った技術者を育成するために、以下に本プログラムの具体的な学習・教育目標を掲げます。 [人類の幸福と福祉] 人類の幸福と福祉について考えることのできる素養の養成• [持続的発展と調和] エネルギーと環境、人間と社会の持続的な調和を考えることのできる基礎的素養の養成• [コミュニケーション能力] 国際的なコミュニケーション能力の養成• [基礎学力] 数学や自然科学の基礎と工学基礎に関する知識の充実• [専門学力] 土木工学の基礎知識を柔軟に適用できる応用力とデザイン能力の養成• [海洋の開発と保全] 海洋環境の開発と保全とについて総合的判断を行う能力の養成• [自主的な解決能力] 調査・討論・発表などを通じて,自ら課題を発見し,それを解決できる能力の養成• [継続的な学習能力] 卒業後も主体的に学習を継続できる能力の養成.

次の