チェック。 日本語の文章のタイポ/変換ミス/誤字脱字エラーをチェック/校正

Excelでチェックボックスを作成する方法

チェック

日本語のあからさまなエラー タイポ、スペースのエラー、誤字脱字、変換ミス、入力後の編集ミス、文字化け を自動チェックします。 New:- kaminari gem 1. 1にアップグレードしました。 New:- Rails 5. 3にアップグレードしました。 New:- bootstrap-sass gemを3. 1にアップグレードしました。 New:- cookieの利用に関する表示を行い、にも追記しました。 New:- Ruby 2. 1にアップグレードしました。 New:- New:- Enno. jpにを追加しました。 利用法は変わりません。 フォーマルな文書を中心に、あらゆる日本語文書のエラーをチェックできます。 日本語に英語など他の言語の文やソースコードを含めることもできます。 特定の業種やスタイルに依存しません。 全角句読点「,」「.」を使用する理工系文書もチェックできます。 誤検出および無関係なエラーを極力排除しています。 ユーザー登録は不要です。 エラーのパターンは常時追加されます。 安全のため、チェックされる文書はデータベースやログに保存しません。 サイト管理者も読むことはできません。 注意 を必ずお読みください。

次の

Ginger 英文チェッカー

チェック

エクセルでセルの枠を生かした書類のひな型を作るとき、印刷した後に書き込むよりも、ファイルに直接、必要事項を入力したあとで印刷することが増えました。 結果がファイルとして保存できるのも便利です。 特にセルを利用すれば入力ボックスは簡単に作れます。 加えて複数項目から該当するものをいくつかチェックしてもらう「チェックボックス」やひとつだけ選択する「オプションボタン」を付けたいときがあります。 たとえば「チェックボックス」なら、クリックすればチェックマークが付き、もう一度、クリックすると外れるようにできたら便利です。 この動作をするチェックボックスを追加するとき、Office 2007 以降に導入された「クイックアクセスツールバー」に「チェックボックス」や「オプションボタン」のコマンドを追加しておくと便利です。 追加の手順は簡単です。 B.「チェックボックス」の追加 開いた「Excelのオプション」画面の左の「コマンドの選択」で 「リボンにないコマンド」を選択、下に表示されたリストから ・ チェックボックス(フォームコントロール) を選択後、真ん中の「追加」ボタンをクリックすれば、右側の 「クイック アクセス ツールバー」のリストに追加されます。 「クイック アクセス ツールバー」に「チェックボックス」の コマンドが追加されます。 リボンに「開発」タブを追加して、そこから「チェックボックス」 を「挿入」しても同じことなので、お好みでどうぞ。 「チェックボックス」の右クリックで「テキストの編集」を選択すれば項目名を書き換えられます。 同様に「チェックボックス」を右クリックすれば選択された状態になるので、コピーや削除、移動もできます。 それでもせっかくなので、次回は「チェックボックス」を使った集計方法を紹介します。

次の

チェック

チェック

ToDoリストやチェックリストに便利 Excelのワークシートで、レ点を付けるチェックボックスを見かけたことはありませんか? 例えば、以下のようなものです。 チェックボックスが挿入されたExcelファイル。 まるでToDoリストのようです。 これは四角の図形を挿入しているのではなく、[開発]タブから挿入できる「 チェックボックス」の機能を利用しています。 Excelのチェックボックスでは、「レ点」のオン/オフによってセルの色を変えたり、その数を集計したりできます。 上記のようなToDoリストのほか、アンケートやチェックシートなど、さまざまな用途で便利に使えるでしょう。 ここでは、Excelのワークシートにチェックボックスを挿入する方法と、セルと連動させた活用例を紹介します。 [開発]タブを表示する Excelのチェックボックスは、リボンの[開発]タブから挿入します。 しかし、[開発]タブは標準の状態では非表示になっています。 まずはこれを表示しましょう。 この画面で[リボンのユーザー設定]の項目にある[開発]にチェックを付ければOKです。 チェックボックスを挿入する それでは、印刷前のチェックシートを例に、チェックボックスの挿入方法を見てきます。 チェック項目の左側のセルを選択し、[開発]タブの[挿入]ボタンから操作します。 1チェックボックスを挿入する [開発]タブの[挿入]ボタンをクリックし、[チェックボックス(フォームコントロール)]を選択します。 マウスポインターの形が変わるので、そのままドラッグします。 図形描画と同じ要領です。 2チェックボックスの文字列を削除する チェックボックスを挿入すると、自動的に「チェック1」などの文字列が入力されます。 ここではチェックボックスのみを利用するので、文字列をすべて削除します。 チェックボックスを右クリックし、[テキストの編集]を選択します。 チェックボックスが編集可能な状態になったら、[Delete]キーで文字列をすべて削除します。 チェックボックスのサイズは、ハンドルをドラッグすれば調整できます。 3チェックボックスをコピーする チェックボックスをオートフィルでコピーします。 フィルハンドルを下方向へドラッグしましょう。 このとき、チェックボックスを挿入したセルを直接選択しようとすると、レ点が付いてしまいます。 周辺のセルを選択してから、矢印キーを押してアクティブセルを移動するのがコツです。 4チェックボックスをコピーできた チェックボックスをコピーできました。 チェックボックスとセルを連動させる チェックボックスを挿入できましたが、このままではただのボックスです。 セルと連動させて、Excelファイルを制御できるようにしましょう。 チェックボックスがオンのとき(レ点が付いているとき)は「TRUE」、オフのときは「FALSE」の値を取得できるので、それぞれの動作を確認します。 5[コントロールの書式設定]ダイアログボックスを表示する チェックボックスの上にマウスポインターを合わせて、右クリックします。 図形などでメニューを表示するときは、いったんクリックしてから右クリックすると思いますが、チェックボックスの場合は 直接右クリックするのがポイントです。 メニューから[コントロールの書式設定]を選択しましょう。 6連動するセルを指定する [コントロールの書式設定]ダイアログボックスが表示されました。 [コントロール]タブの[リンクするセル]の入力欄をクリックし、連動させるセルをクリックします。 ここではセルA2を選択しました。 これにより、チェックボックスのオン/オフの結果がセルA2に表示されます。 6ほかのチェックボックスもセルに連動させる 同様に、ほかのチェックボックスもセルと連動させます。 セルB3のチェックボックスはセルA3と連動、セルB4のチェックボックスはセルA4と連動、といった具合です。 7チェックボックスの結果を確認する チェックボックスがセルと正しく連動しているか、確認してみましょう。 セルB2のチェックボックスをオンにすると、セルA2に「TRUE」と表示されました。 チェックボックスをオフにすると「FALSE」と表示されます。 条件付き書式でセルに背景色を塗る チェックボックスとセルを連動できたので、「オンになったらセルの背景色を黄色にする」仕掛けを作ってみます。 さらに条件付き書式と連動させる形です。 8[新しい書式ルール]ダイアログボックスを表示する チェックボックスのオン/オフに応じて書式を変更したいセルを選択し、[ホーム]タブにある[条件付き書式]ボタンから[新しいルール]を選択します。 9条件を設定する [新しい書式ルール]ダイアログボックスが表示されました。 また、[書式]ボタンから条件を満たしたときの書式を設定しておきます。 10条件付き書式の動作を確認する チェックボックスをオンにして、条件付き書式の動作を確認します。 セルA2に「TRUE」と表示されたことで、先ほど設定した条件式が満たされ、セルの背景色が変わりました。 11条件付き書式をコピーする セルC2に設定した条件付き書式をコピーします。 セルC3~C6までドラッグします。 12条件付き書式をコピーできた 条件付き書式をコピーできました。 チェックボックスをオン/オフして動作を確認してみましょう。 13文字色を白に設定する 最後に、「TRUE」と「FALSE」の文字色を白にします。 チェックリストとしての見栄えがよくなりました。 [開発]タブからの操作と聞くと難しそうですが、意外と簡単だと思いませんか? ここでは条件付き書式でセルの背景色を変更しましたが、チェックボックスのオン/オフで「TRUE」「FALSE」が出力されることを利用し、COUNTIF関数などと組み合わせるのも有効です。 チェックボックスのオン(TRUE)をカウントすることで、有効票などの自動計算への応用できます。 ぜひ工夫して使ってみてください。 close 閉じる.

次の