画面 キャプチャ。 「WinShot」定番の画面キャプチャー

Windowsのスクリーンショットの撮り方と保存先設定 [Windowsの使い方] All About

画面 キャプチャ

動画録画と静止画キャプチャーを共にサポートしており、Skype通話画面、Line通話画面またはそのほかのオンライン会議画面をスナップショットできます。 大事な内容を画像として保存します。 そしてニコニコ、YouTuneなどの動画を見る時、気になる画面をキャプチャーして、パソコンに保存できます。 静止画キャプチャーにはさらにフルスクリーン・特定画面のみのスナップショットの録画方法が用意されています。 さらにスクリーンショットを撮影したら、テキストや吹き出しなどの注釈を追加することができます。 たとえば図形、線、文字、矢印、ぼかしなどの簡単な編集ができます。 スナップショット画像をPNG、BMP、GIF、TIFF、JPEGなどの形式に保存することができます。 多彩な録画モードを提供します。 フル画面録画またはエリアカスタマイズ録画モードでパソコンの画面を簡単でキャプチャーできます。 予約録画機能で、Twitch TV、Ustream、FC2、 Livestreamなどのウェブサイトからライブストリーミング動画を録画保存することができます。 録画したい画面のサイズと音声を設定した後、「REC」ボタンをクリックして、画面録画が始めます。 内蔵プレーヤーを備えて、録画が完成したら、自動的にキャプチャしたコンテンツをプレビューできます。 録画途中に画面編修、または録画したビデオを編集することもできます。 四角形、楕円、直線、矢印、フリーハンドペン、蛍光ペン、テキストなどのチュートリアル注釈の追加も対応です。

次の

Windows7.8.10で画面キャプチャをとる方法。スニッピングツールの部分スクリーンショットが便利!

画面 キャプチャ

このサイトでも利用しているようなスクリーンショットを取る(キャプチャーする)のに便利なソフトです。 ソフトの紹介や操作手順の説明など、文字だけじゃ伝えづらい場合に画面をキャプチャーしてわかりやすい伝えることがです。 ゲーム動画やデスクトップの動作をマイク音声付きでキャプチャーできる、予約録画機能付きのビデオキャプチャーソフト DirectX で画面出力するゲームや動画のキャプチャー、指定した枠内の動作をキャプチャーできるビデオキャプチャーソフトです。 操作方法の解説用など、資料用にデスクトップの操作を撮影している場合は、マウスカーソルを表示させたり、クリックしたときのマウス効果を加えたりすることで、よりわかりやすい動画を作成することができます。 ウェブカメラをオーバーレイさせることができ、クロマキー合成などを適用させることも可能です。 ビデオ用コーデックは、H. 動画撮影中に静止画キャプチャーも保存でき、カメラアイコンをクリックするか、ホットキー F11 で取得できます。 指定時間の指定した範囲を自動で動画キャプチャーする、予約録画機能も搭載しています。 マウスカーソルを含めたデスクトップ画面を取り込んで画像ファイルとして保存することができるソフト Windows のデフォルトで利用できる「PrintScreen(プリントスクリーン)」では、マウスカーソルごと画面をキャプチャーすることはできませんが、本ソフトならマウスカーソルごと画面を取り込むことができます。 キャプチャーした画像に対して、「リサイズ」、「減色」、「ネガポジ反転」、「白と黒を入れ替える」、「グレースケール変換」、「セピア」、「回転」、「画像」などの処理ができ、ホットキーを使ってマウスカーソルでまさに操作中の画面をキャプチャーすることが容易にできます。 キャプチャー範囲にはライブドロー機能(ペン、蛍光ペン、図形、スタンプの追加)や、ウェブカメラの追加などの追加も可能。 キャプチャーした静止画/動画は、ホーム画面にサムネイル/リスト形式で一覧表示され、タグを登録することで画像や動画を探しやすくすることができます。 リサイズ、切り抜き、シェイプツール、ドローツール、テキスト挿入などの編集ツールを利用した画像編集もできます。 ビデオキャプチャーは指定範囲のデスクトップ操作を記録でき、マウス移動やアプリケーション操作をMP4ファイルに保存できます。 便利なのが「プロファイル機能」で、一定の操作を一つのまとまりとして保存できます。 例えば取得したキャプチャーにグレースケール加工を行い、パワーポイントで開くと言った一連の流れをプロファイルとして保存できるので、このプロファイルを使用することで、キャプチャーを取得するだけで「グレースケール加工+パワーポイントで開く」といったことが可能になります。 PCだけでなくスマートフォン表示での Web サイト全体のキャプチャーを取得できるストアアプリ Web ページの表示している範囲、または Web ページ全体のスクリーンショットを取得できるソフトです。 Microsoft Edge で閲覧中のウェブサイトを共有機能から、本アプリに転送してキャプチャーを取得することができます。 キャプチャーはPNG形式で保存され、共有ボタンから Microsoft Store アプリを経由したメール送信、Skype 投稿などが可能です。 Web ページのスマートフォン表示に対応しており、スマートフォンでの表示している範囲、ページ全体のキャプチャーができるのも特徴です。 ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフト、ファイアウォールソフト、ファイル暗号化ソフト、ID・パスワード管理ソフト… オフィスソフト、ウェブブラウザー、メールソフト、圧縮・解凍ソフト、付箋紙ソフト、PDF作成ソフト、イラスト作成ソフト、画像・動画管理ソフト、テキストエディター、ファイル復元ソフト… 辞書検索、オンラインウイルススキャン、オンラインアルバム、ストリーミング、動画共有サイト… フリーメール、メッセンジャー、オンラインゲーム、mixi活用ソフト、ブログ… USBメモリー停止ソフト、USBメモリーファイル復元ソフト、ポータブルオフィスソフト、ポータブルブラウザー、ポータブルメールソフト… フリーソフト100が注目したソフトや無料サービスをピックアップした特集記事….

次の

キャプチャ (録画ソフト)

画面 キャプチャ

対象デバイス:Windows 8タブレット/Windows 8. 1タブレット 解説 アプリケーションの解説文の執筆やブログなどへの掲載用に、タブレットPCの画面をキャプチャしたいことがある。 物理的なキーボードを持つPCシステムなら、[Print Screen]キーを押せばよいが、キーボードの無いWindowsタブレットではこの操作はできない。 だがこのようなシステムでも、特定のキー操作を行うと、画面をキャプチャできる。 操作方法 キャプチャしたい画面が表示された状態で、本体にある[Windows]ボタンとボリューム(音量)の[-]ボタン(ボリュームを下げるボタン)を同時に押す。 [Windows]ボタンは、[スタート]画面と[デスクトップ]画面を切り替えるためのボタンだ。 画面のキャプチャに成功すると、一瞬画面が暗くなる。 画面に変化がないときは、キャプチャに失敗しているので、再度、[Windows]ボタンと[-]ボタンを押す。 キャプチャ中の画面表示 撮りたい画面を表示して、[Windows]キーと音量の[-]ボタン(ボリュームを下げるボタン)を押す。 キャプチャに成功すると、こんな感じで画面が一瞬暗くなる。 機種によるのかもしれないが、今回テストしたLenovoのMiix 2 8では、[Windows]キーと[-]ボタンを完全に同時に押すより、[Windows]ボタンを押してから、素早く[-]ボタンを押すように意識すると、うまくキャプチャできた。 [Windows]ボタンを押すとバイブレーターが一瞬ブルっとなる。 この直後にボリュームダウンを押す感じだ。 ただしタイミングが遅れると、うまくキャプチャできず、[スタート]画面(もしくは[デスクトップ]画面)が表示されてしまう。 キャプチャされた画面データは、PCT形式の画像ファイルとして、[スクリーンショット]フォルダーに保存されている。 キャプチャした画面は「スクリーンショット」フォルダーに保存される キャプチャした画像ファイル(PNG形式)は、エクスプローラーで確認できる (1)キャプチャした画面のファイルは、[スクリーンショット]フォルダー内に保存される。 (2)今回キャプチャした画面。 このように[Windows]ボタンと[-]ボタンを押すと、全画面がキャプチャされてしまう。 特定のウィンドウのみをキャプチャしたい場合、キャプチャした全画面から必要なウィンドウを切り出さなければならず少々面倒だ。 そのような場合は、Windows標準のキャプチャツール「Snipping Tool」を使うとよい。 ただし、Snipping ToolはWindowsストアアプリの画面キャプチャには対応していない。 Snipping Toolの使い方については、「TIPS:」を参照のこと(記事はWindows 7のSnipping Toolを解説しているが、Windows 8/8. 1でも使い方は同じだ)。 スタート画面で全てのアプリケーションを表示させると、「Windowsアクセサリ」グループの下にSnipping Toolが登録されているので(検索チャームで「snip」などを検索してもよい)、これをクリックして起動する。

次の