退職 3ヶ月前。 退職は一ヶ月前に!有給含むの?有意義な休日の使い方まとめ

退職は何ヶ月前に言うべき?労働基準監督署と出した結論

退職 3ヶ月前

人手不足により、事業所を閉鎖しなくてはならないニュースを目にすることがあります。 さいたま市の人口は全国的に多いとともに、これだけの事業所があることから、人手不足に陥っている事業所も多いかもしれません。 代わりの人材が見つかるまでには時間がかかる場合があり、経営者としては頭の痛い問題にもなりそうです。 そこで、代わりの人材を見つける時間を確保するために、退職する際は3か月前までに予告するよう就業規則を定めることは可能なのでしょうか。 大宮オフィスの弁護士が解説します。 就業規則とは、給与規定や労働条件、職場内の規律やルールなどをまとめた規則のことをいいます。 各会社によって、独自にさまざまな決まりがあります。 そのため、「退職する場合は3か月前までに予告しなければならない」旨を定めることができそうに思えるかもしれません。 実際に、さまざまな会社で、このような退職前の予告期間が定められています。 このような規則は有効になるのでしょうか。 (1)法的な退職予告期間のルール 就業規則は、正社員のほか、働いてもらうすべての人に適用される会社独自のルールです。 そのため、すべての規定について労働者の同意が必要だと思われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。 場合によっては、会社が労働条件を定めること自体は可能になっています。 しかしながら一方で、労働者は、労働基準法などの労働法によって保護されています。 したがって、 労働基準法などの規定に反する就業規則は、たとえ会社が定めたとしても、結局無効になってしまう場合があるのです。 それでは、法律上、退職前の予告期間についてはどのように定められているのでしょうか。 まず、期間の定めのない雇用契約の場合、民法第627条の存在を無視することはできません。 民法第627条1項においては、「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。 この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。 」と規定されています。 この規定によると、期間を定めていない労働者の場合は、2週間前に退職を予告すれば、退職が認められてしまうことになるのです。 たとえ就業規則によって、退職届は3か月前に出すことを定めていたとしても、このような法律を無視することはできません。 また、毎月1回払いの純然たる月給制の場合は、給与計算期間の前半に退職を予告すれば、その計算期間の終了日に退職が成立します(民法627条2項)。 具体的には、月給制の給与計算期間が毎月1日から末日までの場合、その月の10日に退職の意思を告げることで、末日に退職が成立することになるのです。 つまり、 退職の予告期間を就業規則で定めていたとしても、労働者側が、法律の規定に従って退職の予告をした場合、会社側が退職を引き留めることはできないケースがあるのです。 (2)法的に「3か月前」が有効な場合とは もっとも、退職の予告期間を3か月前に設定しても有効な場合があります。 それは、年俸制の契約で雇用していた場合です。 年俸制の場合、通常、1年間の報酬を定めた上で労働契約を締結しています。 毎月給与が支給されていたとしても、報酬を年いくらと定めていたのであれば、年俸制による労働契約といえるでしょう。 月給制の場合、退職の予告期間を3か月前に定めていたとしても、民法の規定を無視することはできない旨を説明しました。 しかし、年俸制であれば、民法627条3項に定められている、 「6か月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、3か月前にしなければならない。 」という規定が適用されます。 つまり、年俸制の場合、労働者は退職する3か月前に予告しなければならず、企業は「退職の際は3か月前に予告しなければならない」旨を就業規則で定めていても問題がないことになります。 他方、年俸制の場合でも、3か月よりも短くすることはできるのでしょうか。 労働者を保護するという観点からは、退職の予告期間として、法律上で規定されている期間よりも短い期間(たとえば1か月)を就業規則で定めることは、問題ないものと考えられます。 労働者の権利のひとつである、退職の自由を阻害しないためです。 一方、期間の定めのある労働契約の場合における契約期間途中の退職は、「やむを得ない事由」がある場合にのみできます。 しかし、「やむを得ない事由」がない場合であっても、会社側が退職を認めるのであれば、退職することに問題はないでしょう。 もっとも、1年を経過したのちはいつでも自由に退職することができます(労働基準法137条)。 なお、就業規則において「退職の申出は1か月前までに」と定めている会社の多くでは、退職社員がきちんと1か月前までに予告しており、円満退職になっていることが多いのではないでしょうか。 これは、退職予告期間に関する規定を含む就業規則において、適切なルールが定められているからであると考えられます。 どのように就業規則を定めたらよいのか等の疑問点については、弁護士からアドバイスを受けることが可能です。 どのような就業規則にしたらよいのかお困りの場合は、弁護士に相談することをおすすめします。 2、定める予告期間に遅れて退職届が出された場合は? 就業規則で定められている退職予告期間に遅れて退職届が提出された場合、会社はどのように対処すればよいのでしょうか。 (1)退職を認めなければならない場合 期間の定めのない労働契約の場合、前述のとおり、法律上は、退職の予告から2週間で退職が成立するものとされています。 したがって、 退職の予告から2週間が経過している場合、会社は退職を認めざるを得ないでしょう。 なお、解雇の場合は、30日前の解雇予告義務や解雇予告手当を支払わなければならないという決まりがあります。 しかし、労働者による一方的な解約である退職にはこのような規制はありません。 すなわち、就業規則で定めている退職予告期間に遅れて退職の予告をして辞めたからという理由だけで、当然に、退職した社員に対して金銭の支払いを求めることはできません。 (2)退職を認めなくてもよい場合 他方、法律で定めている退職予告期間にすら遅れて退職届が出された場合には、当該退職日での退職を認めなくても法的には問題ないでしょう。 3、退職届を受理しなかった場合に起こりうるリスク 期間の定めのない労働契約の場合、たとえ予告期間を3か月と就業規則で定めていたとしても、社員から退職の申出があった場合、2週間で退職が成立してしまうことになるでしょう。 もちろん、その社員が考え直した上で、改めて退職日を会社と社員間で調整し、円満な退職となるのは、社員にとっても会社にとってもメリットがあるでしょう。 しかし、大きな戦力となっている労働者からの退職届については、受理せずに当該労働者にもう少し働いてもらいたいと思う場合もあるでしょう。 では実際に、会社側が退職届を受理せず、結果的に在職を強要した場合どうなるのか、起こりうるリスクをご説明します。 まず、退職届を会社側が受理しなかったとしても、法律で定められている以上、退職の申出から2週間以上たてば、退職は成立するでしょう。 さらに労働者は、自分の権利を守ってもらうために、労働基準監督署に相談することができます。 結果、労働基準監督署からの調査や指導があった場合、会社は大きな不利益を受ける可能性があるでしょう。 このように、 就業規則で社員の退職を縛ることはできませんし、会社側からの命令で退職ができないようにするということもできません。 また、辞めるからといって支払うべき給料支払いを拒否することもできません。 退職届が提出された場合、受理する必要があります。 しかし、退職を予告される前に何らかの対策をしたいとお考えであれば、弁護士に相談することをおすすめします。 会社ができる権利や被るリスクなどについて具体的な指摘とアドバイスができるでしょう。 4、まとめ 会社は労働者と雇用契約を結ぶことにより、一定の労働力を提供してもらうことができます。 もちろんその労働力に対して賃金を支払うことで、一定の関係が保てることとなるのです。 他方、会社としては、せっかく戦力として育てた人材の流出は大きな損失となるため、できる限り退職してもらいたくないと考えることは当然です。 さらに、人手不足により、事業が継続できなくなるおそれもあるため、できる限り、人手不足にならないよう就業規則で退職予告期間を長めに設定したいと思うかもしれません。 しかし、 就業規則よりも法律の規定が優先されることは多いことから、就業規則は絶対ではありません。 人材流出などを就業規則で対策したいと検討しているときや、実際に従業員とトラブルになってしまった場合は、ベリーベスト法律事務所 大宮オフィスまでお気軽にご相談ください。 担当の弁護士が状況に適したアドバイスを行います。 大宮オフィスの主なご相談エリア さいたま市大宮区、さいたま市西区、さいたま市北区、さいたま市見沼区、さいたま市中央区、さいたま市桜区、さいたま市浦和区、さいたま市南区、さいたま市緑区、さいたま市岩槻区、川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、蕨 市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、白岡市、北足立郡伊奈町、入間郡三芳町、毛呂山町、入間郡越生町、比企郡滑川町、比企郡嵐山町、比企郡小川町、比企郡川島町、比企郡吉見町、比企郡鳩山町、比企郡ときがわ町、秩父郡横瀬町、秩父郡皆野町、秩父郡長瀞町、秩父郡小鹿野町、秩父郡東秩父村、児玉郡美里町、児玉郡神川町、児玉郡上里町、児玉郡大里郡、児玉郡寄居町、南埼玉郡宮代町、北葛飾郡杉戸町、北葛飾郡松伏町にお住まいの方•

次の

辞める意思表示から退社できるまで3ヶ月と言われた。法的には? / 【内定・退職・入社】の転職Q&A一覧

退職 3ヶ月前

12月末で退職可能です。 12月末を退職日とした退職届(退職願ではなく)を提出してください。 民法627条1項では、使用者に辞職意思表示をして2週間経過すれば、使用者の承諾不要で労働契約の解約の効力が生じることになっています。 この2週間は強行法規ではないと考えられており、労使合意で延長できます。 就業規則で1ヶ月前と規定があれば、それは有効で、優先されます。 民法の2週間より就業規則の1ヶ月が優先されるというのが学説です。 高野メリヤス事件地裁判例を根拠に民法が優先されると主張して2週間で退職することは可能ですが、契約不履行ということで会社から訴えられたとき、負けないという保証がありません。 労働基準監督署で相談しても、就業規則に従うよう回答があろうかと思います。 そう回答するのが無難だからです。 就業規則で3ヶ月前という規定があれば、それも有効です。 ただし、1ヶ月を超えると公序良俗に反するとして、労働者が1ヶ月後の退職を望めば、1ヶ月後に退職の効力が生じます。 1ヶ月を超えれば、解雇予告が30日前というのとバランスがとれないからであると考えられています。 規定3ヶ月前というのは有効ですから、3ヵ月後を退職日とする退職願を提出し、有休をすべて取得すると同時に届け出たからといって、会社が退職日を2ヶ月後にするわけにはいきません。 提案はかまいませんが、2ヵ月後をごり押しすることはできません。 3ヵ月後というのが規定なんですから。 ただし、3ヵ月後で退職日を合意して、同時に有休取得を届け出ても、有休を退職日にくっつけてまとめて取得できるかどうかは分かりません。 会社には時季変更権があり、3ヶ月のあいだに分散して取得するよう、時季変更権を行使するかもしれませんから。 退職を願い出る行為は、法的には労働契約の合意解約の申込みにあたります。 民法627条1項による任意退職は、合意解約ではありません。 退職願に記載した退職日は労働者の一方的な希望であって、通るとは限りません。 人事権を持つ者が承諾して、合意解約が成立します。 人事権を持つ者とは経営者や人事部です。 上司ではありません。 ですから、合意解約申込みの場合には、ふつうは退職届ではなく退職願とするものです。 が、ここではあえて退職届としてください。 就業規則で3ヶ月前となっていても、1ヵ月後の退職を望めば、1ヵ月後に退職の効力が生じますが、いったん3ヵ月後で合意すれば、退職日の前倒し変更はきかないことに注意してください。 3ヵ月後の労働契約の合意解約という契約が成立すれば、退職日を変更するということは、その合意解約という契約を合意解約する申込をして、会社の承諾を得て、合意解約という契約を合意解約し、あらためて、変更した退職日での労働契約合意解約申込みをすることになります。 そして人事権を持つ者の承諾を得ることになります。 その手順を踏まずに、いったん3ヵ月後を退職日とする合意解約が成立しているにもかかわらず、1ヵ月後にむりやりやめたら、3ヵ月後の合意解約という契約の不履行になります。 いったん3ヵ月後で合意していれば、民法627条1項による2週間後の任意退職もできないと考えなければなりません。 どちらが優先されるかという判例はありませんので、労働者の退職の自由という観点からは、民法の任意退職による労働契約の終了を認める考え方も成り立ちます。 が、使用者は3ヵ月後の合意解約という契約を信頼して事業活動を行っており、3ヵ月後の合意解約という契約を履行しなかった社員に対しては民事上の損害賠償請求(民法425条)で対応することになります。 契約不履行については、最終的には金銭賠償の原則が適応されることとなります(民法417条)。 補足 就業規則に従わなければ会社は服務規律違反ということで訴えるかもしれません。 そうなると、裁判で白黒をつけるということになります。 会社が訴えるとは限りませんが、runrun先生のおっしゃるように話し合いで解決し、12月末で合意解約するのが最善であると思います。

次の

3ヶ月前の退職意思表示は社会人として非常識ですか?

退職 3ヶ月前

転職して3ヶ月で、早くも会社を辞めたい…。 転職活動を頑張って転職したものの、たったの3ヶ月で辞めたくなってしまったら、落ち込んでしまい、自分を責めてしまうかもしれませんね。 しかし、転職というのは、成功する人もいれば、成功とは言えない転職をしてしまう人もいます。 あなたが、最初の3ヶ月ですでに「会社を辞めたい」と思っているということは、その転職は失敗だった可能性もあるでしょう。 しかし、そうは言ってもまだ3ヶ月ですから、ひと呼吸おいて、 本当に転職が失敗だったのかを見極める必要があるはずです。 仕事内容が自分に合っていない…• 仕事が全然覚えられない…• 職場の人間関係に馴染めない… このように、会社を3ヶ月で辞めたくなる理由はさまざまあるでしょうが、「辞めてやる!」と勢いだけで辞めてしまうのではなくて、 本当に3ヶ月で今の会社を辞めていいのか、また、 3ヶ月で会社を辞めて再就職は大丈夫なのかを、一緒に考えていきましょう。 転職後の3ヶ月間は一番大変な時期 転職直後というのは、新しい環境に馴染むために、社員の顔と名前を覚えたり、仕事を覚えるための努力をしなければいけません。 転職してから3ヶ月目までの期間というのは、一番大変な時期なのです。 職場環境や仕事に慣れるまでは、絶対にミスをしてしまうし、雰囲気についていけないと感じることも多いでしょう。 また、転職では新卒で入社するのとは違って、同期もいないし、丁寧な入社研修などほぼありません。 いきなり現場に出てOJTで教わっていくことが多いはずです。 何をどうすればいいか、どう行動すればいいかも分からないし、すぐに効率的な動きもできるはずがありません。 また、たくさんの社員の性格やクセを読み取るには時間がかかり、人間関係に溶け込むのも、ものすごく大変です。 転職してから3ヶ月間は、「研修期間」という形をとっている会社も多いでしょう。 その研修期間というのは、会社のことを早く知ってもらうために、業務マニュアルや会社の風土など、 色んなことを超特急で覚えなければいけない時期になります。 あなたが、3ヶ月で「会社を辞めたい」と思ってしまうくらい、圧縮された3ヶ月を過ごさなければいけないということなのです。 ですから、最初の3ヶ月がとてもしんどいのは当たり前で、その時期を越えたあたりから、仕事に慣れてきて楽になってくるという傾向があります。 3ヶ月で会社を辞めてしまっては、これまでの苦労が水の泡になってしまう可能性もあるでしょう。 多かれ少なかれ、転職すれば、仕事に対して抱いていたイメージとの差はありますし、すんなり仕事を覚えたり人間関係を構築するなんてことはできません。 転職先に慣れるようになる期間は、早く見積もっても 半年~1年はかかるのが一般的です。 ただし、中には「そんなことは分かっているよ…でも本当に無理でもう辞めたいんだ!」という人もいるでしょう。 そのような状況は、かなり切羽詰まった状態と言えます。 「こんなはずじゃなかったのに…」という想いが日に日に強くなっていき、「辞めたい」という気持ちが大きくなってくるのです。 では、転職して3ヶ月で会社を辞めたくなる理由には、どのようなものがあるのでしょうか? 転職して3ヶ月で会社を辞めたくなる理由 転職してからの3ヶ月間は、一番大変な時期だというのは、先述した通りです。 しかし、そのことが分かっていながらも、「どうしても辞めたい」というケースもあるでしょう。 例えば、• 人手が足りておらず、社員が死にそうな顔をしながら働いていた…• 超体育会系・パワハラが当たり前で、怒号が飛び交う会社だった…• 長時間の残業、サービス残業、休日出勤など、度を超すほどの過酷な勤務だった…• 同僚や先輩、上司とまったく合わず、仕事を一切教えてくれない環境だった… など、このような環境で、 「今後この会社でやっていけるはずがない」と感じられる場合は、早期に退職を決断した方が、あなた自身のためです。 その会社で転職3ヶ月の壁を乗り越えたとしても、その先に待っている環境は過酷なものに違いないのですから。 転職後3ヶ月で会社を辞める前に考えておくべき3つのこと 転職して3ヶ月で退職する前に考えておいたほうがいい3つのことがあります。 本当に辞めていいのかをもう一度考える せっかく転職して入社できた会社です。 入社3ヶ月で辞めてしまうのは、正直もったいないことだと言えるでしょう。 しかし、 「どうしても辞めたい」という状況は、誰にだってあります。 例え、周囲から「3ヶ月で辞めるなんてもったいない!」と言われても、本人が嫌なのだからしょうがありません。 働くのは、あなたなのですから、あなた自身の気持ちが一番大事なのです。 ただし、転職して3ヶ月で会社を辞めるということは、今までの経歴に傷をつけることでもあります。 すなわち、 今後の転職活動で不利になってしまうということです。 ですから、退職の決断は慎重におこなうべきですし、勢いで会社を辞めるのではなく、もう一度冷静になって判断することが大切でしょう。 基本的には、3ヶ月で退職すれば、次の転職活動が厳しいものになってしまうことを覚えておいてください。 一時的な感情で辞めようとしていないかを考える 転職して3ヶ月で会社を辞めるかどうかを決めるのは、あなた自身です。 しかし、「辞めたい」という気持ちが一時的なものかどうかは、冷静に判断する必要があります。 何度も書きますが、転職してからの3ヶ月間というのは、最も大変な時期です。 その時期を乗り越えていけば、だんだんと仕事の要領も掴めてきて、社内の人間関係にも慣れてきます。 時間が過ぎるとともに、会社に馴染んでいき、円滑に仕事ができるようになってくるのです。 あなたの「会社を辞めたい」という悩みが、続けることで解消できる悩みであるならば、今の会社を続けるという選択肢も視野に入れてみてください。 いずれにせよ、あなたの進退を決めるのはあなたです。 あなたのプラスになるような決断を下しましょう。 無論、 ブラック企業や パワハラ・ セクハラ、 長時間労働、 サービス残業があるような会社は、即刻辞めたほうがいいです。 無理して働き続けると、取り返しのつかない精神的ダメージを受けてしまう可能性があるでしょう。 転職先を見つけてから退職できないかを考える 3ヶ月で会社を辞めてしまうと、次の再就職が厳しいものになるのは間違いありません。 なかなか転職先が決まらず、長期間の転職活動を余儀なくされる可能性もあるでしょう。 ですから、 できることなら転職先を確保してから退職することをおすすめします。 在職中に転職先が見つかれば、経済的な心配もありませんし、精神的な余裕も生まれるはずです。 転職先を見つけてから退職できないかをじっくりと考えてみてください。 転職して3ヶ月で会社を辞める自分を責めないこと 会社を辞めることを決断したとしても、「3ヶ月で会社を辞めて、次が見つかるかな…」という懸念が、あなたにはあるはずです。 もちろん、 転職活動が不利になることは間違いありません。 短期で離職してしまうと、採用担当者から「ウチの会社に入っても、すぐに辞めてしまうのでは?」と思われてしまうでしょう。 なかなか転職先が決まらずに、自己嫌悪に陥ってしまう可能性もあるかもしれません。 また、現在3ヶ月目で「会社を辞めたい」と思っている自分に対して、情けなさや恥ずかしさを感じることもあるでしょう。 しかし、 自分を責めることは止めてください。 自分を責めてもなにもなりませんし、暗い顔をしていたら転職活動もうまくいきません。 一度 「反省」したら、もうそこで終わりです。 次の転職に向けて、前向きに第一歩を踏み出しましょう。 転職して3ヶ月で会社を辞めることは珍しいことではない 転職して3ヶ月で会社を辞めてしまう人は、実はたくさんいます。 「試用期間」というのは、そのためにあるのですし、会社があなたを見極めるのと同時に、あなたも会社を見極める期間なのです。 3ヶ月で辞めたからといって、それで人生終わりになるわけではありません。 むしろ、あなたは今「辞めたい」と感じているのですから、辞めることで心は晴れて楽になるでしょう。 おそらく、 「次の会社が決まるだろうか…」「次の会社は、いい会社に転職できるだろうか…」という不安が一番大きいかもしれませんね。 大丈夫です。 今は人手が不足しているため、転職は非常に活性化して「売り手市場」の状態です。 転職するなら、今がチャンスとも言えるでしょう。 3ヶ月で会社を辞めることは、珍しいことでも何でもありません。 自分に合わない会社に付き合うような暇はないですし、あなたが「辞めたい」と判断したのであれば、早く見切りをつけてやり直すべきです。 逆に、無理して働き続けたとしても、 最悪の場合「うつ病」になって退職に追い込まれてしまう可能性もあります。 一度精神的な病気になると、社会復帰するまでに数年間を要しますし、完全に元通り元気になることは難しい病気です。 また、心療内科・精神科にかかると生命保険や家のローンなどを組むことができなくなります。 そのような社会的な制約を受けてしまう可能性があるのです。 そんなことになってしまう前に、あなたの体と心を守る意味でも、「3ヶ月で会社を辞める」という決断は、良い判断になることもある、ということを覚えておきましょう。 転職エージェントを活用しよう あなたが転職して3ヶ月目で会社を辞めたくなっている現状は、とても辛いことに違いありません。 「やっぱり転職せずに、前の会社にいた方が良かったのかな…」と、後悔の念すら湧いているかもしれませんね。 しかし、最初にも書きましたが、転職後3ヶ月間が一番大変な時期なのです。 ですから、仕事も人間関係も慣れていた以前の会社が、良い環境に見えてくるのも仕方がないことでしょう。 もちろん、あなたが転職した理由は、会社に対する不満だったはずです。 不満がなければ転職は考えませんから。 しかし、転職した会社を3ヶ月で辞めたくなっている今の現状では、前の会社もいい会社に思えてきてしまうのです。 では、あなたは一体どうすればいいのでしょうか?前の会社には、戻ることが難しいはずです。 そして、今の会社も辞めてしまいたい…。 であるならば、また新しい会社に転職するしかありません。 ただし、次に転職する会社では「3ヶ月で辞めたい」と思わないように、 会社選びはしっかりと見極める必要があるでしょう。 また環境が悪い会社に転職してしまっては、元も子もありません。 では、一体どうすれば環境の良い会社を選ぶことができるのでしょうか。 そのためには、 転職エージェントを活用してください。 転職エージェントを活用すれば、膨大なデータから離職率や労働時間などを見極め、優良企業をあなたに紹介してくれるからです。 また、転職エージェントを活用することで、 「3ヶ月で退職」という不利な状況であっても、職務経歴書や面接で武器になるような実践的なアドバイスをもらうことができます。 正直、3ヶ月で退職したあなたには、転職エージェントを使うことが最も賢い判断と言えるのです。 転職エージェントは、「キャリアの相談」「応募書類のチェック」「面接スケジュールの調整」「自分に適した求人の紹介」「内定後の年収や入社日の交渉・調整」に至るまで 転職の全てをサポートしてくれます。 転職エージェントを利用する際は、相談するだけの利用でも構いません。 まずは相談してみることで、業界の動向や、今の市場価値、転職全般のアドバイスを受けることができますよ。 キャリア相談にも乗ってくれるため、自分ひとりでは見つけることができなかったキャリアの道が開ける可能性があります。 転職エージェントは「選考スケジュール(面接日程)の調整」「条件交渉(内定後の年収交渉)」など、自分ひとりではできないことも調整してくれます。 転職エージェントはまさに、 あなたの代理人となって転職をサポートしてくれる存在です。 登録すると、あなたに担当のキャリアアドバイザーが付いて、転職で何を重視しているかなどをヒアリングして、プロ目線であなたの希望に合った求人を紹介してくれます。 一般には公開されてない 「非公開求人」も紹介してくれるので、優良企業に入社できるチャンスがグッと広がるはずです。 転職エージェントは、求人を出している企業がお金を払っているため、転職希望者はサービス料など一切必要なく、 完全無料で利用することができます。 これを利用しない手はありません。 転職エージェントの中でも最もおすすめなのが、です。 は、他の転職エージェントよりも実績・案件数ともに圧倒的に多く、 転職成功実績は30万人以上・非公開求人は約10万件と、成功実績・案件の規模・職種の幅広さがダントツです。 求人の案件数が多いため、あなたの希望に合った会社に入社できる確率が飛躍的に高まります。 転職実績No. 1の実力を誇るため、強力なサポートが得られます。 リクルートエージェントでは、過去の膨大な実績から企業情報も数多く持っており、応募企業の業界分析から選考のポイント、社風まで、企業のホームページを見るだけでは分からない情報を知ることができます。 また、リクルートエージェントに登録すると、面接通過率が35%アップする 「面接力向上セミナー」という支援を利用できます。 求人の量、質、転職ノウハウの豊富さ、企業情報の充実度などを総合すると、 リクルートエージェントを活用することがもっとも賢明な判断です。 土日祝日も相談でき、20時以降もOKなので、忙しい社会人でも全く問題ありません。 リクルートエージェントは、歴史の長い転職エージェントのため、担当アドバイザーの層が厚いのが特徴です。 ベテランアドバイザーが多く、安心して転職活動を進めていくことができます。 あなたの転職をサポートしてくれる担当アドバイザーは、業種ごとに専門の担当者を配置し、定期的に勉強会や研修をおこなって業界の最新情報や動向を研究しています。 は、他の転職エージェントと比べても、 キャリアアドバイザーの質が高いです。 「登録したらしつこく転職を迫られるのではないか」と身構えるかもしれませんが、登録したからといって、必ずしも転職しなければいけないというわけではありません。 転職の必要がない場合には「 無理に転職しなくてもいいのでは?」というアドバイスをくれることもあります。 すぐに転職できない場合でも、半年後、1年後に向けた転職へのアドバイスがもらえます。 相談したからといって、すぐに転職しなければいけないというわけではないのです。 転職したあとも「転職してからどうですか?」「何か困っていることはないですか?」というフォローをしてくれます。 また、もし希望していた職場環境と違う場合は、あなたの代わりに会社側に伝えてくれます。 このように、リクルートエージェントはあなたの状況に合わせたアドバイスをしてくれますし、転職後のアフターフォローもしっかりしているので、あなたは安心して転職に臨むことができるでしょう。 まずは気軽に相談してみましょう。 その一歩が あなたの未来を明るいものにしてくれるはずです。 「未経験者OK」の求人も多く、優良企業の求人が揃っています。 常時5000件以上を掲載している業界最大級の圧倒的な求人数• あなたに興味をもった企業から待っているだけで届く「スカウトメール」• 全世界で1000万人以上が使用する「ストレングスファインダー」と同等の診断ができる「グッドポイント診断」 今の仕事に少しでも不満がある人は、まず リクナビNEXTに登録しておけば間違いありません。 あなたの新しい道は、ここから始まります。 1の実力をほこる転職エージェントです。 キャリアの相談• 応募書類のチェック• 面接スケジュールの調整• 自分に適した求人の紹介• 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」• リクルートエージェントこそ転職成功の特急券です。 1の転職エージェントです。 経験者~未経験者、若手~ミドル層まで対応しているので誰もが利用可能。 全国でおこなわれる転職フェアやセミナーにも参加でき、転職に必要な機能がすべて揃っています。 年間18,000人以上の転職成功をサポートしている実績• 業界専門のキャリアアドバイザーが在籍• 国内最大規模の豊富な求人が常時100,000件以上 dodaは実績・信頼・安心感の三拍子が揃った、 非常に質の高い転職エージェントといえるでしょう。 簡単な質問に答えるだけで市場価値が分かり、その情報を元に 企業から直接オファーをもらうことができます。 スマホだけでサクッと登録できるので、 自分の価値を客観的に見たい人におすすめです。

次の