キャベツ 人形。 キャベツ畑人形、日本上陸

コレコ

キャベツ 人形

コレコ( Coleco)はモーリス・グリーンバーグがに創業したの玩具メーカー。 会社名の由来は " Connecticut Leather Company"(コネティカット革会社)の略。 にを販売した他、家庭用ゲーム機・のメーカーとしても知られる。 キャベツ畑人形のブーム終了とともに膨大な在庫を抱えて倒産し、に社に買収された。 歴史 [ ] 靴メーカー向けに革を販売する会社として創業。 には革細工キットの販売をはじめ、にはプラスチック製の子供用プールの販売をはじめた。 その後、革部門は売却した。 には、最高経営責任者アーノルド・グリーンバーグの下で家庭用ゲーム機市場に参入、Coleco Telstarを発売。 この前年の1975年には社の家庭用ビデオゲーム機『』が成功を収めており、その翌年のにはコレコ社をはじめ多数の企業が同様の家庭用ビデオゲーム機を発売した。 コレコ社の製品を含め、そのほとんど全てが社製のチップを採用していた。 このチップは『』のクローンゲームをはじめ、いくつかのゲームをワンチップに収めたもので、このチップを用いることで最小限の部品で家庭用ビデオゲーム機が実現できた。 General Instrument社がこのチップの需要を過小評価したため、深刻な供給不足に陥ったものの、早期に発注を行なっていたコレコ社は幸いにも優先的な供給を受けることができ、発注分のチップを獲得できた数少ない企業のうちの一社となった。 このような内蔵ゲームしか遊べない方式の家庭用ビデオゲーム機の市場は短命に終わったものの、早期発注のおかげでコレコ社の収支はトントンとなった。 この後もエレクトロニクスの分野で活躍を続けたコレコ社は、社によって市場が開拓されつつあった携帯型電子ゲーム機に参入。 "head to head" シリーズと呼ばれる2人用スポーツゲームや、正規ライセンスを取得して開発したミニ・アーケードシリーズは大人気商品となった。 家庭用ビデオゲーム機 ColecoVision にコレコ社はコレコビジョンを発売し、家庭用ビデオゲーム機市場に再参入。 当時の他社製ゲーム機より高性能だったこの自社製ゲーム機は大人気商品となったものの、コレコ社では(VCS)やマテル社製といった他社製ゲーム機向けのソフトも生産し、リスク分散を図った。 また、Atari 2600のクローン機であるも発売した。 になるとが起き、家庭用テレビゲーム機市場は崩壊をはじめた。 一方、テレビゲーム機に代わって)がブームとなったため、コレコ社もホームコンピュータを発売。 単体で動作するスタンドアロン版の他、コレコビジョン用の拡張モジュールという形でも販売した。 だがこのホームコンピュータは信頼性に乏しかったこともあって失敗に終わった。 一方、Coleco Adamの発売と同じには、コレコ社はキャベッジパッチキッズを発売(日本でもからとして発売された)。 アメリカで大ブームとなり、Coleco Adamの損失を補って余りある莫大な利益をもたらした。 これを受けて1984年にはまだそれなりに売れていたコレコビジョンを打ち切り、初頭には最後まで損失続きだったCoreco Adamをも打ち切り、テレビゲームと電子玩具の分野から撤退した。 特にとは非常に関わりが深く、コレコビジョンとAtari 2600用タイトルであるは、同社との正規ライセンスによる移植であり、同社の米国法人であるNintendo of Americaは、元コレコ社員の移籍が極めて多い。 さらに1986年にはやなどのボードゲームで知られる競合玩具メーカーのSelchow and Righter社を7500万ドルで買収。 にはテレビドラマ『』に登場するエイリアンのぬいぐるみや、おしゃべり人形を発売。 しかし、キャベッジパッチキッズに過剰投資しすぎた結果、ブーム終了とともに莫大な在庫を抱える。 Coreco Adamの損失、Selchow and Righter社の買収資金、キャベッジパッチキッズへの過剰投資などが複合的な要因となって経営を圧迫、には破産申し立てを行なうに至った。 再建のため、コレコ社は北米における全ての資産を売却。 多くの仕事について海外への外注を行ない、ニューヨーク州アムステルダムその他の都市にあった工場は閉鎖した。 しかし再建はならず、にはコレコ社は社によって買収された。 になって、シカゴのブランド再生企業社の手により、コレコ・ブランドが復活。 にはおよび用の20タイトルを内蔵した携帯ゲーム機が発売されている。 脚注 [ ].

次の

swpregional.cccco.edu : 19年間、キャベツ人形を人間のように「育てる」

キャベツ 人形

コレコ( Coleco)はモーリス・グリーンバーグがに創業したの玩具メーカー。 会社名の由来は " Connecticut Leather Company"(コネティカット革会社)の略。 にを販売した他、家庭用ゲーム機・のメーカーとしても知られる。 キャベツ畑人形のブーム終了とともに膨大な在庫を抱えて倒産し、に社に買収された。 歴史 [ ] 靴メーカー向けに革を販売する会社として創業。 には革細工キットの販売をはじめ、にはプラスチック製の子供用プールの販売をはじめた。 その後、革部門は売却した。 には、最高経営責任者アーノルド・グリーンバーグの下で家庭用ゲーム機市場に参入、Coleco Telstarを発売。 この前年の1975年には社の家庭用ビデオゲーム機『』が成功を収めており、その翌年のにはコレコ社をはじめ多数の企業が同様の家庭用ビデオゲーム機を発売した。 コレコ社の製品を含め、そのほとんど全てが社製のチップを採用していた。 このチップは『』のクローンゲームをはじめ、いくつかのゲームをワンチップに収めたもので、このチップを用いることで最小限の部品で家庭用ビデオゲーム機が実現できた。 General Instrument社がこのチップの需要を過小評価したため、深刻な供給不足に陥ったものの、早期に発注を行なっていたコレコ社は幸いにも優先的な供給を受けることができ、発注分のチップを獲得できた数少ない企業のうちの一社となった。 このような内蔵ゲームしか遊べない方式の家庭用ビデオゲーム機の市場は短命に終わったものの、早期発注のおかげでコレコ社の収支はトントンとなった。 この後もエレクトロニクスの分野で活躍を続けたコレコ社は、社によって市場が開拓されつつあった携帯型電子ゲーム機に参入。 "head to head" シリーズと呼ばれる2人用スポーツゲームや、正規ライセンスを取得して開発したミニ・アーケードシリーズは大人気商品となった。 家庭用ビデオゲーム機 ColecoVision にコレコ社はコレコビジョンを発売し、家庭用ビデオゲーム機市場に再参入。 当時の他社製ゲーム機より高性能だったこの自社製ゲーム機は大人気商品となったものの、コレコ社では(VCS)やマテル社製といった他社製ゲーム機向けのソフトも生産し、リスク分散を図った。 また、Atari 2600のクローン機であるも発売した。 になるとが起き、家庭用テレビゲーム機市場は崩壊をはじめた。 一方、テレビゲーム機に代わって)がブームとなったため、コレコ社もホームコンピュータを発売。 単体で動作するスタンドアロン版の他、コレコビジョン用の拡張モジュールという形でも販売した。 だがこのホームコンピュータは信頼性に乏しかったこともあって失敗に終わった。 一方、Coleco Adamの発売と同じには、コレコ社はキャベッジパッチキッズを発売(日本でもからとして発売された)。 アメリカで大ブームとなり、Coleco Adamの損失を補って余りある莫大な利益をもたらした。 これを受けて1984年にはまだそれなりに売れていたコレコビジョンを打ち切り、初頭には最後まで損失続きだったCoreco Adamをも打ち切り、テレビゲームと電子玩具の分野から撤退した。 特にとは非常に関わりが深く、コレコビジョンとAtari 2600用タイトルであるは、同社との正規ライセンスによる移植であり、同社の米国法人であるNintendo of Americaは、元コレコ社員の移籍が極めて多い。 さらに1986年にはやなどのボードゲームで知られる競合玩具メーカーのSelchow and Righter社を7500万ドルで買収。 にはテレビドラマ『』に登場するエイリアンのぬいぐるみや、おしゃべり人形を発売。 しかし、キャベッジパッチキッズに過剰投資しすぎた結果、ブーム終了とともに莫大な在庫を抱える。 Coreco Adamの損失、Selchow and Righter社の買収資金、キャベッジパッチキッズへの過剰投資などが複合的な要因となって経営を圧迫、には破産申し立てを行なうに至った。 再建のため、コレコ社は北米における全ての資産を売却。 多くの仕事について海外への外注を行ない、ニューヨーク州アムステルダムその他の都市にあった工場は閉鎖した。 しかし再建はならず、にはコレコ社は社によって買収された。 になって、シカゴのブランド再生企業社の手により、コレコ・ブランドが復活。 にはおよび用の20タイトルを内蔵した携帯ゲーム機が発売されている。 脚注 [ ].

次の

キャベツから子供が生まれるってどういうこと?キャベツ畑人形って?

キャベツ 人形

米メリーランド州にてパット、ジョー・ポジー夫妻がキャベツ人形(キャベツ・パッチ・キッズ)をまるで生きた人間のように「育てて」いるとのこと。 夫妻は人形に洗礼名ケヴィンと名付け、まるで本当の子供であるかのように共にお出かけするなどし、この体調30cm程のキャベツ人形を19年間に渡って「育てて」いる。 ケヴィンに何かを話かければジョーを通して「返答」さえするという。 夫妻はケヴィンのために広い遊び部屋を与え、ケヴィンが乗るための玩具のコルヴェットや犬を用意するなどし、更に今後ケヴィンが「大学に行く」ための資金として50万円近い貯金をしている。 また夫妻には既に成長したヴィッキーと言う名の(人間の)娘がいるが、彼らはもっぱら娘よりもケヴィンの事を愛していると話している。 「どんな親だって、もし養子をもらったら彼にとって良い親になり、きちんと愛すして育てる約束をするでしょう?私達がケヴィンにしてあげてるのも同じことよ。 」そう語る母親のパットによれば、ケヴィンは「気楽で、おとなしく、お上品な子」であると話している。 また父親のジョーによれば、ケヴィンの趣味は釣りであり、しばしばケヴィンをつれて近所の池へと向かうという(写真)。 「晴れた日はケヴィンと池に行くんだ。 座ってしばらくすると、ケヴィンってばちゃんと魚をつり上げるんだよ。 」そう語るなり、ジョーは"ケヴィンの声"で叫んだ。 「見てみて!僕がつり上げたよ!」そしてまたジョーは元に戻る。 「でもケヴィンは魚をキープしないんだ。 僕が池に戻してあげるんだけどね。 」 「誰だって、自分の子供達の中で、特別に可愛い子ってのはいると思うんだ。 僕らにとってケヴィンは本当に特別だね。 」 夫妻は近所の人々や友人からは奇異な目で見られていることも充分承知しているが、今年末、夫妻は「Totally Obssesed 完全にイカれた 」というTV番組への出演が決まっているという。 実娘のヴィッキーは「義理の弟」への嫉妬を隠さず以下のように語っている。 「私はこの子は嫌いだわ。 私は犬だって飼わせてもらえなかったのに、この子は犬を飼ってる。 水上スキーにだって行ってるのよ。 前にこの子をぶっ壊してやろうかと思った事もあったわ。 でも、何だか本当に痛みを感じるんじゃないかしら、って怖くなったわ。 」 夫妻によれば、ケヴィンが家に来たのは1985年、折しも世間はキャベツ人形が大流行した時である。 その年、それぞれの「養子契約書」を持ったキャベツ人形達、100万個以上が売られたとのこと。 【参考】 77. 相性もあるしね。 それが、年寄りの道楽にしか見えないってことは………この夫婦はそもそも、子供をおもちゃとしか見てない、教育する気もないDQNだったってことだよ。 娘はかわいそうだが、強く生きて欲しいな.

次の