イスラエル パレスチナ。 パレスチナとは

イスラエル

イスラエル パレスチナ

【カイロ=佐藤貴生】イスラエルのネタニヤフ政権は、7月からヨルダン川西岸地区にあるユダヤ人入植地などの併合に関する協議を本格化させる方針だ。 第3次中東戦争(1967年)でイスラエルが占領した西岸はパレスチナ側が「将来建設する独立国家の領土」と位置付けており、併合を強行すれば国際的に批判が高まるのは必至だ。 5月にネタニヤフ首相の右派「リクード」と野党の中道政党連合「青と白」の二大勢力の連立によって成立した政権は、併合に向けた議論を7月から始めることで合意していた。 イスラエル寄りのトランプ米政権が1月に発表した中東和平案に基づくもので、ネタニヤフ政権は閣議などで方針を話し合う見通しだ。 西岸には推定約300万人のパレスチナ人に加え、点在する130以上の入植地に約40万人のユダヤ人が住む。 議論の対象になるのは入植地やヨルダンとの境界をなすヨルダン渓谷で、西岸の約3割に当たる。 入植地にはユダヤ人しかいないが、ヨルダン渓谷にはユダヤ人約1万人のほかにパレスチナ人が6万5千人住んでいるとされる。 併合すればパレスチナ人の政治参加など複雑な問題が噴出することは確実だ。 西岸を統治するパレスチナ自治政府のアッバス議長は、過去に結んだ協定を含め、イスラエル側とのすべての関係を断絶すると述べ、併合の動きを強く批判してきた。 ヨルダンは1994年締結のイスラエルとの平和条約の破棄も示唆。 アブドラ国王は今月中旬、米議会議員とのテレビ会議で「地域の平和や安定を害する」と訴えた。 中東のアラブ諸国でイスラエルと平和条約を結んでいるのはヨルダンとエジプトだけで、併合を強行すれば周辺国との外交にも影響を及ぼしかねない。

次の

イスラエル・パレスチナの分断に第三者は何ができるのか。現地の人たちの声を聞いてみた

イスラエル パレスチナ

パレステチナはどんな所? パレスチナは中東エリアのエジプトやレバノンに近くに、 イスラエル国があります。 その中にパレスチナ地区があります。 かつて紀元前にはユダヤ人の国があったのですが、 ローマ帝国によって滅ぼされ、多くのユダヤ人が世界中に移動していき、 オスマン帝国の支配地になることもありました。 世界中に散らばったユダヤ人は中世以降から世界中で迫害を受け始め、 次第に「やはり自分の国を持ちたい」というシオニズム(復興運動)が生まれました。 そこで、もともと住んでいたイスラエルにユダヤ人が戻り始めたのです。 パレスチナ問題の背景 なぜパレスチナ問題が発生したのかというと、第一次世界大戦前に遡ります。 第一次世界大戦で、イギリスは中東のオスマン帝国と戦争状態でした。 有利に戦局を進めるために俗い言う 「三枚舌外交」を行ってしまったことから深刻な事態に発展していきました。 この三枚舌外交はとんでもない内容で 「フランスとは戦争後に中東を両国で治める」 「アラブ人にはパレスチナを含むアラブ国家の独立を約束」 「ユダヤ人にはパレスチナでの民族領土の建設」 などの隠れて外交上で約束をしていたからなんです。 3者間でトラブルが起こるのは当然ですよね。 特に アラブ人とユダヤ人の間でいざこざが起こりやすくなっていくのです。 少し前に書いたようにもともとユダヤ人が住んでいたユダヤ王国がまさに今のイスラエルなんです。 やっと自分たち民族がもともと住んでいた土地で暮らせると思いきやそこで現在の状況に至ってしまったのです。 よく、宗教問題として取り上げられてますが、けして宗教が問題じゃないんです!土地をめぐる紛争ともいえます。 かってにイスラエルを建国 パレスチナ問題の解決方法は? 唯一1993年にアメリカの仲介で パレスチナ暫定自治宣言 オスロ合意 としてお互いの存在を認めた瞬間がありましたが、約束したイスラエルのラビン首相が暗殺。 パレスチナのリーダーのアラファト議長も亡くなってしまいました。 そしてイスラエルでは国内の強硬派が力を握り、また振り出しに戻ってしまったのです。 現在の所では、最善の解決方法としてはイスラエル国のパレスチナの介入をやめて、パレスチナの国家独立を認めるか、共同で国家運営をしていくことが一番であるといわれています。 しかし、イスラエルの軍事行動はいまだやまず、交渉は暗礁にのり上げています。 もしかしたら、一人一人がこの問題に対して意識することが解決につながるのかもしれません。

次の

「トランプ『和平案』でパレスチナ問題は?」(時論公論)

イスラエル パレスチナ

1 面積 約6,020平方キロメートル(西岸地区5,655平方キロメートル(三重県と同程度)。 ガザ地区365平方キロメートル(福岡市よりやや広い)。 (1)1947年国連総会はパレスチナをアラブ国家とユダヤ国家に分裂する決議を採択。 イスラエルは1948年独立を宣言,1967年第三次中東戦争によりイスラエルが西岸・ガザを占領。 (2)1993年のオスロ合意等に基づき,1995年からパレスチナ自治政府(PA)が西岸及びガザで自治を実施。 (3)2004年11月,アラファト・パレスチナ解放機構(PLO)議長死去。 2005年1月の大統領選挙でアッバース首相(当時)が大統領に就任。 (4)2006年1月の立法評議会選挙において,ハマスが過半数の議席を獲得。 07年3月,サウジアラビアの仲介でパレスチナ諸派間の挙国一致内閣が成立したが,07年6月,ハマスは武力でガザ地区を掌握。 (5)2012年11月,パレスチナは国連の非加盟オブザーバー国家の地位獲得に係る国連総会決議案を提出し採択(我が国は賛成)。 1 政府• 大統領:マフムード・アッバース(PLO議長を兼任)• 首相 :ムハンマド・シュタイエ 2 議会 パレスチナ立法評議会(PLC:Palestinian Legislative Council 132名。 ) 3 内政• (1)【大統領】2004年11月にアラファトPLO議長・パレスチナ自治政府(PA)長官が逝去したことを受け,2005年1月,PA長官(現在の呼称は大統領)選挙が実施され,アッバース氏が就任し(PLO議長も兼任),現在に至る。 (2)【議会】2006年1月,パレスチナ立法評議会(PLC)選挙でイスラム原理主義組織であるハマスが過半数の議席を獲得。 しかし,その後のパレスチナ内部の対立,ハマスの武力によるガザ掌握(2007年)等を受け,事実上,西岸とガザが分裂状態となり,PLCは現在に至るまで停止状態。 2018年12月,憲法裁判所がPLCの解散及び6ヶ月以内のPLC選挙実施を呼びかける決定を下すも,現在までPLC選挙は実施されていない。 (3)【政府】2019年4月,アッバース大統領の指名に基づき,シュタイエ首相が新内閣を組閣。 1 産業割合 農・漁業(3. 2%),工業(13. 1%),建設業(7. 2%),小売業・貿易(18. 5%),金融・仲介(4. 1%),公共・防衛(12. 5%),サービス業(20. 0%),運輸・通信業(1. 8%),(2015年GDPに占める割合,PCBS) 2 名目GDP 約145億ドル(2018年 IMF推定) 3 1人当たりGDP( GDP per capita) 3,664ドル(2018年 IMF推定) 4 実質GDP成長率 0. 9%(2018年 IMF推定) 5 物価上昇率 1. 2%(2018年 IMF推定) 6 失業率 31%(2018年 IMF推定) 7 総貿易額• 輸出 約11億ドル(2018年,PCBS)• 輸入 約57億ドル(2018年,PCBS) 8 貿易品目• 輸出品 セメント,石灰岩,オリーブなど• 輸入品 石油・石油製品,穀物,非金属鉱物製品など 9 貿易相手国 イスラエル(約80%) 10 通貨 自国通貨なし (イスラエル・シェケル) 11 為替レート 1シェケル=約31円(2018年8月) 12 経済概況• (1)1967年以降,イスラエルの占領下にあった西岸・ガザ地域は,同地域境界をイスラエル側が管理していたことから他国との通商は困難で,イスラエル経済への依存が進み,パレスチナの経済関連団体や金融機関は未発達なまま経済的自立性が失われた。 (2)1993年以降の和平プロセスの進展に伴い,ドナー国・国際機関による対パレスチナ経済支援が進むが,2000年9月末以来,イスラエル・パレスチナ間の衝突及びそれに伴うイスラエルによる自治区封鎖,移動の制限等により,経済発展は進んでいない。 (3)実質経済成長率は,2011年までは二桁台が続くも2013年には全体で2. 8%と大幅に低下,2014年にはガザ紛争と経済封鎖により,-0. 4%と2006年以来初めてのマイナス成長となった。 高い人口増加率のため一人あたりGDPは停滞し,経済は十分な雇用を生まず,特にガザの失業率は40%以上と高止まり,若者を中心に住民は大きな不満を抱えている。 1 主要援助国 ドイツ,UAE,EC,デンマーク,カタール,スウェーデン,英国,ノルウェー,カナダ,スイス,ベルギー,フランス,日本,等(2019年,OCHA-FTS) 2 我が国の援助(1993~2018年度までの累積) 計約19億ドル 3 主なプロジェクト(2018年度) (1)無償資金協力• ア 日・パレスチナ開発基金(UNDP経由):約1. 3億円(PIEFZA内部管理能力開発計画フェーズ1. 3,パレスチナ人間開発報告書),ガザ地区南部医療廃棄物システム改善計画,ガザ教員招聘)• イ 食糧援助:10. 0億円(UNRWA:6. 0億円,WFP:4. 0億円)• ウ UNICEF連携無償:5. 04億円(パレスチナにおける障害児・発達障害児に対する早期発見・治療改善計画)• エ UNRWA連携無償:4. 95億円(ガザ地区におけるパレスチナ難民キャンプ診療所への太陽光発電設備設置計画)• オ 日本NGO連携無償資金協力:3. 19億円• カ ジャパン・プラットフォームを通じた緊急人道支援:2. 69億円 (2)技術協力 調査団派遣,技術協力プロジェクト,専門家派遣,研修員受入,機材供与など 主な案件• ア ジェリコ農産加工団地運営・サービス機能強化プロジェクト• イ パレスチナ-日本 初等理数科カリキュラム教科書改訂協力プロジェクト• ウ 難民キャンプ改善プロジェクト 1 政治関係 年月 略史 1977年2月 PLO東京事務所開設 1989年10月 アラファト議長訪日。 PLO東京事務所の名称を「パレスチナ総代表部」に格上げ。 1995年6月 PLO東京事務所 資金難により閉鎖 1998年7月 在ガザ出張駐在官事務所(日本政府代表事務所)を開設 2003年9月 在本邦パレスチナ常駐総代表部 再開 2007年4月 在ガザ日本政府代表事務所をラマッラに移転 2 経済関係・経済協力 (1)主要品目(財務省貿易統計)• ア 対日輸入 医療機器,建機等• イ 対日輸出 オリーブオイル,石けん等 (2)貿易額(財務省貿易統計)• ア 対日輸入 297,241千円(2018年)• イ 対日輸出 59,023千円(2018年) (3) 3 在留邦人数 55人(2019年9月) 4 在日パレスチナ人数 73人(2018年12月) 5 要人往来 -我が国政府要人のパレスチナ自治区訪問 年月 要人名 1995年9月 村山富市総理大臣 1996年8月 池田行彦外務大臣 1998年1月 鈴木宗男北海道開発庁長官 1998年12月 鈴木宗男官房副長官 1999年1月 高村正彦外務大臣 1999年3月 町村信孝外務政務次官 2000年3月 東祥三総括外務政務次官 2001年8月 杉浦正健外務副大臣 2002年1月 与党三幹事長 2002年5月 山崎拓自民党幹事長 2002年6月 川口順子外務大臣 2003年4月 川口順子外務大臣 2003年6月 茂木敏充外務副大臣 2004年11月 川口順子特派大使(アラファト議長葬儀のための政府代表) 2004年12月 福島啓史郎外務大臣政務官 2005年1月 河井克行外務大臣政務官(パレスチナ自治政府大統領選挙政府監視団長),町村信孝外務大臣 2006年1月 伊藤信太郎外務大臣政務官(パレスチナ立法評議会選挙政府監視団長) 2006年7月 小泉純一郎総理大臣 2006年8月 伊藤信太郎外務大臣政務官 2007年5月 小池百合子総理大臣補佐官 2007年8月 麻生太郎外務大臣 2008年2月 中山泰秀外務大臣政務官 2010年8月 武正公一外務副大臣 2011年6月 伴野豊外務副大臣 2012年1月 山根隆治外務副大臣 2012年5月 玄葉光一郎外務大臣 2013年7月 岸田文雄外務大臣 2014年7月 岸信夫外務副大臣 2014年7月 茂木敏充経済産業大臣 2014年10月 薗浦健太郎外務大臣政務官 2015年1月 安倍晋三総理大臣 2015年6月 中山泰秀外務副大臣 2016年9月 薗浦健太郎外務副大臣 2017年4月 岸信夫外務副大臣 2017年5月 世耕弘成経済産業大臣 2017年11月 薗浦健太郎内閣総理大臣補佐官 2017年12月 河野太郎外務大臣 2018年5月 安倍晋三総理大臣 -PLO及びパレスチナ自治政府(PA)要人の訪日 年月 要人名 1976年4月 カドゥーミPLO政治局長(自民党招待) 1981年10月 アラファト議長(日・パ議連招待) 1989年10月 アラファト議長(日本政府招待) 1996年9月 アラファト議長(日本政府招待) 1997年11月 シャアスPA計画・国際協力庁長官 1999年4月 アラファトPLO議長兼PA長官(日本政府招待) 1999年10月 アラファトPLO議長兼PA長官(パレスチナ支援調整会議出席) 2000年5月 シャアスPA国際協力庁長官 (第一回日・パレスチナ政治協議・合同委員会) 2000年8月 アラファトPLO議長兼PA長官 2002年3月 クレイ立法評議会議長 2002年12月 シャアスPA国際協力庁長官,マスリPA経済・産業・貿易庁長官 (第二回日・パレスチナ政治協議・合同委員会) 2004年2月 シャアスPA国際協力庁長官,ファイヤードPA財務庁長官 (第三回日・パレスチナ政治協議・合同委員会) 2004年7月 エラカートPA交渉担当長官,アブドルラージクPA拘禁者担当長官,シュタイエPECDAR長官 (第二回イスラエル・パレスチナ和平信頼醸成会議) 2005年5月 アッバースPA大統領(日本政府招待) 2007年3月 エラカートPLO交渉局長(第三回イスラエル・パレスチナ和平信頼醸成会議,「平和と繁栄の回廊」構想4者協議立ち上げ会合) 2007年6月 アブ・アムロPA外務庁長官(第四回 日・パレスチナ政治協議) 2008年10月 エラカートPLO交渉局長,シュタイエ・パレスチナ経済開発・復興委員会(PECDAR)総裁(第4回信頼醸成会議) 2009年11月 アブ・リブデ国民経済庁長官(日・パレスチナ政治協議) 2010年2月 アッバース大統領,マーリキー外務庁長官 2010年12月 ファイヤード首相,マーリキー外務庁長官,ジャルバーウィ計画・行政開発庁長官 2011年7月 シュタイエ・ファタハ中央委員 2011年7月 ラジューブ・パレスチナ・オリンピック委員会委員長 2012年1月 アブドラッポ・PLO執行委員会事務局長 2012年3月 ラジューブ・パレスチナ・オリンピック委員会委員長 2012年4月 アッバース大統領,マーリキー外務庁長官 2012年10月 シュタイエ・ファタハ中央委員 2012年12月 ラジューブ・パレスチナ・オリンピック委員会委員長 2013年2月 ファイヤード首相,マーリキー外務庁長官 2014年3月 マアーヤ観光・遺跡庁長官 2015年2月 マーリキー外務庁長官 2016年2月 ビシャーラ財務庁長官兼計画庁長官 2016年2月 アッバース大統領,マーリキー外務庁長官,オウデ経済庁長官 2016年5月 スルタン農業庁長官 2016年7月 アルアラジュ地方自治庁長官 2017年4月 オウデ経済庁長官 2018年2月 シャアス・パレスチナ大統領顧問 2018年3月 グネイム・パレスチナ水公社長官 2018年11月 ラジューブ・パレスチナ・オリンピック委員会委員長 2019年5月 ルデイネ・パレスチナ副首相兼情報相 2019年7月 マアーヤ・パレスチナ観光・遺跡庁長官.

次の