紫陽花の別名。 紫陽花19種類!洋風の庭にも合う秋色アジサイや白の人気品種は?

紫陽花の別名はよひら?他の呼び方がある理由は見た目から? | 情報トレジャー

紫陽花の別名

紫陽花の名所で関東のランキング【第10位~第5位】 関東の紫陽花の名所第10位~第5位までを紹介します。 第10位、小野池あじさい公園【渋川市】伊香保温泉に近い 引用:じゃらん 伊香保温泉から程近いところにある公園で、 小野池周辺に 市の花あじさい(8,000株)、さくら等が植裁されており、 つり場や東屋も整備されています。 住所:〒377-0008 群馬県渋川市渋川(上郷)2979 アクセス :渋川駅から徒歩で20分 第9位、権現堂堤【幸手市】白い紫陽花が咲き乱れてます 引用:じゃらん 桜で有名な権現堂堤(ごんげんどうづつみ)ですが、平成7年より 紫陽花 アジサイ の花が植えられ今では、 100種16,000株に増えたそうです。 中でも 白い紫陽花、アナベルの群生は雪山のように綺麗です。 住所:〒340-0101 埼玉県幸手市内国府間887-3 アクセス:東武日光線 幸手駅から朝日バスで15分(五霞町役場行き) 権現堂から徒歩で5分 又は東武日光線 幸手駅から徒歩で35分 車:圏央道 幸手ICから車で10分 第8位、茨城県フラワーパーク【石岡市】2020年6月22日より休園 引用:茨城県フラワーパーク は季節の花が楽しめるので花の見頃にあわせ、 「あじさいまつり」が開催されます。 紫陽花以外に桜やバラもあり、 アスレチックなどが有るので子供連れで楽しめるスポット。 リニューアル工事のため、 2020年6月22日~2021年4月頃まで休園 住所:〒315 — 0153 茨城県石岡市下青柳200 アクセス :JR常磐線「石岡駅」から関鉄グリーンバス約30分「フラワーパーク前」下車 バスは「フラワーパーク経由・柿岡車庫行」に乗って下さい 第7位 、本土寺【松戸市】紫陽花と花菖蒲も楽しめる 引用:本土寺ネット 「あじさい寺」とも呼ばれる日蓮宗の名刹。 6月下旬に向けて10種類以上の紫陽花が境内中に咲き渡り、その数は 5万本以上に及びます。 花菖蒲園もあるので紫陽花と合わせて楽しめます。 住所:〒270-0002千葉県松戸市平賀63 アクセス:JR北小金駅より徒歩約10分 第6位 、高幡不動尊金剛寺【日野市】駅ちかにあるアジサイの名所 引用:おでかけガイド 関東三大不動のひとつ(たかはたふどうそんこんごうじ)は、都内有数の 紫陽花の名所でもあります。 雨の季節になると、境内から山にかけて ヤマアジサイなど約200種類以上、7,500株もの紫陽花が彩ります。 6月には「あじさいまつり」も開催されます。 見頃:6月初旬~7月上旬 アクセス:京王電鉄高幡不動駅からすぐ あじさい祭り 2019年6月1日〜30日 第5位 、白山神社(はくさんじんじゃ)【文京区】文京あじさい祭り 引用:エンジョイ東京 「歯痛止めの神様」としても知られる、落ち着いた佇まいの白山神社。 境内には 約3,000株の多様な紫陽花が植えられています。 毎年6月上旬~中旬には「文京あじさいまつり」が開催されます。 見頃:6月上旬~中旬 アクセス:地下鉄白山駅から徒歩約3分 文京あじさいまつり: 2020年は中止 紫陽花の名所!関東のランキング【4位~1位】 第4位 、阿弥陀寺【箱根町】皇女和宮に思いをはせる 引用:箱根町 皇女和宮の位牌が祀られ、あじさい寺としても有名な「」。 境内には山アジサイやガクアジサイ、本アジサイ、西洋アジサイ、コアジサイ、ウツギなど80種類、約4,000株のアジサイが植えられています。 住所:神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤24 アクセス: 箱根湯本駅より徒歩 40分 車で5分・塔之沢駅より徒歩15分~20分 第3位 、円覚寺【鎌倉市】:歴史建造物と紫陽花のコラボ 引用:楽天トラベル には国宝である舎利殿を始め、 たくさんの歴史建造物が保存されています。 悟りの窓からみる景色は素晴らしく、境内を埋める数千本のアジサイも見事に咲き誇ります。 拝観時間:6月 8:30~17:00、6月以外 9:00~16:00 住所:〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内189 アクセス :JR北鎌倉駅から徒歩10分 第1位、長谷寺【鎌倉市】:由比ガ浜が一望できる 引用:じゃらん 山の遊歩道の階段を登りながら紫陽花が撮影できます。 階段はチョット大変ですが行列が出来ているのでゆっくりと見れるという利点もあるかな? 紫陽花だけでなく、境内は見どころも多く 由比ガ浜も一望できます。 売店も有るのでちょっと休憩しながら散策できるのでおすすめの場所です。 拝観時間:3月~9月 8:00~17:00、10月~2月 8:00~16:30 住所: 〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 アクセス: 鎌倉駅からバスで(長谷観音下車 又は江ノ電「長谷駅」から徒歩 第1位、御霊神社【鎌倉市】:江ノ電と紫陽花のベストショットが撮れる 引用:MAPPLE TRAVEL GUIDE 御霊神社は あじさいと江ノ島電鉄の車両を一緒に撮影できるスポットとして知られています。 あじさいが咲き始めると多くの人が写真を撮るために集まってきます。 長谷寺に近いので、カメラを構えてみてはいかがですか?.

次の

アジサイ(紫陽花)を増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

紫陽花の別名

紫陽花の俳句について 「紫陽花 あじさい 」を中心に、「あぢさゐ」「四葩」などの季語が詠み込まれた句を集めて、先頭の文字の五十音順に並べました。 なお、「 四葩 よひら 」は紫陽花の別名の一つです。 他にも、花の色がよく変わることから「 七変化」「 八仙花」などと呼ばれることもあります。 紫陽花の俳句 25選 紫陽花に 雫あつめて 朝日かな 【作者】加賀千代女 かがのちよじょ 【補足】 「雫」の読みは「しずく」です。 紫陽花に 夏痩人の 足袋白し 【作者】西島麦南 にしじま ばくなん 【補足】 「 夏痩 なつやせ 」も夏の季語です。 次の句は正岡子規の詠んだ句です。 夏痩の 骨にとゞまる 命かな 紫陽花に もの音とては なかりけり 【作者】富安風生 とみやす ふうせい 紫陽花の 藍をとばして 雨あがる 【作者】阿部みどり女 【補足】 藍 あい は 濃い青色です。 紫陽花の 大きな毬の 皆褪せし 【作者】松本たかし 【補足】 「 毬」の読みは「まり」です。 他に「いが」とも読む場合があります。 紫陽花の 咲けば咲かねば 悔ひとつ 【作者】加藤楸邨 かとう しゅうそん 【補足】 楸邨は次の句でも紫陽花を詠んでいます。 紫陽花の 蔭に目があり 見ればなし 紫陽花の 白とは云へど 移る色 【作者】原 石鼎 はら せきてい 【補足】 紫陽花の「白」を詠んだ句は、あまり見かけません。 紫陽花の 花に日を経る 湯治かな 【作者】高浜虚子 たかはま きょし 【補足】 湯治 とうじ とは、温泉に入って療養することをいいます。 紫陽花の 夕の藍に 羽織りけり 【作者】阿部みどり女 【補足】 「夕」の読みは「ゆうべ」です。 紫陽花や 赤に化けたる 雨上り 【作者】正岡子規 まさおか しき 紫陽花や 帰るさの目の 通ひ妻 【作者】石田波郷 いしだ はきょう 【補足】 「帰るさ」は「帰る時、帰り」の意味の名詞です。 紫陽草や 帷巾時の 薄浅黄 【作者】松尾芭蕉 まつお ばしょう 【句集】花影 【補足】 「帷巾 かたびら 」とは、単衣 ひとえ=裏地がない衣服 のことです。 また、この句の「浅黄 あさぎ 」は「浅葱色 あさぎいろ 」の意と解します。 浅葱色 薄い青緑色 浅黄色 薄い黄色 紫陽花や 壁のくづれを しぶく雨 【作者】正岡子規 【補足】 「 しぶく」とは、風まじりに小雨が降りそそぐことをいいます。 紫陽花や きのふの誠 けふの嘘 【作者】正岡子規 【補足】 紫陽花の色の変化を擬人化して表現した句と解します。 紫陽花や はなだにかはる きのふけふ 【作者】正岡子規 紫陽草や 藪を小庭の 別座鋪 【作者】松尾芭蕉 【補足】 「藪」「座鋪」の読みは、「やぶ」「ざしき =座敷 」です。 あぢさゐの 藍のやうやく 濃かりけり 【作者】久保田万太郎 くぼた まんたろう 【補足】 やうやく=ようやく 少しずつ、段々との意 です。 あぢさゐの 雨を寒がる 女かな 【作者】野村喜舟 のむら きしゅう あぢさゐの いろ濃きうすき 宿世かな 【作者】久保田万太郎 【補足】 宿世 すくせ とは、「前世、前世からの因縁」を意味します。 あぢさゐの 黄なるを嘆く にもあらず 【作者】山口誓子 やまぐち せいし あぢさゐの 闇夜も知らぬ 深眠り 【作者】三橋鷹女 みつはし たかじょ あぢさゐや すだれのすそを ぬらす雨 【作者】久保田万太郎 【補足】 次の句も万太郎が詠んだものです。 あぢさゐや なぜか悲しき この命 ゆあみして 来てあぢさゐの 前を過ぐ 【作者】山口誓子 【補足】 「 ゆあみ 湯浴み 」とは入浴と同義です。 夕立や 紫陽花咲いて 廣き庭 【作者】会津八一 あいづ やいち 【補足】 「廣」は「広」の旧字体です。 老境や 四葩を映す 水の底 【作者】三橋鷹女 関 連 ペ ー ジ 花の季語や、それらが詠み込まれた俳句は次のページにもまとめてあります。 もしよろしければご覧になってみてください。

次の

【2019】全国のあじさい名所30選!カラフル過ぎてつい写真を撮りたくなる!|じゃらんニュース

紫陽花の別名

紫陽花の俳句について 「紫陽花 あじさい 」を中心に、「あぢさゐ」「四葩」などの季語が詠み込まれた句を集めて、先頭の文字の五十音順に並べました。 なお、「 四葩 よひら 」は紫陽花の別名の一つです。 他にも、花の色がよく変わることから「 七変化」「 八仙花」などと呼ばれることもあります。 紫陽花の俳句 25選 紫陽花に 雫あつめて 朝日かな 【作者】加賀千代女 かがのちよじょ 【補足】 「雫」の読みは「しずく」です。 紫陽花に 夏痩人の 足袋白し 【作者】西島麦南 にしじま ばくなん 【補足】 「 夏痩 なつやせ 」も夏の季語です。 次の句は正岡子規の詠んだ句です。 夏痩の 骨にとゞまる 命かな 紫陽花に もの音とては なかりけり 【作者】富安風生 とみやす ふうせい 紫陽花の 藍をとばして 雨あがる 【作者】阿部みどり女 【補足】 藍 あい は 濃い青色です。 紫陽花の 大きな毬の 皆褪せし 【作者】松本たかし 【補足】 「 毬」の読みは「まり」です。 他に「いが」とも読む場合があります。 紫陽花の 咲けば咲かねば 悔ひとつ 【作者】加藤楸邨 かとう しゅうそん 【補足】 楸邨は次の句でも紫陽花を詠んでいます。 紫陽花の 蔭に目があり 見ればなし 紫陽花の 白とは云へど 移る色 【作者】原 石鼎 はら せきてい 【補足】 紫陽花の「白」を詠んだ句は、あまり見かけません。 紫陽花の 花に日を経る 湯治かな 【作者】高浜虚子 たかはま きょし 【補足】 湯治 とうじ とは、温泉に入って療養することをいいます。 紫陽花の 夕の藍に 羽織りけり 【作者】阿部みどり女 【補足】 「夕」の読みは「ゆうべ」です。 紫陽花や 赤に化けたる 雨上り 【作者】正岡子規 まさおか しき 紫陽花や 帰るさの目の 通ひ妻 【作者】石田波郷 いしだ はきょう 【補足】 「帰るさ」は「帰る時、帰り」の意味の名詞です。 紫陽草や 帷巾時の 薄浅黄 【作者】松尾芭蕉 まつお ばしょう 【句集】花影 【補足】 「帷巾 かたびら 」とは、単衣 ひとえ=裏地がない衣服 のことです。 また、この句の「浅黄 あさぎ 」は「浅葱色 あさぎいろ 」の意と解します。 浅葱色 薄い青緑色 浅黄色 薄い黄色 紫陽花や 壁のくづれを しぶく雨 【作者】正岡子規 【補足】 「 しぶく」とは、風まじりに小雨が降りそそぐことをいいます。 紫陽花や きのふの誠 けふの嘘 【作者】正岡子規 【補足】 紫陽花の色の変化を擬人化して表現した句と解します。 紫陽花や はなだにかはる きのふけふ 【作者】正岡子規 紫陽草や 藪を小庭の 別座鋪 【作者】松尾芭蕉 【補足】 「藪」「座鋪」の読みは、「やぶ」「ざしき =座敷 」です。 あぢさゐの 藍のやうやく 濃かりけり 【作者】久保田万太郎 くぼた まんたろう 【補足】 やうやく=ようやく 少しずつ、段々との意 です。 あぢさゐの 雨を寒がる 女かな 【作者】野村喜舟 のむら きしゅう あぢさゐの いろ濃きうすき 宿世かな 【作者】久保田万太郎 【補足】 宿世 すくせ とは、「前世、前世からの因縁」を意味します。 あぢさゐの 黄なるを嘆く にもあらず 【作者】山口誓子 やまぐち せいし あぢさゐの 闇夜も知らぬ 深眠り 【作者】三橋鷹女 みつはし たかじょ あぢさゐや すだれのすそを ぬらす雨 【作者】久保田万太郎 【補足】 次の句も万太郎が詠んだものです。 あぢさゐや なぜか悲しき この命 ゆあみして 来てあぢさゐの 前を過ぐ 【作者】山口誓子 【補足】 「 ゆあみ 湯浴み 」とは入浴と同義です。 夕立や 紫陽花咲いて 廣き庭 【作者】会津八一 あいづ やいち 【補足】 「廣」は「広」の旧字体です。 老境や 四葩を映す 水の底 【作者】三橋鷹女 関 連 ペ ー ジ 花の季語や、それらが詠み込まれた俳句は次のページにもまとめてあります。 もしよろしければご覧になってみてください。

次の