約束のネバーランド ルーカス。 【約束のネバーランドネタバレ】最新70話の感想と考察

約束のネバーランド13巻のネタバレ・感想や見所|ミネルヴァは誰?

約束のネバーランド ルーカス

敵のアンドリューたちを迎え撃つため、2人でシェルターに残ることにしたユウゴとルーカス。 敵の数もあと3人というところまで、倒し続けてきましたが、 いよいよ闘いも切羽詰まった状況となりました。 銃撃戦を繰り返し疲労やケガも増えるユウゴとルーカス。 アンドリューもようやく大人になった食用児の正体が分かってきた様子です。 アンドリュー (全滅したんじゃなかったのか しかし これで判った たった2人 ふたを開けてみればたったの2人だ しかも内1人は片腕で足を引きずっている こんな連中に我々がやられるとは だがもはや手の内は判った もう奇襲は受けない 追い詰めてやる!!) アンドリュー 「コリンズ バークレー」 「はっ」 部下に無線で指示をするアンドリュー ユウゴ&ルーカス (囲まれた!!) アンドリューの命令で前方の2又通路から挟み撃ちにしようとするコリンズとバークレー。 13年前のユウゴとルーカス ユウゴ 「ルーカス ルーカス しっかりしろ! 大丈夫 あの爆発 見た目ほどの威力はない 奴ら自身も自分の浮き埋めは避けたいらしい このまま奴らを蹴散らすぞ 非常路を使って2人で・・・・ それから・・・」 ルーカス 「いや・・・僕はもうだめだ たぶん内蔵がどこか潰れてる・・・ 足ももう動かない 頼む・・・ 僕を置いて行け これじゃお前まで格好の的 お前ひとりならここから生きて・・・」 ユウゴ 「バカ言え それで13年前お前を置いて逃げて 俺がどれだけ後悔したと・・ 自分を呪ったと思っている お前ひとり死なす気も 俺一人生き残る気も俺にはない」 カッコイイことを言うユウゴ。 ゼェ ゼェ 息を切らせるユウゴ。 ユウゴ 「おい ルーカス・・・ 生きてるか? ルーカス・・・?」 アンドリュー 「立派な武器庫だな よもやこれほどの武器を与えられていようとは・・・ 馬鹿な奴だ こいつを置いて一人逃げていればこの武器を手に取り我々に依然盾突くこともできたかもしれないのに だがもう銃を握る力も残っていまい きわめて愚かな判断ミスだ」 ユウゴ 「バカはてめぇらだ エマ達は今に世界を変える それは俺たちを殺しても変わらない てめぇらがどれだけ食用児を見下そうと 1000年の秩序は直に終わる・・・ この腐った世界も・・・! ザマァ見ろだ!」 アンドリュー 「吠えろ お前たちは必ず死ぬ 残りも殺す それで終わりだ」 ユウゴ (させるかよ) 「今だ ルーカス」 ルーカス 「お前たちもここで死ぬんだ」 シュウウウウウ アンドリュー 「可燃ガス!!」 カチッ ニヤリと笑うユウゴの口元。 ユウゴ (エマ レイ みんな・・・ 頑張れよ) ドオオン 約束のネバーランド108話の見どころ 今回のストーリーでは、なんといっても13年前のユウゴとルーカスが蘇るシーンが印象的でした! かつてはバイヨン卿に追い詰められたユウゴは、ルーカスを置いて一人逃げ延びたのですが、 このことをずっと後悔し続けてきたユウゴおじさん。 この時ばかりは、もう二度と同じ過ちは繰り返さない、と心に誓ったのがよくわかりますね。 一人シェルターで生き延び、その壁には死んだ仲間やルーカスの名前も殴り書きにしてたユウゴおじさん。 今回は 最後までルーカスと2人で生きるんだという決意が良く表れていました。 いずれにしても、最後の爆発シーンで完全に消滅してしまうとは考えにくいです。 次回の109話では、本当に最後になってしまうのか、それともまだ可能性があるのか予想がつきそうな予感がします。 もしこの2人が消えてしまうなら、エマ達にも何かしらオジサンたちが死んだことが伝えられる必要があると思います。 それがこの先アンドリューから伝えられるのか、それともシェルターに残った残骸などから発見するのか、まだ定かではありませんが、いずれにしてもかなり重要な場面になることは間違いありません。 果たしてオジサンたちは生き延びることができるのか次回に期待していましょう。。 U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。 なので『約束のネバーランド』を電子書籍で読むことができるんです。 ちなみに U-NEXTを提供している株式会社U-NEXTは、もともとは「有線放送」を提供していた株式会社USENが前身で、「Gyao! 」という動画配信サービスを提供していた会社です。 「有線放送」や「Gyao! 」(ギャオ)なら誰でも知っているサービスですし有名な大企業なので安心ですね。 U-NEXTならマルチデバイス対応 U-NEXTはインターネットにつながる端末なら 、パソコンだけでなく、スマホやタブレットからも視聴することも可能です。 U-NEXTは期間限定でポイントサービス中 さらに、今なら期間限定で 31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができます。 このポイントを使って『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来るというわけです。 (1部新作の映画はポイントが必要な作品もあります) しかも! 大きな声では言えませんが、解約した後もポイントで購入した書籍は自分のものになるんです! 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 スポンサーリンク.

次の

【約束のネバーランドネタバレ】最新70話の感想と考察

約束のネバーランド ルーカス

とにかくエマに感動しっぱなし もうとにかくエマっていうキャラが好きです。 ノーマンがエマの希望を叶えたくなるのが分かります 笑 困難な状況になってもあきらめず、まっすぐに「こうしたい!」って言えて、そしてそのことを実現させていくところに感動します。 エマはノーマンやレイより頭は悪いかもしれないですが、決断力がすごいあるんですよね。 相手の心をつかむエマのコミュニケーション能力の高さもすごいです。 関連ページ エマがオジサンと腹割って話すところ 約束のネバーランド11巻までで、このシーンが一番感動しました。 仲間を失って自暴自棄になりかけていたオジサン。 オジサンはただ生きるために、いろいろなものを捨ててきました。 そんなやさぐれたオジサンに、エマはまっすぐに向き合うんですよね。 エマはオジサンのことを信じたんです。 オジサンは仲間を失って絶望して生き方を変えた。 でも心の底では、オジサンはこんな自分は嫌だと思っていたんです。 そのオジサンの心の底にあった本当の想いを、エマが腹割って話して引き出したんですね。 このエマとオジサンが腹割って話すシーンは、約束のネバーランドの一番の名シーンだと私は思います。 感動しました。 エマの良さは駆け引きをしないで、相手とまっすぐに向き合うことができるところですよね。 エマにみんながついていくところ。 オジサンも。 ゴールディポンドでのレウウィス大公との戦いが終わってから、オジサンもルーカスも、みんなエマについていくことを決めていました。 エマは食用児たちのリーダーになったんです。 エマよりも頭がいいレイでもなく、ノーマンがその場にいたとしてもノーマンでもなくエマがリーダーなんですね。 エマは不可能を可能にしてくれる人です。 脱獄ではエマとノーマン、レイ、ギルダ、ドンだけじゃないと難しいとされてたのを多くの子どもたちと共に脱獄することに成功しました。 ゴールディポンドでは、むちゃくちゃ強いレウウィス大公を倒しました。 エマのまっすぐで強い想いがあるからこそ実現してきたことです。 オジサン(ユウゴ)が想像以上に強かった オジサン(ユウゴ)が、かなり強いことに感動しました。 ゴールディポンドでの戦いで、ノウスを狙撃して倒したシーンはかっこよかったですね。 オジサンの気配を消せる能力は、今後も活かされそうです。 関連ページ 伏線や緻密な設定の物語に感動する 脱獄編もすごかったですが、その後外の世界に出てからの展開も見応えあります。 いろんな伏線とか謎がポンポンでてくるところなんか、もう海外ドラマなみのクオリティがあります。 ストーリーがどんどん壮大になっていきそうなところも興味があります。 原作者の白井カイウ先生は、おそらくほとんど結末までのストーリーを決めているんじゃないでしょうか。 そうでないと、これだけの伏線とか謎を張り巡らすことはできないんじゃないかなって思います。 けっこうスケールが大きくなっていきそうですよね。 関連ページ 脱獄したエマたちをイザベラが応援したところ 「行ってらっしゃい。 気をつけてね。 」 「願わくば、その先に光りがありますように。 」 エマたちが脱獄に成功した後、イザベラはこう心の中で思ってエマたちの無事と未来が良くなることを願いました。 イザベラのこの心の中の声に感動しました。 イザベラは心の底から悪い人ではなかったんです。 そしてこのときにイザベラの悲しい過去も明かされています。 イザベラはママとして鬼の世界で生きていくことを決めたんですね。 鬼の世界のなかで子どもたちが少しでも幸せになるように・・・ そう思って最大限の愛情をGF農園の子どもたちに注いできたイザベラ。 そのことが鬼にとって最高のごちそうになる品質のよい脳を生み出してきたという皮肉。 ママとしてのイザベラは、とっても悲しい人だったことが分かります。 関連ページ まとめ 約束のネバーランドで感動するところをあげてみました。 私の一番の感動ポイントはエマがオジサンと腹割って話すシーンです。 エマというキャラクターを生み出した白井カイウ先生すごいなと思います。 「私は約ネバのこういうとこに感動した!」っていうのがあれば、ぜひコメントで教えてください。 約束のネバーランドの漫画を無料で獲得できるポイントを使ってお得に安く読む方法.

次の

【約束のネバーランド】108話あらすじネタバレ!ユウゴとルーカスが死亡?!

約束のネバーランド ルーカス

約束のネバーランド69話 ゴールディ・ポンドに投げ込まれた食用児はほぼ全員がGV出身であることから、バイヨン卿の息がかかっているのはGV農園に対してだけらしいとオリバーは言います。 他の農園出身者はエマを含めて三人だけで、GF出身者はエマが初めて。 しかも脱走者となるとなおさらだと皆驚いている様子。 秘密の狩場 ここは怪物達の人狩の庭で、何日かおきに朝、気まぐれに怪物達が人間を狩に来る。 怪物達にとっては全てが遊びで、嬉々として狩り、減った分を補充するの繰り返し。 しかも怪物達は人間に武器を与えており、これまで多くの仲間が武器を使って戦ったが死んでいったとオリバーは言います。 その一方で、事態を受け入れられず武器を手に取ることなく命を落とす子供も大勢いると。 密猟者に仲間が何人も殺されてきたが、それでも耐えて甘んじて生き延びてきた理由は、自分たちの手でこの狩場を終わらせるためだとオリバーは力を込めて話します。 約束のネバーランド54話 エマもルーカスの名前を聞き、オジサンと関係がある人物であることを理解します。 ルーカスはエマがペンを持っていることを確認し、W・ミネルヴァのことを話すと言います。 まとめ 69話で遂にルーカスが登場しました。 てっきりオジサンの仲間は全員死んだと思ってましたが、生存者がいたんですね。 そして遂にルーカス登場と思っていたら、次号以降でW・ミネルヴァの話も聞けそうです。 ソンジュが登場した時もそうですが、約束のネバーランドは一度謎が解明されると一気に進む印象があります。

次の