ヤマト 株式 会社 株価。 株式の基本情報|ヤマトホールディングス

ヤマト (1967) : 企業情報・会社概要 [YAMATO]

ヤマト 株式 会社 株価

みんかぶ予想株価は「2,315円で【売り】と評価されています。 みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

モーニングスター [ ヤマトホールディングス株式会社スナップショット&NEWS 株式銘柄情報 ]

ヤマト 株式 会社 株価

[9064]ヤマトホールディングス 企業情報 企業概要 [9064]ヤマトホールディングスは、宅配便のシェアNo. 1である宅急便を展開するヤマト運輸などを傘下に持つ持株会社です。 本社は東京都千代田区。 [9064]ヤマトホールディングス 株価 ( 2020/06/26時点) [9064]ヤマトホールディングスの 株価は、 2332円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約23.3万円です。 1年チャート 5年チャート [9064]ヤマトホールディングス 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [9064]ヤマトホールディングスの配当金関係の基本情報です。 ( 2020/06/26時点) 配当金 [9064]ヤマトホールディングスの 1株当たりの配当金は、 0円です。 100株保有の場合、 年間0円の配当金が支払われます。 配当利回り [9064]ヤマトホールディングスの 配当利回りは、 0%(税引き前)です。 79685= 0% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [9064]ヤマトホールディングスの 権利確定月は、 3月・9月です。 配当性向 [9064]ヤマトホールディングスの 配当性向は、 0%です。 [9064]ヤマトホールディングス 配当金まとめ 株価 2332円 年間配当 0円 最低購入額(100株) 約23.3万円 年間配当(100株) 0円 利回り(税引き前) 0% 実質利回り(税引き後) 0% ( 2020/06/26時点) [9064]ヤマトホールディングス 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [9064]ヤマトホールディングスの 配当金支払い実績です。 増配・減配・無配を繰り返しており、配当金支払いは不安定です。 配当利回りの推移 [9064]ヤマトホールディングスの 配当利回りの推移です。 配当利回りは、おおむね1%台で推移しています。 配当性向の推移 [9064]ヤマトホールディングスの 配当性向の推移です。 配当性向は、おおむね40%以下で推移していますが年により、超過しているときも見られます。 [9064]ヤマトホールディングス 業績 売上高 [9064]ヤマトホールディングスの 売上高です。 (単位:百万円) 営業利益 [9064]ヤマトホールディングスの 営業利益です。 (単位:百万円) 経常利益 [9064]ヤマトホールディングスの 経常利益です。 (単位:百万円) 純利益 [9064]ヤマトホールディングスの 純利益です。 (単位:百万円) まとめ [9064]ヤマトホールディングスは、配当金推移自体が不安定であり、購入には至らない企業です。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

ヤマトホールディングス (9064) の株価・株式|QUICK Money World

ヤマト 株式 会社 株価

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより きょう(24日)の東京株式市場は気迷いムード。 手掛かり材料難のなか上にも下にも動ききれず、狭いゾーンでの足踏みが続いた。 もっとも大引けのの下げ幅はわずか14円だったとはいえ、値下がり銘柄数は1500を超え、東証1部全体の70%の銘柄が前日終値を下回るという弱い地合いであった。 売買代金も減少傾向にあり、今週明けの22日は1兆6000億円台まで低下、きょうも前場は1兆円を割り込んでいた。 しかし、個人投資家目線では相場の体感温度はかなり高い。 小口マネーの流入に勢いがついており、個別株の物色ニーズはむしろ旺盛を極めている。 個人の土俵である東証マザーズ市場の強さがそれを象徴する。 マザーズ指数は前日に小休止したもののきょうは買い直され、一時1065まで上値を伸ばし新値街道に復帰した。 は4月8日に25日移動平均線を上に突き抜けてからきょうに至るまで、急勾配の同移動平均線と一度も接触することなく上昇を続けてきた。 今月中旬に3日続落して950台まで水準を急降下させたことはあったが、この時も5日移動平均線は下回ったものの25日線に触れることはなかった。 ちなみにマザーズ指数は3月19日に557.86の安値をつけてからきょうの高値まで91%の上昇、ほぼ倍化している。 米国では最高値圏を突き進むナスダック総合指数の好調ぶりが耳目を驚かせているが、今回のコロナショックからのリバウンド局面において上昇率ではマザーズ指数の足元にも及ばない。 このような狂騒のなかで、約2カ月半ぶりにIPOが再開した。 きょうは、フィーチャ、ロコガイド、コパ・コーポレーションの3社がマザーズ市場に新規上場したがいずれも強烈な人気で気配値を切り上げる状況だった。 午前中に市場の声を聞くと「セカンダリーで買う側は半ばトランス状態といってよく、公募価格の2倍程度では到底収まりようがない投資マネーの勢いだ」(準大手証券ストラテジスト)という。 ロコガイドは後場取引時間中に値がついたが、初値形成後も更に上げ足を強めストップ高で取引を終えた。 終値は5310円。 公開価格は2000円であるから2.6倍強の水準に駆け上がったことになる。 フィーチャとコパは売買不成立だったが、気配値で既に2倍以上だ。 ただ、水を差すつもりはないが、やはりこういう局面ではそろそろ注意も必要となる。 上昇相場は懐疑のなかでは崩れない。 崩壊は常に楽観のなかで爛熟度合いを強めるプロセスで起こり得る。 7月中旬まであとIPO8社。 この間に流れが変わる可能性はある。 マザーズ市場の波乱にはつながらないかもしれないが、IPOの動向はセカンダリーに参戦しない投資家としても注意深く観察しておく必要はありそうだ。 個別ではが引き続き熱い視線を集めている。 ITbookホールディングスは目先買われ過ぎた反動で高値波乱含みの動きとなったが、テーマ自体はデジタル行政の要衝を担うものであり、金融系システム会社に対する注目度の高さは今後も変わらない。 クロスキャットが強さをみせてきたが、比較的相場の若いアイエックス・ナレッジあたりも注目したい。 では、医療用廃棄物容器を手掛ける天昇電気工業にも目を配りたい。 また、予防の観点から免疫力を高めることに関心が集まるなか、を手掛ける総医研ホールディングスの動きが良くなっており注目。 このほか、先駆した古河電池に続き、きょうはSMD対応小型「SoLiCell」の年内量産開始を発表したFDKがストップ高に買われたが、この流れは横に広がりそうだ。 マークしておきたいのは三櫻工業だ。 出資先の米ソリッドパワーと全固体電池を共同開発しており、実用化への期待が大きい。 日程面では、あすは1~3月の資金循環統計速報が朝方取引開始前に日銀から公表される。 4月の全産業活動指数、5月の外食売上高など。 また、20年国債の入札も行われる。 海外では、1~3月期米GDP確報値、5月の米耐久財受注額への注目度が高い。 このほか、トルコ中銀、メキシコ中銀が政策金利を発表する。 中国、香港、台湾市場が休場。 (中村潤一) 出所: 最終更新日:2020年06月24日 17時45分.

次の