こい と 落語。 居酒屋 いざかや

寄合酒(落語散歩124)

こい と 落語

芸歴 [ ]• - に入門、鯉斗となる• - 二つ目に昇進• 5月 - に昇進。 名古屋市出身の落語家としては、以来41年ぶりの真打。 概略 [ ] 、生まれ。 父親の転勤に伴い、3歳の時にに転居。 その後、小学校3年生の時に再度転勤のために移り住む(この説明が長くなるため、青年期を長く過ごした思い出の地、名古屋を出身地と謳っている)。 スポーツは万能。 小学校の時は夏は野球部、冬はサッカー部に所属するかたわら、学外でのリトルリーグやクラブチームでも活動する。 中学時代、サッカー愛知県代表監督からスカウトされ、キーパーとして県代表チームのトレーニングにも参加。 将来有望な選手として期待された。 しかし、この頃からバイクの魅力にとりつかれ、生活態度が乱れ始める。 このためサッカー推薦による高校進学も断念せざるを得ない状況になり、人生初の挫折を経験する。 高校には進学せず暴走族の総長になる。 、上京。 の飲食店でアルバイトをしながら生活を始める中、お店で現在の師匠であるの落語独演会が開催される。 演目は。 一目で師匠の落語に惹きつけられ、打ち上げの席で弟子入りを直訴する。 入門を認められ前座となったにTBSにての主演によるドラマ『』がオンエアされたため、関係者からは「モデルになったのでは? 」と冷やかされた。 まさに『』の小虎、『』の与太郎、の『笑酔亭梅寿謎解噺』シリーズの梅寿を地でいく男であり、規格外の落語家である。 落語界きってのとして知られ、ファッション誌にも登場する。 出演 [ ] TV [ ]• (2019年4月2日、) - と共演• (2019年10月19日、) - 激レアさん(ゲスト)• 2019年 年末ライブで女子会でやんす!投稿小町(2019年12月27日、 BSテレ東)- MC• (2020年2月20日、) - ゲスト• (2020年2月21日、) - ゲスト• (2020年3月28日、) - ゲスト• (2020年6月28日、) - ゲストコメンテーター CM [ ]• 2015年11月23日閲覧。 落語芸術協会. 2015年11月2日閲覧。 大野友嘉子 2019年8月8日. 毎日新聞. 2019年8月28日閲覧。 2018年12月27日. 2019年11月5日閲覧。 モデルプレス 2019年3月27日. 2019年4月1日閲覧。 WWD JAPAN. 2018年7月5日閲覧。 [] 外部リンク [ ]• koito0125 -• ( koitotakigawa - この項目は、に関連した です。

次の

瀧川鯉丸

こい と 落語

二人は掘り出し物だと喜んだが 実はこの甕 元は壊した家の便所に埋まっていた便壷 本当に掘り出し物だ 洗ってしまえばわからないだろうと早速買った甕を川で洗う二人 なかなか臭いが消えないが、水を張ってしまえばどうってことないと兄貴分のところへ 立派な水甕 実は便壷 を贈られた兄貴分は「これは高かったろう」と大喜び 女房が何か作るから一杯やってけという流れになる 「いい家ださすがは兄貴だ」と酒を飲んでいると 肴が出てくるが豆腐や吸い物など自分達が贈った水甕の水を使ったものばかり 水甕の正体が元は便壷だと知っている二人は料理が出てくるたびに「今豆腐を断ってるんで」などと妙な言い訳するので 兄貴分もあきれ顔 そこへこの家のおかみさんが「水甕の水が妙に濁っている」と言いに来る 兄貴分: 「甕なんて使い始めはこんなもんだ おまえたち今度来るときにフナでも持ってきてくれ。 水をきれいにするっていうからな」 八: 「それにはおよびません。 さっきまで コイ 肥え が入ってましたから」 松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい 錦の袈裟 町の兄貴分が若い衆を集める。 なんでも隣町の若い衆が揃いの縮緬の長襦袢で吉原に繰り出し 開帳の雪隠 両国回向院のそばで子供相手に駄菓子屋を営んでいる老夫婦 今は出開帳の真っ最中 ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。 茶屋だけではたいした儲けになら 愛宕山 旦那のお供で京都へ行くことになった幇間 太鼓もち の一八。 愛宕山へ登ることになったが、 大山詣り 長屋の男衆が揃って大山詣りに出かけることになった。 行楽半分、信心半分の旅ではあるが、 おみたて 花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛 もくべえ が尋ねてくる 喜瀬川は「 本膳 長屋の男たちの元へ大家さんから手紙が届く 誰もまともに字が読めないものだから「これはひ 片棒 けちが服を着て歩いているとケチで有名な赤西屋の大旦那。 人呼んで赤西屋ケチ兵衛。 若いこ 居残り佐平治 遊び人の佐平次が仲間に品川の遊郭に繰り出して派手にやろうと提案する。 佐平次:.

次の

落語・小料理 やきもち(公式)

こい と 落語

世話役は500円の頭割りにしようというが、「立て替えてくれ」・「財布忘れた」・「財布はあるが中身を忘れた」など、空っけつばかり。 すると黙って懐へ手を入れる男、500円出すのかと思いきや、「飲むと決まったから、パッチの紐をゆるめた」だと。 あきらめた世話役は酒は自分が用意するから、材料と酒のつまみを一人一品づつ持って来るように言う。 早速、を1本持って来た男、横丁の乾物屋で店主が新聞を読んでいるすきに、1本をかついで、1本を手に持ち、これいくらだと言うと100円という、男はかついでいるのを指してこれは公設市場で70円で売っていた、もう一度、市場で買ってこうと言って、そのまま1本持って来たのだ。 次に 数の子を持って来た男は、同じ乾物屋で数の子の上に風呂敷をかぶせ、小豆をくれと言うと、店主から隣の雑穀屋へ行け言われ、風呂敷をさぁーと取る時に一緒に数の子もついて来たなんという調子だ。 今度は大きな 鯛を持った男が帰って来た。 魚屋の荷から鯛をくわえて走って行く犬を追って、棒きれで叩いて犬が鯛を放したすきに拾って来たという。 かつおぶし2本を持って来た男は、かつぶし屋のぼんぼんに鬼ごっこをやると言って、ぼんぼんに店のかつぶしを持って来させ、角にして追いかけたらぼんぼんが「こわい、こわい」と逃げて行ってしまったので、そのまま持って来たという。 さて、材料が揃い手分けして料理に取り掛かる。 鯛のウロコを「バリボリバリボリバリボリ」と取っている男のそばに犬が寄って来た。 追っても逃げない。 男は世話人にどうしようと聞くと、「ば-ん、と くらわせろ」と言う。 男「どこをくらわせる」 世話人「どこでもいいからくらわせろ」 男は鯛の 尾を食わせたが、まだ逃げない。 こんなやりとりの末、頭も胴も犬に食わせてしまって、鯛の姿はなくなってしまった。 焦げ臭いにおいがすると思ったら、 数の子を炊いている男がいる。 塩で揉むんだというと、ねぎを塩で揉んでいると言う。 かつおぶしは釜でぐらぐらはよかったが、だしがらをざるに大盛りにして持って来た。 汁はどうしたと聞くと、もったいないから痔の悪いやつがケツを温め、その後で足を洗った。 残り湯にふんどしをつけてある。 しぼって持って来ようかなんて有様だ。 世話役は手が空いている男に 味噌を擂(す)らせようと、すり鉢を持って来させるが、 擂りこぎが分からない。 世話役 「先のなれた、丸い、ぶらんとしているやつだ。 あんたの真ん前にぶらさがっているやつだ」、勘違いした男、自分の股倉あたりを不思議そうに眺めている。 やっと擂りこぎを持った男に世話役が頭を濡らせと言うと、自分の頭を濡らし始めた。 わいわい騒いでいる、寄合酒の一席。

次の