スティーブ マックイーン 死因。 スティーブ・マックイーン ー 1960〜1970年代の銀幕を駆け抜けた不屈のアクション・ヒーロー ー 20世紀・シネマ・パラダイス

スティーブ・マックイーンのプロフィール!代表作は?孫や死因など!

スティーブ マックイーン 死因

学習障害と難聴を患っていた まずは簡単にマックイーンのプロフィールを見ていきましょう。 本名 テレンス・スティーブ・マックイーン(Terence Steven McQueen) 誕生 1930年3月24日 死没 1980年11月7日(50歳) 出身 アメリカ合衆国インディアナ州 死因 アスベスト吸引による中皮腫(諸説あり) 生後6ヶ月のときに両親は離婚し間もなく農場を営むおじの家に預けられますが、そこでは働かざるもの食うべからずという考えのもと、幼いマックイーンもできる限りで家の仕事を手伝いました。 3歳の誕生日に三輪車をプレゼントされ、後にレースに関わるきっかけになったと語っています。 マックイーンが8歳のときに母が再婚し、新しい養父のもとで暮らすようになりますが、学習障害と難聴のせいで周囲に溶け込めず、養父からも酷い扱いを受けるため素行が悪くなっていきます。 その後母の三度目の再婚相手とも衝突し、 ボーイズ・リパブリックに入所します。 そこで彼は人が変わったように成熟し、最終的に規範生にまでなります。 この施設の少年たちとの関わりは生涯続けられました。 1952年にはニューヨークで俳優として勉強を始めます。 ここからが「名優マックイーン」の始まりです。 彼の代表作を見てみると 1960年 「荒野の七人」 1963年 「大脱走」 1968年 「華麗なる賭け」「ブリット」 1972年 「ゲッタウェイ」 1973年 「パピヨン」 これ以外にも数多くの作品に出演されていますが、そのどれもが反骨精神のある「孤高のヒーロー」なんですよね。 自身もバイクレースに出るほどのバイク好きがこうじて、スタントをほとんど入れずに自身でアクションしてしまうというところにもワイルドさを感じます。 ご存命であればもっと数多くの作品に出演され、その名優ぶりは偉大な物となったかもしれませんが、今は彼のお孫さんがその後を引き継いでくれています。 その名も 「スティーブン・R・マックイーン」 超人気ドラマ「アンパイア・リターンズ」でジェレミー・ギルバートを演じていらっしゃいます。 眼差しは優しそうですが、醸し出すワイルドさはお祖父様譲りのイケメン俳優です。 スティーブンが誕生したときにはマックイーンはなくなっていたため面識はないそうですが、もし今も生きていらしたら共演を望まれたかもしれませんね。 スポンサードリンク 実は別人として亡くなるところだった 体調を崩し始めたマックイーンの体を蝕んでいたのは癌でした。 アメリカ国内の医師は誰も手術をしてくれないとわかると、メキシコのチワワ州に向かいます。 そこで 「サム・シェパード」と偽名を名乗り癌摘出手術を受けました。 しかし術後から12時間たった1980年11月7日午前3時45分に心停止により死亡が確認されたのです。 手術をした医師も看護師も、だれもサムがあの有名なマックイーンだとはわからなかったそうです。 遺言により、 死後は火葬されて遺灰は太平洋に撒かれました。 演技だけでなく、その人生そのものが反骨精神の塊でした。 だからこそ、彼は今でも色褪せることなくスターに君臨してい続けているのかもしれませんね。

次の

スティーブ・マックイーン

スティーブ マックイーン 死因

生前、SCREEN誌はマックイーンのプライベートにも密着した 今年もまた現役最長老クラスのクリント・イーストウッドの監督作が公開された。 私はそのたびに彼と並び称すべき同い年のスーパースターの存在を常に想い出すのである。 その名、スティーブ・マックイーン。 1980年11月7日、50歳の若さで肺ガンに斃れる。 世代別に各々憧れのスター男優が違うのは当然だろう。 今なら誰?本誌2019年の得票1位はトム・クルーズだったが...。 60代の我々世代なら〝御三家〞はポール・ニューマン、クリント・イーストウッド、そしてマックイーンだった。 他の2人は〝二枚目スター〞とも呼ばれたものだが、マックイーンはルックスを問われない。 悪く言えば〝猿顔〞である(失礼)。 私に人の顔のことをとやかく言う資格はないが、当時代の我々に親近感を与えたことは確かだ。 『筋金入りの不良少年』という異色の経歴にも憧憬の念を募らせた。 同世代で、10代から知己のある映画監督で、やはりマックイーン好きでは人後に落ちない大森一樹と飲んで、マックイーンに話題が及ぶと、昔から決まって『マック兄ィ』呼ばわりする。 『「大脱走」「ブリット」「パピヨン」... マック兄ィは最高やで』、『「シンシナティ・キッド」も忘れんといて』、『そやそや、「荒野の七人」もエエなあ』と、映画青年に立ち返ったかのよう。 イーストウッドもニューマンも好きだが、クリント兄ィ、ポール兄ィでは語感がいまイチ。 やっぱ〝兄ィ〞は、〝マック兄ィ〞に限る。 なっ、カントク! クールな刑事役に扮した「ブリット」 だが、個人的には「シンシナティ・キッド」の皮ジャン姿にトドメを刺すね。 冒頭まもなく、ポーカー勝負で負かした相手に逆恨みされ、洗面所で襲われるが、瞬時に反撃し、窓ガラスを叩き割り、脱兎のごとく走り去る。 さらに操車場の欄干を軽業師のように渡り、貨車の下を俊敏にくぐり、見事脱出! 何食わぬ顔で、賭け仲間の集まるバクチ場に現れる... 超絶にカッコいい雄姿に夢中になり、彼が着ていたやや薄手で黒い皮ジャンも猛然と欲しくなった。 アウトローの魅力にあふれていた「シンシナティ・キッド」 実はこの映画、わが生涯の洋画ベスト3。 多くの野心的な若者と同じく、もっと血が逆流するようなデカい勝負(コト)がしたい、という強い思い、その栄光と挫折を描いて最高峰だと今でも思う。 なにしろ、競馬や麻雀をやる前、このサントラを聴いて(昭和っぽいね)、自分を鼓舞して出陣することもしばしばだ。 血が逆流するほど、と言えば「パピヨン」も同じ。 脱出不可能とされる監獄島の断崖に立つ〝パピヨン〞。 ヤシの実を組んだイカダと共に身を投じる。 大海原に浮かぶイカダの上で『俺はまだ生きてるぞ!』と天に向かって叫ぶ。 その名シーンに目頭が熱くなったものだ。 脱獄に命を賭ける囚人に扮した「パピヨン」 マックイーン映画はいつもそうだ。 孤独に耐え続け、闘志を燃やし続け、ひとたび決断すれば大胆不敵なアウトローこそが彼が演じ続けた主人公の典型像だった。 そんな彼の〝人生わずか年〞を振り返りつつ、『マックイーン伝説』について、私世代が知っている2、3の事柄を本誌読者に伝えたい。 冒頭にもあった『筋金入りの不良少年』説は誇張ではない。 大酒飲みでDV癖の父親。 母の再婚相手も彼に暴力をふるった。 それに反抗し、歳で家出し、不良の道にズブズブ。 悪事を働き、逮捕され、問題児矯正寄宿学校に入れられたが、結果的オーライ。 院長が人格者で、薫陶を受けた彼は改心し、放浪の旅に出る。 この時わずか15歳。 何か、凄いだろ。 彼は当時を振り返って語っている。 『今では私を貧しい逆境に生ませた運命に感謝している。 もし、銀の匙を銜えた環境に生まれたら、人生のファイターにはなっていなかった』と。

次の

生誕90年SP!スティーブ・マックイーン50年の人生を振り返る (1/3)

スティーブ マックイーン 死因

「キング・オブ・クール "The King of Cool"」と呼ばれ、「」としてのキャラクターは ()にも共通するものがあり、1960年代から70年代にかけてトップ俳優としての地位を確立した。 に頼らない本格的アクション俳優として一時代を築き、世界中の映画ファンを熱狂させた。 マックイーンは『』でにノミネートされている。 その他の代表作としては『』、『』、『』、『』、『』 、『』、『』、『』などがある。 1974年には世界で最も高給取りの映画スターとなったが、その後4年間映画に出演することは無かった。 マックイーンは監督やプロデューサーと対立しがちであったが、その高い人気故にトップスターの位置に留まり続けた。 女優の ()、、 ()(と3度の結婚をした。 長男のと、チャドの息子も俳優。 生い立ち [ ] マックイーンは1930年3月24日にので生まれる。 父親のウィリアム・テレンス・マックイーンはのスタントパイロットであり、母親のジュリア・アン(旧姓クロフォード)はであった :7-8。 2人はマックイーンが生後6か月の時に離婚した。 ジュリアは幼子の面倒を見ることができず、1933年にの両親(ヴィクターとリリアン)の元にマックイーンを預けた。 間もなくが始まり、マックイーンと祖父母はリリアンの兄、クロードがスレーターで営む農場に移り住んだ。 マックイーンはとして育てられた。 マックイーンはクロードの農場に住んでいた時代について、後に以下のように述べている。 「彼は非常に良い男で、非常に強く、非常に公平だった。 私は彼から多くのことを学んだ。 」クロードはマックイーンが4歳の誕生日に赤いを与え、マックイーンは後にこれがレースに関心を抱くきっかけとなったと語っている。 8歳の時に彼は母親によってに連れて行かれ、母の新しい夫と共に暮らした。 マックイーンは農場を去るときの特別な思い出を語っている。 「クロードおじさんの農場を離れる日、彼は私に個人的な餞別 - 銘がケースの内側にある金の懐中時計 - をプレゼントしてくれた。 」その銘は「私の息子だったスティーブへ」とあった。 と幼い頃の耳の感染症により部分的な難聴があったため 、スティーブは新しい生活になじむことができなかった。 継父は彼を叩き、彼は9歳で家を出て悪さをするようになった。 すぐにストリートギャングに仲間入りし、を繰り返した。 母親は彼の振る舞いをコントロールできず、彼をスレーターに送り返した。 マックイーンが12歳の時、ジュリアはクロードに対して、の新居で彼女と共に暮らすため息子を引き取りたいと手紙を書いた。 ジュリアは2番目の夫と離婚し、3度目の再婚をしていた。 マックイーンによると、新しい継父と彼は「すぐに衝突した」。 継父をマックイーンは「血気早い野郎」と呼んだ。 彼はマックイーンと母に拳を振り上げるのをいとわなかった。 マックイーンが再び反抗し始めたので、彼は再びクロードの元に送り返された。 マックイーンは14歳で別れの言葉も告げずにクロードの農場を離れ、短期間サーカスに加わり 、そしてロサンゼルスの母と継父の元に戻り、ギャングのメンバーとして微罪を繰り返す日々を再開した。 彼は ()を盗んでいるところを警察に捕まり、継父の元に帰された。 継父は彼をひどく殴り、階段から下に投げ落とした。 マックイーンは継父を見上げて「あんたはまた俺に臭い手をつき出した。 俺はあんたを殺すと誓う。 」と言った。 事件の後、継父は母親を説得し、マックイーンを矯正するためにのに入所させるという裁判所命令に署名させた。 ここでマックイーンは人が変わり、成熟し始めた。 彼は当初他の少年達に人気が無かった。 「そうだな、少年達には月に一度、映画を見に行くために町へのバスに乗れる機会があったとしよう。 だが、ある一人がバンガローで仕事を怠けたために、彼らはその機会を失った。 さて、彼らはそれについて不満を持ったと考えられるね。 私は何度かそれをやってしまった。 私は報いを受けたんだ、間違いなく。 他の奴らは、自分の幸せを妨げる奴に借りを返したんだ。 」最終的にマックイーンはボーイズ・カウンシル(少年達の生活上の規約を決定するグループ)に選出され、規範生となった。 結局、彼は16歳でボーイズ・リパブリックを出所した。 彼は有名になってからも、少年達と話すために定期的に施設を訪れ、その関係は生涯保たれた。 マックイーンはチノヒルズを出発し、のに移り住んでいた母親の元に戻った。 その後彼は商船に乗り組む二人の水夫に出会い、行きの船で働くと申し出た。 彼はその新しい仕事を一度は断念したが、結局はのタオルボーイに採用された。 その後マックイーンはに向かうこととし、転々と職を変えた。 彼は、カーニバルでの小間物売り、などの職を経験した。 海兵隊時代 [ ] 、マックイーンはに入隊、に昇進し、戦闘部隊に配属された。 当初彼はその反抗的な態度を顕わにし、二等兵に7回降格した。 彼は週末の休暇が終了した後、無断で隊に戻らずガールフレンドの家に二週間留まり、によって捕えられた。 彼は逮捕の際に抵抗し41日間入りした。 この一件の後、彼は自己改善にエネルギーを集中させると決心し、海兵隊の規律を受け入れた。 彼は北極海での演習中に他の海兵隊員5名の命を救った。 タンクの中にいた5名を流氷がタンクを突き破る前に助け出した。 彼は儀仗兵に任命され、のヨットの警備に配属された。 マックイーンはまで海兵隊で勤務し、その後した。 彼は後に海兵隊時代は楽しかったと語っている。 俳優として [ ] 1950年代 [ ] 「セントルイス銀行強盗」でのマックイーン 1952年、による援助金を得てマックイーンはニューヨークでので演劇の勉強を始めた。 うわさによれば、後に「King of Cool」と渾名されるマックイーンの初めての台詞は、1952年にのスター女優であったがプロデュースした劇中でのダイアログであった。 マックイーンの演じたキャラクターが発した短い台詞は「 Alts iz farloyrn " All is lost. " 」であった。 この間に彼はに演技を学び、そのクラスでと出会っている。 彼は週末にロングアイランド・シティ・レースウェイで行われるレースに参加して賞金を稼ぎ、所有した多数のバイクの最初となるを購入した。 その後の『』(1953-54シーズン)に音楽の審査員として出演した。 マックイーンは『 Peg o' My Heart』、『 ()』、『 Two Fingers of Pride』等の劇に端役として出演した。 のデビューはの『』で、が主役であった。 1955年後半に25歳のマックイーンはニューヨークを離れ、カリフォルニアに向かった。 地区のベスタ通りに住み、ハリウッドでの演劇の仕事を探した。 『 ()』のエピソード、「 The Defenders」に出演すると、ハリウッドのマネージャーである(マックイーンの最初の妻、ネリーをマネージメントしていた)の目にとまる。 エルキンスはが若い俳優を評価するのに適した場所だと決めた。 マックイーンはの『』(主演)に最初の端役を得た。 続いて『』、『』(初の主演)、『』に出演した。 マックイーンの最初のブレイクはテレビ映画であった。 主演のの西部劇『』に出演した。 マックイーンのマネージャーとなったエルキンスはプロデューサーのへの売り込みに成功し、『』に賞金稼ぎのジョシュ・ランダル役で出演することとなった。 『トラックダウン』の主役は古くからのニューヨークでのレース仲間であったであった。 その後マックイーン主演のが撮影され、それは『』のタイトルで9月にで放送された。 1960年代 [ ] 『拳銃無宿』でのマックイーン、と、1959年。 『拳銃無宿』のDVDのインタビューで『トラックダウン』主演のロバート・カルプは、ハリウッドにマックイーンを連れてきて、ランダルの役がもらえるようにしたのは自分だと主張している。 彼は、マックイーンに「早撃ちの芸術」を教えたのだと言うのである。 そして撮影の2日目には、マックイーンが彼をたたきのめしたのだと付け加えている。 マックイーンはこのシリーズに出演することでよく知られるようになった。 ランダルの特別なホルスターは、典型的な西部劇のキャラクターがを収めたのに対して、ソード・オフ(銃身切断)の( ()と渾名される)を収めることができた。 しかしながら、ガンベルトのカートリッジは「より手強く見える」ということで、ダミーの. 45-70が選ばれた。 賞金稼ぎの一般に否定的なイメージと結びついて、ミステリーと無関心で満たされるアンチヒーローのイメージを増し、この番組を典型的なTV西部劇から卓越させた。 1958年から1961年前半まで続いた94のエピソードでマックイーンはロサンゼルス、ののなじみとなった。 『拳銃無宿』の屋外アクションの大半は同所で撮影された。 29歳のときにマックイーンは、重要な俳優の仕事を得た。 がラジオでについて否定的な発言をした後、『』からシナトラがデイヴィスを降板させ、その役がマックイーンに回ってきた。 シナトラはマックイーンに特別な何かを感じた。 マックイーンが演じたビル・リンガーは、を高速で運転したり、飛び出したり、を扱ったりした。 『戦雲』の後、監督のはマックイーンに次の映画の役を与え、「彼にカメラを与える」と約束した。 『』(1960年)でマックイーンはヴィン・タナーを演じ、、、、らと共演した。 同作はマックイーンの初のメジャーヒット作となり、『拳銃無宿』からの撤退に繋がった。 無口なマックイーンの集中的な描写は、彼の経歴を描き出した。 彼は射撃の際にタッチを付け加えた。 それはショットガンを振って弾丸をロードする際、ショットのバックグランドの間に銃を繰り返しチェックすること、帽子の縁を拭くことなど。 その仕草は共演者のブリンナーを悩ませた。 彼はマックイーンが場面を盗もうとしていると主張した。 本作の悪役カルヴェラを演じたは自叙伝 で、ブリンナーとマックイーンのキャラクターが初めて出会う葬列シーンの撮影を見ている間、自分の楽しみを隠すのに苦労したと伝えている。 ブリンナーはマックイーンがショットガンを大きく振るアクションに激怒した。 それは観客の注意をマックイーンに効果的に回した。 ブリンナーはマックイーンと同じ場面の中で銃を抜くことを拒否した。 そして、彼のキャラクターが銃を速く抜くのを望まなかった。 マックイーンはスタージェスの次の大作、『』(1963年)にメインキャストとして出演することとなった。 同作は中にの捕虜収容所で発生した脱走事件を元にした実話であった。 マックイーンが演じるバージル・ヒルツはオートバイで鉄条網をジャンプするが、保険会社が契約に難色を示したためマックイーンは実際にジャンプできず、代役として友人でバイク仲間のが行った。 エキンズは遠目ではマックイーンによく似ていた。 後にが『』の放送でマックイーンのジャンプを祝福しようとすると、マックイーンは「あれは僕じゃない。 あれはバド・エキンズだ。 」と言った。 本作は興行的に大成功し、マックイーンのスーパースターとしての身分を確実にした。 1963年、マックイーンは『』にと出演した。 その後『』を演じたが、これはの小説『』からのキャラクターで、小説のは2年前に製作され、がネバダ・スミスを演じている。 『ネバダ・スミス』では、と共演し、同作は興行的に大成功した。 マックイーンは1965年の『』 でポーカープレイヤーを演じた後、1966年の『』で機関兵を演じ、自身唯一のにノミネートされた。 同作では、(以前『大脱走』で共演した。 )と共演している。 、、らと共演した1968年の『』は、彼の最も有名な映画の1本であり、オスカー賞候補にノミネートされた。 同作では先例がなく、その後果てしなく模倣されることとなるでのカーチェイスが特徴であった。 マックイーンは運転シーンがクローズアップされたが、実際に運転したのはカーチェイスシーンのおよそ1割で、残りの部分はスタントドライバーのバド・エキンズとが運転した。 追われる黒のはベテランスタントドライバーのが運転した。 マックイーン、その代役とヒックマンはシーンが撮影される前に高速で接近して運転する練習をして数日を過ごした。 『ブリット』は製作予算がオーバーしたため、は彼の残りの映画(合計7本)に関して、契約を取り消した。 『ブリット』が興行上大ヒットとなり、ワーナー・ブラザースはマックイーンを取り戻そうとした。 しかし、彼はそれを拒絶した。 そして次回作は独立スタジオが製作し、が配給を行うこととなった。 この映画のために、マックイーンはイメージの変更を選んだ。 1968年の『』では華やかな富豪役を演じ、共演はであった。 翌年彼は原作の南部の時代劇、『』に出演した。 1970年代 [ ] 1971年、マックイーンは十分に認められなかったカーレース映画『』に出演、翌72年には老乗りを描いた『』に出演した。 その後再び監督の『』 1972年)に出演、同作で後の妻となると共演した。 1973年には『』での囚人を演じた。 同作ではが悲劇的なを演じた。 1973年、がアルバム『』に収録した「」でマックイーンについて言及した。 伝えられるところでは、マックイーンはこれを楽しみ、個人的に許可を与えた。 『ゲッタウェイ』公開時までマックイーンは世界で最も高給取りの俳優であった。 しかし、1974年の『』で長年のライバルであったや、かつて共演したダナウェイと共に出演して世界的な大ヒットを記録した後、マックイーンは公衆の前から姿を消し、オートバイレースに集中したり、とヴィンテージのと共に国中を旅行した。 彼は1978年の『』まで復帰しなかった。 のを映画化した本作では、ヒゲを蓄え眼鏡を掛けた19世紀の医師を演じたが、全国での公開は見送られ、自主上映会などで公開された。 彼の最後の2つの映画は、実話に基づいていた。 『』は、元陸軍の斥候兵がプロのガンマンとして大牧場に雇われ牛泥棒を追い詰め、後に羊飼いの少年を射殺した容疑を掛けられるという西部劇で、『』は現代のについてのアクション映画で、両方とも1980年に公開された。 逃した役柄 [ ] マックイーンは『 ()』の主演男優を依頼されたが、『拳銃無宿』の契約のため受けることができなかった(代わりにが起用された)。 また『』 、『』(彼の弁護士とエージェントはポール・ニューマンの弁護士とエージェントと出演料に関して合意することができなかった) 、『』 、『』 :172『』 、『』、『』、『』(彼は他の刑事映画に出演したくなかった) 、『』などの出演も依頼されていた。 『』のDVDに収録された監督とのインタビューによると、フランケンハイマーは当初アメリカ人F1ドライバーのピート・アーロン役にマックイーンを考えていた。 フランケンハイマーはマックイーンに会って出演交渉をすることができず、代わりにプロデューサーでビジネスパートナーのエドワード・ルイスをマックイーンの元に送った。 マックイーンとルイスはたちまち衝突し、会談はご破算となり、ガーナーがアーロン役に起用された。 監督は『』のロイ・ニアリー役に当初マックイーンを考えていた。 『未知との遭遇』のDVDでスピルバーグは、バーでマックイーンに会い、そこでマックイーンはビールを次から次へと飲んで酔っ払っていたという。 別れる前にマックイーンは、スピルバーグに対して役を受けることはできない、なぜならキューに合わせて泣くことができないからだと話した。 スピルバーグはニアリーが泣くシーンをストーリーからカットすると申し出た。 しかしマックイーンは異議を唱え、それは脚本の中で最高の場面だと語った。 ニアリー役は結局が演じることとなった。 監督はマックイーンを『』(1977)の主役に起用することを望んだ。 『恐怖の報酬』はで主に撮影されることになっていたが、マックイーンは撮影期間中にアリ・マッグローと離れたくなかった。 マックイーンはマッグローをプロデューサー役で出演させるようフリードキンに頼み、彼女は主要部分の撮影時にその場に居合わせることが考えられた。 フリードキンはこの状態に同意せず、マックイーンの代わりにを起用した。 フリードキンは後に、マックイーンを起用しなかったことが映画のパフォーマンスと興行収入を損なったと述べている。 スパイ小説家のは、スティーブ・マックイーンがの小説『 ()』の映画化において主役として考えられていることを明らかにした。 マックイーンは、南アフリカでダイヤモンド密輸組織に潜入捜査を行う秘密エージェントのジョン・ブレーズを演じる。 脚本は1964年の時点で存在したが、プロジェクトは複雑化し結局棚上げされた。 マックイーンとは『』に暫定的に配役された。 しかし両者はエゴが衝突しうまくやっていくことができなかった。 両者は降板することとなり、代わりにとが起用された。 マックイーンはの1972年の小説『』の映画化が発表されると、「」のキャラクターに対する関心を表した。 しかしプロデューサーはマックイーンの年齢を理由にそれを拒絶した。 1976年には『』(と)への出演を打診された。 しかし、映画はマックイーンの死後まで制作されなかった。 『 ()』の計画は1974年初頭に始まり、マックイーンの主演が考えられていたが、製作開始は1980年となり、その頃にはマックイーンは病床にあったため、が主演となった。 マックイーンは『』の主演もオファーされていたが、脚本は平凡であると感じられた。 『タワーリング・インフェルノ』出演後にと契約し、1980年に続編への出演を打診されたが、既に病床にあった。 映画化は廃棄され、アレンはポール・ニューマン主演で『』を製作したが、興行的に大失敗した。 マックイーンは『タワーリング・インフェルノ2』を辞退した直後に死去した [ ]。 スタント、レース、飛行機 [ ] マックイーンの愛馬「ドク」と愛車(1960年) マックイーンは熱心なと狂であった。 映画の中で車を運転する機会があれば、彼は自身のスタントを行い、その中には『ブリット』におけるカーチェイスや、『大脱走』のオートバイチェイスが含まれた。 『大脱走』の鉄条網を飛び越えるシーンでは保険の関係もあってバド・エキンズが代役を務めたが、マックイーンは650ccのをかなりのシーンで運転している。 スタントライダーとマックイーンの技量の差を見つけることは難しいが 、編集されている部分で、マックイーンがドイツ兵の制服を着ている部分では別のオートバイを運転している。 『ブリット』の運転シーンのおよそ半分はローレン・ジェーンズが担当した。 マックイーンとジョン・スタージェスはF1レースについての映画『 Day of the Champion, 』を製作する予定であった。 しかしマックイーンは『砲艦サンパブロ』の撮影が遅れ、多忙であった。 彼らはのとの契約があり、ジョン・フランケンハイマーがそこで『グラン・プリ』の撮影を行った後、リールはスタージェスに引き渡された。 フランケンハイマーは予定でリードしており、マックイーンとスタージェスのプロジェクトは取り消された。 マックイーンはプロのレースカー・ドライバーになることを考えた。 にはの第7戦、にので参加、3位でフィニッシュしている。 マックイーンはとをドライブしたがったが、映画の後援者はその場合サポートから手を引くと主張した。 ル・マンで24時間ドライブするか、映画を製作するために夏の間ドライブするかを選択しなければならなくなり、マックイーンは後者を選択した。 マックイーンはオフロードのオートバイレースにも参加し、しばしばを走らせた。 彼はまた、1970年のロンドン-メキシコラリーにチームのコドライバーとしてで参加する予定であったが、映画の契約のためそれを断念しなければならなかった。 彼の最初のオフロードバイクは、エキンズから購入したの500ccであった。 マックイーンは西海岸で行われたオフロードレースの多くに参加し、その中には、、などが含まれた。 1964年、マックイーンとエキンズはので開催される () のシルバーベース・カテゴリーに参加する初の公式アメリカチームの4名のライダー(プラス1名がリザーブ)に加わった。 「A」チームは8月末にイングランドに到着し、使用するとのバイクをのファクトリーから集め、オフロード用に改造した。 チームはイギリスの臨時マネージャーと共にドイツに到着すると、「B」チームはヨーロッパ在住アメリカ人が個人的に加わり、ヨーロッパ製のマシンで参加していたことを知って驚いた。 マックイーンのISDTの競技番号は278で、それはトライアルのスターと順に基づいていた。 両チーム共にクラッシュを繰り返した。 マックイーンは事故のダメージを回復できずリタイアし 、エキンズは脚を骨折し撤退した。 両者とも3日目(水曜日)のことであった。 「B」チームの1名のみが6日間のイベントを完走した。 イギリスの月刊誌「 Motorcycle Sport」は「トライアンフのツインに乗る... [チームは]、賞賛に値するスタイルとまではいかないが、何度も落車し、6日間の競技で多くの人々が誰が勝利するか(彼らはそれが彼ら自身で無いことを知っていた)を心配していたかを抜きにして、どこでも素晴らしいダッシュを見せたのは明らかだった。 」とコメントした。 マックイーンは1978年に入りした。 1971年、マックイーンのソーラー・プロダクションはクラシックバイクのドキュメンタリー『』に資金を提供した。 同作にはマックイーンが出演し、共演は ()と ()であった。 同年、マックイーンがのダートバイクに跨がった写真が「」誌の表紙を飾った。 マックイーンはモータースポーツ用のを設計し、そのは1971年出願された :93。 『』用に、マックイーンはデューンバギーに乗って高速で砂漠のまわりをドライブした。 その後、は「それは『相当な』ドライブだった」と語った。 マックイーンは、何台かのクラシック・オートバイと、エキゾチックなスポーツカーを所有した。 その一部は以下を含む:• , , (『栄光のル・マン』で使用された物)• 1963年型 ルッソ・ベルリネッタ• ジャガー・Dタイプ (右ハンドル)• スピードスター• 1962年型 コブラ ほか 何度か試みたにもかかわらず、マックイーンは自身が『ブリット』で運転したGT390を購入することができなかった。 それは駆動系がマックイーンのドライビングスタイルに合わせて改造された物であった。 映画で使用されたマスタング2台のうち1台はひどく破損し、修理は不可能と判断されスクラップにされた。 マックイーンはまた飛行機も操縦し、何機かを所有した。 1931年型のほか、1930年代、40年代のクラシックな飛行機が何機か含まれた。 それらはハリウッド北西にあるに駐機されていた。 私生活 [ ] 1972年にアラスカで撮影された""。 マックイーンは、飲酒運転で逮捕された際、その写真撮影でピースサインを行い、公権力を挑発した。 ニューヨークでステラ・アドラーの学校に通う間、マックイーンはと交際していた。 1956年11月2日に彼は女優のと結婚した。 アダムスとの間には娘のテリー・レスリー(1959年6月5日 - 1998年3月19日 )、息子の(1960年12月28日生)がいた。 マックイーンとアダムスは1972年に離婚した。 自叙伝「 My Husband, My Friend」でアダムスは結婚生活が破綻をきたしていた間の1971年に彼女は流産したと述べている。 1973年8月31日、マックイーンは女優の(『ゲッタウェイ』で共演)と結婚した。 しかし、この結婚生活は1978年の離婚で終わった。 マッグローはマックイーンとの間にできた子供を流産している。 1980年1月16日、その死の1年足らず前にマックイーンはモデルのと結婚した。 マックイーンの4人の孫のうちの1人は、俳優の(『』のジェレミー・ギルバート役で最も有名)である。 1971年から1972年、アダムスと離婚しマッグローに出会う前の間に、マックイーンは『ジュニア・ボナー』で共演したと関係を持っていた。 彼女は妊娠し、中絶している。 女優でモデルのは、1960年代初期にマックイーンと関係を持ったと語っている。 はマックイーンと関係を持ち、彼とをためしたと主張した。 マックイーンは毎日2時間の運動が日課であった。 それはと5マイルのランニングが含まれた。 マックイーンはを9段でのから学んでいた。 マックイーンは各種の薬物を使用していたことで知られていた。 は彼がほぼ毎日を吸っていたと語っている。 伝記作者のマーク・エリオットは、彼が1970年代初期に相当量のを使っていたと主張している。 そして、彼はヘビースモーカーでもあった。 マックイーンはしばしば過度に飲酒し、1972年にはので飲酒運転のため逮捕されている。 の信者が1969年8月9日にの自宅でテートとを含む5名を殺害した。 テートとセブリングはマックイーンの友人であり、マックイーンも犯人の潜在的標的であったと報じられた。 最初の妻によると、マックイーンはいつでも人前で拳銃を携帯し始めるようになり、セブリングの葬儀でも携帯していた。 殺人の2か月後、警察は殺人の対象者リストを発見し、その中にはマックイーンの名があった。 その結果、マックイーンの会社はマンソンの脚本を拒絶した。 2011年にセブリングが事件当日にテートの家で行われたパーティーにマックイーンを招待していたことが明らかにされた。 マックイーンによると、彼はパーティーに参加しようとしてガールフレンドを誘った。 しかし、彼女はパーティーの代わりに自宅で親密に過ごすことを提案した。 それによって彼は命を救われることになった。 ちなみにこのパーティには、の重役ロバート・エヴァンズも誘われていた。 マックイーンは映画の出演に同意した際、スタジオに大量の無料アイテム(例えば、やその他のアイテム)を要求するという変わった評判を持っていた。 マックイーンはこれらのアイテムを、自身が10代に過ごしたボーイズ・リパブリックの矯正施設に寄付していたことが後に明らかになった。 マックイーンはしばしば施設を訪れ、生徒達と時を過ごし、をしたり自身の経験を話したりしていた。 マックイーンと『大脱走』で共演したはお互いにレースに対して関心を持っていたことから親友となった。 ガーナーはマックイーン宅の下手に住んでおり、マックイーンは回想している。 「私はジムが自宅できちんとしているところを見ることができた。 花は手入れされ、庭には紙くずも無く…芝はいつも刈られていた。 それで、私は彼をいらつかせるため、彼の通り道にビールの空き缶を投げ捨て始めた。 彼は家を出ると、道をきちんときれいにしなければならず、全ての空き缶を持って家に帰った。 犯人が私だと分かるまで、彼は長い時間がかかった。 」 マックイーンの3番目の妻、バーバラ・ミンティは自著「 Steve McQueen: The Last Mile」で、マックイーンが晩年にに改宗したことについて述べている。 彼が改宗したのは飛行インストラクターのサミー・メイソン、その息子ピートと、バーバラの影響を受けたためであった。 マックイーンは地元のヴェンチュラ宣教師教会に出席し、彼の死の直前にはのが訪ねてきた。 病気と死 [ ] マックイーンは1978年に持続性の咳に悩まされるようになった。 彼は禁煙し、抗生物質による治療を受けたが改善できなかった。 息切れはより顕著に増加し、『ハンター』撮影後の1979年12月22日に精密検査で (既知の治療法がない露出と関連した癌)が発見された。 数ヶ月後、マックイーンは医学インタビューで、彼の状態はアスベスト暴露が原因だとした。 マックイーンはアスベストが映画スタジオの防音材に使われたり、レーシングドライバーのスーツやヘルメットに含まれていると信じていた。 しかし彼は、海兵隊で兵員輸送船のパイプからアスベストを除去する際に大量に曝露されたことが病気の直接的な結果であったのでは無いかと考えた。 1980年2月までには広範囲にわたるが発見された。 彼は病状を秘密にしようとしたが、「」誌は1980年3月11日にマックイーンが「末期癌」に罹っていることを明らかにした。 7月にマックイーンは、アメリカの医師達が彼を延命させる方法は何も無いと話した後、非標準的な治療法を受けるためにのに向かった。 マックイーンはの治療を求めたため、メキシコへの旅行は論争となった。 ケリーは、シャンプーによる頻繁な洗浄、牛や羊の生きた細胞を含んだ液体の毎日の注入、、を用いたのバリエーションを進めており、主流の医師からは典型的なだと非難されていた。 マックイーンは3ヶ月間のメキシコ滞在で、ケリーに対して1ヶ月に少なくとも40,000ドル(現在の122,000ドル)の現金を支払った。 ケリーが持っていた唯一の医療ライセンスは(1976年に取り消されるまで)のみであった。 マックイーンが患者であったことが明らかとなり、ケリーの治療法は従来の新聞やタブロイド紙においてセンセーションを引き起こした。 マックイーンは10月上旬に帰国した。 癌の転移にもかかわらず、ケリーはマックイーンが完全に治癒し通常生活に戻ると公的に発表した。 マックイーンの病状はすぐに悪化し、「巨大な」腫瘍が腹部に生じていた。 1980年10月下旬、マックイーンはメキシコのに向かった。 肝臓に腫瘍(およそ5ポンドの重さ)が発見され、アメリカの医師からは心臓が手術に耐えられないと警告を受けたにも関わらず、摘出手術を受けるためであった :212-213。 マックイーンは「サム・シェパード」の偽名でフアレスの小さなクリニックに入院した。 クリニックの医者とスタッフは彼の正体を知らなかった。 フアレスのクリニックで腹部と首の多数の転移性腫瘍を除去する手術を受けた12時間後、マックイーンは1980年11月7日午前3時45分にのため死去したという :212-213。 50歳であった。 「」によると、彼は睡眠中に死去した。 ヴェンチュラ宣教師教会のレナード・デウィットはマックイーンの追悼式を統轄した。 マックイーンは火葬に付され、遺灰は太平洋に散骨された。 生涯における来日回数は2回。 初来日は1966年『砲艦サンパブロ』のプレミア時。 当時の妻のニールも帯同している。 ただし次の会場がであったため、日本での滞在時間はわずか20時間であった。 2回目は1978年の肖像権訴訟時(後述)である。 レガシー [ ] 国際運転免許証の写真 マックイーンの人気は不変である。 他の死去した有名人のように商業的に飽和することを避けるため、彼のイメージを使用するライセンスは制限されている。 2007年の時点で、マックイーンの財産は死去した有名人が稼ぎ出す財産のトップ10に入っていた。 2007年4月、マックイーンはの式典で、入りした。 1999年11月、マックイーンは入りした。 彼は『栄光のライダー』の製作資金を調達し、一連のオフロードライダーを支援し、オートバイに対する一般のイメージ強化に貢献しているとされた。 未完成のストーリーボードとノートを元にし、マックイーンが死の前に撮影したフィルムが、の製作会社であるによって生産される予定であった。 『ユカタン』は「壮大な冒険の強盗」映画と言われ、2013年のリリース予定であったが、2016年2月現在発売されていない。 と妻のの製作会社、チーム・ダウニーは『ユカタン』を映画として公開することに対する関心を表した。 の公立図書館はマックイーンの80回目の記念日を祝うために2010年3月16日に正式にスティーブ・マックイーン生誕地コレクションを公開した。 2005年、『』誌は「史上最もセクシーなスター50名」のリストでマックイーンを26位にランクした。 2012年、マックイーンはアスベスト病認識機構(Asbestos Disease Awareness Organization, ADAO)から・トリビュート・アウォードを受賞した。 2015年のドキュメンタリー『 ()』は、1971年の『栄光のル・マン』でのマックイーンと、その製作についての探求を明らかにしている。 同作では息子のチャド・マックイーンと元妻のニール・アダムスがインタビューに答えている。 アーカイブ [ ] アカデミー・フィルムアーカイブはスティーブ・マックイーン-ニール・アダムスコレクションを収納している。 同コレクションには個人のプリントやホームムービーが収められている。 肖像権訴訟 [ ] 1971年の『栄光のル・マン』の日本での宣伝に際して、企業となった松下電器産業(現・)とが映画のやを製品(松下は、ヤクルトは飲料)の広告と組み合わせた宣伝を自分の承諾なしにおこなったとして、この両社および配給会社の、広告制作者のを相手取り、侵害の損害賠償として100万ドル(公開当時のレートで3億6千万円)を求めるを、1973年に日本のに提訴した。 マックイーンが裁判を起こしたのは単に肖像を結果として無断使用されたからというだけの理由ではなかった。 彼が1978年に日本の裁判所に出廷して証言したところによると、乳酸製品(証言では「」と表現)は自分が好まないもので、本来なら絶対に引き受けることがない仕事であること、日本の家電メイカーのラジオについては、自分は商品の説明を受けておらず、それに対する責任を引き受けることができないからだと述べている。 この裁判は1980年11月10日に判決が下された。 判決ではタイアップ広告の手法は広く映画の宣伝において一般に認められているもので、マックイーンの代理店と東和の間の契約条項の範囲内であるとした。 このため、東和側が承諾の必要性を検討する注意義務はなく、過失を問うことはできないと認定し、マックイーン側敗訴の判決を下した。 メモラビリア [ ] マックイーンが1968年の『華麗なる賭け』で着用した青い(714)は2006年にロサンゼルスのボーナムズ・アンド・バターフィールズオークションで70,200ドルで落札された。 同オークションでは彼のオートバイコレクションの1台、1937年型クロッカーが世界記録となる276,500ドルで落札されている。 2007年8月16日にはマックイーンが所有していたメタリックブラウンの1963年型フェラーリ・250GTベルリネッタ・ルッソが231万ドルで落札された。 2006年に売却された3台のオートバイを除いて 、マックイーンのオートバイコレクション130台は彼の死から4年後に売却された。 『栄光のル・マン』のオープニングシークエンスに登場した1970年型ポルシェ・911Sは、2011年8月にオークションで135万5000ドルで売却された。 ・エクスプローラーII(1655)(時計コレクターの間でロレックス・スティーブ・マックイーンとして知られる)、(5512)(マックイーンがプライベートで着用している場面がしばしば撮影された)は、2009年6月11日にオークションで234,000ドルで落札された。 これは世界記録であった。 マックイーンは左利きであったため、腕時計は右手首に付けていた。 マックイーンはのアンバサダーを務めた。 1970年の『栄光のル・マン』で彼は青のを着用した。 それは腕時計コレクターの間でカルトなステータスを持つに至った。 彼が着用したタグ・ホイヤーは2009年6月11日のオークションにおいて87,600ドルで落札された。 タグ・ホイヤーは現在もモナコのプロモーションにマックイーンのイメージを使用している。 2009年からはマックイーンの財産管理団体からの認可を受けて、マックイーンをフィーチャーしたトライアンフ・ブランドの一連の衣類を販売した。 それは特に彼が参加した1964年のに関するものであった。 イギリスのネオアコ・グループ、は1985年6月にセカンドアルバム『』をリリースした。 アメリカ合衆国ではマックイーンの財産管理団体との法的争いのため、『 Two Wheels Good』に変更された。 逸話 [ ] 映画チラシと写真集 [ ] マックイーンの出演した作品の映画チラシはとても人気が高く、高額な値段がつく物もあり、コレクターの間では死後も人気を誇っている。 具体的な例として『傷だらけの栄光』、『マックイーンの絶対の危機』、『戦雲』、『荒野の七人』、『ガールハント』、『戦う翼』、『大脱走』、『マンハッタン物語』、『ハイウエイ』、『シンシナティ・キッド』などの初版チラシが挙げられる。 写真集に『スティーヴ・マックィーン』(1975年)、『マックィーン ザ ヒーロー(ともに 1981年)、『スティーヴ・マックィーンスタイル』( 2004年)がある。 また、彼が所有していた膨大な数のスポーツカーやオートバイの写真集『マックイーンズ マシン』(2008年)も出版されている。 は演技の手本としている俳優の一人にクーパーの名前を挙げている。 交友 [ ] 隣人にはのドラマー、がいた。 ロック史上に残る「変人」を隣人に持ったマックイーンは、大いに悩んだという。 『砲艦サンパブロ』でのロケ中、のとの仲人をすすんで取り持つなど、人情家の一面もあった。 近年、女性歌手のが『Steve Mcqueen』という作品を発表している。 ホンダF1の初代ドライバーとは親友だったほか、とはでの師弟関係そして親友でもあり、リーの下積み時代を支えた一人である。 またが教えるのに息子のチャドともに生徒として通っており、ノリスに俳優への道を強く勧め、彼の主演作を劇場でともに鑑賞し演技についてアドバイスしている。 ノリスはマックイーンからの教えを忠実に守り、主演級俳優へと成長した。 フィルモグラフィ [ ] 年 タイトル 役名 備考 1953 Girl on the Run Extra クレジット無し 1955 Goodyear Playhouse テレビシリーズ 1 episode: "The Chivington Raid" 1956 The United States Steel Hour Bushy テレビシリーズ 1 episode: "Bring Me a Dream" 1956 Somebody Up There Likes Me Fidel クレジット無し 1957 Studio One in Hollywood Joseph Gordon テレビシリーズ 2 episodes 1957 The West Point Story Rick テレビシリーズ 1 episode: "Ambush" 1957 The 20th Century Fox Hour Kinsella テレビシリーズ 1 episode: "Deep Water" 1957 The Big Story Chuck Milton テレビシリーズ 1 episode: "Malcolm Glover of the San Francisco Examiner" 1958 Climax! Louis Bank Robbery ジョージ・ファウラー 1959 Never So Few ビル・リンガー 1959 Alfred Hitchcock Presents Bill Everett テレビシリーズ 1 episode: "Human Interest Story" 1960 Alfred Hitchcock Presents Gambler テレビシリーズ 1 episode: "" 1960 The Magnificent Seven ヴィン・タナー 1961 The Honeymoon Machine ファーガソン「ファージー」ハワード大尉 1962 Hell Is for Heroes ジョン・リース二等兵 1962 The War Lover バズ・リクソン大尉 1963 The Great Escape バージル・ヒルツ大尉「独房王 The Cooler King 」 1963 Soldier in the Rain ユースティス・クレー軍曹 1963 Love with the Proper Stranger ロッキー・パパサーノ 1965 Baby the Rain Must Fall ヘンリー・トーマス 1965 The Cincinnati Kid エリック「ザ・キッド」ストーナー 1966 Nevada Smith マックス・サンド(別名:ネバダ・スミス) 1966 The Sand Pebbles ジェイク・ホールマン Nominated - Academy Award for Best Actor in a Leading Role 1967 Think Twentieth 自身 短編ドキュメンタリー 1968 The Thomas Crown Affair トーマス・クラウン 1968 Bullitt フランク・ブリット警部補 1969 The Reivers ブーン・ホガンベック 1971 Le Mans マイケル・ディレイニー 1971 On Any Sunday 自身 ドキュメンタリー 1972 Junior Bonner ジュニア「JR」ボナー 1972 The Getaway ドク・マッコイ 1973 Bruce Lee: The Man and the Legend 自身 ドキュメンタリー; クレジット無し 1973 The Magnificent Rebel 自身 短編ドキュメンタリー 1973 Papillon アンリ「パピヨン」シャリエール 1974 The Towering Inferno マイケル・オハラハン隊長 1976 Dixie Dynamite Dirt-bike Rider クレジット無し 1978 An Enemy of the People トーマス・ストックマン医師 兼製作総指揮 1980 Tom Horn トム・ホーン 兼製作総指揮 1980 The Hunter ラルフ「パパ」ソーソン (遺作) 日本語吹き替え [ ] 主に担当していたのは、以下の二人である。 1959年の『』以降、ほとんどの作品でマックイーンの吹き替えを務めた。 吹き替えファンからも「マックイーンの」として認知されており、スケジュールの都合で他の声優がマックイーンを吹き替えたところ、「声が違う」とテレビ局に苦情が殺到、改めて宮部で吹き替えが作り直されたこともあったという。 宮部自身も、副業で経営していた新宿歌舞伎町のバーに「Last Hero McQUEEN CLUB(ラスト・ヒーロー・マックィーン・クラブ)」と名付けるほどマックイーンを気に入っており、マックイーンが亡くなった際には「彼の死は、肉親を亡くした以上にガックリきました」とコメントしている。 主にでマックイーンの映画が放送される際に起用され、宮部と同じく ほとんどの作品でマックイーンの吹き替えを担当。 吹き替えファンから「マックイーンのもう一人の声優」として認知されている。 内海自身は、マックイーンの吹き替えを「演じてきた中で唯一の二枚目であり、自身のアテレコ史の頂点である」と語っており 、今まで演じた中で一番好きなキャラクターまたは俳優に、『』のマックイーンを挙げている。 受賞歴 [ ] アカデミー賞 [ ] ノミネート :『』 ゴールデングローブ賞 [ ] 受賞 ヘンリエッタ賞 ヘンリエッタ賞 ノミネート :『』 1967年 主演男優賞 ドラマ部門 :『』 1970年 :『』 主演男優賞 ドラマ部門 :『』 モスクワ国際映画祭 [ ] 受賞 1963年 主演男優賞:『』 CM [ ] 1973年、日本のバイク・自動車メーカーのバイクCMに出演した。 この出演については、企業のスタッフがテストしているところにたまたまマックイーンが遊びに来て、このバイクを気に入ったことから実現したという。 死後の1998年、がアメリカのバイク・自動車メイカーのコマーシャルを製作し、『ブリット』のテーマ音楽が使用された。 プーマのオートバイは『大脱走』で使用された物とよく似たオートバイであった。 参照 [ ]• 2020年4月9日閲覧。 Steve McQueen: Portrait of an American Rebel. Plexus Press. Obituary Variety, November 12, 1980. McQueen. McQueen Toffel, Neile 1986. My Husband, My Friend. Penguin Group. 2012年1月15日閲覧。 Mackay, Kathy 1980年10月20日. People. 2010年8月7日閲覧。 Leith, William 2001年11月26日. New Statesman. 2010年8月7日閲覧。 McCoy, Malachy 1975. Steve McQueen, The Unauthorized Biography. Signet Books. Enk, Bryan. Yahoo. com. 2013年7月27日閲覧。 Military. com. 2014年3月8日閲覧。 Karlen, Neal, "The Story of Yiddish: How a Mish-Mosh of Languages Saved the Jews," William Morrow, 2008,• Gia Scala: The First Gia. Parhelion House. BLS. gov 2011年8月17日. 2012年1月15日閲覧。 Jukebox Jury: Research Video, Inc. : Music Footing Licensing Agency and Vintage Television Footage Archive• 2011年7月15日時点のよりアーカイブ。 2011年6月23日閲覧。 My Husband, My Friend. Signet Books. 2020年4月4日閲覧。 Wallach, Eli 2005. The Good, the Bad and Me: my anecdotage. Houghton Mifflin Harcourt. Rubin, Steve. - Documentary: Return to 'The Great Escape. - MGM Home Entertainment. - 1993. Maltin, Leonard 1999. Leonard Maltin's Family Film Guide. New York: Signet. 225. 2020年6月3日閲覧。 The Wall Street Journal. 2011年1月26日閲覧。 Renfroe, Jeff 2014年. Documentary DVD. Network Entertainment. 2015年9月15日閲覧。 Carr, Tony 1976. The Rolling Stones: an illustrated record. Harmony Books. Barger, Ralph; Zimmerman, Keith; Zimmerman, Kent 2003. Ridin' High, Livin' Free: Hell-Raising Motorcycle Stories. Harper Paperbacks. - "McQueen biography is portrait of a rebel". - Milwaukee Sentinel. - March 19, 1994. Rahner, Mark. - "Speeding "Bullitt" - New DVD collections remind us why McQueen was the King of Cool". - June 12, 2005. Burger, Mark. - "Walter Hill Crime Story from 1978 Led the Way in its Genre". - Winston-Salem Journal. - June 9, 2005. French, Philip. - Review: "DVD club: No 44 The Driver". - - November 5, 2006. Shields, Mel. - "Elliott Gould has had quite a career to joke about". - The Sacramento Bee. - October 27, 2002. Clarke, Roger. - "The Independent: Close Encounters of the Third Kind 9pm Film4". - The Independent. - April 21, 2007. Tucker, Reed, Isaac Guzman and John Anderson. - "Cinema Paradiso: The True Story of an Incredible Year in Film". - August 5, 2007. "From Johannesburg With Love", in The Sunday Times, 7 March 2010• Toppman, Lawrence. - "Will He of Won't He? - The Charlotte Observer. - May 22, 1988. Morrell, David, Jay MacDonald. - "Writers find fame with franchises". The News-Press. - March 2, 2003. Beck, Marilyn, Stacy Jenel Smith. - "Costner Sings to Houston's Debut". - Los Angeles Daily News. - October 7, 1991. Persico Newhouse, Joyce J. - "'Perfect Hero' Selleck Takes Aim at Action". - Times Union. - October 18, 1990. According to the commentary track on The Great Escape DVD. McQueen Toffel, Neile, 1986. - Excerpt:. - New York, New York: Atheneum. Race Driver Blog 2013年9月22日. 2014年2月22日時点のよりアーカイブ。 2014年3月8日閲覧。 Thomson Reuters. 2008年5月26日閲覧。 - Excerpt: 2008年4月19日, at the.. - Mcqueen's Machines: The Cars And Bikes Of A Hollywood Icon. - St. Paul, Minnesota: Motorbooks. 451. On the Rough by Peter Fraser. " All of them have been riding regularly in US Enduros and scrambles, but Bud is the only one with previous ISDT experience. He won golds last year and in 1962". Accessed 2015-12-07• Motor Cycle London: Iliffe Specialist Publications Ltd 113 3196 : 538. Motor Cycle, 3 September 1964. 492-494. ISDT Opening by Peter Fraser. Accessed 2015-12-07• 508-510. ISDT First report by Peter Fraser. Accessed 2015-12-07• Stone, Matt November 7, 2010. MBI Publishing Company. 154-158. 578-580. ISDT Round up by Peter Fraser. Accessed 2015-12-07• 411-418 " Steve McQueen, last man on the course after a long stop to repair a broken chain, was speeding along to catch up when he collided with a motorcyclist; the Triumph was sadly mangled, the front fork doubled under the frame". Accessed 2015-12-07• Motor Trend Classic, Oct. 2006. LIFE 1963年6月1日. 2009年9月11日閲覧。 Turner Classic Movies 2009年. 2009年9月11日閲覧。 staff writers 1998年3月21日. Los Angeles Times. 2016年4月3日閲覧。 Rachel Sexton 2009年. moviefreak. com. 2009年5月6日時点のよりアーカイブ。 2009年9月11日閲覧。 MacGraw, Ali. Moving Pictures• All Movie Guide 2009年. American Movie Classics Company LLC.. 2009年9月11日閲覧。 Malcolm Boyes 1983年10月17日. People. 2009年9月11日閲覧。 BarbaraLeigh. com. 2012年1月15日閲覧。 McQueenonline. com. 2012年1月15日閲覧。 Contactmusic. com. 2014年3月8日閲覧。 Girlonamotorcycle. 2014年1月21日時点のよりアーカイブ。 2014年3月8日閲覧。 Star-News. 1987年8月5日. 2012年9月9日閲覧。 Honan, Corinna 2011年11月4日. Daily Mail. 2015年3月28日閲覧。 "Movie star's antics failed to impress Anchorage policeman," Bend, Oregon The Bulletin, 29 June 1972, p. Dunne, Dominick. The Way We Lived Then: Recollections of a Well Known Name Dropper. 1999. New York, New York: Crown Publishers. "Steve McQueen Returns to Reform School" 1963, accessed February 7, 2011• - Steve McQueen: The Last Mile. - Deerfield, Illinois: Dalton Watson Fine Books. - "Big legend in a small town - Action film hero lived quiet life in Santa Paula before 1980 death. " - Ventura County Star. - January 13, 2008. Nathan Erickson, Nathan, Mimi Freedman, and Leslie Greif. - DVD Video: Steve McQueen, The Essence of Cool. Lerner BH. When Illness Goes Public. The Johns Hopkins University Press, Baltimore 2006. 141ff. Interview with Burgh Joy, clinical professor at , personal archives of Barbara McQueen, 1980• Spiegel, Penina. McQueen: The Untold Story of a Bad Boy in Hollywood, Doubleday and Co. , New York 1986• Sandford, Christopher 2003 , McQueen: The Biography,, New York: Taylor Trade Publishing, pp. 42, 126, 213, 324, 391, 410• Lerner, Barron H. 2005年11月15日. New York Times. 2010年5月24日閲覧。 Herbert V May 1979. Clin. Nutr. 32 5 : 1121-58. Lerner IJ February 1984. Cancer 53 3 Suppl : 815-9. Nightingale SL 1984. Public Health Rep 99 4 : 333-8. - "A Candid Interview with Barbara McQueen 26 Years After Mesothelioma Claimed the Life of Husband and Hollywood Icon, Steve McQueen". - The Law Office of Roger G. Worthington P. - October 27, 2006. European Stars and Stripes, 9 November 1980, p. Elyria, Ohio Chronicle Telegram, 8 November 1980, p. C-5• Flint, Peter 1980年11月8日. The New York Times. 2008年5月26日閲覧。 Long, Trish 2015年4月25日. El Paso Times. 2016年2月29日閲覧。 - Find a Grave - January 1, 2001• 『』 NO. 35, 2010年、Spring, 52頁。 - metro Top 10 earning dead stars - October 29, 2008• Usatoday30. usatoday. com 2007年4月23日. 2014年3月8日閲覧。 Motorcycle Hall of Fame Museum. 2009. - (英語)• Cullum, Paul 2006年5月14日. New York Times. 2008年5月26日閲覧。 2010年6月14日. 2010年6月19日時点のよりアーカイブ。 2010年6月14日閲覧。 Beech Grove Public Library. 2010年3月16日閲覧。 TV Guide Book of Lists. Running Press. 2007. 202. Academy Film Archive. 2016年9月8日閲覧。 「スティーブ・マックイーンが言い残していったこと」「」1981年1-2月号• 東京地判昭和55年11月10日(「」981号P19、「」425号P64)• BBC News. 2006年11月12日. 2010年5月24日閲覧。 Macy Associated Press , Robert 1984年11月24日. The Evening Independent St Petersburg Florida. Edwards, David. Cycle World. の2007年8月22日時点におけるアーカイブ。 Indiana. edu. 2014年3月8日閲覧。 Forums. watchuseek. com. 2014年3月8日閲覧。 [ ]• biography. com. 2010年6月3日時点のよりアーカイブ。 2010年6月7日閲覧。 別音源で、一つを宮部、もう一つを内海が担当しているケースが多い。 『パピヨン スティーヴ・マックィーン没後30年特別愛蔵版』封入インタビューより• ふきカエル大作戦!!. 2019年2月17日. MIFF. 2013年1月16日時点のよりアーカイブ。 2012年12月1日閲覧。 2016年9月23日閲覧。 参考文献 [ ]• Steve McQueen. Films in Review, August-September 1981. Satchell, Tim. McQueen. Sidgwick and Jackson Limited, 1981• Siegel, Mike. Steve McQueen: The Actor and his Films Dalton Watson, 2011• McQueen, Steve. Popular Science 189 5 : pp. 76-81. Steve McQueen: Portrait of an American Rebel, Donald I. Fine, 1993• McQueen, Terrill. Terrill, Marshall. Steve McQueen: A Tribute to the King of Cool, Dalton Watson, 2010• Terrill, Marshall. Steve McQueen: The Life and Legacy of a Hollywood Icon, Triumph Books, 2010• Crook, Sandy May 1989 , LOP RABBITS as pets, : TFH Publications,• 山崎恵子「海の向こうのうさぎたち World Rabbit Story」『うさぎと暮らす』NO. 35 2010年 spring、。 ラストイヤーズ(2010年 NHK)• 『われらがポルシェ ポルシェなんでも事典』• - (英語)• - (英語)• at Virtual History• - slideshow at magazine•

次の