捨てられた皇妃 76。 【捨てられた皇妃】原作は?いち早く読めるのは?情報まとめページ│知識忘備録 ナレッジタワー

捨てられた皇妃【第76話】のネタバレ・感想!

捨てられた皇妃 76

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「捨てられた皇妃」77話、あらすじと感想です。 ネタバレありです。 前回の76話は 登場人物一覧は 捨てられた皇妃77話あらすじ感想 ヌエン子爵邸でのパーティの帰り道。 社交界を笑顔の下にナイフを隠した貴族たちの戦場と称したアリスティア。 今世では騎士の道を進み、社交界には足を踏み入れまいとしていた。 でも今回の噂の件で剣だけでは大切な人を守れないと悟り、 時には周りと同じ方法で戦わなくてはいけないと考えたのですね。 初めてのわりによくやっていたとパパに褒められました。 社交界での経験はすでにかつての人生で体験しているので、そこは誰よりも上手く立ち回れるとこです。 しかもかつてはいかに人を利用しのし上がるか、信じられる人もいない中でひとり戦っていたアリスティアですから、その中で人に嫌われることも厭わず生きていたのですよね。 前世のアリスティアはただ運命に流されていただけの女性に見えていたのですが、ちょっと見方が変わりました。 簡単に言ってしまえば、アリスティアなりに権謀術数を弄したものの権力争いに敗れただけとも捉えられるのかなと。 でも今回はそこからは逃げられないものの、人としての優しさを持っているからそれ故に心を通わせることができた友人たちに嫌われてしまうのではと心配になってしまう。 そんな思いもケイルアンはわかっていて、何も心配することはないとアリスティアを抱きしめてくれるのです。 パパほんとにカッコいいです。 あとはカルセインは策略とか嫌うかもだけど、アレンディスは策略家だから。 たぶん、いずれパパたちに敵対する勢力になる人だから。 きっとそれを知った時アリスティアは悲しむだろうけど、 負けないように今から力をつけておくのは正解だよと、いやちょっと遅いぐらいかもよとか言いたい。 それからしばらくして今度はアリスティアがパーティを開催。 その席にはヌエン家のパーティで知り合った令嬢たちが。 そこでアリスティアは自分の趣味だという装飾品のデザイン画を見せます。 アリスティアったらあざと可愛いわ。 かつての人生で爆発的人気の出たかんざしの流行を自分の手で作り掌握するつもりなのですね。 アリスティアの計算どおり、令嬢たちが色めき立ち、その中の一人がこれを商売にしようと提案します。 そのために、宝石、細工師、商団に関わる貴族令嬢に狙いを定めたのですね。 しかもネタの提供だけし自分は報酬はいらないと言うことで、関わる令嬢やその様子を見ていた子息令嬢たちにアリスティアと組めばいい思いができると思わせるところまで計算してるなんて。 この賢さを皇帝陛下はすでに見極め、アリスティアを手放したくなくなっているのかな。 以前は比べられることに苛立っていたルブリスは、アリスティアのこんな姿を見たらどう反応するのか気になるところですが、ベリータ公爵からアリスティアが社交界の交流を積極的に行なっていることを聞き、意外な反応をしました。 騎士団の業務と社交を同時に行なっていることを知り、アリスティアの体を気遣ったのです。 アリスティアの所属する騎士団の団長であるラス公爵に、アリスティアは体が弱いからあまり無理しないように気を使ってくれと。 ・・・・・ 次の78話は.

次の

捨てられた皇妃【第78話】のネタバレ・感想!

捨てられた皇妃 76

転生する前は反逆罪を問われて処刑されるなど残酷な人生でしたが、転生後は幸せになれるのか? 「捨てられた皇妃」は9歳の自分に転生します。 生まれた時から次期皇后として育てられてきた。 では、日本語版以外では連載されているところがあるのか?調べてみました。 まず、原作の出版社が 「kakaopage」となっています。 kakaopageでは韓国語のマンガコンテンツなどを閲覧することができます。 しかし、アプリをダウンロードしようとすると、iPhoneで確認する限りでは、日本のStoreでは利用できない様でした。 本家サイトでは閲覧ができなさそうでした。 他に公開中のサイトは? ほかに3サイトで公開されているのが発見できました。 まず、 「TappyToon」で公開されています。 アメリカのサイトで、Contents First, Inc. により運用されています。 毎週月曜日と金曜日に新しいストーリーが追加されます。 TappyToon 捨てられた皇妃連載ページはこちら: 次に、 「Webcomics」で公開されています。 インドネシアのコミックサイトです。 そのため、インドネシア語で表示されます。 毎週月曜日に新しいストーリーが追加されます。 アイキャッチ画像が閲覧できるサイトとしては、ピッコマより、TappyToonよりこの「Webcomics」が多く閲覧できます。 Tidak(いいえ) Ya(はい)の選択を求められます。 しかし、上記サイトでは登録が必要だったりとなかなか一気に読み進めることは難しいです。

次の

漫画「捨てられた皇妃」最新話76話のあらすじと感想!ネタバレ有り

捨てられた皇妃 76

捨てられた皇妃 第73話のネタバレ! 皇帝の前に頭を下げるが、(どこからご覧になっていたの…?)とティアは気になっていた。 皇帝「これをどうしたものか」 笑みを浮かべ、皇帝はつぶやく。 公爵を思い、諦めようと考えていた皇帝だが「見れば見るほど手放したくなくなる」と言うのだ。 その言葉にアレンとセインは弾かれたように顔を上げる。 皇帝はケイルアンにもう少し答えを先延ばしにしたいと告げ、「 今日の集まりはなかったことにしよう、では解散」とその場の全員に宣言する。 皇帝「諦めるのが惜しい…」 そう言いながら皇帝はその場を去り、全員が皇帝に従う。 何かを考え込むルースにアレンも何も言わず、「チッ、クソッ」と舌打ちするセインをアルセントがたしなめた。 ティア「パパ…ごめんなさい…」 ケイルアンは、「おまえが無事ならそれでいい、どうしてこうも似ているのだ…」とティアを抱きしめる。 ティアも、陛下の目に留まらないように 本当は何もするべきではなかったのだとわかっていた。 しかしティアは後悔もしていなかった。 シルバーの花の樹を守ることが出来たのだ。 ティア「いつか私にもお花を見せてね?」 そう言ってティアは樹を見上げるのだった。 シルバーの花をつける樹を見上げるティアを、離れた場所でルブリスが見下ろしていた。 病弱だと聞いていたティアの、強い一面に驚いている。 ルブリス 「何が、君をそうさせるのだ?」 ベリータ侯爵邸での温室での集まり 数日後、ベリータ侯爵邸の温室をティアは訪れていた。 ベリータ公爵夫人「みなさんようこそ」 優しくほほえみながら、ベリータ公爵夫人が皆を迎える。 今日招かれたのはイリア・セ・ジェノア、キリナ・セ・フィル、ニアーヴ・スー・ヌエンの令嬢3人と、ダニエル・セ・バート令息。 それぞれベリータ公爵夫人と挨拶を交わす。 ベリータ公爵夫人は、アレンが友人とあまり会うことがないため少し心配していたのだが、今回のパーティのことを聞き安心したのだ。 イリアはずっと天才と呼ばれているベリータ公子と近づきになりたいと思っていたため「招待状が届いたときは本当に嬉しかった」と返す。 ベリータ公爵婦人の様子を見ていたティアは、いつもは病気がちで元気がなかたイメージの公爵婦人が、今日はとても明るく見えることに驚いていた。 アレンはここからは自分がもてなすから、とベリータ公爵夫人に戻るようにと促す。 ティア「ご夫人のお体の具合はもういいの?」 心配したティアは聞くが「いつも通りかな~、心配ありがとう」とアレンは答える。 「そう…」と答えながら、 視線を感じたティアが顔を上げるとイリアと目が合う。 イリア「まあ!あのお花をごらんになって」 フイッとイリアは顔をそむけ、ティアは見られていると感じたのは気のせいだったのかと思うのだった。 セイン「もう全員お揃いですか?」 少し遅れてきたセインを「ようこそ」とアレンが迎える。 笑顔のアレンを見たセインは(また猫被ってやがる…)と思うのだった。 席についたティアの右側にアレン、左側にセインが座るが、ティアは(……えっ?ちょっと待って?)と思った。 本当ならば 社交序列一位のラス一族が上席に座るのが礼儀なのだ。 ティア「カルセイン、どうしてここに座るの…」 声をかけるが、セインは知らんぷりだ。 初めて聞く、不穏な噂 イリアはティアに「私的な集まりでお会いするのは初めてですわね」と声をかける。 デビューの後、ティアはしばらく領地に滞在していたため、参加する機会がなかったのだ。 ニアーヴ「ラス公爵も領地でご一緒だったとか?」 二人の関係をニアーヴは続けて聞いた。 ティアが答えようとしたところに、ちょうどお茶が運ばれてきて「そう焦らないで、まずお茶をいただきましょう」とアレンはお茶を勧める。 ブルーマロウが出てくるかと思っていたのだが、出てきた紅茶はハイビスカス。 セインがお茶をジーッと見つめているのに気づいたティアは、セインの持つカップに砂糖を入れる。 セイン「ありがとな」 そんな二人の様子をジーッと見つめる周りの様子に(えっ…?どうしてみんな見てくるの?)とティアは不思議に感じ、 (私何かおかしなことした?)と思うのだった。 アレン「アリスティア、僕にもお砂糖を入れてくれない?」 そう言われる、「アレンディスは甘いのが嫌いじゃなかった」とティアは尋ねる。 キリナ「モニーク伯爵令嬢は、 公子お二人ともと親交が深いのですね」 他の者達もアレンとセインの二人とも、ティアと仲がいいと驚きを口にする。 ニアーヴ「実を言いますと、さっきまで例の噂を信じかけていましたの」 その言葉にティアは驚いた。 ニアーヴ「だけど安心しました。 派閥内に亀裂が走るのではと不安でしたから」 派閥内に亀裂が入るほどの噂が流れていることなど、ティアは初耳だ。 ティア「待ってください、例の噂とは何のことですか?」 噂は当事者にはなかなか伝わらないものだ。 ニアーヴ「あら、ご存じないのですか?」 笑顔のニアーヴに対し、 「どのような噂なのか詳しくお聞かせください!」とティアは真剣な表情になる。 ニアーヴ「お二人に関する噂です。 公爵令嬢とラス公子が恋仲…」 笑顔だったニアーヴの表情が、突然ビクッと固まるのだった。 アプリダウンロード無料• 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める• U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ! 紹介した動画配信サービスに登録しただけで、 2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。 捨てられた皇妃 第73話の感想・考察 ティアが無事に火事を消し止めたのを見た皇帝は、やっぱりティアを手放すのが惜しくなります。 国の一番上に立つ皇妃ですから、やっぱりそれなりの力がある方がいいに決まっています。 ティアは皇帝のお眼鏡に適ってしまったのですね。 ティアは皇妃にならなくても済むように、なんとか抵抗し、前世よりはかなり流れは変わってきていると思いますが、まだまだ違う流れにはなりません。 しかし今回のシルバーの花の樹を助けたことは後悔していませんし、火事を消し止めたことは前世とは違いますから、また違う流れができるはずです。 そしてアレンのお茶会の日。 ティアとセイン以外のお客は、あまりお付き合いのなかった方々みたいです。 アレンはこのお茶会でティアとセインの噂を消そうとしているのでしょうか。 セインはもう一つ、空気が読めなさそうですが…。 しかしいつもは冷静なアレンも、ティアのことになると感情が先に走ることがありますから、うまくいくでしょうか。 それともアレンのことですから、他にも何か考えがあるのでしょうか。 次回更新され次第、『捨てられた皇妃』最新話のネタバレをしていきますね! 以上、『捨てられた皇妃』第73話のネタバレ感想でした。

次の