ワコム 液晶 ペン タブレット。 在宅勤務が捗るワコムのペンタブ「Wacom One 液晶ペンタブレット 13」の活用術|@DIME アットダイム

4万円台で買える「Wacom One 液晶ペンタブレット13」をプロ目線でチェックした (1/4)

ワコム 液晶 ペン タブレット

歴史 [ ] 古くは、 digitizer がこのペンタブレットの原型である。 デジタイザは、専用(ペン型に限らない)と板状の装置の組み合わせにより、図形などの入力を行う装置の総称である。 デジタイザは図形等の高精度な座標を入力するための装置であり、ペンタブレットは当初はその低精度な廉価版として操作を容易にしたものとして発売された。 同様なポインティングデバイスに「」があるが、こちらはディスプレイ画面の光(輝点)を利用して位置検出を行っているため、デジタイザ、ペンタブレット等とは原理的に異なる。 なお、ペン状のデバイスとしては他に3次元情報の入力のためのものなどもある(Phantom など。 ()の一種)。 ペン状のデバイスでコンピュータを操作する( ペンコンピューティング)と言う古い時代のアイデアとしては、1950年代後半のTom DimondによるStylator stylus translator というものが挙げられる。 続いて、1960年代には ()が生産された。 その後やの時代に入りつつあった、1970年代から1980年代にかけては、Summagraphics社の「BitPad」がで広く使われた。 これを社がOEMで採用し、用の「Apple Graphics Tablet」として1979年に発売。 これが最初期の民生用ペンタブレットとなる。 そしてこれに付属していた、世界初のペンタブレット用カラーグラフィックソフトウェア「Utopia Graphics System」の作者がミュージシャンのである。 1980年代前半の民生用ペンタブレットとしては、1983年に発売されたKoalaPadが広く使われた。 当初はApple II用に発売され、後に他のパソコン用にも発売された。 他にもいくつか競合製品があり、社も純正のペンタブレットを発売している。 1983年に方式のペンタブレットを研究する企業として社が日本で設立され、1984年に最初の製品として世界初のコードレスペンタブレット「WTシリーズ」を発売した。 これまでのペンタブレットはペンに電源を供給するコードが必要とされたが、ワコムのペンタブレットは電磁誘導方式を採用しており、ペンにコードが必要なかった。 1980年代中頃にはヨーロッパを中心に世界展開を行い、世界的にも大きなシェアを獲得。 電磁誘導方式は2010年代でも関連特許が出願されているなどの事情から、今後も競合製品が登場する見込みは薄い。 概要 [ ] ペンタブレットは、専用の電子ペンないしその他のペン状の物体の位置を、本体である板状のに内蔵したセンサにより読み取って、コンピュータ本体にその位置ないし動きの情報を送る装置である。 ユーザインタフェース機器としては通常、に分類され、コンピューターの上のを操作するのに使用する。 通例、タブレット上の座標をディスプレイ上の座標にマッピングすることで、画面上の絶対座標を直接入力することができる。 ペンタブレットの先祖は、デジタイザ 現在 [ ]は : と呼ばれている と呼ばれた、主としてCAD用に使われた絶対座標入力のための機器と、である(なお、ペンタブレットも graphics tablet に含まれる)。 前者 [ ]と比べると、ペンは位置検出が難しく、文字が書かれた升目のサイズで認識できればよい後者 [ ]と比べると、必要とされる位置精度が一桁以上違うこと、がそれぞれペンタブレットを実現するための課題であった。 ペンタッチキーボードではたいてい周辺機器側でキーボードをエミュレーションする、といった点も異なる。 ペン以外に、CAD用のそれ [ ]と同様の高精度な座標入力のための機器や、マウス状の機器や消しゴムなど(後述)が使える製品もある。 マウスとの比較 [ ] 筆圧感知機能を利用した描画例 一般的なポインティングデバイスであるに比べ、手描きに近い直感的なポインタ操作ができるため、コンピュータ上での・製作に用いられる。 また、製品によっては型に筆圧やペンの傾きを感知できる機構が内蔵されており、実際の筆記用具と同様に絵画制作で繊細かつ微妙なタッチを表現することができる。 ただし、ハードウェアが検出した情報を側で処理して反映する必要があるため、使用するソフトウェアによっては筆圧や傾きが表現されない場合もある。 Corel や、などの代表的なペイントソフトウェアは筆圧情報等の処理に対応している。 現在 [ ]、に標準的に装備されているマウスの分解能は、一般的な製品で0. 006mmほどであるが、実際には角度などによって精度が落ちることが多く、また指先ではなく腕と手のひらで移動させているため、非常に細かい動作が困難であり、 感覚的な分解能は0. 1mmにも満たない [ ]。 その点、ペンタブレットであればペン先0. 1 - 0. 005mmほど(分解能は製品によりまちまちだが、 近年 [ ]では大衆向けの安価な製品でも0. 01mm前後である)の動作にも敏感に反応して動作させることができるのである。 専用ペン [ ] ペンタブレット用ペン型入力機器には、いくつかの種類がある。 変わったものでは消しゴムなどもあり、ソフトウェア側で対応していれば自動的に消去の処理に切り替わる。 デザインやで使用するスプレー用ハンドピース型のものや、複数のボタンを装備して、それぞれに異なる機能呼び出しを設定できるもの、またゴムグリップなど専門職ユーザー用途に特化した製品も用意されている。 専用マウス [ ] タブレットを通常のマウスのマウスパッドのような感覚で使うことができる、マウス状の機器が使えるものもある。 位置だけでなく、マウスの角度を感知する機能や、より多くのやが搭載された製品もあり、用途に応じてさまざまな大きさ・形状の製品が販売されている。 製図などの紙を大型のタブレット上に置き、ポイントの絶対座標を入力する、というのがもともとの目的であるため、十文字の刻まれた透明パネルが付いているものもある。 発展 [ ] 液晶ペンタブレット ワコムCintiq21UX ペンタブレットとを統合した 液晶ペンタブレットもある。 これはディスプレイに直接描画する感覚で操作できるため、より直感的な入力が可能となる。 110番の受理台用端末や、会議などの発表者用端末、テレビ会議システム用端末、クイズ番組などの回答者用端末など幅広い用途で利用されている。 付加機能として単体で発売されているものもあり、スタンドから簡単に取り外せたり、また任意の角度で固定できるものもある。 なお、液晶以外にも板状の技術は多数あり、それらとペンタブレットを組み合わせた製品もあるが(例: 有機EL搭載ペンタブレット)、これらは液晶ペンタブレットとは呼ばれない。 概念的には、液晶ペンタブレット等とを統合して、小型化、携帯可能にしたものが( スレートPC)とも言える。 さらに、 最近 [ ]のタブレットコンピュータの主流は、ペンではなく静電容量式のタッチパネルにより指で操作ができる(専用ペンでの操作も可能)ものである。 注 [ ]• Devices for reading handwritten characters 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。

次の

ワコムがスマホ連携できる液タブ「Wacom One 液晶ペンタブレット 13」を発表

ワコム 液晶 ペン タブレット

Wacom MobileStudio Pro…本体にOSが積まれたタブレットPC• Wacom Cintiq Pro…最上位液晶タブレット• Wacom Cintiq…廉価液晶タブレット• Wacom Intuos Pro…最上位ペンタブレット• Wacom Intuos…廉価ペンタブレット では本題。 ペンタブレットと液晶タブレットの感触 本格的なペンタブレット「Intuos Pro」 こちらは最上位ペンタブレットの「Wacom Intuos Pro」シリーズです。 現状の新型モデルを試したものの、かなり古いモデルで6年以上愛用してたとの差をそこまで変化を感じないな…っていうのが正直な感想です。 筆圧が2048から8192になったらしいですが全然手応えに差を感じなかったし、新規で買うならともかく買い替えるレベルではないかなぁ…って感じ。 あとの口コミを見てみたら「ワイヤレスが途切れる、遅延する」「ドライバーの不具合が多い」「ペン先の消耗が激しい」といったプロ御用達の道具にしては不満が多い… 若干の不満が残るものの「板タブとして」最上位のモデルが買いたいのであれば「Intuos Pro」しかない。 Intuos Draw• Intuos Photo• Intuos Art• Intuos Comic• Intuos 3D これは性能の良いペンタブに慣れてしまったがゆえの感想なんですが…。 安価なペンタブで仕事はキツい!ってのが触った時の感触で、例えるならは実力通りの力を引き出してくれるけどは謎のハンデを背負って絵を描いてる感覚。 触ってみると全然違うのが分かる。 比較すると筆圧感知やペンとモニターの座標認識が結構甘い? ちょっとデジタルでペンを使って描きたいっていうレベルだったら全然いいと思うんだけど、普通に絵が上手くなりたいと思ってるなら全くオススメできないかも…。 俺の場合だと最初に買ったのが3万円くらいのは未だに現役なので「がっつりやりたい!」って思うなら2〜3万円台のペンタブを基準に選ぶといいかも。 ペンタブに関しては安いやつは微妙だけどある程度を超えたらそこまで性能に差を感じることはないので2~3万円を基準にするとハズレはないはず。 ちなみに性能が同じだけど付属ソフトに差があるので、 安く絵を描くならCLIP STUDIO PAINT PROの2年分のライセンスが付いてくるがおすすめ。 2018年3月10日追記 こちらはの後継機になります。 こちら廉価版ペンタブレットの「Wacom Intuos」シリーズです。 こちらのは 名前が紛らわしいんですが安価な旧モデル「」の後継機にあたります…写真を撮り損ねたのですがワコムの特設店で試してきました。 来場者限定の替え芯も貰ってきたよ ほぼ同じ値段で旧作の「Intuos Draw」シリーズのSサイズと比較するとだいぶ使いやすかったですし、 旧作の使い物にならなかった筆圧レベル1024から4096に上がった差は大きい上に購入特典として描画ソフトもダウンロードできるので導入モデルとしては悪くないんじゃないかなぁと…。 今までワコムの板タブは高い割に…って感じだったんですが、 海外製に比べて描画領域が小さくなるけど値段・性能ともに健闘してる印象で悪くない商品だと思います。 ちなみに描画サイズが大きい方が描きやすいので値段でSサイズを選ぶなら海外製の方が安くてコスパの良い板タブがあるのでMの方がいいかなぁと…• 海外製に圧される形で登場した「Cintiq16 FHD」 こちらは廉価版液晶タブレットの「Wacom Cintiq」シリーズです。 こちらのは旧モデルの後継機として考えて問題ないと思います。 今までワコムって発売してからだいぶ時間が経ってるか高価なハイエンドの液タブしかなくて、前者は海外製に完全敗北してるし後者のハイエンドはそこまでは求めてない…ってことで 「ちょうどいい」液タブが無かった問題が解消されるモデルかなぁと。 余計な機能を削減しつつワコムならではの高い描き味の性能を残しつつより値段も安く性能も高くなったのが特徴。 コスパや導入モデルとして考えるなら断然海外製かiPadなんですが、使い勝手が上がったことでハイエンドではないものの海外製よりちょっといい液タブが欲しい 人向けな商品だと思います。 Cintiqシリーズはサイズはいくつかあって、サイズ感、描き心地含めて俺がいいなぁと思ったのはなんですが… 正直この値段帯ならiPad Proの方が優秀だし、半分の価格で海外製の液タブが買える…。 iPad Proはアプリを入れれば液タブ化出来る上に絵が描けるアプリも増えつつあるし、海外製は想像以上に追い上げてきてる。 なので触った感触として コスパの良い商品を求めるなら海外製やiPadが良くて、現状だとワコムは最上位のハイエンドモデルでしか差別化出来てないかなぁって印象。 そうするとCintiqのやといった選択肢になるんですが、大半の層はそんな高価なモノを求めてないので結果的に 「買いやすい値段でおすすめの液タブが欲しい」という人にはワコムは向いてない。 持ち運びができるタブレットpc「MobileStudio Pro 13」 こちらはタブレットPCの「Wacom MobileStudio Pro」シリーズです。 タブレットPCのは液タブとパソコンが一体型になったモデルで 例えるならPCに繋げなくても使えて持ち運べる液晶タブレット。 性能はあらゆるモデルと比較してもトップクラスに良いのだけど、このサイズで持ち運びPCに繋げずに使うことがあるのか疑問。 同じサイズのCintic13HDであれば8万円弱だけどMobileStudio Pro13になった瞬間に3倍以上に跳ね上がる…正直買うなら近い役割も果たせるiPad ProとApple Pencilの方が良い買い物かなぁと。 ワコムの特設店で中の人に話を聞いてみた 新しい板タブの「」が出たタイミングで特設店が開かれてたので実際に行って話を聞いてみました。 ペンタブ各種を試しつつ、ワコムの中の人に気になってたことを色々聞いて気になったポイントを一つ。 「今って海外製のペンタブもありますけど、ワコムが勝ってる部分ってどこですか?」って聞いたら「どう違うのか説明するのが難しいけど描き味が違う…」って言われて質問したスタッフが困ってたところに詳しそうな人が来て 「ワコム製の商品はON荷重の繊細さが違う」とのこと。 ON荷重は内部情報としてはあるものの、現在の商品のスペックには書かれてない…らしいです。 ON荷重はどの程度の力を入れたら描画できるのかの指標のことでInuos Proの場合で1g程度の力加減 ほぼペンの重み 、Wacom Intuosで5~7g程度で反応する、 つまり線画を描く場合は海外製よりワコムの方が向いてる、という海外製との違いを知ることができました。 あと 傾き感知も海外製にはないモノが多いのでそういった部分が単純な筆圧レベルでは比較できない「描き味」の違いに繫がってるみたい。 そこ伝えないの勿体無いないですよ、商品説明に書きましょうよ、って伝えつつ… 笑 ただ、筆圧が強い人や厚塗り系の人なんかはその差をあまり感じられないっぽいです。 まとめ|総合的に考えておすすめしたいペンタブは… ワコムの個人的に気になった特徴をまとめました。 コスパは微妙だけど基本性能は高い• 他社にはない大きな液タブのハイエンドモデル• 海外製には無い「ON荷重」「傾き検知」の繊細さ 総評としてコスパの観点で選ぶ場合は海外製の方がいいけど、 ワコム製の強みは「高い水準の使いやすさを要求」「大きい画面で作業効率向上」「線画の描き味を重視」でプロとして仕事する人におすすめなのかなぁと。 他社メーカーとの差別化の観点から言うならこんな感じですが、ただ 正直今だと海外製と比較したときにコスパでは完全に負けていて最上位モデル以外は特別優位性がない印象。 これらを踏まえるとワコムでおすすめ出来る製品は以下の通り。 【ペンタブレット】•

次の

【楽天市場】【アウトレット】Wacom One 液晶ペンタブレット 13 (DTC133W0D) ワコム 液晶 ペンタブレット 送料無料:ワコムストア楽天市場店

ワコム 液晶 ペン タブレット

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、テレワークを推奨する企業が増えてきている。 会社に行く手間が省けたことを喜ぶ半面、突然のテレワークに合わせて、自宅のオフィス化・快適な作業環境づくりに苦慮しているビジネスパーソンも多いのではないだろうか。 そこで今回、PCひとつあれば全て画面上で完結でき、スキャナーもプリンターも不要な、株式会社ワコムの液晶ペンタブレット「Wacom One 液晶ペンタブレット 13」(ワコムストアの販売価格は税込42,900円)の使い方について紹介していきたい。 資料の赤入れや修正指示、さらにサインや押印も PC 画面上で簡単に テレワークで悩ましいのが、送られてきた資料や原稿の修正や赤入れ。 その都度プリントアウトして修正、さらにスキャナーで取り込んで、メールで送付といった一連の作業が、「WacomOne」があれば全て画面上で作業でき時短にもなる。 活用例1「Microsoft Officeの活用法」: ・パワーポイント等のオフィスソフトで活躍する。 ・プレゼン資料などの作成の際、スライドの中に、ちょっとした図や手書きの文字が入ることでアイキャッチを強めることができる。 ・パワーポイント以外にも、Word 文書への書き込みやマーカーExcelの表や文章への書き足し直接書き込むことで、意図より早く正確に伝えられるようになる。 ・Windows10では、標準搭載されている【切り取り&スケッチ】ツールで、キャプチャの選択も切り取り後の書き込みも楽にできる。 活用例2「オフィスワークで活用」: ・ウェブサイトやプロダクトなど企画イメージを伝えるとき、デジタルデータなら短いステップで周りと共有できる。 ・紙とペンと同じように、手書きで指示書を作成することも。 ・上がってきたデザインのPDFに直接書き込むことも簡単。 活用例3「手書きでデジタルサイン」: ・デジタルデータ上でも手書きのサインができる。 ・ PDFファイルを Adobe Acrobat Reader で開いたら、署名アイコンからフィールドに手書きでサインができる。 ・書いたサインは、サイズや位置の調整ができる。 ・押印するには、印鑑を画像データにして、サイン同様、大きさと位置を調整する。 ・デジタルでいつもの文書のやりとりができるので、ぜひ業務効率アップの参考にしていただきたい。 ビデオ会議でも、瞬時に情報を共有 ビデオ会議中に、PC画面上にオンライン上のホワイトボードに会議の内容を書き込み、会議参加者と共有することができる。 参加者の認識の統一を図りたいときや、音声が聞き取りにくい時にも最適。 ・リモート会議の際チャットソフトによっては、発表者の画面をチームに共有できる機能がある。 ・注目してもらいたい箇所に文字を書き込んだり、ハイライトの線を引いたりすることでオンラインミーティングでも伝えやすいことがより分かりやすくなる。 ・特に文字を書く場合は、直接書き込める液晶ペンタブレットがあると便利。 Wacom One 液晶ペンタブレット13について お求めやすい価格の使いやすい13. 3型のデジタル初心者におすすめの液晶ペンタブレット。 画面上に直接描いたり、パソコンの操作を直感的に行うことができる。 照明の映り込みを最低限抑えたディスプレイは、ガラスディスプレイに描くときのツルツルした感じはなく、紙のような程よい摩擦がある描き味。 デジタルでの制作・作業なら、やり直しもかんたん。 制限なく自由に作業が行なえ、画面に直接描けるため、作業効率の向上にも繋がる。 スケッチやイラスト、写真加工から資料への書き込み、デジタル書類のサイン、アイデアのメモまで、直感的に行える。 新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を行なう人が急増していますが、それに伴って、様々なストレスや問題が生じているというのも事実。 そんなテレワーカーのために、快適なテレワークを実現するための、デバイスの選び方(Web会議対応パソコン、高精細Webカメラ、超速Wi-Fiルーター、サブモニター、デスクライト、スピーカー、姿勢矯正椅子など)、本当に使えるビジネスチャットツール、効率的な仕事の進め方、環境づくりのノウハウ、セキュリティー対策、ソリューションサービスなどを詳しく紹介。 さらに、最先端テレワークを実践している様々な企業のビジネスパーソンたちへの密着取材で、効率良く仕事をこなすノウハウも紹介します。 そのほか、超便利な万能キャンプギア図鑑、いま買うべき必勝株、再開発で進化する東京のトレンドスポット、注目度No. 1のスーパールーキー・佐々木朗希徹底解剖など、今、知りたい情報がてんこ盛りのDIME6月号、ぜひお買い求めください。 構成/こじへい.

次の