銀線細工。 銀線細工のシルバーアクセサリー一覧。バリ島チュルク村から直送

What’s 秋田銀線細工

銀線細工

職人さんの魔法の手から生まれた 銀線細工のアクセサリー バリ島のチュルク村は、 世界的に有名な銀細工の村です。 古来、 高貴な人々の魔除けの銀剣(クリス)の製作を起源に、現在ではアクセサリーから、銀線細工、銀食器などなど。 様々なスタイルの銀製品が作られています。 チュルク村の銀製品は、 現在でも伝統的な手法と、職人さんの手作りでひとつひとつ大切に作られています。 また、 インドネシア中の手作りのシルバーアクセサリーが集まってくる銀製品の中継地点でもあり、目を見張るほどの種類やスタイルがあります。 当店では、その中でも 銀線細工と呼ばれる、シルバーアクセサリーを中心にセレクトいたしました。 銀線細工のアクセサリーは、銀線と呼ばれるsv925の純度の高い白い銀の糸を巻き上げ作った、本物の銀線細工です!• 美脚効果のヨガパンツ、トップス、ヨガスカートなど• アタバッグ、キッチン雑貨、インテリア、アタ製小物• ガムランボール、携帯ストラップ、キーホルダー• ジェンガラやカトラリー、イカット&バティック小物• SV1000の純銀から、ネックレスやピアス、ブレス• ヒーリングベルやお花、CDや絵画、バスグッズ• インドネシアのろうけつ染め。 こだわりのバティック達• インドネシアの絣織り、バリイカット・イカット・グリンシンをご紹介• インドネシアに伝わる、不思議なハーブ• 天然香水や、サリアユとムスティカラトゥのコスメ• ココロと体が癒される、バリエステ&スパ• 赤ちゃんのお肌にも優しい、手作り無添加石鹸 当店のバリ雑貨は、全て経験豊富な日本人自社スタッフが、自らクオリティーコントロールをおこなっています。 品質チェックに、エージェントや外部スタッフは一切使わず、全てを自社でコントロール。 一定の基準をクリアしたバリ雑貨のみをお届けしています。 2020年7月13日 2020年7月6日 2020年6月29日 2020年6月22日 2020年6月15日 2020年6月8日 2020年6月8日 2020年6月1日 2020年5月25日 2020年5月14日 2020年5月11日 2020年5月4日 2020年4月27日 2020年4月20日 2020年4月13日 2020年4月6日 2020年3月30日 2020年3月23日 2020年3月16日 2020年3月9日 2020年2月27日 2020年2月24日 2020年2月17日 2020年2月10日 2020年2月3日 2020年1月27日 2020年1月20日 2020年1月7日 2020年1月6日.

次の

秋田銀線細工職人 佐藤 房雄

銀線細工

この動画でつくられている、見れば見るほど繊細な工芸品の魅力を探るべく、今回はそのルーツや伝統技術をひも解いてみよう。 秋田県が銀の都!? 日本最大の銀産出量を誇る歴史があった 日本での銀線細工の歴史については諸説がたくさんあるが、平戸(長崎)の貿易港で行われていたヨーロッパ、東南アジアとの銀製品の取引から伝わってきたと考えられている。 それから平戸藩の江戸屋敷が秋田藩へ近接したことによる親交があったといわれており、その秋田にある院内・阿仁の両鉱山で良質な金・銀が次々と産出されたことから、歴代藩主の保護奨励の下、銀を用いた武具やキセル、かんざしなどの装飾品をつくるようになったのである。 指先だけで1つの線を紡ぐという、技術的価値の高い職人技 銀線細工の基礎となる渦巻き状の形「平戸」。 指先とピンセットでつくっていく緻密な作業だ 秋田銀線細工はすべて熟練の職人による手作業。 この技術を習得するには10年かかるといわれ、技術的な価値が高いことから、秋田市指定無形文化財にも認定されている。 わずか0. 2㎜ほどの銀線を数本ずつ寄り合わせ、平たくなるように潰し、波状の形成にしていく。 その銀線を使ってまずはじめるのが「平戸(ひらと)」と呼ばれる土台づくり。 それから作品の枠となる太い銀線をガスバーナーで熱し、丁寧に加工していく。 できた枠に平戸をはめ込んでいき、ようやく模様ができあがっていくのである。 この工程を重ねてできた作品は白い輝きを放ち、現在ではブローチやペンダントなどのアクセサリーとして世に生み出されている。 品格を感じるなめらかな曲線を生かした造形美 銀線だからこそ生み出せる繊細さは、可憐な花や蝶などを表現するのにふさわしいといっても過言ではない。 鋳物や銀メッキ品にはない輝きや風合いが最大の特徴なのである。 そんな秋田銀線細工は、各販売店舗や工房のほか、収蔵品として展示している秋田県立博物館をはじめとする各施設で実際に目にすることができる。 説明だけでは伝わりにくい、伝統職人による手仕事の素晴らしさをぜひ体感しに訪れてみてはいかがだろうか。

次の

趣味の銀線細工「その1」

銀線細工

この動画でつくられている、見れば見るほど繊細な工芸品の魅力を探るべく、今回はそのルーツや伝統技術をひも解いてみよう。 秋田県が銀の都!? 日本最大の銀産出量を誇る歴史があった 日本での銀線細工の歴史については諸説がたくさんあるが、平戸(長崎)の貿易港で行われていたヨーロッパ、東南アジアとの銀製品の取引から伝わってきたと考えられている。 それから平戸藩の江戸屋敷が秋田藩へ近接したことによる親交があったといわれており、その秋田にある院内・阿仁の両鉱山で良質な金・銀が次々と産出されたことから、歴代藩主の保護奨励の下、銀を用いた武具やキセル、かんざしなどの装飾品をつくるようになったのである。 指先だけで1つの線を紡ぐという、技術的価値の高い職人技 銀線細工の基礎となる渦巻き状の形「平戸」。 指先とピンセットでつくっていく緻密な作業だ 秋田銀線細工はすべて熟練の職人による手作業。 この技術を習得するには10年かかるといわれ、技術的な価値が高いことから、秋田市指定無形文化財にも認定されている。 わずか0. 2㎜ほどの銀線を数本ずつ寄り合わせ、平たくなるように潰し、波状の形成にしていく。 その銀線を使ってまずはじめるのが「平戸(ひらと)」と呼ばれる土台づくり。 それから作品の枠となる太い銀線をガスバーナーで熱し、丁寧に加工していく。 できた枠に平戸をはめ込んでいき、ようやく模様ができあがっていくのである。 この工程を重ねてできた作品は白い輝きを放ち、現在ではブローチやペンダントなどのアクセサリーとして世に生み出されている。 品格を感じるなめらかな曲線を生かした造形美 銀線だからこそ生み出せる繊細さは、可憐な花や蝶などを表現するのにふさわしいといっても過言ではない。 鋳物や銀メッキ品にはない輝きや風合いが最大の特徴なのである。 そんな秋田銀線細工は、各販売店舗や工房のほか、収蔵品として展示している秋田県立博物館をはじめとする各施設で実際に目にすることができる。 説明だけでは伝わりにくい、伝統職人による手仕事の素晴らしさをぜひ体感しに訪れてみてはいかがだろうか。

次の