インスタグラム 退会。 インスタグラムのアカウント削除方法(退会)を解説/一時停止との違いも

インスタグラムをAndroidスマホのアプリから退会する方法

インスタグラム 退会

Instagramを完全に退会したい時、退会ページからアカウント削除する方法を紹介。 Instagramでは、アカウントを一時停止するか完全に削除をすることで、アカウントを無効にすることが出来ます。 一時停止はその名の通り、一定期間Instagramのアカウントを停止でき、InstagramのアプリやWebサイトから行えますが、完全にアカウントを削除するページは見つけづらくなっています。 Instagramのアカウントを削除するには 上記リンクは、Instagramのアカウントを完全に削除するページです。 今回は、Instagramのアカウント完全削除についての注意点や、アカウントが削除できない場合によくあるパスワードの設定について詳しく紹介していきます。 関連ページ: 目次• アカウント削除ページの見つけ方 アカウント削除ページを自身で見つける方法です。 プロフィールページ右上のオプションから、「Instagramヘルプセンター」へアクセス。 PCの場合、プロフィールページ最下部の「サポート」から、「Instagramヘルプセンター」へアクセス可能です。 ヘルプセンター内のメニュー「アカウント管理」から「アカウントの削除」を選択します。 「自分のアカウントを削除するにはどうすればよいですか。 」を選択するとアカウント削除ページへの案内が表示されます。 アカウント削除前の注意点 アカウント削除は、にて、削除理由を選択してパスワードを入力すると完了です。 アカウントの完全削除は一時停止と異なり、アカウント削除後はInstagramに投稿した写真の閲覧などを行うことができません。 大切な写真が自身のInstagramアカウント内にある場合は、アカウント削除前にバックアップを取るようにしておきましょう。 アカウント削除する為のパスワードがわからない アカウントを削除する為にはパスワードが必要です。 Instagramのアカウント作成方法によっては、パスワードを設定せずに登録がされていることがあります。 InstagramはFacebookと連携して登録することが可能になっているので、Facebookアカウントと連携して登録した場合はパスワードを設定せずに登録されています。 Instagramのアカウントを完全に削除したいけどできない理由として多いのが、パスワードがわからないという方が多いのではないでしょうか。 パスワードの再設定方法 Facebookと連携している場合、オプションページの「パスワード変更」から「Facebookでリセット」をすることで簡単に変更をすることができますが、うまくいかないことがあります。 Facebookからリセットができない場合、プロフィールページから「プロフィール編集」をタップし、非公開情報のメールアドレスをタップして有効なメールアドレスに変更しましょう。 有効なメールアドレスに変更したら、ブラウザでへアクセスします。 トップページへアクセスして、ログインしている状態であればオプションページからログアウトしましょう。 再度トップページへ戻り、「アカウントをお持ちですか? ログインする」から、「パスワードを忘れた場合」をタップ。 パスワードリセットのページが表示されるので、さきほど変更したメールアドレスを入力します。 入力したメールアドレス宛にパスワードリセットの案内が届いているか確認します。 メール本文の「Reset Password」をタップして、その後の案内に従い新しいパスワードを設定しましょう。 パスワードのリセットが出来たら、再度Instagramへログインをして、にて再設定したパスワードを入力してアカウント削除が完了します。 関連ページ: Instagramダウンロード Android iOS.

次の

インスタグラムのアカウントを完全に削除(退会)する方法【2020年最新版】

インスタグラム 退会

1.Instagram(インスタグラム)を退会したいときはアカウントの削除が必要 【寝ぼけて大ボケかました】 夜中に目が覚めて携帯の画面を見たら、何やら見慣れない名前の人の写真が沢山投稿されてて「インスタウザい」と思ってアカウント削除。 厳密には退会するためにアカウントを削除するというよりは、退会をするとアカウントが削除されるという意味合いが近いでしょう。 当然削除する以上同じアカウントは基本的に二度と使うことはできません。 一度退会した後、再びインスタグラムに登録したとしても同じアカウントは利用できず、情報は共有されないためその点は注意しましょう。 2.Instagram(インスタグラム)の同アカウントでの復活の可能性があるなら退会ではなく一時停止がおすすめ インスタ。 一時停止中はそのアカウントでインスタグラムを利用、写真の投稿などはできませんが、アカウントが消えているわけではないので再開する事が可能です。 あくまでも一時的に使わない状態である、という事を示したり当分は使わないという場合に利用すると良いでしょう。 3.Instagram(インスタグラム)の退会をしてもDMの履歴は残るので消したいときはメッセージの削除が必要 起きたらインスタのDM履歴全部消えてたんだけど何事 — 野口 拓也 taku0802042 アカウントを削除すると基本的には投稿などは削除されます。 ただし、 例外として残るのが「ダイレクトメッセージ」です。 ダイレクトメッセージとはユーザーが他のユーザーとメッセージをやりとりできる機能で、わかりやすく言えばチャットのようなもの。 投稿はあくまでもそのアカウントが一方的に行っているものであるため、投稿者のアカウントが無くなれば同時に消えます。 しかしダイレクトメッセージは複数のアカウントによってやり取りされる機能であるため、例えアカウントを消したとしても送った相手、あるいは送られた相手のアカウントに履歴が残ってしまいます。 そのため、完全に自身に関係する情報を削除したいという場合はダイレクトメッセージを削除する必要があります。 ダイレクトメッセージの削除は2つあり、1つは発言を削除する方法。 こちらは個別の発言を取り消す方法であり、ダイレクトメッセージを開いて消したいメッセージを選ぶことで「送信を取り消し」が出るため、これを選ぶことで発言を削除できます。 もう一つは会話そのものを消す場合。 こちらはIOS版とAndroid版で方法が異なり、IOS版では消したいダイレクトメッセージをスワイプする事で削除するかどうかが表示されるため、削除を選んで消すことができます。 Android版はダイレクトメッセージを長押しすることで削除することができます。 そして注意点として、「ダイレクトメッセージ削除ではダイレクトメッセージをやりとりした相手側の履歴は残る」という点が挙げられます。 どういう事かというと、このダイレクトメッセージを削除する方法はあくまでも「自分のInstagramで表示しない」というだけであって、ダイレクトメッセージをやりとりした相手は普通に閲覧する事ができてしまいます。 言ってしまえばアカウント削除とあまり変わらないという事、そのため完璧に消したいという方は面倒ですが個別にメッセージを消していく必要があります。 事実、外部から画像を保存したり保存できる形式に出力してダウンロードするサイト・アプリが存在しているため、基本的には保存ができません。 しかしそれはあくまでも「他人の投稿」の話であり、 自分自身のアカウントで投稿したものであれば問題なく保存できます。 保存方法はまずプロフィール画面から設定へ移動し、アカウントを選択。 IOSであれば元の写真、Androidであれば元の投稿を選び、元の写真を保存・元の投稿を保存を選ぶことで、自分が投稿した写真が保存されます。 退会手順はもちろんの事前述したダイレクトメッセージを削除するかどうか、自身が投稿した写真や動画、ストーリーズを端末内に保存するかどうか、なども事前に確認しておく必要があるでしょう。 1.Instagram(インスタグラム)を退会すると復活はできない Instagramで確認しておくべき事の1つとして、上記でも軽く触れましたが退会すると同じユーザーとして再開する事はできません。 仮に再びInstagramを再開したとしても、それは新規登録をした別アカウントになります。 連続性は無く、設定や投稿履歴などの引き継ぎ・インポートは不可能であるため、本当に退会しても大丈夫かを確認しておきましょう。 2.Instagram(インスタグラム)の退会をしたアカウントでの新規登録はできない また、退会する前に使用していたアカウントを再び登録することはできません。 上記の引き継ぎができないという解説の通り、続きから再開する事ができないだけでなく、そもそも一度使用したアカウントは再度登録する事自体ができないのです。 そのため、全くの新しいアカウントを作らなければならないため、再開する際にはその手間を必要とする事になります。 連続性がなくなるだけでなく、単純に手間が増えるという欠点もあるため、再開する予定があるのであれば一時停止に留めておくと良いでしょう。 6.Instagram(インスタグラム)の退会手順 今またcommun itについて調べてみたけど日本語の説明ってないね?Twitterやfacebookの見本(?)みたいなのは見つけたけど。 これはSNSの管理ボックス的な何か?フォロワー数を増やしたりはしなくて良いけど、説明が英語しかないのは不安。 退会する手順も英文だし。 退会=アカウント削除であるため、当然ながらボタン1つで消去完了なんて簡単ではありません。 とはいっても何かしら特殊な手順が必要だったり、条件や罰金罰則などがあるわけでもありません。 あくまでも誤操作でアカウントが削除されないように、あるいは退会しないようにという理由もあっていくつかの工程があるようなもの、特に難しい事を要求されるわけではないため安心しましょう。 1.Instagram(インスタグラム)のアカウント削除のページをブラウザで開きログインする まずはアカウント削除をするためにアカウント削除のページを開く必要があります。 この際アプリから開くのではなく、インターネットブラウザで開く必要があるため注意しましょう。 IOS・Androidともにアプリから削除、あるいはアプリを削除してもアカウントを完全に削除する事ができないため、 本当に完璧に削除するためにはブラウザ版から退会する必要があるのです。 アカウント削除ページを開いたらログインをしましょう、自動ログイン設定なら開くとすぐに次のページに移ります。 2.Instagram(インスタグラム)のアカウントを削除する理由を選択する ログインをするとアカウントを削除する理由を選択する画面へと移ります。 理由は様々、2つ目のアカウントを作ったから、広告が多すぎるから、単純に使わなくなったから、削除したいコンテンツがあるからなどなど。 あくまでただのフィードバックであるため、真面目に選んだから退会の際になにか有利不利があるというわけでは無いため、 正直なところ適当に選んでも問題ないでしょう。 特に理由はないという方はその他を選んでおくと良いでしょう。 3.Instagram(インスタグラム)のパスワードを再入力してアカウントを削除する 理由を選んだ後はパスワードを入力しましょう。 パスワードはログイン時のものと同じで、入力した後に下部にある赤色の 「アカウントを完全に削除」を選び、OKを選択することでInstagramから退会が完了します。 もし普段から自動ログインをしていてパスワードがわからない、という場合はパスワードを記入する欄の下に「パスワードを忘れた場合」という対処方法があります。 7.Instagram(インスタグラム)の退会をしたと思ってもアカウント削除できてないパターン インスタ、パスワード分からなくて永遠とログインと退会できないから、まずはそこからやり方教えてほしいです😭 秘書室用のアカウント作りたい…。 退会は確実にした、なのにアカウントがなぜか残っているというパターン、退会したと思ったら退会ができていないパターンなど。 あるいは前述した通り、 アプリ版の方からアカウントを削除して完全に削除できていなかったパターンなど。 アカウントを削除できていない理由としていくつか考えられるのは、まず削除ではなく一時停止していたという場合。 再開できるという事はアカウントが削除できていないという事、しかしユーザー検索やプロフィールは探しても見つからない、なんてパターンがあるかもしれません。 一時停止中は基本的にアカウントが無いものとして扱われるため、アカウントを削除した際と同様にユーザー検索にも出てこず、プロフィールも表示されなくなります。 そのため一見削除しているように見えていた、という可能性があるかもしれません。 他には上記のアプリをアンインストールしただけ、ログアウトしただけというそもそも削除していないパターン、そして「サブアカウント」を削除しただけというパターン。 通常サービスのサブアカウントと言えば、全く別にアカウントを新規登録してアカウントを複数所持している事を指しますが、Instagramにおいてサブアカウントはメインアカウントの他に最大4つまで追加できるInstagramの標準機能だったりします。 メインが別にあり、普段サブを使っていたために消したアカウントが普段使いしていたサブアカウントだった、という勘違いがあるかもしれません。 とはいえメインアカウントの削除、つまり退会とサブアカウントの削除は手順が全く異なるため上記の手順を完璧に実行してかつアカウントがいつまでも消えないという場合は一度問い合わせた方が良いでしょう。 まず、投稿した情報、アカウントに関する情報は全て消えてなくなります。 前者はストレージに保存する事で画像・動画形式でいつでも見直すことはできます。 しかし、投稿した画像や動画に対してのいいね!であったり、それまで 自身をフォローしてくれていたユーザーの数といった自分を評価していた記録が消えてなくなるというのはデメリットです。 例え新しく再開したとして、完全に同じ数のユーザーが再びフォローしてくれるとも限らず、もっと言えば一度削除した、という事を逃げたと受け取られて批難される事もあるかもしれません。 少なくとも、一般的な目線から見ると一時停止という手段もある中で削除をしたという事は「消したいなにかがあった」と受け取られる事になるでしょう。 まとめ Instagram(インスタグラム)の退会を希望するときはアカウントを確実に削除しよう 以上、Instagramの退会について解説しました。

次の

Instagram(インスタグラム)アカウントを削除/わかりやすく画像解説

インスタグラム 退会

アカウントの削除 退会 と一時停止の違い インスタグラムには「 アカウント削除 退会 」と「 アカウントの一時停止」の2つが存在します。 この2つの明確な違いとは、アカウントの一時停止はいつでも復活させることはできますが、退会はアカウントを復活されることが出来ない点です。 アカウントを完全に削除すると、インスタグラム内についていたイイネやフォロー、フォロワー、コメント、ストーリーなど全てが削除されてしまうので、退会する際は注意しなければなりません。 一方でアカウントの一時停止では、あなたがつけたコメントやイイネ、自分の投稿、ストーリー、フォロー、フォロワーなどがデータ上としては残りますが、全て非表示状態になります。 つまり、 相手からはアカウントを削除したように思われますが、実際はアカウント自体は残っている状態となるのです。 ですので、もし今後ほとぼりが冷めるまでインスタグラムから離れたいと思っている方は、まずはアカウントの一時停止から始めてみることをおすすめします。 今回は例としてiPhoneからの操作となりますが、基本的にAndroidでもパソコンからでもやり方は変わりません。 インスタグラムではアプリからアカウントを削除することができません。 削除するにはウェブからログインして行う必要があります。 まずは、ウェブでインスタグラムにログインし、ヘルプセンターより、アカウント削除ページに飛びます。 ヘルプセンターでアカウント削除ページのリンクを確認できます。 「 アカウントを削除する理由」から理由を選択しパスワードを再入力します。 理由は当てはまるものがなければその他で良いでしょう。 アカウントを完全に削除するオプションは、メニューから理由を選択した後に表示されますので間違って押してしまうことは少ないです。 最後に、「 アカウントを完全に削除」をクリックまたはタップします。 以上でアカウントの削除は完了です。 アカウントを削除するとデータを戻すことはできないため、慎重に行いましょう。 インスタグラムをやめた後もう一度投稿等をしたくなった場合アカウントを作り直す事になります。 また、アカウントを完全削除した場合はインスタグラム上からデータが消えるため、他のユーザーに過去の投稿を見られることはアカウントを削除した段階でなくなります。 フォローやフォロワーも消えるため、人との繋がりが消えてしまうのが嫌な方は簡単に消さない方が良いでしょう。 なぜなら、 削除したアカウントに使用していたIDについては2度と使えなくなるからです。 ただ登録していたアドレスが別のIDならば使用する事が出来ます。 今回はiPhoneからの操作方法となります。 まずは、ウェブからインスタグラムにログインし、マイページのオプション(歯車マーク が左上にあるので押すとオプションページに移ります。 次に 1番上にある「 プロフィールを編集」を選択します。 下にスクロールし、右下にある「 アカウントを一時的に停止する」をタップまたはクリックします。 そして、「アカウントを停止する理由」から理由を選択しパスワードを再入力します。 理由は当てはまるものがなければその他で良いです。 アカウントを一時的に停止するためのオプションは、メニューから理由を選択しないと表示されません。 こちらも押し間違えは少ないと思います。 最後に、「 アカウントの一時的な停止」をタップまたはクリックして一時停止の完了です。 アカウントを一時停止から再開/復活させる方法 アカウントの一時停止は、インスタグラムのアカウントは削除せずサービスの利用を一時的に辞める人に使われます。 アカウントの一時停止はアカウントの削除と違い、再度ログインすることでまた利用可能になります。 一点注意点があるとすると、アカウントを復活させるにはアプリ版のインスタグラムからログインしなければなりません。 また、アカウントの一時停止からあまり時間を置いていない場合は、アカウントの停止処理が完了していないので再開することはできません。 復活する際は一日ほど時間を置いてからログインしたほうが良いでしょう。 ログインせずに写真や投稿だけを見たい場合 アカウントは削除したが、投稿などは見たいという方も中にはいるかもしれません。 インスタグラムではウェブ上でよければ投稿をアカウントがなくても見る事が出来ます。 ウェブで検索する際に、インスタグラム (調べたいもの)で検索すると見る事が出来ます。 アカウントを削除して投稿だけ見れれば良い方はこの方法が良いかもしれません。 ただ、ウェブでいちいち検索となると不便ですし、いち早く投稿を確認できなく、コメントやいいねもできません。 アカウントがあると良いのは、見たいユーザーの投稿を随時確認したい場合に、通知などをアプリから取得できる点やだと思います。 この方法はあくまで自分のタイミングで投稿を見る方や、コメントなどせず見るだけで良いという方向けになります。 それでも良い方はこの方法を試してみてください。 アカウント削除に関するよくある質問 【1】削除後の復活はできるのか? アカウントを完全に削除した場合はデータの復活は不可能です。 復活予定がある場合、データを保持する一時停止機能を利用しましょう。 【2】アカウント削除後同じユーザIDは使えますか? 同じユーザIDは二度と使うことができません。 成りすましを防ぐためにインスタグラムのサーバー上にユーザーIDは全て残ります。 そのため、再度同じユーザIDでアカウントを作ろうとしても拒否されます。 ですので、もしユーザIDの重複を防ぎたい場合は、退会時に適当なユーザIDにしてから退会しておくと良いでしょう。 【3】退会するとどうなる? インスタグラムを退会すると、あなたのアカウントで行われたアクションが全て消滅します。 自分の投稿、ストーリー、相手へのコメント、イイネが全て削除され、二度と復活することができません。 また、インスタグラムのURLを引用してブログやTwitter、Facebookに貼っていた場合、それらのURLは全て無効となります。 【4】アカウントの一時停止ができません アカウントの一時停止は1週間に1回だけ行うことができます。 アカウントの一時停止ができない方は、もしかすると1週間のうちに2回以上一時停止と復活を繰り返している可能性があります。 【5】一時停止の注意点はある? 利用を停止するだけではななく、インスタグラム上では一時停止中のアカウントを確認できません。 そのため離れている間アカウントを他の方に見られることはないので、非公開設定などにする必要がありません。 フォローやフォロワーについてですが、一時停止中は非表示状態になります。 そのため自分がフォローしているユーザーのフォロワーに自分のアカウントは表示されません。 また自分のフォロワーのフォローにも表示されません。 しかし、あくまでアカウントの一時停止なので、ログインし直した際に復活します。 一時停止中はアカウントを削除した人と同じ扱いになりますが、基本的にログインし直した時に利用していた時の状態に戻るので安心してください。 インスタグラムアカウント完全削除/まとめ 以上が、インスタグラムのアカウントを完全に削除する方法と、一時停止についての解説でした。 今後復帰の予定がある場合はアカウントの一時停止、完全にインスタグラムを辞めたい場合は今回ご紹介した削除方法を試してください。

次の