オンライン ピル。 オンライン診療に関するホームページ|厚生労働省

オンライン診療でピル処方可能なアプリ【スマルナ】を試してみた。

オンライン ピル

ピル、アフターピルがご自宅に届きます! スマホやネットがあれば、オンライン診療、オンライン処方が可能です。 時間の余裕がなく、お急ぎの方には「速達」で即日郵送、自宅まで出来るだけ早く配達します。 避妊ピルの料金表 種類 価格 マーベロン1シート 2,300円 トリキュラー1シート 2,200円 72時間有効アフターピル 9,000円 ノルレボ 12,000円 120時間有効アフターピル 12,000円 マーベロン:第二世代一相性の避妊ピルです。 安定しているので、月経前症候群、ニキビなどにも効果的です。 安い値段で処方できます。 pms(生理前の不快感)、ニキビなどにも効果的で効き目があります。 トリキュラー:第二世代の3相性の避妊ピルです。 ホルモン量が少ないので、マーベロンが合わない、マーベロンで副作用が出る方にお勧めです。 ノルレボ:定番の緊急避妊薬。 1錠タイプなので飲み忘れはありません。 価格的にやや値段が高いですが、安心を求める方にお勧めです。 72時間以内で有効です。 効き目はセックス後72時間以内であれば、95%の確率で確実に避妊できます。 プラノバールなどを流用するヤッベ法とは違いますので、「吐き気」、「実際に吐く」などの副作用の心配なく、安心して内服できます。 72時間有効アフターピル:ノルレボのジェネリックです。 価格は安いですが、内容の成分はノルレボと全く同じです。 つまり値段的に安いですか、肝心の避妊効果はノルレボと一緒です。 避妊効果は変わりません。 プラノバールなどを流用するヤッベ法とは違いますので、「吐き気」、「実際に吐く」などの副作用の心配なく、安心して内服できます。 120時間有効アフターピル:エラという新しいアフターピルです。 性交後120時間(5日以内)まで有効。 ノルレボ、ノルレボジェネリックでは72時間を過ぎ、時間的余裕がない方にお勧めです。 ラノバールなどを流用するヤッベ法とは違いますので、「吐き気」、「実際に吐く」などの副作用の心配なく、安心して内服できます。 ピル、アフターピル(緊急避妊用ピル)を処方、自宅に郵送します。 緊急を要する場合、「速達」で配送します。 「ご自宅」で、「早く」、受け取ることができるので便利です。 ネット通販とは違いますので、産婦人科医師の適切なアドバイスのもと、自宅で失敗無く、安心、安全、確実にピルをオンライン処方してもらう事ができます。 アフターピル(緊急避妊用ピル)は、妊娠を望まないセックス、コンドームの失敗などの後、72時間以内に内服しなければ効果は確実ではありません。 ところが時間内に入手できず、内服できなかったら、妊娠してしまう事をずっと考えてしまい、次の生理が来るまで毎日不安の中で過ごさなければなりません。 最悪妊娠してしまったら人工妊娠中絶手術を受けなければならず、高額な費用もそうですが、心に傷を負ってしまいます。 アフターピル(緊急避妊用ピル)は、緊急を要しますので、その場合は「速達」を選択すれば、即日発送、お住まいの地域により、最短では当日にお受け取りが可能となります。 内服まで72時間以上たってしまうかもしれない場合は、エラという新しいアフターピルがあります。 エラは120時間まで、効果が持続するので、内服が少し遅れても大丈夫です。 オンライン処方可能な薬 月経日移動(トラベルピル)はオンライン処方できません。 直接外来を受診してください。 値段の高いものでも安いものでも効き目、効果は変わりません。 当クリニックのアフターピル(緊急避妊用ピル)は、プラノバールなどの中容量ピルを流用するヤッベ法ではありません。 ですから吐気も無く、実際に吐く心配もなく、安心、安全に内服する事が出来ます。 アフターピル内服後、いつも通りに生理が来たら、妊娠にしなかったということで、避妊成功です。 もう大丈夫です。 「コンドームが外れてしまった」「コンドームに穴が開いていた」「セックスの途中からコンドームをつけた」「でコンドームなしで性交渉したなどの場合、望まない妊娠、中絶を回避するために、避妊ピル、アフターピル(緊急避妊薬)を内服する必要があります。 WHOは、ピルを服用できない医学上の病態はなく、服用できない年齢もないという見解を示しています。 ところが日本では、低用量ピルでさえ一般的では無く、アフターピルはほとんど処方されていないのが現状です。 また、地方の小さい町には、産婦人科が1-2軒ほどしかないことが多く、そこに受診したら、すぐに町の噂になってしまうのが嫌で、受診をためらってしまう事もあるかもしれません。 日本以外ではピル、アフターピルは普通に薬局で買える国が多く、それでも安全性に問題を生じている事は殆どありません。 望まぬ妊娠、中絶を避けるためにも、オンライン処方で、速達配送で、薬をなるべく早く内服できる事が大事です。 避妊ピルはコンビニ、ドラッグストアなどでは手に入りません。 必ず、医師による処方が必要となります。 健康保険の適用とならず、自由診療のため医療機関によって値段が高いところや安いところがあります。 しかし、クリニック、病院を受診してピル処方してもらう事に、プライバシーの問題などもふくめて尻込みしてしまう方もいるかもしれません。 避妊ピルは、ネット通販、個人輸入などで安い値段で入手することもできます。 これなら、産婦人科、レディースクリニックなどの病院への受診の手間もなく、プライバシーも守られます。 ですから、産婦人科、病院へ行く暇がない人にとっては便利かもしれません。 ただし、全てが自己責任となり、リスクを負わねばなりません。 飲み方がわからないなど、不安、失敗も多く、安心、安全には使えません。 簡単に利用できるネット通販ですが、なかには、偽物を販売している悪徳業者も存在します。 効果は確実ではありません。 そのため「便利」「安い」という理由だけでピルを購入してしまうと効果が不確実などころか、自分自身の身体を危険にさらすことにもなりかねません。 その場合、万が一何かあっても通販サイトが補償してくれることはありません。 「安心」「安全」「確実さ」が欠けています。 当クリニックのスマホによるオンライン処方、自宅郵送は、危険で不確実なネット通販とは違いますので、産婦人科医師の適切なアドバイスメールのもと、安心してピルをオンライン処方してもらう事ができます。 自宅にいながら、スマホを使って、ピル、アフターピルを産婦人科医師から直接処方、郵送してもらうことができます。 急いでいる方には「速達」で、できるかぎり早く、確実に自宅などに郵送します。 交通費はなし、待ち時間もなしです。 スマホで当クリニックの産婦人科医師とのメール相談も無料です。 不確実で、配達が遅い、いつ届くかわからない、ネット通販、個人輸入とは異なります。 不安があれば当クリニックの産婦人科医師が的確なアドバイスメールを送ります。 ご利用上のご注意 オンライン処方を希望される前に 火曜日の午後・水曜日等、連絡が付きにくい時間帯がございます。 予めご了承ください。 土曜日・日曜日も発送を行っておりますが、配達業者の都合で到着までに時間がかかることがございます。 速達発送は、午前中の処方では当日午後、午後の処方では翌日午前中の発送となります。 (祝日・年末年始等を除く) 普通郵便の到着は、おおよそ札幌市内では大体1~2日、遠隔地では大体2~3日ですが、配送業者の状況によって遅延する可能性もあります。 速達の到着は、札幌市内では大体1日、遠隔地では大体1~2日ですが、配送業者の状況によって遅延する可能性もあります。 以下に該当する方は、処方は出来ません。 1、未治療の高血圧(血圧180以上) 2、糖尿病(空腹時血糖150以上) 3、前駆症状のある片頭痛(目の前がキラキラする、物が歪んで見えるなど) 4、体重80キロ以上 5、タバコ1日20本以上 6、これ以外の重い病気がある方 ピルオンライン処方の歴史 オンライン診察は既に世界では広まってきているシステムですが、日本ではあまりなじみがありませんでした。 しかし、厚生労働省から「通知」が平成9年12月24日に出され、基本的考え方として「直接の対面による場合と同等ではないにしてもこれに代替し得る程度の患者の心身の状況に関する有用な情報が得られる場合には、遠隔診療を行うことは直ちに法に触れることにはならない。 」となりました。 その後、厚生労働省による平成27年の「事務連絡」では、実施できる「地理的範囲」、「対象となる疾病」、及び「場合」が具体的に示され、可能な範囲はかなり広いものである、という認識が広がりました。 これにより、最近では、既に多くの医療機関がオンライン診療、オンライン処方を導入し始め、徐々に患者さんの認知度も上がってきております。 オンライン処方を行う医療機関は、現在となっては適法に処方を行っていることになります。 オンライン処方では、実際に医療機関を受診するよりも価格的に値段も安く薬を配達してもらえる事もあります。 地域一覧.

次の

オルビスとメドレー、「CLINICS」を活用したオルビス社員向けの健康サポートプログラム「オンラインピル外来プログラム」を開始

オンライン ピル

IV 参考資料 「電話・オンラインによる診療がますます便利になります」 ダウンロードは ・令和2年4月10日事務連絡「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的特例的な取扱について」をわかりやすく説明したリーフレットになります。 (かかりつけ医等または最寄りの医療機関) まずは、普段からかかっているかかりつけ医等にご相談ください。 かかりつけ医等をお持ちでない方は、下記のホームページから電話・オンラインによる診療を行っている最寄りの医療機関にご連絡ください。 *医師の判断によっては、すぐに医療機関を受診する必要があるため、できるだけお住いの近くの医療機関を選択することをお勧めします。 2.事前の予約 (電話の場合) 電話の場合は、医療機関に電話し、保険証などの情報を医療機関に伝えたうえで予約します。 (オンライン診療の場合) オンライン診療の場合は、医療機関によって予約方法は異なります。 詳しくは各医療機関のホームページをご覧ください。 (支払方法の確認) 予約の際に合わせて支払方法についても確認します。 3.診療 (診療開始) 医療機関側から着信があるが、オンラインで接続され、診療が開始します。 (本人確認後、症状説明) まずは、受診を希望されているご本人であることを確認するために、求められた個人情報を伝えた後に、症状等をご説明してください。 電話やオンラインによる診療では診断や処方が困難な場合があることにはご留意ください。 4.診療後 (医療機関への来訪を推奨されたら) 医療機関に来訪して受診するよう推奨された場合は、必ず医療機関に直接かかるようにしてください。 (薬の処方を受けた場合) 薬が処方され、薬の配送を希望する場合は、薬を出してもらう最寄りの薬局を医療機関に伝えたうえで、診察後、薬局に連絡してください。 電話やオンラインによる服薬指導を受けられ、その後、薬が配送されます(薬局に来訪されて服薬指導を受ける必要がある場合もあります。 また、緊急避妊に係る診療については、一定の要件に加え、産婦人科医又は厚生労働省が指定する研修を受講した医師が、初診からオンライン診療を行うことは許容されうることとしています。 ・これらの研修は、こちらで受講いただけます。 ・研修はe-learning形式です。 以下のURLで受講をお申し込みいただき、受講資格が確認された後であれば、インターネット上でいつでも受講いただけます。 ・料金はかかりません。 ・動画・テキストの閲覧後、演習問題が回答可能となっております。 演題問題を開けない場合、いづれかで閲覧完了となっていない可能性があります。 ・申込時に医籍登録番号を記載いただきます。 記入間違いがないよう、医師等資格確認検索システムで登録内容を確認後、ご申請ください。 ・歯科医師向けの研修ではありません。 *「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて(令和2年4月10日事務連絡)」より抜粋。 指針において、2020 年4月以降、オンライン診療を実施する医師は、厚生労働省が定める研修を受講しなければならないとされており、オンライン診療及び本事務連絡に基づく電話や情報通信機器を用いた診療を実施する医師は当該研修を受講することが望ましいが、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況に鑑み、本事務連絡による時限的・特例的な取扱いが継続している間は、当該研修を受講していない医師が、オンライン診療及び本事務連絡に基づく電話や情報通信機器を用いた診療を実施しても差し支えないこと。 なお、感染が収束して本事務連絡が廃止された場合は、指針に定めるとおり、研修を受講した医師でなければオンライン診療を実施できないことに留意すること。

次の

緊急避妊薬の処方はオンライン診療で可能になる方針!

オンライン ピル

ピルの飲み方 ピルに同封される初回冊子に十分説明が書いてありますので、よくご覧ください。 基本的には下記の要領です。 ポイント1 生理がきたら内服を開始してください。 生理がきたかよくわかない場合は3日目までまって、十分出血するのを確かめて開始してください。 あとは毎日1粒飲み続けるだけです。 ポイント2 ピルは4週分が1枚になっており、最後の1週は偽薬(ホルモンの入っていない空っぽの錠剤)となっています。 偽薬の3~4粒目で毎月生理になります。 ポイント3 生理を遅らせたい場合は、「生理を遅らせるための中容量ピル」をご購入頂き、偽薬の前に遅らせたい日数分だけ追加して服用してください。 中容量ピルのあとは残っている偽薬を通常通り服用すると生理がきます。 ピルの主な副作用• 1、心配ない副作用(初めて飲むかたの3割弱に見られます) 吐き気やだるさ、不正出血が見られることがありますが、通常は2枚目になるとおさまりますので内服を継続してください。 2枚目以降も続く場合は、診察や検査が必要ですのでクリニックに来院してください。 2、中止が必要な副作用(10万人に6人程度の頻度とされています) 血栓兆候(足の痛みや腫れ、胸の痛み、感じたことのない頭痛、目の見え方がおかしい、しゃべりずらい、手足の動きが悪い)がみられる場合はピルを即座に中止、救急病院を受診してください。 費用 予約料:500円 初診料:1,500円または再診料1,000円 低用量ピル代金:1枚あたり2500円~3000円 ピルの種類(自費のピルのみ) 法的には問題はありませんか? はい。 問題ありません。 以下、CLINICSのHPからの引用です。 遠隔診療とは、インターネット等を利用したビデオチャットなどで医師が患者の診察を行うことを指します。 元来、遠隔診療に対する見解は「離島や僻(へき)地の患者を診察する場合など、対面診療が物理的に難しいケースを除いて原則禁止」とするものでしたが、2015年8月10日、遠隔地にいる医師と患者を情報通信機器でつないで行う診療、いわゆる「遠隔診療」の解釈に関する新たな通達を厚生労働省が発表しました。 この通達では、患者側の要請に基づき患者側の利点を十分に勘案した上で直接の対面診療と組み合わせて行われるときは、遠隔診療でも差し支えなく、直接の対面診療を行った上で遠隔診療を行わなければならないものではない、ということが改めて確認されました。

次の