ポケモン最強。 【ポケモンGO】マスターリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

【最強】ポケモン歴代対戦環境での「ぶっ壊れポケモン」TOP10組んだぞwwwww(※解説有り)

ポケモン最強

伝説のポケモン最強ランキング。 伝説のポケモンはガチで強すぎる。。 ということで伝説のポケモン最強ランキングについて書いていく。 第一位 ミューツー 種族値が680という驚愕の数値を持っているミュウから作り出されし、最強のポケモン。 特に特別攻撃の種族値が150を超えており、エスパータイプの技を使わせれば、ほとんどのポケモンを一撃で倒すことができる。 しかも攻撃力の種族値も110を超えており、ノーマル技を覚えさせても敵ポケモンにそこそこのダメージを与えることができてしまう。 そんなポケモンがミューツーである。 さらにスピードについても種族値が130を超えており、他のポケモンより早く動けるので、強力な先制攻撃を敵ポケモンに与えることができる。 ちなみにメガミューツーに進化すると種族値の合計が780になる模様。 ミューツーの入手場所についてはハナダの洞窟の最深部にレベル70のミューツーが待ち構えている。 自分自身もミューツーを使っており、サイコキネンシスで多くのポケモンを倒しまくって優越感に浸っていたのもここだけの話。 第2位 レックウザ レックウザの種族値はミューツーと並ぶ680.メガ進化すると種族値が780まで跳ね上がる。 これもメガミューツーと同じ。 レックウザがえぐいのは特殊攻撃と攻撃力が150あること。 まさに攻撃特化型のドラゴンタイプの伝説のポケモンといってもいいだろう。 ちなみにレックウザは空の柱でレベル70でゲットできるぞ。 自分自身もレックウザを使っており、げきりんで多くの雑魚ポケモンを倒しまくっていたのはここだけのはなしである。 まさに力こそパワーである。 第3位 ルギア ルギアの種族値は680属性でほとんどのステータスが平均して高く、特にとくぼうが154と優れているポケモン。 ミューツー、レックウザのような攻撃力や特殊攻撃力をもっていないが、とくぼうが優れており、耐久力ナンバー1ポケモンといってもいいだろう。 ちなみにルギアは4レベル43になるとルギア限定のエアロブラストという威力100の最強技を覚えるぞ。 第4位 ホウオウ ホウオウもルギア、レックウザ、ミューツーと並ぶ680属性ポケモンで、ルギアとはほとんど種族値の値が同じ。 ちなみにホウオウはれべる43でせいなるほのうというホウオウ限定の威力100の最強の技を覚えるぞ。 第5位 パルキア パルキアもルギア、レックウザ、ホウオウ、ミューツーと並ぶ680属ポケモン。 種族値ではとくこうが150を超えており、とくしゅわざを使えば敵ポケモンに大ダメージを与えられるポケモン。 第6位ディアルガ ディアルガはパルキアと種族値の数値がほぼ同じの680属ポケモン。 メガ進化できないので、この順位。 第7位レシラム レシラムは680属ポケモン。 パルキア、ディアルガとおなじとくこうが150のポケモン。 まさに攻撃特化ポケモン。 第8位ゼクロム ゼクロムはレシラムと同じ680属ポケモン。 第9位 ゼルネアス。 ゼルネアスはXYに登場するでんせつのポケモン。 種族値は680属。 攻撃と特殊攻撃が130でHPが120という3つのステータスがそこそこ高い優秀なポケモン。 ゼルネアスといえば、ハッサムのバレットパンチで効果抜群のダメージを与えて倒した記憶がある。 第10位 イベルタル イベルタルはXYに登場するでんせつのポケモン。 種族値は680属。 ゼルネアスと種族値の数字はほぼ一緒。 イベルタルといえばゼルネアスのフェアリータイプの技でボコボコニされてひんしの状態になってしまったのはなつかしの思い出。 第11位 ギラティナ ギラティナはHPの種族値150に特化した種族値680属のポケモンである。 とくにこうげきの種族値が160という物理技最強ポケモン。 攻撃力が150、ぼうぎょが140で、攻めも防御も完璧なポケモンといっていいだろう。 まさに、かんたんにはたおせないポケモンの代表格。 ちなみにゲンシグラードン進化すると種族値が跳ね上がって770まで上昇することが確認されている。 自分自身もグラードンを主力ポケモンとして使っており、グラードンのひざしの特性をいかしてソーラービームを打ちまくっていた。 第14位 カイオーガ カイオーガもグラードンと同じ種族値670属のポケモン。 とくしゅこうげきが150とくぼうが140となっており、ハイドロポンプ系統の技を使えば、そこそこのポケモンなら一撃でたおせる。 ちなみに性別はなし。 第15位 キュレム キュレムは種族値630属のポケモン。 こうげきととくしゅこうげきの数値が130という攻撃に特化したポケモン。 種族値600.防御の種族値が121で防御特化型ポケモン。 ジガルデとはXYで手に入るポケモンでレベ70でゲットできるが、使い道がなくボックスで眠らせていたポケモン 第17位 ヒードラン ポケットモンスターダイヤモンドパールで登場したポケモン。 ヒードランといえばXYのオンライン対戦でよく見かけためちゃくちゃ強いポケモンの一匹。 第18位 クレセリア クレセリアとはポケットモンスターダイヤモンドパールに登場したポケモン種族値が600で、HP、防御の種族値が120、とくぼうの種族値が130.それ以外の種族値は70から80ほど。 個人的に思うのはクレセリアは耐久戦が得意なポケモンであり、持久戦に持ち込める技を覚えさせるのがいいぞ。 第19位ラティアス。 ラティアスとはルビー、サファイアでゲットできる伝説のポケモン。 種族値600で、とくぼうが130と優れている。 自分自身ルビー、サファイアをプレイしていたがラティアスに野生で出会えることはなかった。 そして捕まえたこともない。 まさに伝説のポケモン。 第20位 ラティオス ラティオスとはルビー、サファイアでゲットできる伝説のポケモン。 種族値600でとくこうが130とすぐれている。 自分もルビー、サファイアはめちゃくちゃやりこんだのにラティオスとであったことはない。 いまだにゲットできていないという厳しい現実。 第21位 コバルオン コバルオンとはブラックホワイトで登場した種族値580の伝説のポケモンである。 とくにぼうぎょが129と優秀。 第22位 テラキオン テラキオンとはブラックホワイトで登場した種族値580の伝説のポケモンである。 とくにこうげきが129と優秀。 第23位 ビリジオン ビリジオンとはブラックホワイトで登場した種族値580の伝説のポケモンである。 とくにとくぼうが129と優秀。 第24位 トルネロス トルネロスとはブラックホワイトで登場した種族値580の伝説のポケモンである。 とくにとくこうが125と優秀。 第25位 ボルトロス ボルネロスとはブラックホワイトで登場した種族値580の伝説のポケモンである。 とくにとくこうが125と優秀。 第26位 ランドロス ランドロスとはブラックホワイトで登場した種族値580の伝説のポケモンである。 とくにとくこうが115と優秀。 第27位 エムリット エムリットとはダイヤモンド・パールで登場した伝説のポケモンである。 こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼうが105のポケモン。 どれも突出した数字がなく平均的なステータス。 第28位ユクシー エムリットとはダイヤモンド・パールで登場した伝説のポケモンである。 第29位 サンダー サンダーとはポケットモンスターの初代に登場する伝説のポケモンで種族値580という数値をほこる。 種族値が弱いでんきタイプが多い中、サンダーは種族値が突出して高い。 特にとくこうの種族値は125で相当高い。 サンダーは強い電気タイプをパーティーに一体入れておきたいという人にお勧めなポケモンだぞ。 ちなみにサンダー以外のでんきポケモンはサンダース、マルマイン、ライチュウ、ライボルトなどあまり種族値も高くなくぱっとしないポケモンばかりだぞ。 第30位 フリーザー フリーザーとはこおりタイプ飛行タイプもちの種族値580属伝説の鳥のポケモン。 ドラゴンタイプの弱点をつけるこおりタイプのポケモンで種族値も高いのでドラゴン狩りにおすすめ。 とくぼうが125であり、特殊攻撃を主力でつかってくるポケモン対策におすすめ。 個人的にフリーザーは適当にマスターボールを投げて一発ゲットした思い出がある。 後、わたるのカイリューをれいとうビームで一撃で倒した思い出があるよねー。 ちなみにフリーザー以外の氷タイプのポケモンで種族値がフリーザなみのポケモンはおらず、フリーザー一強。 第31位 ファイヤー ファイヤーは種族値580でとくこうの種族値が125.ほのおタイプで主力がいない人にとってはファイヤーは重宝。 個人的にはファイヤーはチャンピオンロードで出会えたのに、捕まえずに倒してセーブしてしまい、一生ゲットできなくなってしまった。 ちなみにヒードランというファイヤーより固体値が高い伝説のほのおタイプのポケモンがいるので 第32位 ライコウ ポケットモンスター金銀で登場する初代ポケモンのファイヤー、フリーザー、サンダー的な立ち位置にいるポケモン。 種族値580属。 出会えたら奇跡。 金銀では捕まえることができずに終わったポケモンの一匹。 まずどうやって出会うんだよー。 この野郎。 第33位 スイクン スイクンとはライコウと同じ580属ポケモン。 ちなみにマスターボールを使って一発でゲット。 とくにぼうぎょととくぼうの種族値の数値が115と優秀。 スイクンはマスターボールを投げて一発ゲットした僕にとってとても思い入れが強いポケモン。 本当に大好き。 第34位 エンテイ エンテイとはほのおタイプの伝説のポケモン。 種族値は580.HP、こうげきの種族値が115で優れている。 個人的に金銀をプレイしていたが、エンテイとは出会うことができずにゲットできなかったポケモンの一匹である。 エンテイ=強さの象徴のポケモンだと思ってしまう節があるよー。 第35位 レジアイス 種族値500の伝説のポケモンレジアイス。 強さはたいしたことないが、ゲーム中に一体しかゲットできないため、伝説のポケモンといわれている。 第36位 レジロック レジロックは種族値500程度の伝説のポケモン。 ゲーム中に一体しかゲットできないため、伝説のポケモンといわれている。 第37位レジスチル レジスチルは種族値500程度の伝説のポケモン。 ゲーム中に一体しかゲットできないため、伝説のポケモンといわれている。 上記で紹介していない伝説のポケモンについては下記で紹介。 ミュウ 固体値600.すべての種族値が100.ミューツーはミュウの遺伝子を元にして作られたポケモン。 ちなみにミュウが覚えられない技はない。 セレビィ 種族値600 すべての種族値が100.セレビィの固有の技をもっていない。 種族値がどれも平均値なので、突出してつよいわけではない。 ジラーチ 種族値600 すべての種族値が100 とにかくかわいいポケモン スポンサーリンク 最後に 伝説のポケモンがこんなにいることにびびった サイト内容の無断転載厳禁 内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。 アクセス解析について このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。 クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。 Googleポリシーと規約 今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。 これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。 これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません Adsense 『アニイズム』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、をクリックしてください。 Amazonアフィリエイト 『アニイズム』は、Amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

次の

【最強】ポケモン歴代対戦環境での「ぶっ壊れポケモン」TOP10組んだぞwwwww(※解説有り)

ポケモン最強

STEP3. タイプ別最強ポケモンは?強いポケモンを知ろう 本記事のメインである、強いポケモンをご紹介します。 ポケモンはそれぞれ強さが決まっていますので、強いポケモンを選んで育てなければ、本当に強くなれません。 なお、本記事における強いポケモンとは、レイドバトルやジム戦で強いポケモンと定義します。 また、基本的には攻撃力が高いポケモンの方が活躍の場面が多いので、攻撃力重視で選んでいます。 そして、トレーナー同士のバトルは考慮していません。 〇絶対育てておきたい強いポケモン〇 【ノーマルタイプ】 第1位:ハピナス 守 第2位:カビゴン 守 第3位:ポリゴンZ 攻 【くさタイプ】 第1位:ロズレイド 攻 第2位:アローラナッシー 攻 第3位:フシギバナ 攻 【みずタイプ】 第1位:カイオーガ 攻 第2位:ラグラージ 攻・守 第3位:ギャラドス 攻 【ほのおタイプ】 第1位:ファイヤー 攻 第2位:エンテイ 攻 第3位:シャンデラ 攻 【ひこうタイプ】 第1位:レックウザ 攻 第2位:カイリュー 攻 第3位:トゲキッス 攻・守 【どくタイプ】 第1位:アローラベトベトン 守 第2位:ベトベトン 守 第3位:ドクロッグ 攻 【ドラゴンタイプ】 第1位:ディアルガ 攻 第2位:レックウザ 攻 第3位:カイリュー 攻 【じめんタイプ】 第1位:グラードン 攻 第2位:ガブリアス 攻 第3位:ドリュウズ 攻 【エスパータイプ】 第1位:ミュウツー 攻 第2位:サーナイト 攻・守 第3位:ラティオス 攻 【むしタイプ】 第1位:ハッサム 攻 第2位:カイロス 攻 第3位:ヘラクロス 攻 【いわタイプ】 第1位:ドサイドン 攻 第2位:バンギラス 攻 第3位:ラムパルド 攻 【はがねタイプ】 第1位:ディアルガ 攻 第2位:メタグロス 攻・守 第3位:ドリュウズ 守 【でんきタイプ】 第1位:ライコウ 攻 第2位:サンダー 攻 第3位:エレキブル 攻 【こおりタイプ】 第1位:マンムー 攻 第2位:グレイシア 攻 第3位:マニューラ 攻 【ゴーストタイプ】 第1位:ギラティナオリジンフォルム 攻 第2位:シャンデラ 攻 第3位:ゲンガー 攻 【あくタイプ】 第1位:ダークライ 攻 第2位:サザンドラ 攻 第3位:バンギラス 攻 【フェアリータイプ】 第1位:サーナイト 第2位:トゲキッス 第3位:アローラキュウコン STEP4. 手持ちの強いポケモンの個体値を調べ、育てるポケモンを決めよう STEP3でご紹介した強いポケモンは、手持ちにいましたか? いたのであれば、ぜひ育てたいところです。 しかし、ちょっと待ってください。 同じポケモンでも、個体値というパラメーターがあり、その値によっても強さが変わってきます。 つまり、レベルが同じでも、個体値が強いポケモンを育てるべきです。 調べ方は簡単で、ポケモンの画面から、「ポケモンを調べてもらう」を押すと、こうげき・ぼうぎょ・HPの個体値が表示されます。 上記の通り、全ての個体値がMAXのポケモンにはめったにお目にかかれませんので、ある程度の妥協は必要です。 (私も個体値100のポケモンは、二桁も持っていません。 STEP5. 技を厳選しよう 強く育てたなら、後は技マシンを使い、技を厳選することをおすすめします。 ポケモンは、レベルを上げてCPを高くするだけでなく、技も超重要です。 技を最適化していない人は、技マシンを使って技を変えるだけで、一気に強くなれる可能性があります。 基本的には、ノーマル技とスペシャル技のタイプが一致している方が強いです。 そのため、タイプが揃っていないポケモンに使うのが良いでしょう。 また、種族値が高く、変わったタイプの技を覚えるポケモンもおすすめです。 このようなポケモンを 1 匹育てると、伝説レイドバトルの相手に合わせて技マシンスペシャルで技を変えることで、かなり幅広く活躍できます。 技マシンスペシャルを使うべきおすすめのポケモンをまとめた記事を下記しておきますので、詳細をご確認ください。 STEP6. 色々なタイプのポケモンを育てよう! 強いポケモンを1体持っていても仕方がありません。 強くなるには、色々なタイプの強いポケモンを持たなければなりません。 色々なタイプの強いポケモンを持っていれば、どんなレイドボスにも有利に戦えますし、ジム戦も早くジムを破壊できますし、ロケット団も倒しやすくなります。 ぜひ、本記事を参考に、あなたが今よりも強いポケモンGOトレーナーになれることを願っております。

次の

【ポケモンGO】最新版!最強ポケモンランキング!

ポケモン最強

ポケモン 技 解放技 ディアルガを先頭に配置したパーティ 弱点の少ないディアルガを戦闘に配置したパーティ。 ディアルガはじめん・かくとう技が弱点となっている。 メルメタルのばかぢからやカイリキーのばくれつパンチ・ラグラージのじしんなどに注意しよう。 交代するポケモン 相手が自分のディアルガをみて、ポケモンを交代してきた場合、自分もポケモンを交代することで有利な盤面になる場合がある。 メルメタルを出してきた場合はラグラージ、カイリキーの場合はギラティナなど相手のポケモンを見極めて瞬時に交換しよう。 ディアルガに相棒のCPブーストをつける 相手の手持ちがわからないため一体目にディアルガ同士の対戦になる場合がある。 最高の相棒まで相棒レベルをあげることで、CPブーストのかかっている方が ゲージ技の先出しや与えられるダメージが増加するため有利になる。 ディアルガを軸にしたパーティ4 ポケモン 技 解放技 ディアルガを先頭に配置したパーティ ディアルガは勝てるポケモンが多く、マスターリーグトップクラスのポケモン。 相手もディアルガだった場合、画面上のCPを確認してどちらが高いか確認して勝てるか判断しよう!最高の相棒にするとさらに活躍! カイオーガは相手シールドを使わせる カイオーガはなみのりを覚え、高火力でこまめにゲージ技を打てる。 また、ふぶきの威力も高くなみのりと使い分けて相手のシールドを使わせることができる。 カビゴンはギラティナ対策 ギラティナ対策としてカビゴンが活躍。 ディアルガ、メルメタルと並んでマスターリーグ環境で多いギラティナに一方的に勝てるポケモン。 ディアルガ、メルメタルにもじしんで効果抜群を与えることができるため戦える範囲が広い。 メルメタルを軸にしたパーティ ポケモン 技 解放技 ギラティナを先頭に配置したパーティ 攻撃力、HP共に比較的高いギラティナ オリジン を先頭にしたパーティ。 初手からあやしいかぜを使用して、能力が上昇すればそのまま勝つこともできるポケモンだ。 ギラティナの弱点を補えるポケモンを採用 ギラティナの弱点をついてくるバンギラスや、トゲキッスといったポケモンに対して強いポケモンを採用。 初手で不利な対面にならずに相手が交代してきた場合は状況に応じてポケモンを交代しよう。 控えのギラティナに注意 相手の控えにギラティナがいる場合、自分のギラティナのHPが減っているとシールドの残りによっては対処が難しい。 相手の交代に合わせて自分も交代するなど、自分のギラティナのHPを残す戦い方をしよう。 ギラティナを軸にしたパーティ2.

次の