ソード シールド エルレイド。 【ポケモン剣盾】サーナイトの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

【6/3更新】ソードシールド(剣盾)内定ポケモン(鎧の孤島・冠の雪原)|ポケモン徹底攻略

ソード シールド エルレイド

『 ポケットモンスター ソード&シールド』で 「手持ちのポケモンが強くて、野生のポケモンを弱らせるのが大変!」 と捕まえるのに困っている方もいるのではないでしょうか。 オススメの技、ありますよ。 そう「 みねうち」です! みねうちの効果は、 相手のHPを1だけ残してくれるスグレモノ。 特に おすすめのポケモンはエルレイド! 今回は、そのエルレイドをおすすめする理由と捕まえ方についてご紹介していきます。 「みねうち」について みねうちの効果と買える場所 「みねうち」は、 相手のHPが必ず1だけ残るように手加減して攻撃する技です。 タイプ:ノーマル• 威力:40• 命中:100• PP:40 しっかり(?)弱らせてポケモンを捕まえたい!というトレーナーにおすすめ。 もしくは特定のポケモンに「わざマシン」を使うことで覚えさせることができます。 わざマシンで買える場所は、 エンジンシティの3番道路側のポケモンセンター内。 フレンドリィショップで購入できます。 価格は10,000。 みねうちを覚えるポケモン この技を覚えられるポケモンは、下記サイトあたりをご参照ください。 この中から個人的におすすめするポケモン・エルレイドを次で取り上げたいと思います。 なぜエルレイドがおすすめ? エルレイドのおすすめ理由は主に2点あります。 「みねうち」を覚える(アイテムいらずで 経済的!)• 「さいみんじゅつ」を覚える( 相手を眠らせることができる!) ひとつめはそのままですね。 この子を育てれば、 価格が10,000もする「わざマシン」を買わずに済み、とても懐にやさしいです。 ふたつめは、相手を眠らせる「 さいみんじゅつ」という状態異常の攻撃を覚えること。 ただし、「さいみんじゅつ」の命中は60と低め。 アイテム「こうかくレンズ」をエルレイドに持たせると良いと思います。 補助アイテム「こうかくレンズ」の入手方法 「さいみんじゅつ」を使うなら、命中率が少し上がる(1. 1倍)もちものの「 こうかくレンズ」がおすすめです。 入手場所は、 キルクスタウンのホテル イオニアにあります。 エレベータに乗り、左ひとつ目のドアを入ると名探偵ハウスズ劇場が行われています。 見事、犯人を推理できたら「こうかくレンズ」ゲット。 エルレイドを仲間にする方法 エルレイドを手持ちに加える方法は主に2つです。 マックスレイドバトルで捕まえる• ラルトスの生息場所 やの生息地一覧は攻略サイトでご確認いただくとして…。 (場所の目印は、この画像手前にパルスワンがシンボルで出現していました) エンジンシティ側のワイルドエリア、ミロカロ湖・北に、霧のときにいました。 位置的には、橋を渡る前。 イヌヌワン(パルスワン)がいる近くの草むらに、低確率で1匹だけ出現していました。 ラルトスは、 こちらに気づくと慌てて逃げて消えます。 自転車でぶつかりにいくと良いかもしれません。 そしてキルリアからエルレイドへは、 「 めざめいし」を使うと進化できます。 「めざめいし」の入手場所 「めざめいし」の入手方法は以下があります。 穴掘り兄弟にワットを支払って取ってきてもらう げきりんの湖のエリアは、 ナックルシティ近くのワイルドエリア、地図だと左上あたりにあります。 湖を渡った先に石柱があり、 その石の裏に 「めざめいし」含めたすべての進化の石が落ちています。 これを使ってエルレイドへ進化させ、 ポケモンセンターにいる、技を思い出させてくれる人にお願いして「みねうち」をセットしましょう! ついでに「さいみんじゅつ」もセットすると捕獲が楽です。 さいごに本ブログのポイントをおさらいしておきます。

次の

【ポケモン剣盾】キルリアの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ソード シールド エルレイド

不在のため今作では固有タイプ。 分岐進化のと同様に豊富な絡め手を持ち、一致格闘技の威力やサブウェポンのレパートリーも申し分ない器用なポケモン。 リーフブレード、かげうちなど、豊富な攻撃技を持ち、おにび、でんじは、トリック、みちづれなど多彩な補助技で後続サポートもできる。 しかし、第8世代ではメガシンカを喪失したことで半端な素早さと低い物理耐久が浮き彫りになってしまったうえに、 ゴーストタイプとダイジェットが流行しており、その双方から弱点を突かれる為窮地に追いやられている。 物理ATには珍しい補助技の豊富なレパートリーで差別化を図りたい。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 能力低下が痛い。 ドレインパンチ 闘 75 112 100 HP吸収 タイプ一致技。 回復効果付き。 ビルドアップと相性が良い。 きあいパンチ 闘 150 225 100 優先度-3 みちづれとのコンボが強力。 過去作教え技。 性能安定。 電磁波とあわせれば怯みも狙える。 格闘定番のサブウェポン。 Sアップ手段や電磁波を使うなら。 微妙なすばやさも補える。 には等倍。 じごくづき 悪 80 100 音技封じ 対エスパー・ゴースト。 性能安定。 ピーキーだが、ほえるやハイパーボイスを封じることもできる。 一撃の威力はこちらが上で追加効果が優秀。 なげつける 悪 - 100 持ち物消費 トリックルームでのくろいてっきゅうなどで。 アーマーガアにはかみなりパンチと選択。 じしん 地 100 100 - などに。 つばめがえし 飛 60 必中 - 対虫。 ダイジェットとしても。 先制技。 変化技 タイプ 命中 備考 でんじは 電 90 サポート用。 電気や地面、ひらいしん等には無効。 おにび 炎 85 物理アタッカー対策。 低めの防御を補える。 さいみんじゅつ 超 60 決まれば強力だが命中率が怪しい。 からぶりほけんとあわせて。 ちょうはつ 悪 100 補助技対策。 搭載する場合はすばやさを調整したい。 かなしばり 無 100 起点作り用。 こだわりアタッカーに。 アンコール 無 100 起点作り用。 耐久型の補助技を固定。 トリック 超 100 道具交換。 スカーフ型などで。 リフレクター 超 - サポート用。 味方の物理耐久を強化。 ひかりのかべ 超 - サポート用。 味方の特殊耐久を強化。 ミストフィールド 妖 - サポート用。 竜技の弱体化と状態異常予防。 ダブル向け。 ビルドアップ 闘 - 攻撃・防御を補強。 ドレインパンチと相性が良い。 つるぎのまい 無 - 攻撃を強化。 抜き性能の向上に。 おきみやげ 悪 100 サポート後の退場、起点作りに。 みちづれ 霊 - 苦手なアタッカーを道連れに。 今世代では連発すると必ず失敗する為注意。 スキルスワップ 超 - 強特性対策。 火力を上げる特性の他、ムラっけに。 身代わり貫通・必中。 トリックルーム 超 - 素早さが中途半端なのでスイッチトリパ用。 どちらかといえばダブル向き。 ふういん 超 - ダブル用。 まもる・トリル・両壁はじめ様々な補助技を封印できる。 いのちのしずく 水 - ダブル用。 いやしのはどう 超 - ダブル用。 ファストガード 闘 - ダブル用。 先制技防ぎやいたずらごころメタに。 ワイドガード 岩 - ダブル用。 範囲攻撃から味方を守る。 サイドチェンジ 超 - ダブル用。 努力値を振らないと耐久はさほど高くない上、格闘が少ない環境なので降臨機会は多くない。 高めの特防を活かし特殊に対して繰り出せる。 豊富な補助技を使えないのは惜しいが型が割れない内は相手が警戒することも考えて動こう。 素早さは激戦区80族なので調整も考えられる。 格闘を苦手とする相手にはインファイトで1vs1を狙うと同時に自身の早期退場を促進することも可能。 おきみやげを搭載する場合はHSベースで調整したい、搭載しない場合はASタスキ推奨。 有利な相手にはインファイトで攻勢をかけ、不利な相手には豊富な変化技を駆使して立ち回る。 アンコール、挑発や封印といった相手の行動を制限する技に長けるほか、両壁を展開することも出来る。 特筆事項はワイドガードの存在で、 これを入れないにしてもエルレイドが存在するだけで相手の全体攻撃の使用を牽制することができる。 現在解禁済みのタイプで使用できるのは自身とのみ。 先制技はかげうちとフェイントがある、どちらも無効タイプが存在するのでパーティにあわせて選択。 アタッカーと並べる場合はフェイント、サポーターと並べる場合はかげうちが使いやすいだろうか。 トリックルームも覚えるので相手にあわせて展開もしくは封印してみるのもおもしろい。 対エルレイド 注意すべき点 高い攻撃と特防、広い攻撃範囲、豊富な補助技による読みづらさ。 攻撃面では一致技に加え先制技かげうち、道具排除のはたきおとす等を持つため受けにくく、 補助技も積み技をはじめ、おにびやちょうはつでの妨害、トリックルームでの場作りと非常に多彩。 対策方法 素早さと物理耐久は高くないので、上から高火力物理アタッカーで叩けばよい。 攻撃面は物理一本なので、鬼火で割と楽に機能停止できる。 スカーフ型なら電磁波も有効。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技03 サイコショック 80 100 エスパー 特殊 10 技04 めいそう - - エスパー 変化 20 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技08 ビルドアップ - - かくとう 変化 20 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技24 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技26 じしん 100 100 じめん 物理 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技33 リフレクター - - エスパー 変化 20 技39 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20 技41 いちゃもん - 100 あく 変化 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技46 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技47 ローキック 65 100 かくとう 物理 20 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技49 エコーボイス 40 100 ノーマル 特殊 15 技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技54 みねうち 40 100 ノーマル 物理 40 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10 技61 おにび - 85 ほのお 変化 15 技67 かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技73 でんじは - 90 でんき 変化 20 技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10 技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技81 シザークロス 80 100 むし 物理 15 技84 どくづき 80 100 どく 物理 20 技85 ゆめくい 100 100 エスパー 特殊 15 技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技92 トリックルーム - - エスパー 変化 5 技99 マジカルシャイン 80 100 フェアリー 特殊 10 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の

【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

ソード シールド エルレイド

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の