約束のネバーランド 七つの壁 ごほうび。 『__』(約束のネバーランド) (あのかた)とは【ピクシブ百科事典】

約束のネバーランドネタバレ最新179話!ここが人間の世界?

約束のネバーランド 七つの壁 ごほうび

かなり久しぶりに約束のネバーランドがジャンプ本誌に掲載。 とはいえ、大きく考察出来る要素は増えなかった。 なので、残された大きな謎である、エマが要求されたごほうびについて、3度目の考察をしていく。 以前から増えた情報としては、「エマの思考や言動、行動」と、「あのお方の言動」。 Sponsored Link ヒントになりそうな情報 まずは現在明らかな情報から、あのお方の目的や、彼の求めるごほうびについて、 ヒントになりそうな情報をまとめていく。 【あのお方】 1. 七つの壁の先にいて、来た者と約束を結ぶ存在 2. エマに対して「あそぼ」と呼びかけている 3. 死んだピーターに対して「おもったよりながく楽しめたよ」と語っている 【約束とごほうび】 1. 1000年前の約束について 3. 3つのルールについての現状 5. エマの望みと願い 6. エマは全食用児で人間の世界へ行くことに疑いを持っていない このあたりが重要そうなポイント。 それぞれ簡単に見ていく。 【あのお方】 1. 七つの壁の先にいて、来た者と約束を結ぶ存在 あのお方は、七つの壁の先にいる「すべての鬼の頂点に立つ存在」とされている。 ヴィダを使った儀式の後、扉を通ると七つの壁の迷路に入る。 そこで謎を解いた者だけが、あのお方と会って約束を結ぶことが出来る。 約束に関しては後述するが、「世界を2つに分ける」と言った超常的な願いすらも叶えている。 エマに対して「あそぼ」と呼びかけている あのお方は、エマに対して「あそぼ」と語りかけている。 クヴィティダラで幻覚を見たシーン、そして七つの壁の迷路(これはエマの思考である可能性もあるが)にて聞いている。 どこまで本気かは分からないが、遊び相手を求めている、という可能性が考えられる。 死んだピーターに対して「おもったよりながく楽しめたよ」と語っている 新たに増えた情報としては、ピーター・ラートリーに対する発言。 死んでしまった彼に向け、 「おもっていたよりながくたのしめたよ」と言った後、 「1000年間ご苦労様」と、ラートリー家に向けた発言を残している。 これが何を意味するのかは後ほど考えるが、ここからあのお方の行動原理が伺えそうだ。 【約束とごほうび】 1. どんな超常的な願いでも叶うが、対価もそれなりに重い。 具体例としては、1000年前にイヴェルクとユリウス・ラートリーが結んだ約束がある。 1000年前の約束について 1000年前に、鬼と人間が「世界を棲み分け、互いを狩らない」という取り決めをした。 それを実現するため、鬼と人間は、あのお方と約束して物理的に世界を2つに分けた。 イヴェルクは、その年に実った一番良い人間の肉を献上すること。 そしてユリウスは、彼の家系は代々2つの種族の調停役をすることを命じられた。 これがそれぞれにとって、どんな意味を持つのかは次の項目で解説していく。 欲望や渇望、野望。 そういった相手が大切にしているものを彼は欲している。 では、1000年前の約束では、イヴェルクやラートリーの大切なものを奪っているのか? イヴェルクの場合、約束によって農園ができる。 その中で貴族だけが良い肉を独占する仕組みを作ろうとしていた。 が、その中で一番良い肉はあのお方に献上しなければならない。 最も欲していた良い肉は手に入らないことになる。 そして、ラートリーの場合。 ユリウスは戦いに疲弊し、人間が死んでいくことを恐れていた。 自らが死んでも構わないと思っていた中、調停役としての役割をさせられる。 解放されるつもりが、農園で人間を殺す手伝いをし、鬼とずっと関わり続けることになったのだ。 つまり、願われた内容自体は叶うが、願いの先に求めた、欲していたものを奪う。 3つのルールについての現状 そして、もう1つ新たな情報としては、約束に関して、3つのルールというものがあった。 約束は破れず、上書きもできず、あのお方へのごほうびを拒否できないというものだ。 しかしこれは、「ラートリー家は調停役をする」「その年の最上の食用児を献上する」という1000年前の両方がなくなろうとしている。 前者に関しては、むしろ職務を全うし当主が絶えたラートリーに、いたわるような発言さえしている。 後者は農園の取り潰しという、鬼側の勝手な動き。 だが、それを咎めるような言動はない。 そのあたりから、この3つのルールに関しては、あのお方は大きく重視していない可能性が高い。 エマの望みと願い では、エマはどんな望みを持って、あのお方に何を願ったのか。 彼女は、「人間も鬼も、お互いに平和に暮らしていける世界」や「全食用児の解放」を望んだ。 つまり、みんなが笑っていけるようにしたい。 望みの方向性としてはこういったものだ。 では、実際にあのお方に叶えてもらったのは、 「食用児全員で人間の世界へ行きたい。 それを最後に二世界間の行き来を完全に不可能にして」 というもの。 世界の行き来という、自分たちではどうしようもない部分の解決を、あのお方に願った。 これは、はっきりと何なのかはまだ明らかになっていないし、エマはレイにも隠していた。 すなわち、エマの持つ何か、あるいはエマに関連する何かを要求している。 簡単に考えるなら、彼女の大切なものではあるが、果たして。 エマは全食用児で人間の世界へ行くことに疑いを持っていない また、新たな情報として、農園の解体が発表された際のエマの反応。 (全農園の全食用児。 子供も大人もみんなでやっと……!ついに……!人間の世界へ……!) という思考をしている。 つまり、 全食用児が人間の世界へ行けることは確実。 そこにごほうびによる影響はないと見ていいだろう。 何が言いたいのか?これは、 「エマの家族の命」などが要求されていない、ということだ。 ごほうびによって、家族のその後に憂いがあるなら、彼女はここまで素直に喜べないはずだからだ。 エマの大切なものと言えば家族ではあるが、エマのこの思考によって、そこをごほうびとして要求された可能性は限りなく低くなった。 直接的なヒントこそ増えていないものの、意外と情報が増えている。 そのあたりから、まずはあのお方の目的を考え、じゃあごほうびとして欲しがるのは何なのか?という流れで考察していく。 Sponsored Link あのお方の望み・目的とは? さて、まずはあのお方の目的について。 彼の行動原理に関しては、正直ほとんどが謎に包まれていて、根拠もないため考えようがほとんどなかった。 せいぜいヒントになりうるのが、「あそぼ」という言葉と、現世にほとんど干渉していないことくらいか。 それらに加え、現在ではピーターへの言葉が明らかになった。 「おもったよりながくたのしめたよ」という発言だ。 これが何を意味するのか?2つあるので解説していく。 まず1つは、単純にあのお方は「楽しむ」ためにごほうびを要求したということ。 ラートリー家の行動、あるいはそれらに伴う感情を見ることで楽しんでいた。 そしてもう1つは、「おもったよりながく」というところが重要ポイント。 つまりあのお方にとって、 このごほうびはすぐに楽しめなくなるはずだったのだ。 どういうことか? ユリウス以外のラートリー当主にとって、これは嫌な仕事ではないからではないだろうか? 現実に、173話よりラートリー家の使命は何よりも誇らしい使命であるとされていた。 が、 真実を知り絶望したジェイムズ、そして一族の使命に背いた最愛の兄を殺すことになったピーターが現れた。 こう考えると文脈的に非常に納得がいく。 エマに対してあそぼ、と言っていたことや、これまでの約束がルールに背き壊されようとしていることにも寛容なことも加えて考えると……。 あのお方は、 楽しむことが最大の目的。 そして、 それの中心となるのは誰かの絶望や悪感情で、それさえ見ることができれば、調停役や肉の献上などの物理的な報奨はどうでもよい……というものではないだろうか。 願いを叶えることもふまえると、望みが叶うなどプラスの状態から、マイナスへと一気に転落するといったものである可能性が高そうだ。 エマが要求されたごほうびは何か? さて、ではそんなあのお方がエマに求めるごほうびとは何か? あのお方の目的が 「マイナスの感情、あるいはそれを伴う行動をさせること」。 そして、実際に要求されるのはエマの持つ、彼女に関係する何か。 全食用児が人間の世界へ行くという願いが叶った上で、エマを絶望させる、欲したものを奪うごほうびとなるだろう。 これらをふまえて、いくつか考えていく。 エマの家族の命 まずは、 エマの家族の命。 彼女が最も大切にしている存在のため、やはり第一に考えたいところ。 だがこれは最初に否定したとおり、かなり考えづらい。 なぜなら、 エマがそれを要求されていたのなら、もっと必死になるはずだ。 しかし、今回GFの鬼に家族が襲われることを一切警戒していなかった。 仲間の命が失われるかもしれないと知っているのなら、決して武器を下ろすことはしないはずだからだ。 エマと体を入れ替える 次に、 エマと体を入れ替えるという提案である可能性。 全食用児は人間の世界へ行く。 エマの体もそちらへ行くため、矛盾はしない。 エマは家族との交流ができないし、家族もエマに違和感を抱くだろう。 そしてあのお方は人間の世界へ行くという新たな体験ができうるため、楽しむことはできるだろう。 ただし、 この場合あのお方はエマの感情を観測できない。 ラートリーの例のように、絶望などの悪感情を観測し楽しむのなら、ちょっとこれはなさそうだ。 エマの記憶を奪う 2と似ている。 エマの体は人間の世界へ行く。 しかし、 記憶を失っているため、彼女は家族が救われたことを喜べないし、家族と楽しく過ごすことが出来ない。 だが、 少し難点なのが、エマの悪感情がないこと。 記憶を失っているため、絶望のしようもないのだ。 こちらも少し考えづらそうだ。 エマの体を鬼にする そして、以前も考えたエマの体を鬼にするという説。 こちらはけっこう未だ有力だと考えている。 2つの解釈があって、「一つは鬼だから人間の世界へ行けない」というもの。 こちらの場合、 別れた家族とエマの悪感情、両方が楽しめる。 そして、「食用児だから鬼になっても人間の世界へ行く」というパターン。 こちらは人間の世界での迫害が予想され、家族からも嫌われ、狙われうる。 どちらのパターンにせよ、展開の予測が難しく、あのお方が楽しみやすい。 また、エマが鬼になるということは、人と比べ長寿になるということ。 長い間楽しめる、という観点から見ても、あのお方としては目的を果たしやすいと考えている。 以下に結論をまとめた。 結論としては、 あのお方は願った者の悪感情を楽しんでいる。 そのために、 エマには彼女の体を鬼にすることを要求したのではないか、と。 どういうことか? まずあのお方だが、ピーターに 「おもったよりながくたのしめたよ」と語っている。 本来はそんなに長く楽しめるはずじゃなかったのだ。 何故か?これは、 凄惨な鬼との戦いや、仲間を裏切った事を知るユリウス以外には罰になりえないのだ。 事実、ラートリーの使命は尊いものとして扱われてきた。 ……が、真実を知り絶望、抵抗しようとしたジェイムズが現れ、最愛の兄に手をかけ奮戦したピーターがいた。 だから、 「思ったより長く」、悪感情を楽しめた。 そういう意味だとすると、非常に筋が通る。 じゃあ、エマに対してはどんな要求をしたのか? いろいろあるが、 彼女の家族の命ではない。 もしそうなら、農園での襲撃をもっと警戒する。 その上で、彼女の悪感情をできるだけ長く楽しめるもの……。 それは、 彼女の体を鬼にすることだ。 そうすれば、人間の世界へ行くにしろ、鬼の世界に残るにしろ、家族との仲は相当厳しいものになる。 また、鬼になれば長寿だから、彼女の絶望も長く楽しめる、という寸法だ。 それなりに有力だと考えている。 おわりに こんにちは。 ご褒美は個人的に記憶・脳・鬼化・エマの子孫に受け継がれる系かなと今の所思います。 最後のはラートリーみたいでエマが納得しない気がしますが。 前にも書かせて頂きましたが、あのお方が見たいのは約束によって大切なものを奪われた状態、本人の意思に関わらず約束に囚われた姿かなと私は思いました。 ジェイムズが言ってたように、呪いにかけられた様な姿を見たいのかも。 そして前に仰ってたように、3つのルールがこちら側の思い込みだったとしたら、「別に律儀に守らなくてもいいのに面白いなぁ 笑 」みたいに楽しんでいたのかもしれません。 しかも長く楽しめれば尚良い?しかしそうならば、単純にエマ自身の何かがご褒美ではそこまで長く楽しめないですが。 エマの「子供も大人もみんなで~」と言う言い方が、自分を含めるのか微妙だなと思いました。 でも少なくともエマは、家族が人間界で幸せに暮らせると思っている感じです。 エマ自身の何かを奪われたり離れ離れになったら家族が悲しむとエマも分かるはず。 となると、皆の記憶に干渉するのもありでは…? つまりご褒美はエマの記憶、ただしエマ本人より皆のエマに関する記憶なのでは。 忘れれば悲しみはありません。 そして食用児は全員人間界に行ける事からすると、エマ本人は食用児でなくなる展開、脳を食べられて消滅とか鬼になるか。 仰ってる通り鬼になる方が長く楽しめますね。 ただしレイだけは記憶力が特殊なのでうっすら覚えてて、そこからエマを取り返す流れになるとか。 3つのルールが実はないものだとしたらご褒美のエマを取り返す事も不可能ではないし…? …ちょっと展開が長ったらしいですかね 笑 あのお方は早くおいでと言うくらいエマを気に入ってたので、今までの流れを無視してエマだけ例外的なご褒美の可能性もあるかもですね。 ご褒美について考えると、そもそもあのお方は何なのか、どんな経緯であの地位におさまったのかの疑問に行き着きます。 お寺にある御神体?が本当にあのお方で、元は普通の鬼が無理矢理神様にされたのだとしたら、ご褒美は現世の鬼・人間達への復讐的な目的があるのかも。 逆に自ら望んで神になったのなら、単純に娯楽としてご褒美を欲しているのかもしれない。 本当に生まれながらの神ならただの気まぐれ。 考えれば考えるほど可能性が広がってしまう… 笑 Nice to meet you,Mr. KUDO. If all the edible children wanted to go to the human world,Emma would not be left alone in the demon world… By the way ,in this episode 176,Isabella killed by a demon? However,if all the edible children that Emma says includer a dults,can be not be revived? It seems that person can do that much? Who is Mr. KUDO in this work? It is bigger than anything else. Big breasts are not everything,but Gillian looks cute, has beautiful breasts, and has a nice or erotic body. To the manager, This consideratiou site is excellent.

次の

【約束のネバーランド】あのお方の目的・望みとは?エマに要求した”ごほうび”を考察

約束のネバーランド 七つの壁 ごほうび

ムジカとソンジャに再会• 人間の1000が代償だからごほうびはいらない• 行きついた先は?人間の世界… 新たな展開を迎えた『約束のネバーランド』最新178話でした。 七つの壁の鬼は「1000年ずっとうばわれてきたから、とくべつにごほうびはいらない」とのこと。 「うそーっ?!ほんと?」っと思わず口に出してしまうくらい、うまい話しですが、本当みたいです。 予想としては、• エマが鬼になる• エマだけが鬼の世界に残る など、ごほうびの要求は一筋縄ではいかないと思っていました。 これは、最新179話でまた波乱の展開がありそうですね。 それでは早速『約束のネバーランド』最新179話のネタバレをみていきましょう! また、約ネバを読むにあたって• ジャンプを買いに行くのがめんどくさい• 月曜の日付が変わった瞬間に読みたい• 雑誌は重たいのでスマホやiPadで読みたい そんなことを考えているあなたはU-NEXTを使うと上記の悩みが全て吹っ飛びます。 最初の1ヶ月は無料キャンペーンをやっているので、約ネバ読むのに一度試してみるのもいいかもしれません。 あとアニメも一緒に見れちゃいます。 これは、現代の世界に向けてのメッセージではないか?とも言われています。 鬼は、自分たちが食べる量を生産するために、人間を育てていましたね。 現実の世界では人間も同じく、食べるために鶏や豚、牛などを飼育しています。 『約束のネバーランド』の人間の世界ではなにを飼育しているのでしょうか? もしかして、逆パターンの鬼を飼育? 鬼の世界が人間の世界をあらわす鏡だとしたら、あり得るかもしれません。 エマ、ノーマン、レイの親の存在 これまで、親の存在が出てきたのはレイだけですね。 母親はイザベラでした。 しかし、父親はどこにいるのでしょうか? 母親は農園のママたちが担っているとしても、父親としての精子提供者も必要です。 鬼の世界では、大人の男の人は門番の役目を果たしているラートリー家と家来だけでした。 提供者は人間の世界の大人なのかもしれないと予想しています! そうなると、鬼の世界の食用児の農園のことを知って提供していたのでしょうか? もし、その中にエマ、ノーマン、レイの父親がいたとしたら、「なんで?」って問い詰めたくなりますね。 しかし、3人の天才ぶりを考えると、父親も只者ではないと思います! もしかしたら、人間の世界もおなじように国王制で3人のうち誰かの父親が国王なのかもしれません。 舞台はアメリカ? 今週の約ネバ読んだけど ついに人間の世界行ったし! てかご褒美なんもないとかウケるww — 土🌱🌱 rM160SdFZRctQ99 178話の最後でやっと人間の世界にいけましたね! 最後、移動した先でちらっと描かれていたのが、自由の女神と立ち並ぶビルの数々… まるで、アメリカのニューヨークみたいです。 鬼の世界では、貴族と平民の差が激しく、食べるもの着るものが全く違いましたね。 現在のアメリカでも、富裕層と貧困層の差が激しいです。 上位1%の人が持つ資産は下位99%の人が持つ資産より多いというデータもあります。 今度の『約束のネバーランド』の舞台は、アメリカで実際の人間の経済状況をテーマにストーリーを進めていくのではないでしょうか? もし、そうなればますます「少年ジャンプで扱うテーマなの?」という嬉しい裏切りがありますね。 大人としては読みごたえがあって嬉しい限りです。 ネットファンのネタバレ予想 前回の178話では、人間の世界に無事にいけるのか?鬼のごぼうびはなに?といったまだ人間の世界に行けないのではないかという不安な予想が多かったです。 『約束のネバーランド』ファンの中には、最新179話で最終回を予想する人、まだまだ波乱の展開を予想する人に分かれています。 どの予想があたるでしょうか? 約ネバ。 ノーマンの件から考えてましたがどんなに優秀な遺伝子でも病気でやられる可能性を考えると精子提供者は複数いるはずで、産む女性は数十人いて…とすると首のナンバーは頭二桁が母親、3桁目が父親を示しているのかな。 最後の二桁が皆同じなのは何だろう。 — 八千代 SedYachiyo 約ネバ、あと二回で最終回かなぁと何となく予想。 きめつはそんな感じでしたもんね…。 どうしようね…。 何を心の支えにすればいいのだ。 少年ジャンプ178話では、「次号クライマックス 表紙&巻頭カラー」と書いてありました。 最終回ではなく、新たな展開が始まると信じてます! まとめ 【WJ25号発売中】 今週の約ネバは、これまでの戦いがついに結実…!? 筆者としては、まだまだ『約束のネバーランド』を楽しみたいです! 完全に約ネバの世界観にはまっています。 終わりどころを間違えないでほしい気持ちと、まだまだ『約束のネバーランド』読みたいという気持ちが入り混じっています。 エマ達が辿り着いた人間の世界はどんなところなんでしょうか? 次週約束のネバーランド最新179話考察&最新180話ネタバレも最速でお伝えしますので、ぜひお待ちくださいませ! 最後に、最初の1ヶ月は無料キャンペーンをやっているので、約ネバ読むのに一度試してみるのもいいかもしれません。 あとアニメも一緒に見れちゃいます。

次の

約束のネバーランド全巻ネタバレ!漫画を無料や格安で読む方法は?|ワンピースネタバレ漫画考察

約束のネバーランド 七つの壁 ごほうび

ムジカとソンジャに再会• 人間の1000が代償だからごほうびはいらない• 行きついた先は?人間の世界… 新たな展開を迎えた『約束のネバーランド』最新178話でした。 七つの壁の鬼は「1000年ずっとうばわれてきたから、とくべつにごほうびはいらない」とのこと。 「うそーっ?!ほんと?」っと思わず口に出してしまうくらい、うまい話しですが、本当みたいです。 予想としては、• エマが鬼になる• エマだけが鬼の世界に残る など、ごほうびの要求は一筋縄ではいかないと思っていました。 これは、最新179話でまた波乱の展開がありそうですね。 それでは早速『約束のネバーランド』最新179話のネタバレをみていきましょう! また、約ネバを読むにあたって• ジャンプを買いに行くのがめんどくさい• 月曜の日付が変わった瞬間に読みたい• 雑誌は重たいのでスマホやiPadで読みたい そんなことを考えているあなたはU-NEXTを使うと上記の悩みが全て吹っ飛びます。 最初の1ヶ月は無料キャンペーンをやっているので、約ネバ読むのに一度試してみるのもいいかもしれません。 あとアニメも一緒に見れちゃいます。 これは、現代の世界に向けてのメッセージではないか?とも言われています。 鬼は、自分たちが食べる量を生産するために、人間を育てていましたね。 現実の世界では人間も同じく、食べるために鶏や豚、牛などを飼育しています。 『約束のネバーランド』の人間の世界ではなにを飼育しているのでしょうか? もしかして、逆パターンの鬼を飼育? 鬼の世界が人間の世界をあらわす鏡だとしたら、あり得るかもしれません。 エマ、ノーマン、レイの親の存在 これまで、親の存在が出てきたのはレイだけですね。 母親はイザベラでした。 しかし、父親はどこにいるのでしょうか? 母親は農園のママたちが担っているとしても、父親としての精子提供者も必要です。 鬼の世界では、大人の男の人は門番の役目を果たしているラートリー家と家来だけでした。 提供者は人間の世界の大人なのかもしれないと予想しています! そうなると、鬼の世界の食用児の農園のことを知って提供していたのでしょうか? もし、その中にエマ、ノーマン、レイの父親がいたとしたら、「なんで?」って問い詰めたくなりますね。 しかし、3人の天才ぶりを考えると、父親も只者ではないと思います! もしかしたら、人間の世界もおなじように国王制で3人のうち誰かの父親が国王なのかもしれません。 舞台はアメリカ? 今週の約ネバ読んだけど ついに人間の世界行ったし! てかご褒美なんもないとかウケるww — 土🌱🌱 rM160SdFZRctQ99 178話の最後でやっと人間の世界にいけましたね! 最後、移動した先でちらっと描かれていたのが、自由の女神と立ち並ぶビルの数々… まるで、アメリカのニューヨークみたいです。 鬼の世界では、貴族と平民の差が激しく、食べるもの着るものが全く違いましたね。 現在のアメリカでも、富裕層と貧困層の差が激しいです。 上位1%の人が持つ資産は下位99%の人が持つ資産より多いというデータもあります。 今度の『約束のネバーランド』の舞台は、アメリカで実際の人間の経済状況をテーマにストーリーを進めていくのではないでしょうか? もし、そうなればますます「少年ジャンプで扱うテーマなの?」という嬉しい裏切りがありますね。 大人としては読みごたえがあって嬉しい限りです。 ネットファンのネタバレ予想 前回の178話では、人間の世界に無事にいけるのか?鬼のごぼうびはなに?といったまだ人間の世界に行けないのではないかという不安な予想が多かったです。 『約束のネバーランド』ファンの中には、最新179話で最終回を予想する人、まだまだ波乱の展開を予想する人に分かれています。 どの予想があたるでしょうか? 約ネバ。 ノーマンの件から考えてましたがどんなに優秀な遺伝子でも病気でやられる可能性を考えると精子提供者は複数いるはずで、産む女性は数十人いて…とすると首のナンバーは頭二桁が母親、3桁目が父親を示しているのかな。 最後の二桁が皆同じなのは何だろう。 — 八千代 SedYachiyo 約ネバ、あと二回で最終回かなぁと何となく予想。 きめつはそんな感じでしたもんね…。 どうしようね…。 何を心の支えにすればいいのだ。 少年ジャンプ178話では、「次号クライマックス 表紙&巻頭カラー」と書いてありました。 最終回ではなく、新たな展開が始まると信じてます! まとめ 【WJ25号発売中】 今週の約ネバは、これまでの戦いがついに結実…!? 筆者としては、まだまだ『約束のネバーランド』を楽しみたいです! 完全に約ネバの世界観にはまっています。 終わりどころを間違えないでほしい気持ちと、まだまだ『約束のネバーランド』読みたいという気持ちが入り混じっています。 エマ達が辿り着いた人間の世界はどんなところなんでしょうか? 次週約束のネバーランド最新179話考察&最新180話ネタバレも最速でお伝えしますので、ぜひお待ちくださいませ! 最後に、最初の1ヶ月は無料キャンペーンをやっているので、約ネバ読むのに一度試してみるのもいいかもしれません。 あとアニメも一緒に見れちゃいます。

次の