血液 クレンジング 芸能人。 【トンデモ医療】血液クレンジングを宣伝していた芸能人、著名人、元締めの医師のリスト。

美容医療!美魔女に人気の血液クレンジング(オゾン療法)の危険性

血液 クレンジング 芸能人

『血液クレンジング』という耳慣れない療法が突如ネットでトレンドワード入り。 名称そのままに、血液を1度採取し、きれいにクレンジングしてから体内へ戻すと疲労回復や免疫機能を改善する効果がある、と推奨するクリニックは主張。 《大阪も楽しかったし血液クレンジングで元気でござる》(市川海老蔵のブログより) 《血液クレンジングもあるというので、疲れていたのでやってみた この容器に血が吸い上げられ、オゾンを混ぜて身体に戻す、のです。 僕にはとても効いたようで。。。 》(高橋克典のブログより) 《血液クレンジングとニンニク注射したからバッチリね! 》(ISSAのツイッターより) 『血液クレンジング』という健康法が、突如としてネットをにぎわせている。 前出に加え、仲里依紗や高橋みなみ、田中律子などもSNSでこの療法を拡散している。 過去には'12年に亡くなった森光子さんも愛好者だったという。 血液クレンジングとはいったい何なのか。 こちらを商標登録しているという、東京都中央区にある『医療法人財団健康院』のホームページを見ると、 《医療用オゾンを血液に混ぜて反応させる点滴です。 抗酸化力の向上・血液の流れの改善・免疫力のアップなどの効果が期待でき、身体がもつ本来の力を高めます》 具体的には、 《100〜150ccの血液を採血》 《医療用オゾンを混ぜて酸素を含んだ血液を、点滴で体内に戻します》 という施術。 料金は初回特別価格で1万1000円。 次回からは1回につき2万5000円ほど。 月に1〜2回の施術をすすめている。 その他のクリニックも同程度の料金で、このくらいが相場のようだ。 「血液クレンジングを拡散していたタレントも多かったため、否定意見も多く飛び交い、炎上状態になりました。 ISSAさんや田中律子さんは、施術を受けたことをアップしていた投稿内容を削除していましたね」(スポーツ紙記者) 医学的な見地から、血液クレンジングはどのようなものなのか。 「欧米では150年以上前から知られている方法ですね」 そう話すのは、新潟大学名誉教授で、医療統計の第一人者と呼ばれる医学博士の岡田正彦先生。 欧米ではかなり昔から、例えば関節の中に菌が入った人に直接オゾンを注射して入れたり、虫歯の治療に使うといった施術がありました。 患部に直接入れる方法と点滴で入れる方法、そしてもうひとつが血液を取り出してオゾンを濃縮したものを入れて、また戻す方法。 この3種類が昔からありますね」 岡田先生によると、血液クレンジング(オゾンセラピー)に関する研究論文は数多くあるという。 たくさん研究されているということは、安全? 「論文というのは、しっかりと比較研究がなされたものでなければ信用されません。 対象者を均等に2つに分け、一方には何もしない。 一方には、血液クレンジングをする。 それで短期的に効果があったか、長期的に見て副作用はなかったかを調べるといった、公平に分析したうえで論文を発表するのがまっとうなやり方です。 ところが、オゾンセラピーに関して、そういったしっかりとした調査をもとに書かれた論文は1つもない」(岡田先生、以下同) 「細胞を殺す」恐れが 研究とともに、欧米でも日本同様、血液クレンジングの施術は現在でもあるが、 「医療行為において、権威ある組織のトップは、FDAというアメリカ食品医薬品局です。 日本でいうと厚生労働省で、ここが認めた治療法は、だいたい世界中が安心して使えます。 FDAはオゾンセラピーを認可していません。 しっかりした形での比較研究をやらないとデータの信憑性はありませんから、役所は認可しません。 「よいものでも悪いものでも、比較試験がないので、科学的には判断できない、とは言えます。 しかし、血液を取り出して、オゾンを加えて元に戻す方法は、極めて危険だと思います。 酸素原子が3つついた『O3』がオゾンになります。 私自身も過酸化物質を研究してきましたが、やはりリスクがある。 酸素というのは空気中に20%程度ありますが、ちょうどそれくらいが限度であって、それ以上増えると人間の細胞は傷んでしまいます。 酸素は多すぎると人体には有害であり、それを逆手にとって菌を殺すために使われています。 さらにオゾンは、そのものが人体にとっては有害なんですね。 その理由は細胞を殺してしまうからです」 人間の血液には、白血球という外部や体内の菌や炎症から身体を守る細胞がある。 「白血球は、活性酸素を作って菌などを攻撃します。 オゾンも同じで活性化された酸素で菌を殺しているんですね。 その意味でオゾンは絶対悪ではない。 だから効果が表れる場合もあるようですが、それをどの程度使えばいいのかという量は、ものすごく微妙なもの。 薬も過ぎれば毒になりますが、その調整はほぼ不可能で、白血球にしかできない。 毒としてしか働いていないのではないかと思います」 現段階では危険 今後の可能性は? 今後、有用な療法になる可能性はあるのだろうか。 「先のことは誰にも言えませんが、理論的にはありえない。 殺菌作用があるので、ある一面を見れば効果があるかもしれない。 しかし、オゾンが有害である以上、ほかの面への悪影響から逃れられない。 現在では、さまざまな治療に抗生物質が使われています。 健康な細胞は傷めずに、悪い菌のみ殺すことができるようになっているわけです。 長い年月をかけて研究されてきた抗生物質ですら副作用があります。 それでも、効果のほうが大きいから使われているのです。 リスクが大きいにもかかわらず、過去の方法を無理して使おうとすることは、理解できませんね」 血液クレンジングを商標登録している前出の健康院に取材を依頼すると、 「当院は、貴社の取材をお受けする公的な立場にはないので、申し訳ありませんが血液クレンジング(オゾン療法)のご質問につきましては、所属学会である日本酸化療法医学会にお問い合わせいただけますでしょうか」 と返答があった。 そこで日本酸化療法医学会、および同医学会会長が所属する『東海渡井クリニック』に取材を申し込んだが、コメントを提出する旨は伝えられたが、期日までに送られてこなかった。 かの徳川家康は水銀を薬として飲んでいたという。 外部サイト.

次の

血液クレンジングって何だ!?効果あるって言ってる芸能人

血液 クレンジング 芸能人

透析というのは体力勝負なのです。 水分も含め血液中のいらないものを4~5時間で一気に抜くのですから、身体に負担がかかります。 これで何気に芸能人・有名人が知識もないままに「血液クレンジングしてきました」「良くなりそう」だと、SNSで発信しているのです。 クレンジング自体は自費診療ですし、個人の自由なのですが・・・。 芸能人・有名人の方々を見てみると、市川海老蔵さん、元AKB48の高橋みなみさん、GLAYのTERUさん、女優の田中律子さん、 サバンナ・高橋茂雄さん、タレントのGENKINGさん、城咲仁さん、はあちゅうさん・・・。 まあ、いろんな方がいますね。 医学的根拠が何もない、あっても少ないものを安易にオススメしている。 SNS上で拡散できてしまうところが、怖いですところです。 血液クレンジングとは 血液クレンジングとは、簡単に言えば、自分の血液をいったん体外に出して、オゾン(O3)を注入し、再び体に戻すものだという。 これだけ読めば、ほとんど血液透析にも近いように思えます。 そもそも医療として確立している血液透析ですが、なぜ透析が必要なのか? それは腎機能が弱ったり、その機能が果たせないから、人工透析器を使って治療しているのです。 透析では、「透析の7つのはたらき」のうち、下記の1~4を行います。 透析の7つのはたらき 1. 体内から尿毒素を取り除く 2. 体内から余分な水分を取り除く 3. 電解質バランスを整える 4. 弱アルカリ性の調節 5. 降圧剤で血圧を下げる 6. 貧血改善薬で貧血を是正する 7. 活性型ビタミンD製剤で補う。 5~7については、身体のなかではもはやできないので、注射や薬で行っているのです。 ちなみに、血液透析では透析液を使います。 透析液の中身は、Na(ナトリウム)やK(カリウム)、Ca(カルシウム)、Mg(マグネシウム)をはじめ、クロール Cl)、炭酸水素(重炭酸)、ブドウ糖が含まれていて、いずれにしても身体のなかに必要なものばかりです。 もともとはそれらの濃度が濃いために、きれいな水に薄めて使用します。 これで透析を通して、電解質バランスを整えたり、弱アルカリ性の調節を行ったりすることができるのです。 熱中症対策や、風邪などで高熱出したとき、健康な人ならスポーツ飲料などを飲みますよね。 ですが、透析者が同じ状況下で、スポーツ飲料を摂りすぎるのは良くない言われるのは、危険だからです。 すでに透析でNaやKなどの成分が体内に含まれており、かつ食事からの摂取量もあります。 しかし、尿としては出ないので体内に過剰に残ってしまいます。 後述しますが、高カリウム血症になり、最悪の場合は生命に危険を及ぼすかもしれないのです。 血液クレンジングの効果とは 肝心の血液クレンジング効果ですが、糖尿病、がん、アトピー、パーキンソン病、アルツハイマーなどの疾患に効果ある、とか。 「うーん!?本当かそんなことあるのか!」 リスクや副作用のほうにも目を向けると、高カリウム血症や心筋梗塞が起きた事例があるとも。 高カリウム血症や心筋梗塞は、透析者にとっては身近にあること。 ふだんの食事からも十分に注意していかなければならないものです。 高カリウム血症は言葉のとおり、血中のカリウム値(濃度)が高い症状です。 この症状がずっと続けば、しびれを感じ、そして不整脈や頻脈、筋力低下、吐き気といったものが出てきます。 最悪の場合は死をもたらすことさえもあるのです。 なので、透析者がカリウムの高い生果物や生野菜を極力控えているのは、そのためです。 果物ではバナナが最も多く、なつみかん、メロンと続きます。 トマトジュース、野菜ジュースも然り・・・。 また、いも類は全体的に多く、里芋が一番多く含んでいます。 どうでしょうか?全般的なイメージとしては、土からの恵みはカリウムが多く含まれるという感じがみえてきませんか。 事実そうなのです。 もし自分が健康体であったとしても、血液クレンジングはしないでしょう。 透析していても、血液クレンジング効果があるとされる疾患(糖尿病、がん、パーキンソン病など)にかかるリスクは十分に考えられます。 いや、十分にあります。 もっと本音を言わせてもらえれば「透析と一緒に治療!?できたら、効率いいわ!」って叫びたいくらいです。 血液クレンジングの料金、高っ! 血液クレンジングの料金ですが、 ・6回分の血液クレンジングとビタミン剤の代金として約50万円 ・1年間で12回の血液クレンジングで20万円・・・。 血液透析をしている私が言う立ちでないことを承知で言います。 透析は保険適用しなければ、一回3万円はかかってます(保険が効いて1~2万円ですが、当然世間からの批判も多いことも事実)。 血液クレンジングもまた、高額ですね。 本当に疾患へ効果があるというのなら良いのかもしれませんが、よくよく考えてみると、生きている(活きている)以上は、毎日しなければならないものばかりなのです。 バランスの良い食事、適度な運動。 質の良い睡眠・・・(透析していたって同じこと、食事療法や運動療法など)。 血液クレンジングしたことで「体調がよくなった」「疲労回復・スタミナ増強・・・」なんていうのは、まるで栄養ドリンクのような「一時的な効果でしかないんだなあ~」と、ただそれでしか映らないのです。 医学的根拠が何もない、あっても少ないにも関わらずです。 バランスの良い食事、適度な運動、質の良い睡眠・・・。 理想的だけど、キツイし、続かないし、面倒だし、つまらないものになってくるんでしょう。 血液クレンジング以前に、食事の仕方、運動の取り入れ方、睡眠にしても、何か工夫することはできたのでは?と思うわけです。 一時的な効果で高額なお金を投入する前に「できること」って、結構ありますよ! まとめにかえて ある投稿者のコメントに響きました、当たり前のことなのですが。 「毎日腎臓で血液クレンジングされているので、血液クレンジングなんて必要ない」。 そうなんですよ、なるほどね! 腎臓ってどんな働きをしているか知ってますか? 「透析の7つのはたらき」で触れました。 今腎臓病治療を続けている人は、賢明に真剣に取り組んで欲しいですし、健康診断等でデータが危うい人も十分に注意し、早めに治療することに越したことはありません。 腎臓の機能については、詳しくは下記を参照してみてください。 参照:「」 参照:「」.

次の

大炎上の「血液クレンジング療法」を日本の医療界は笑えるか? 現役内科医が明かす“衝撃の事実”

血液 クレンジング 芸能人

画像はイメージ 「血液クレンジング」という美容医療がSNSで物議を醸している。 この治療について聞かれた高須クリニックの院長は、「意味ねえよ」と効果を否定した。 「血液クレンジング」を行っている美容クリニックによると、この治療は採取した血液に医療用オゾンガスを注入し、血液を活性化させ再び体内に戻すというもの。 身体が本来持っている免疫力や抗酸化力を向上させるとして、慢性的な疲労やストレス、高血圧、高脂血症、糖尿病、アトピー性皮膚炎などに効果があるとしている。 以前から存在する美容医療だが、Twitterでは効果を疑問視する投稿が拡散。 フォロワーから「血液クレンジング」について聞かれた高須院長は、「オゾンのクレンジングは昔からあるよ。 意味ねえよ。 おまじないだよ」とコメント。 透析と同じような効果があるのかという質問に対しても「ない」と否定した。 医療関係者という人物からは、「静脈を酸素化させるなら、深呼吸して下さい。 それだけです」との指摘もあがっている。 一方で、過去に「血液クレンジング」を受けたことをSNSに投稿している芸能人が多数。 今回の騒動を機に、や、、、城咲仁らの過去の投稿が拡散され、揶揄する声が寄せられている。 オゾンのクレンジングは昔からあるよ。 意味ねえよ。 おまじないだよ。 — 高須克弥 katsuyatakasu ない。 — 高須克弥 katsuyatakasu 「芸能人」をもっと詳しく.

次の