お腹 の 脂肪 を 減らす 方法。 ビール腹でお腹が出る原因は?内臓脂肪を減らす方法とは?【専門家監修】

皮下脂肪の落とし方|ぽっこりお腹を解消!皮下脂肪や内臓脂肪に効果的な方法まとめ

お腹 の 脂肪 を 減らす 方法

内臓脂肪の原因や筋トレと呼吸法や運動で内臓脂肪を減らす方法!皮下脂肪との違いは? 近年、新しい健康指針として注目されているのが 腹囲です。 これまで、中年の象徴と言われていた ポッコリお腹ですが、実は見た目がよくない以前に、重大な病気を引き起こしかねないものということがわかってきました。 お腹だけが前に出っ張った状態をよく メタボ腹と言いますが、このメタボとは メタボリックシンドロームのことで、メタボリックシンドロームは日本語にすると「 内臓脂肪症候群」と言います。 つまり、 内臓脂肪は単に肥満の原因となるだけではなく、病気の原因にもなりうるのです。 そこで今回は、 内臓脂肪を効果的に落とす方法をご紹介したいと思います。 あなたのそのお腹の脂肪、「年齢だからしょうがない」と簡単に諦めずに、健康を取り戻すためにも是非、減らしてみませんか?• 内臓脂肪とは? 内臓脂肪とは、 内臓の周りにつく脂肪のことを言います。 人の内臓(胃や腸、腎臓、肝臓など)はお腹に集中しているため、他に比べてお腹周りだけ妙にポッコリしてしまうのが大きな特徴と言えます。 なぜ内臓脂肪がつくのか?その原因! 内臓脂肪がつく主な原因は食事にあります。 現代の日本人の食事は、それまで食べられていた低カロリーの和食から、脂質や糖質の多い欧米食が主流になっており、この食生活の変化こそが、内臓脂肪が増える一番の原因として考えられています。 ハンバーガーやピザ、ポテトなどは高カロリーな食べ物の代表と言えますが、外食産業が発展し24時間どこでもすぐに食べ物が手に入るコンビニやファストフードの進出で、このような食べ物は好きな時に食べることができます。 脂質の多い食事をすると、必要な分はエネルギーとなって消費されますが、余った分は脂肪となって蓄えられます。 この時、余った脂肪は肝臓を始めとした内臓に貯蓄されることから、内臓脂肪が増えてしまうのです。 内臓脂肪と皮下脂肪や体脂肪との違いは? 内臓脂肪は、最近になって比較的よく聞かれるようになった言葉で、それまで脂肪と言えば皮下脂肪のイメージが強い方が多かったのではないでしょうか。 では、この内臓脂肪と皮下脂肪には、どのような違いがあるのでしょうか。 内臓脂肪は、女性と比べて男性につきやすいと言われていますが、これは、男性は女性に比べて筋肉量が多いためにその熱源(エネルギー)の確保のためというものや、男性ホルモンに内蔵脂肪をつきやすくする働きがあるためと考えられています。 なお、内臓脂肪は内臓に脂肪がつくため、お腹周りがポッコリしてきても、 脂肪を指でつまむことができません。 お腹や腕、足などお肉が気になるところを指でつまむと、皮膚とは違う弾力や硬さを感じると思いますが、これが皮下脂肪です。 皮下脂肪は女性につきやすいと言われていますが、これは、妊娠・出産をする女性は子宮や卵巣の周辺、つまりお腹周りを保護する必要があることから、その周辺には皮下脂肪がつきやすいと考えられています。 なお、世間一般的に言われる 体脂肪とは、内臓脂肪と皮下脂肪を合わせた総称を指しています。 つまり、脂肪がついている場所や特徴に関わらず、体に付いている脂肪は全て体脂肪ということになります。 年代別の内臓脂肪レベルの男女平均値 内臓脂肪レベルとは、 自分の内臓脂肪の量がどれくらいで、平均といかほど離れているかというのを数値で知ることができるものです。 自分の内臓脂肪レベルを知るためには、内臓脂肪レベルを計ることができる体重計を利用するのがよいでしょう。 なお、男女別の内臓脂肪レベルの平均値は、以下のようになっています。 <男性の場合> 20~29才 内臓脂肪レベル6 30~39才 内臓脂肪レベル8 40~49才 内臓脂肪レベル9 50~59才 内臓脂肪レベル10 60才以上内 臓脂肪レベル12 <女性の場合> 20~29才 内臓脂肪レベル3 30~39才 内臓脂肪レベル5 40~49才 内臓脂肪レベル4 50~59才 内臓脂肪レベル7 60才以上 内臓脂肪レベル6. 5 なお、内臓脂肪レベルの標準値は次のようになっています。 9以下 標準• 10~14 やや過剰• 15以上 過剰 内臓脂肪レベルが高くなると引き起こす可能性のある生活習慣病は? 内臓脂肪は、アディポサイトカインという悪玉コレステロールを分泌し、生活習慣病を引き起こすと言われています。 つまり、 内臓脂肪レベルが高い、いわゆるメタボリックシンドロームの恐れがある方は、それだけ生活習慣病になるリスクが高いということになります。 では、内臓脂肪レベルが高くなると、一体どのような生活習慣病を発症してしまうのでしょうか。 糖尿病• 高脂血症• 脂質異常症• 高血圧• 動脈硬化 など これらの生活習慣病は、放置してしまうと、心筋梗塞や脳卒中といった重篤な病気の引き金となってしまいます。 そのため、生活習慣病を引き起こす内臓脂肪の蓄積は、早めに対処する必要があります。 内臓脂肪を落とすには? 内臓脂肪は、皮下脂肪と比べて比較的落とすのが簡単と言われています。 よく聞くのが、皮下脂肪は定期預金、内臓脂肪は普通預金という言葉。 皮下脂肪は毎月積み立てられて溜まったもののため、崩すのが容易ではないのに対し、内臓脂肪は出し入れに比較的自由が効くと言われています。 そんな内臓脂肪を落とすのに、最もよいと言われているのが有酸素運動。 とは、酸素を多く取り込む運動のことで、ウォーキングやジョギング、水泳、エアロビクスダンスなどが代表的なものです。 有酸素運動をすると、まずは筋肉に蓄えられているグリコーゲンがエネルギーとして消費され、次に脂肪が使われますが、この時皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が代謝が活発のため、優先的に使われるのです。 そのため、皮下脂肪と比べて内臓脂肪は燃えやすく、落としやすいと言われています。 内臓脂肪を落とす効果のある運動(有酸素運動) では、内臓脂肪を落とす効果のある有酸素運動には、どのようなものがあるのでしょうか。 ドローイン ドローインとは、簡単に言うとお腹を凹ませるエクササイズのことを言います。 腹部の筋肉を鍛えることで、脂肪燃焼効果を高め、内臓脂肪を落とします。 ドローインのやり方をご紹介しますので、是非参考になさってみて下さい。 タオルを2枚用意します。 足を腰幅に開き、膝を立てて仰向けに寝ます。 腰の位置にタオルを入れて、腰が反らないようにしましょう。 お腹の上にタオルを置いたら、両手の平を天井に向け、手を床につけます。 ゆっくり息を吐きながら、おへそを背中に近付けるイメージで、お腹を凹ませます。 4つ数えながら凹ませ、ゆっくりと元に戻しましょう。 お腹の上のタオルを見ながら行ってもよいでしょう。 5回を1セットとして2セット行って下さい。 ウォーキング 有酸素運動の中でも、最も簡単に行えるウォーキングは、歩く姿勢やスピードを変えるだけで脂肪の燃焼率をアップさせることができます。 スロージョギング スロージョギングは、ウォーキングとジョギングの間くらいの緩いスピードで走る有酸素運動です。 ジョギングだと息が上がって長続きしない方や、ウォーキングでは少し物足りなさを感じる方にお勧めです。 ランニング ウォーキングやスロージョギングと比べて、体力が必要となる有酸素運動ですが、その分脂肪燃焼効果も2つと比べて高くなります。 踏み台昇降運動 外に出るのが難しい方は、踏み台昇降運動がお勧めです。 専用の台がなくても、古新聞を積み重ねて床と段差を作ることで踏み台昇降が行えます。 また、階段の一段目を利用するのもよいでしょう。 内臓脂肪を落とす筋トレ 次に、内臓脂肪を落とす筋トレをご紹介したいと思います。 スクワット 1. 床に仰向けになって寝た状態から、膝を曲げ、足を浮かせます。 足を天井に向かってまっすぐ伸ばし、足を90度よりもやや中に入れてから、ゆっくりと下ろしていきます。 足は床につけずに、また元の位置まで戻し、下げるのを繰り返します。 内臓脂肪を落とすのに腹筋は効果的か? 内臓脂肪は、皮下脂肪よりも比較的落としやすい脂肪と言われており、生活習慣の改善や有酸素運動によって減らすことが可能です。 そのため、内臓脂肪を減らしたいなら、食事の内容を見直したり、日ごろの運動不足を解消するためにウォーキングやランニング、水泳といった運動の習慣をつけることが有効でしょう。 お腹がポッコリしていると、腹筋で引き締めようと思う方が多いと思いますが、内臓脂肪では腹筋よりもそちらの方がダイエットの結果が出やすいと言えます。 とは言え、腹筋は内臓脂肪を落とすのに意味がないのか、と言われたらそうではありません。 腹筋をつけても内臓についた脂肪を直接減らすことはできないものの、筋肉量が増えることで代謝が上がり、痩せやすい体を作ることができます。 そのため、腹筋でも内臓脂肪を減らすことができるでしょう。 また、お腹周りを鍛えることで、たるんだ皮膚や脂肪が引き上げられると、見た目が引き締めって痩せた印象を与えます。 このようなことから、内臓脂肪を落とすのに腹筋には意味がない、ということはありません。 内臓脂肪を減らす食事の仕方 脂肪を減らす食事というと、食べる量を少なくすることがすぐ思いつきますが、体に必要な栄養が不足すると筋肉の低下を招き、返って脂肪を溜めこみやすい体になることがわかっています。 そのため、量を減らすことよりも、様々な栄養をバランスよく摂ることがとても大切です。 その上で、 お腹いっぱい食べることはせず、腹7~8分目に抑えるのがよいでしょう。 内臓脂肪を減らす食べ物 食事の際、内臓脂肪を減らす効果のある食べ物を摂ると、効率よいですよね。 では、内臓脂肪を減らす食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。 キャベツ キャベツには食物繊維が多く含まれており、一緒に食べた物の脂肪を吸着して体外へ排出する働きに優れています。 また、体内に入ると膨れるため満腹感を得やすく、しかも低カロリーと、内臓脂肪を減らすために大いに役立ってくれます。 トマト トマトに含まれているリコピンには、脂肪を燃焼する効果があると言われています。 また、血糖値を下げる作用もあることから、糖質の吸収を抑え、脂肪が溜まるのを防いでくれます。 豆腐 豆腐には、植物性のたんぱく質が豊富に含まれているため、代謝を上げ、溜まった内臓脂肪を燃やす効果が期待できます。 オレンジ オレンジに含まれるイシトールという成分には、肝臓に溜まった脂肪を分解し排出する効果があると言われています。 豚肉 ダイエット中はお肉を控えるという方が多いと思いますが、豚肉に含まれるビタミンB群には脂質や糖質の分解を促進する働きがあることから、適量を摂ることで脂肪が燃えやすい体を作ることができます。 内臓脂肪を減らす飲み物 内臓脂肪を減らす飲み物には、次のようなものがあります。 コーヒー コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪の分解や燃焼を促進する効果があると言われています。 食後にコーヒーを飲むと、食事の脂肪を溜めこみにくくなると言われていますし、運動前にコーヒーを飲むと運動で脂肪が燃えやすくなります。 緑茶 コーヒーと同様にカフェインが含まれる緑茶には、脂肪燃焼効果が期待できます。 また、緑茶の渋み成分であるカテキンにも、脂肪の分解を促す働きがあります。 水 カフェインを含む飲み物は過剰摂取が心配、という方は、水を飲むのがよいでしょう。 長距離ランナーが水分補給を行うのは、脂肪燃焼効果を高めエネルギーを生みだすという狙いがありますが、水を飲んでもその効果を得ることができます。 内臓脂肪を減らす効果のある漢方 最近は、内臓脂肪を減らす効果がある漢方薬の存在が、にわかに注目されています。 では、それにはどのようなものがあるのでしょうか。 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) むくみや便秘といった症状を改善するため、ダイエットにも効果があると言われています。 比較的体力がある方の服用がお勧めです。 参考URL: 扁鵲(へんせき) 胃腸の働きを活発にして代謝を高めることで、内臓脂肪の燃焼に効果があると言われています。 なお、胃腸の弱い方や妊婦などは、医師へ相談をして下さい。 参考URL: ナイシトール 防風通聖散のエキスを抽出し、錠剤にしたものです。 粉末状の漢方が苦手な方にお勧めですが、授乳中の方は服用を避けて下さい。 参考URL: 内臓脂肪を落とすのに効果的なサプリおすすめ3選 内臓脂肪を落とすには、有酸素運動の他にサプリメントを利用してみるのもよいでしょう。 内臓脂肪は皮下脂肪に比べて比較的ダイエット効果が出やすいと言われているため、サプリメントの力を借りることで、より効率的にダイエットを進めることができると思います。 シボヘール シボヘールに含まれている葛の花由来イソフラボンには、体内に吸収される脂肪を阻害したり、脂肪の分解や燃焼を促進する働きがあると言われています。 内臓脂肪のみならず、皮下脂肪を減らすためにもよいと言われているサプリメントです。 参考URL: ラクトフェリン ラクトフェリンは母乳にも含まれている成分なのですが、近年、内臓脂肪を減らす効果があることが認められています。 こちらのサプリメントは機能性表示食品となっており、科学的根拠が認証されているものとなっています。 どちらも血行を促進する作用があると言われており、それによって代謝を高め、脂肪燃焼効果がアップすると言われています。 参考URL: コンビニで買える内臓脂肪を減らす「特保のお茶」おすすめ3選! 内臓脂肪を減らすには、生活習慣を変えることが重要になります。 食事の内容を見直したり運動を行うことで、内臓脂肪は比較的簡単に減らすことができると言われていますが、もっと気軽に内臓脂肪を減らしたいなら、トクホのお茶を飲むのがお勧めです。 トクホとは、消費者庁がその効果を認めたものに飲み付与されるマークですが、普段何気なく飲んでいる飲み物の中にもトクホのマークがついているものがあります。 そこでここでは、コンビニで買えるトクホのお茶をご紹介したいと思います。 ヘルシア緑茶 トクホが世間一般に広まる切っ掛けの一つのなったのが、花王が販売するヘルシア緑茶です。 ヘルシア緑茶には茶カテキンが多く含まれており、この成分が脂肪の分解だけではなく代謝を促し、体脂肪を減らす効果があります。 伊右衛門 特茶 脂肪分解酵素を活性化させるケルセチン配糖体という成分が含まれるのが、サントリーが販売している伊右衛門特茶です。 すでに溜まってしまった脂肪の分解を促す効果があるため、運動と併用するとよりダイエット効果を高めることができます。 また、香ばしく、苦味がやや強いため、そのような味を好む方にも選ばれています。 黒烏龍茶 ヘルシア緑茶や特茶は、すでに溜まってしまった脂肪の分解や代謝に働く成分が含まれているのに対し、黒烏龍茶は食事における脂肪の吸収を抑える働きがあるので重合ポリフェノールが含まれています。 脂っこい食事をする時に一緒に摂ると、脂肪の吸収を阻害して食べた物が脂肪として溜まるのを防いでくれます。 内臓脂肪がなかなか落ちない場合の原因と対処法 内臓脂肪とは文字通り、内臓の周りにつく脂肪のことを言います。 女性よりも男性に多いと言われ、近年はメタボリックシンドロームの診断基準の一つとされているもの。 内臓脂肪が多いということは単に見た目が太っているだけではなく、健康を害する恐れがあるとして、ダイエットに励む人も増えていますが、食事制限のみのダイエットでは内臓脂肪をなかなか減らすことはできません。 しかし、をしても内臓脂肪が落ちなくて困っているという方も多いのではないでしょうか。 内臓脂肪を減らすには、有酸素運動が効果的です。 有酸素運動にてエネルギーが不足すると、私達の体はまず筋肉に貯蔵してあるグリコーゲンを利用しますが、その次に優先的に利用されるのが内臓脂肪と言われています。 このようなことから、ジョギングや水泳など酸素を多く摂り込む運動を行うのが有効と言えるでしょう。 なお、有酸素運動で内臓脂肪を効率よく利用するには、ある程度の食事制限を行うことも欠かせません。 エネルギーになる糖質や脂質の摂取量を抑え、筋肉を作るたんぱく質を摂ったり、食物繊維が多く含まれる野菜や海草類を摂取して腸内環境を整えるのがよいでしょう。 内臓脂肪を効果的に落とす方法!【筋トレ・呼吸法・運動】のまとめ 内臓脂肪は男性に多いと言われていますが、女性とは言え肥満体型(腹囲が90㎝以上)であれば皮下脂肪と共に内臓脂肪もついていることが十分に考えられます。 そのため、男女にこだわらず、今回ご紹介した内臓脂肪を落とすための食生活や運動を取り入れ、健康を害するリスクを回避するように努めましょう。

次の

お腹まわりの脂肪を取る方法 (画像あり)

お腹 の 脂肪 を 減らす 方法

体脂肪を減らす方法?お腹周りや太もも、二の腕などのお肉が気になるから、痩せるために体脂肪を減らす方法が知りたい!しかも、若い女性だけじゃなく、おばちゃんでも痩せた体脂肪率を落とす方法が良いですよね。 あなたは、体脂肪を減らす方法でこんな間違いをしていませんか? 体脂肪を減らす方法が知りたい!というけれど、それはなぜなのでしょうか?なぜかと言うと、ダイエットをして痩せたか、太ったかというのは、体重の増減ではなく、体脂肪の増減で決まるからです。 体脂肪を減らす方法とは? 体重が増えても、体脂肪が減らすことが出来れば痩せたとなりますし、体重が減っても、体脂肪が増えれば太ったとなります。 体脂肪は見た目にそのまま影響するので、体重が変わってなくても、体脂肪が減れば引き締まって痩せて見えますよね? という背景があって、本気で痩せたいと考える女性たちは、体重ではなく体脂肪を減らす方法が知りたいと考えるわけです。 しかも、若い女性だけでなく、おばちゃんでも痩せた体脂肪を減らす方法なら、更に良いですよね? 40歳から60歳まで男女85名の身体計測値, 体脂肪率, CTによる体脂肪分布値, 体組成解析値, 代謝解析値および臨床検査値を求めて, Microsoft Excelに記録し, 各指標値の相関係数を求めて, 各指標問の関係を考察した。 中性脂肪が内臓脂肪の蓄積を起こし, インスリンは皮下・内臓いずれの脂肪も同等に増やすことが示された。 引用元: 体脂肪率を落とす方法とは? 体脂肪率を落とす方法とは、どのようなものなのでしょうか?体脂肪率は、体重のうち体脂肪の重さが占める割合を言いますから、体脂肪と筋肉を比べて、体脂肪の割合が大きくなるほど、体脂肪率が高くなります。 ということは、体脂肪を減らすと体脂肪率を落とすことになりますし、筋肉を増やすと体脂肪率を落とすことになりますね!また、これに加えて、体脂肪を燃えやすく、筋肉がつきやすくする体質改善でも、体脂肪率を落とすことになります。 体脂肪を減らすには? 体脂肪率を落とす方法の一つ目は、体脂肪を減らすことです。 体脂肪を減らすのに、もっとも効果的な方法は何なのでしょうか?体脂肪を減らす方法は様々ありますが、その中でも効果的なのが、有酸素運動です。 体脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪に分かれていますが、有酸素運動では、このどちらも減らすことが出来ます。 有酸素運動を開始して、20分までは血中脂肪を減らすことができ、20分以降からは、内臓脂肪と皮下脂肪を減らすことが出来ます。 ただし、長時間の有酸素運動は、体脂肪を減らす効果がある代わりに、体脂肪を溜めやすい体質になるという諸刃の剣です。 ですので、有酸素運動は、1日に30分程度実施するのが、体脂肪を減らす良い方法になります。 でも、有酸素運動って、単純な動きを長時間続けるから、飽きちゃうんだよね!っていう場合には、遊び要素が含まれるトランポリンがおすすめです。 トランポリンは有酸素運動でありながら、体幹 インナーマッスル も鍛えられる優れた運動です。 体脂肪を減らすには:男性 体脂肪を減らすには、男性はどのようにすれば良いのでしょうか?有酸素運動で体脂肪を減らすとともに、高強度の筋トレで筋肥大をガンガンに行って行きます。 筋肉を増やすには? 体脂肪率を落とす方法の二つ目は、筋肉を増やすことです。 筋肉を増やすには、筋トレは必須です。 これに加えて、筋肉の材料となるタンパク質やビタミンなどの摂取も必要になるので、注意が必要です。 多くの女性は、痩せる為に筋トレを敬遠する傾向にあります。 これはなぜかと言うと、筋トレをするとムキムキになって、柔らかな女性らしいスタイルでなくなってしまうと考えるからです。 このムキムキになるかも!という考えは、半分正解で半分間違っています。 なぜかというと、筋トレには、ムキムキに筋肉を大きくする筋肥大と、筋肉を引き締めて細くしなやかなスタイルを作り上げる筋密度を上げるトレーニング方法があるからです。 ですので、女性が筋トレでムキムキになりたくないけど、カラダを引き締めたいという場合には、筋密度を上げる筋トレをやる必要があります。 筋密度を上げる筋トレの詳しいやり方は、下記の特集記事を参照して下さい。 この性質の壁を越える為には、筋肉をつきやすくする栄養素を摂取する必要があります。 筋肉は日々、分解と合成を繰り返していますが、この合成を行う時に、筋肉の栄養素が不足していると筋肉はどんどん痩せ細って、筋肉が減り、体脂肪率が増える結果が待っています。 あなたと同じような食生活をしていて、運動量も変わらないのに、いつまでもスリムな女性って周りにいませんか?なぜ、同じような生活スタイルなのに、片方は痩せていて、片方は太っているんだろう…って不思議に思いませんか? このように生活スタイルが変わらないのに、スリムな女性とぽっちゃりな女性の大きな違いは体質によるものです。 スリムな女性は、痩せやすく太りにくい体質であり、ぽっちゃりな女性は、太りやすく痩せにくい体質なのです。 であれば、ぽっちゃりな女性が痩せるには、スリムな女性のように痩せやすく太りにくい体質になれば良いってことになりますよね?じゅあ、痩せやすく太りにくい体質になるには、どうすれば良いのでしょうか? その答えの一つが、既に説明済みの体脂肪を減らす為の有酸素運動や、筋肉を増やす為の筋トレのような運動です。 これを行うことによって、体脂肪率を落とすことが出来て、筋肉量が増え、基礎代謝がアップします。 基礎代謝がアップすると、何もしていない時でも、多くのカロリーを消費するようになりますから、スリムな女性のように痩せやすく太りにくい体質になれます。 でも、これって中々難しいですよね? だって、毎日、仕事や家事に忙しく、時間に追われているのに、そんな中で筋トレや有酸素運動をする時間を作るのって大変じゃないですか!たまに時間が出来て、運動をしてみると次の日 数日後かも知れませんが には、カラダが痛くて運動を続けるなんてムリってなったりもしますしね…。 ってことは、毎日忙しいアナタは、ずっとぽっちゃり女性のままで、いつまでもスリムにはなれないのでしょうか?大丈夫!そんなことはありません。 そんな時に使えるのが、酵素ドリンクです!なぁ~んだ酵素ドリンクか!知ってるよ。 って思うかも知れませんが、ここに 重要なポイントがあります。 どちらが良いかは言うまでもありませんが、多忙で時間に余裕がない代わりに、金銭的に余裕のある中年女性であれば、本当に効果のある高品質な酵素ドリンクを選ばれると良いかと思います。 なぜならば… 添加物が入っていると添加物を処理する為に余計な消化酵素を使い、内臓にも負担がかかります。 どちらもダイエットにとって マイナスですよね? そもそも論として酵素は発酵しているので、水やシロップなどで薄めなければ腐りません。 不必要な加水や添加物が入っていなければ保存料も必要がないのです。 見た目を良くするだけの着色料や香料などは論外です。 体質改善の為に飲むのだから、高栄養の方が良いですよね? 酵素ドリンクを使った 中年太り解消法には、置き換えや断食それから食事に追加する方法があります。 酵素ドリンクには、数えきれないほどの種類があります。 あなたは、体脂肪を減らす方法でこんな間違いをしていませんか? 血管は若い頃は柔らかくしなやかですが、食生活や生活習慣、老化現象などによって硬くなってしまいます。 硬くなった血管は老廃物が溜まり血流が悪化します。 血管の老化はカラダの老化と直結し、様々な病気の原因になります。 運動や食事制限を頑張っているのにダイエットを成功できない!という場合には、腸内環境を整える痩せ菌サプリを使った痩せ菌ダイエットがおすすめです。 医学誌にも掲載される痩せ菌やデブ菌とはどのようなものなのでしょうか? 体脂肪率を落とす!筋トレ 筋力トレーニング 体脂肪率を落とすには筋トレ 筋力トレーニング が良いのですが、これはなぜかというと、筋トレによって筋肉の比率が増すので、脂肪の比率が減り、体脂肪率を落とすことに繋がるからです。 体脂肪率の計り方 体脂肪率は、体内に微弱な電流を流し体内の水分への電気が通りやすいかどうかで体脂肪率を計算しています。 ですので、入浴後に計測すると、体内の水分量が通常と異なり正確な数値が出ません。 体脂肪率を計るタイミング 体脂肪率を計るタイミングとしては、起床後、運動後、食後、入浴後は避けた方が良いです。 正しい体脂肪率を計測する場合には、夕食前の16時から17時半くらいに計測するのが良いです。 更に正しく計測する場合には血液検査が必要です。 体脂肪を減らす方法で筋トレ 体脂肪を減らす方法で筋トレを行うことによって、女性でも男性でも引き締まった美しいスタイルを作り上げるだけでなく、リバウンドしないダイエットを行うことが可能になります。 体脂肪率を落とす:女性 体脂肪率を落とす時に女性の場合に困ることがあります。 それが、ムキムキになるのではないか?ということです。 この悩みを解決してくれるのが、筋密度を上げる筋トレです。 体脂肪を減らす方法:女性 体脂肪を減らす方法を女性において考える場合には、男性に比べてつきにくい筋肉をいかにしてつけていくかがポイントになってきます。 また、筋肉の付け方も男性と女性では異なります。 体脂肪率を落とす:男性 体脂肪率を落とす時に男性の場合には、二つのどちらを行っても構いません。 その二つというのは、筋肥大と筋密度を上げる筋トレです。 細マッチョなら筋密度を上げる方が良いでしょう。 体脂肪を減らす方法:男性 体脂肪を減らす方法を男性において考える場合には、女性に比べて筋肉がつきやすい特性を利用して、どんどん筋肉をつけて行くと良いでしょう。 ムキムキになったとしても男性ならなんら困ることはありません。 体脂肪を落とす食事 体脂肪を落とす食事としては、極端に食事制限をするような無茶なものは絶対にダメで、筋肉の材料になるタンパク質を中心に、ビタミン・ミネラルをバランス良く摂るようにします。 体脂肪減らす食事メニュー 体脂肪減らす食事メニューとしては、タンパク質とビタミンが豊富に摂れて肉の脂肪が避けられる下記のような食事メニューが良いとされています。• 野菜と青魚の南蛮漬け• 青魚 さんま、鯵、鰯 の圧力鍋煮• 青魚とキノコのサラダ 体脂肪を減らす方法で食事 食べ物 体脂肪を減らす方法で食事 食べ物 を考えてみると、上記の食事メニューのように青魚が筆頭に挙がります。 これは、良質な脂肪を摂取することで体脂肪を減らす方法になるという良い例だと考えられます。 体脂肪を減らすサプリ 体脂肪を減らすサプリで有効なのは、お腹の脂肪を落とす効果を消費者庁に届出している機能性表示食品である葛の花イソフラボンを含むサプリが良いです。 体脂肪を減らす!運動 体脂肪を減らす運動としては、有酸素運動が良いと考えられます。 有酸素運動は、開始してから20分までは血中の脂肪が燃焼され、20分以降は皮下脂肪と内臓脂肪が燃焼されます。 であれば、長時間やっていれば、体脂肪をどんどん減らすんだから、ずっとやり続けよう!というのは浅はかな考えです。 なぜならば、長時間の運動は脂肪がつきやすい体質を作り上げる諸刃の剣だからです。 有酸素運動を長い時間続ければ、体脂肪を減らす効果をずっと得られますが、それと同時に体脂肪がつきやすくなります。 なので、1日に30分程度が適度な運動だと言えます。 体脂肪を減らすトレーニング 体脂肪を減らすトレーニングとしては、有酸素運動が良いと話しましたが、有酸素運動は単純でつまらない!という場合には、遊び感覚で出来るトランポリンがおすすめです。 筋トレをして体脂肪を減らすのにプロテインではなぜダメなのでしょうか?プロテインでは無駄というわけではありませんが、それだけでは足りないのです。 どうしなきゃいけないのか 体重をいくら落としても体脂肪率が落ちなければ意味がありません。 ダイエットでは体脂肪率を落とす方法を選択して諦めずにコツコツと続けることが重要なのです。 痩せればそれでいいのでしょうか?体脂肪率を落とす方法ならスタイルが良くなるというわけではありません。 女性らしいスタイルを手に入れるには、ただ痩せたいというだけではダメなのです。 多くの男性はデブ女を友達にすることはあっても彼女や奥さんにしたいとは思いません。 これは、デブでモテない私が痩せてモテ女になった経験から言えることなので間違いありません。

次の

男性がお腹の脂肪を取る方法5選!筋トレや食事など重要なポイントを徹底解説

お腹 の 脂肪 を 減らす 方法

更年期に入ったら急に太りだした なぜ更年期に入ると太りやすい? 更年期とは多くの人が閉経する50歳を境にした前後5年間の45歳から55歳ぐらいの期間のこと。 更年期になるとなぜ、多くの人が太り始めると感じるのでしょうか? それは、 代謝酵素が急激に減って代謝が悪くなることと、女性ホルモンが閉経に向けて急激に減っていくことが大きな要因です。 女性ホルモンのエストロゲンが、今までは内臓に脂肪がたまらないように働いていました。 なので女性は男性のようにお腹がぽっこりと出ることは少なかったのですが、その女性ホルモンもいよいよ減ってくると男性と同じように皮下脂肪だけでなく 内臓脂肪がつき始め、今までついていなかったお腹周りの胴体部分にお肉がつき始めるのです。 今までなかった ブラジャーの上のハミ肉や脇腹やお腹が段々腹になって、ぴたっりした洋服も着れないし、今まで入っていたスカートもパンツもウエストが閉まらないという事態に。 更年期脂肪って何? 更年期脂肪とは、更年期につき始める内臓脂肪のこと。 若い頃は女性らしいボディラインをだす皮下脂肪がほとんどだったんですが、イソフラボンが分泌されなくなると内臓に脂肪がつき始め、気をつけなければ脂肪肝などの病気にもつながりかねません。 さらに、 閉経後に女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると、グルココルチコイドという副腎皮質ホルモンの1種が活性化され、さらに太り始めるという人が多くなります。 また40代、50代は仕事でも多忙を極める人も多く生活習慣が不規則であったり、ストレスなどが重なったり、 睡眠不足に落ちいたっりすると、食欲を増進するホルモンが増えどか食いをしてしまったり。 十分な睡眠時間の確保も内臓脂肪を溜め込まないためには必要 です。 がんばって更年期脂肪を減らして痩せる方法 更年期は、若い頃と違って痩せるホルモンが出なくなっていますから同じことをしてもこれはなかなか痩せません。 自力で体重を減らすためには、若い頃よりもはるかにたくさんの努力と根性が必要です。 更年期脂肪を減らす食事方法 若い時のように、食事を数食抜いてもちっとも体重が減らないのが40代、50代。 逆に 食べないことが実は太る原因になっています。 栄養不足では体が体内に少ない食事から栄養を取ろうと、どんどん省エネモードになってしまうのです。 更年期の食事法は、3食きちんと同じ時間に食べること。 朝はできるだけ早い時間に食べて、体にスイッチを入れることが大事。 6時間以上食事時間が開かないように間食も取り入れて。 間食にオススメなのは、ゆで卵やバナナ、おにぎりなど。 お菓子やケーキ類はやめて腹持ちの良い食事にしましょう。 そして「水」をしっかりと飲むように。 お茶やコーヒーでは巡りを良くする水分にはならないので、 代謝を上げるには水を1日2000mlほど飲むように心がけて。 また、体内から代謝を良くするためには、カプサイシンなど体内温度を上げる辛味成分も有効です。 取り過ぎも良くありませんが、お味噌汁に一振り程度取り入れてみても。 消化を助ける酵素も体内で減っているので、食べ物から摂ることが大事。 酵素は生野菜やお刺身、果物など火が通っていないものにに入っているので、そういった食材も食べてみてください。 食べ過ぎが一番良くないので、 腹8分目を基本にゆっくりよく噛んで20分以上時間をかけて食べるようにしましょう。 そして、食べてものをきちんとエネルギーに変えて消費するためには、やはり運動が必要です。 次は運動を見ていきましょう。 更年期脂肪を減らす運動 内臓脂肪は皮下脂肪より有酸素運動をすることで比較的落としやすい脂肪です。 つまり、運動をちゃんとすれば燃えるということ。 どんな運動をすればいいかというと、内臓脂肪を減らすためには、有酸素運動が効果的。 散歩では痩せにくいので、少し息が上がるペースのウォーキングや、プールでゆっくり泳いだりなど、30分ほど続けて運動できることが重要です。 有酸素運動はできるだけ毎日行いましょう。 有酸素運動で、内臓脂肪は燃焼されますが、筋肉はなかなか増えませんので、体を美しく引き締めるためには筋トレを合わせて行う必要があります。 筋肉は鍛えるとどんどん強くなりますから、同じ負荷で行わず、重りを少しずつ重くするなど少しづつハードルを上げていくことが大事です。 筋トレも自宅でできますが、やり方がわからないと逆に筋肉を痛めることにもなるのでトレーナーをつけることも検討してください。 食事にしても運動によって痩せるにしても、若い頃と体内で分泌されているホルモンや酵素が全く違うので、今までと同じ努力では痩せません。 今思っている以上に運動も食べ物も気をつけなければ痩せないでしょう。 運動の場合は、したりしなかったりということがないように、 1日に30分間は必ず汗をかくほど運動をすると決めて運動していきましょう。 簡単に更年期脂肪を減らしてぽっこりお腹を解消する方法 更年期に入って自力のみで痩せるのは本当に骨が折れる作業です。 短期間に目標を定めると心が折れるので、長期目線で1年後、2年後の先の目標を決めて、ダイエットを継続することがダイエット成功の秘訣です。 そうはいっても、今すぐこのお腹をなんとかしたくありませんか? 何かないかと色々な探した結果たどり着いたのがこの生薬。 肥満症に効果があると認められた漢方薬です。 更年期は、若い時と違って痩せにくい体質へと体が変化しています。 そこで、どんなことをしても落ちなかった頑固なお腹の脂肪を減らすことに効果がある「防風通聖散」が、中高年女性の強い味方。 運動も食生活も今までとガラッと変えることははっきりいって無理。 ということはなかなか痩せないということと同じです。 それでもできるだけ、簡単に、でも確実にあなたは痩せたくありませんか? そこでおすすめなのが 漢方薬。 今までどんなサプリやダイエット器具でもなかなか減らせなかったこの頑固なお腹の脂肪が、 生薬の力で燃焼されていくのです。 あなたが特に落としたいのはこのお腹周りの脂肪ではありませんか? 今まで入らなかったスカートのファスナーがスルッと上がった時には感動モノです。 そして さらに嬉しいことに、便秘やむくみも一緒に改善するんです。 辛い便秘やむくみもなくなって、一気に体が軽くなって気分まで明るくなりました。 この感動をぜひあなたにも味わっていただきたい。 オススメの脂肪燃焼漢方 まとめ 中高年はお腹周りにさらに脂肪がつき始めます。 これを減らそうとするのは体内で酵素やホルモンのバランスが悪くなっているので、かなりかなり大変な努力が必要です。 ストイックに筋トレをして、毎晩走り行くなど孤独な戦いが待っていますが、脂肪燃焼効果が認められたこのお薬を飲むことで誰でも簡単に痩せることが可能になります。 しかも、代謝がアップするので体内の巡りもよくなって肩こりや疲労も解消されていき、嬉しい限りです。 今までやってもうまく結果が出なかった人は、ぜひお得な価格で試してみてくださいね。 40代でもダイエット成功したい! はら やばみ 1972年生まれの47歳。 20歳と18歳の2児の母。 39歳の時離婚。 現在シングルマザーで大学生と高校生を子育て中。 30代後半から太り始め、妊娠時代と同じ体重になったため、別居中にこのままではダメだ!綺麗になって、すっきり離婚しよう!と決意し、半年で8Kgのダイエットに成功。 すっきり身軽になって、旦那も断捨離。 そのままキープして楽しく暮らしていたのだが、2016年の熊本地震にあい、避難生活を続けている時あっという間に太り始め、そのまま体重が減らないまま食べてもないのに太るサイクルに突入。 ダイエット前の体重に戻ってしまう。 色々今まで成功した我流ダイエット法を試すもむなしく撃沈。 年齢相応の正しいダイエットで、健康と美貌を取り戻すべく奮闘中。 1年間続けてきた結果、お陰様でついにマイナス10kgのダイエットに成功! 会う人会う人に「痩せましたね!」「色っぽさが増してます!」と言われるように。 目標体重もすんなり通過してさらにマイナス2kgです! すっかり20代の頃の体重プラス体型に。

次の