ヤング キング。 桃月なしこ『ヤングキングBULL』表紙に5度目の登場、撮影はすべてiPhone使用

ヤングキングのバックナンバー

ヤング キング

カテゴリー• 漫画雑誌のビッグコミックオリジナルで連載中のたーたん【第27話】のネタバレを紹介し... 漫画雑誌のビッグコミックオリジナルで連載中のたーたん【第33話】のネタバレを紹介し... 漫画雑誌のビッグコミックオリジナルで連載中のたーたん【第30話】のネタバレを紹介し... 漫画雑誌のビッグコミックオリジナルで連載中のたーたん【第34話】のネタバレを紹介し... 漫画雑誌のビッグコミックオリジナルで連載中のたーたん【第32話】のネタバレを紹介し... 漫画雑誌のビッグコミックオリジナルで連載中のたーたん【第31話】のネタバレを紹介し... 漫画雑誌のビッグコミックオリジナルで連載中のたーたん【第28話】のネタバレを紹介し... 漫画雑誌のビッグコミックオリジナルで連載中のたーたん【第29話】のネタバレを紹介し... ビッグコミックオリジナルで連載中のたーたん『たーたん』の4巻が2020年7... カテゴリー•

次の

【最新刊】ヤングキング 2020年15号

ヤング キング

第2部開幕巻頭カラー!! バリキャリ女・芽衣子に新たな試練!? 最新15巻発売目前!! 美人局は順調かに見えたが、ある日ヤクザを引っ掛けてしまう。 詰め寄られるも興奮したヤクザを返り討ちに。 暴行をうけて意識が朦朧とするヤクザが電話をかけた相手は… その日から竜夫の日常は転がるように暗闇へと堕ちていく。 主音声:ドルビー5. ゲーム内通貨のゼニや、侠札が手に入るだけでなく、組長自身も成長するぞ。 ・強化&進化で強くなれ! 召集(ガチャ)やシノギで手に入れた侠札を、進化&強化でパワーアップ! 頂点を目指して最高の極道を育て上げよう! ・『ドンケツ』の世界に浸れ! シノギでは、各所で『ドンケツ』の漫画ダイジェストが流れる。 極道達の暴力と、義理人情に溢れた『ドンケツ』世界に浸れるぞ! ・ボスバトル シノギの各章最後には、強力なボスが登場する。 改札で陽気に取り出してます。 なめられたら無効という恐ろしくつっぱり仕様な有効期限ですが、 なめ猫ちゃんは舐めちゃいたいくらいかわいいので おそらく近いうちに期限が切れるでしょう。 猫派にはたまらない付録です。

次の

桃月なしこ『ヤングキングBULL』表紙に5度目の登場、撮影はすべてiPhone使用

ヤング キング

概要 [ ] に『』の増刊として創刊 (同年9月30日号)。 ・・・など、『』とは異なる系統のマニア向け少年漫画ジャンルの作品を掲載し、時に『』など少年誌の読者層(中学生)が主人公となる作品も散見される。 や系のをメインに据えた作品が多い一方で、『』など、劇画調の歴史漫画も積極的に掲載している。 よりほぼ月刊ペースになり、7月号(No. 40)に独立した月刊誌となる。 6月号よりから()となった。 平綴じになってからのページ数は毎月ほぼ500ページ強となっている。 1999年から2001年にかけて、『-2000』『-ライト』、2006年に『-プラス』といったアワーズの増刊・派生誌が発行されたが、いずれも短命で休刊となった。 その後、2006年に発刊した『月刊ヤングキング』(ヤングキングの派生誌)を2013年10月号(8月発売)よりアワーズ編集部に移管し、『 』と改題。 『ヤングキング』を交えた掲載ジャンルの再編により、本誌はSF・ファンタジー・・が主な掲載作品となっている。 単行本は「ヤングキングコミックス(YKコミックス)」レーベルより刊行されている。 2019年6月号の表紙は『』連載40周年を記念し、同作のキャラクターが表紙を飾った『』1980年39号の表紙 を再現したものになった。 掲載作品 [ ] 連載中 [ ]• ()2009年11月号 -• ()2019年8月号 -• ()2019年1月号 -• ()2020年6月号 -• ()2019年10月号 -• ()2019年4月号 -• ()2020年2号 -• ()2017年6月号 -• ()2019年5月号 -• ()2020年1月号 -• (原作:、漫画:)2018年11月号 -• ()2011年3月号 -• (原作:、漫画:)2020年3月号 -• ()2018年6月号 -• ()2014年3月号 -• ()2020年2月号 -• ()2019年4月号 -• ()2020年5月号 -• ()2020年8月号 - 不定期連載 [ ]• ()1993年No. 1 -• ()2009年6月号 - 休載中 [ ]• 過去の連載作 [ ] この節のが望まれています。 あ行 [ ]• (、)2004年3月号 - 12月号• ()2012年6月号 - 2013年8月号• ()2000年3月号 - 2007年8月号• ()2012年8月号 - 2014年10月号• ()2004年4月号 - 2007年9月号• ()2017年4月号 - 2019年9月号• ()2010年7月号 - 2013年6月号• ()2004年1月号 - 2006年8月号• ()2011年9月号 -2012年8月号• ()2001年12月号 - 2006年4月号• ()2018年12月号 - 2020年1月号• ()1996年No. ()2009年2月号 - 2010年8月号• ()2019年1月号 - 2019年8月号• (・)• ()2014年12月号 - 2020年5月号• - (外部リンク)• (漫画:、総合プロデューサー:)2015年12月号 - 2018年3月号 か行 [ ]• ()2008年12月号 - 2009年5月号• ()2011年9月号 - 2012年8月号• ()2000年1月号 - 2006年4月号• ()2012年4月号 - 2013年9月号• ()2013年1月号 - 2015年1月号• ストーリーズ 〜巨人街の少年〜()2015年2月号 - 2016年1月号• 私を野球につれてって、2012年12月号 - 2014年3月号• こいコイ! 〜球場ラヴァーズ〜 2014年5月号 - 2015年7月号• 球場ラヴァーズ3-2(フルカウント)2015年9月号 - 2016年2月号• ()2015年4月号 - 2015年9月号• (脚本:、作画:)1996年No. 19 - 2005年11月号• ()2007年1月号 - 2010年6月号 さ行 [ ]• ()2017年10月号 - 2018年3月号• ()2010年10月号 - 2012年10月号• ()2002年11月号 - 2004年7月号• (原作:、漫画:)2013年12月号 - 2018年5月号• ()2007年10月号 - 2009年7月号• ()2008年5月号 - 2009年10月号• ()2016年8月号 - 2019年2月号• ()1998年No. 35 - 1998年12月号• ()2012年7月号 - 2016年5月号• (原作:)• (漫画: 版)2009年11月号 - 2010年5月号• (漫画: 版)2011年5月号 - 2013年2月号• ()2014年12月号 - 2018年10月号• ()2010年6月号 - 2011年5月号• ()2016年4月号 - 2018年5月号• ()2005年5月号 - 2016年12月号• (漫画:、総合プロデューサー:)2012年9月号 - 2015年2月号 た行 [ ]• ()2011年2月号 - 2012年2月号• ()1998年6月号 - 1999年9月号• ()2015年4月号 - 2015年11月号• 冬の虹、2004年2月号 - 2006年1月号• クアドラ、2006年5月号 - 10月号• クアドラII、2006年11月号 - 2007年5月号• 凍てついた星座、2007年6月号 - 2008年12月号• ニルヴァーナ、2009年1月号 - 2010年12月号• 風の抱擁、2011年1月号 - 2014年6月号• ラフラール、2014年7月号 - 2016年7月号• 鏡の檻、2016年8月号 - 2019年8月号• 銀河の子、2019年9月号 - 2019年11月号• ()2007年10月号 - 2009年10月号• ()2009年7月号 - 2014年10月号• ()1999年12月号 - 2002年3月号• ()2018年11月号 - 2020年7月号• ()2007年3月号 - 2008年4月号• ()2006年7月号 - 2009年12月号• ()1997年No. 26 - 1997年No. ()1997年No. 32 - 2007年5月号• ()2013年2月号 - 2014年8月号• ()2000年1月号 - 2003年9月号 な行 [ ]• ()2003年8月号 - 2004年6月号• ()2003年2月号 - 2011年2月号• ()2017年8月号 - 2018年1月号 は行 [ ]• ()2015年8月号 - 2017年10月号• ()2008年7月号 - 2009年12月号• ()2009年7月号 - 2010年12月号• ()2016年3月号 - 2020年4月号• ()2011年2月号 - 5月号• ()2014年3月号 - 2015年5月号• ()2003年11月号 - 2005年8月号• ()2001年10月号 - 2007年4月号• ブロッケンブラッドV、2009年12月号 - 2010年5月号• ブロッケンブラッドVI、2010年6月号 - 2010年11月号• ブロッケンブラッドVII、2010年12月号 - 2011年5月号• ()2009年5月号 - 2010年10月号• ()2002年8月号 - 2003年1月号• ()2007年6月号 - 2008年11月号• ()1997年No. 27 - 2008年11月号• ()2010年3月号 - 2012年7月号• ()2015年10月号 - 2016年4月号• ()2010年6月号 - 2018年2月号• ()2005年6月号 - 2010年10月号 ま行 [ ]• ()2016年2月号 - 2017年5月号、2018年3月号 - 2018年10月号• ()2009年6月号 - 2009年12月号• ()2017年7月号 - 2018年9月号• ()2001年12月号 - 2005年5月号• ()2002年5月号 - 2003年3月号 や行 [ ]• ()2016年5月号 - 2017年3月号• ()2015年5月号 - 2019年12月号• ()No. 11 - 2003年9月号• (原作:、漫画:)• -孤児部隊の世界永久戦争- 、2010年8月号 - 2012年8月号• -邪悪な許しがたい異端の- 、2012年10月号 - 2014年3月号• ()2014年10月号 - 2015年11月号• ()2011年11月号 - 2017年2月号• ()1998年12月号 - 2001年12月号 わ行 [ ]• ()2005年6月号 - 2014年7月号 この節のが望まれています。 アワーズライト [ ] 初代編集長の退任に伴うアワーズ本誌のリニューアルから、7月発売の同年9月号で創刊。 発売日は前々月21日。 初代編集長時代の本誌作家陣を継承していたが、6月発売の同年8月号を最後に休刊。 『アワーズプラス』などに引き継がれた一部の作品を除くと、多くの連載が他社へ移籍している。 また、後にアワーズ本誌へ復帰した作家でも、アワーズライト掲載作品に関しては未単行本化が多い。 アワーズライトの掲載作品 [ ]• 休刊後、『』に改題し、『』へ移籍。 ()2000年9月号 - 2002年8月号• 休刊後は『』『アワーズプラス』を経て、『』に移籍。 のちにアワーズライト増刊。 隔月刊。 通巻5号まで刊行されたが、に休刊。 アワーズガールの掲載作品 [ ]• () アワーズプラス [ ] アワーズの増刊として発行されていたが、 発売の同年4月号から隔月刊(偶数月刊) [ ]となる。 発売日は前々月18日。 発売の同年6月号を最後に休刊。 アワーズプラスの掲載作品 [ ]• ()2006年11月号 - 不明• ()2006年6月号 - 2007年1月号• ()2006年9月号 - 2007年6月号• ()2005年10月号 - 2007年1月号• ()2006年4月号 - 2007年6月号• 月刊ヤングキングアワーズGH [ ] 2006年10月19日に創刊した『』(創刊号:同年12月号)が、2013年8月16日発売の同年10月号より現行の誌名にリニューアルされた。 - サーチ(2014年6月13日閲覧)• 他方、同時期のアワーズ掲載作品であっても、『』などをはじめ通常のYKコミックス表記の奥付となっている作品も少なくない。 なお、『月刊ヤングキングアワーズGH』掲載作品に関しては、旧称が「月刊ヤングキング」だった事もあり、アワーズコミックスの使用は無い模様。 、 - 2019年5月2日閲覧。 、コミックナタリー、2019年5月1日 13:05。 2018年5月号までのタイトルは『おれのまんが道(仮)』。 マガジンデータによる1号当たり平均部数。 - (2012年10月14日時点のアーカイブ)• - 一般社団法人日本雑誌協会(2013年6月15日時点のアーカイブ)• - 一般社団法人日本雑誌協会(2014年2月7日時点のアーカイブ)• - 一般社団法人日本雑誌協会(2015年2月5日時点のアーカイブ)• - データなし(2007年9月4日時点のアーカイブ) 外部リンク [ ]• YKOURS -.

次の