競輪祭 プロ予想。 競輪予想情報|競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

競輪の並び(ライン)を自分で予想する方法!データがない時など

競輪祭 プロ予想

ボート 鳴門ボートSG開幕直前コラム(1)コース特徴 []• ボート [7月17日 9:53]• ボート [7月17日 9:01]• ボート [7月17日 0:19]• ボート [7月16日 21:44]• ボート [7月16日 21:01]• ボート [7月16日 19:25]• ボート [7月16日 18:46]• ボート [7月16日 18:45]• ボート [7月16日 16:41]• ボート [7月16日 7:24]• 競輪 永塚祐子いよいよ本格デビュー!先行で魅せる/平塚 []• 競輪 [7月17日 9:01]• 競輪 [7月17日 0:50]• 競輪 [7月16日 23:01]• 競輪 [7月16日 21:57]• 競輪 [7月16日 20:59]• 競輪 [7月16日 17:26]• 競輪 [7月16日 17:09]• 競輪 [7月16日 15:27]• 競輪 [7月16日 15:24]• 競輪 [7月16日 14:15]• オートレース 松尾啓史 ようやく手応え「走りやすかった」/飯塚 []• オート [7月16日 21:24]• オート [7月15日 21:54]• オート [7月14日 21:33]• オート [7月13日 19:21]• オート [7月13日 8:30]• オート [7月12日 20:05]• オート [7月11日 20:48]• オート [7月11日 18:19]• オート [7月10日 20:56]• オート [7月10日 20:06]•

次の

【記者コラム】競輪祭出場へモガく当銘

競輪祭 プロ予想

目標を持って必死にもがき、劇的に成長していく選手を間近で見られることは競輪記者の楽しみの1つ。 最近のイチ推しはガールズ114期の当銘直美(とめ、23=愛知)だ。 競輪学校(現日本競輪選手養成所)では21人中、在校14位。 決して期待の高い素材ではなかった。 デビュー戦の防府(18年7月)も6、6、7着と散々。 だが、「3年以内に優勝」という目標を立て、地道に強化に取り組んだ。 すると、1年2カ月後の19年9月、静岡で優勝。 半分にも満たない期間で目標を達成した。 「周りの人が練習を見てくれたおかげ」と周囲に感謝したが、諦めることなく目標に向けて突き進めば、いつかかなうことを当銘は知った。 そして彼女は新たな目標を立てた。 「競輪祭に出たい」。 男子の競輪祭(11月18~23日、小倉)に合わせて開催されるガールズグランプリ2020トライアルレース。 選考基準は平均競走得点上位者14名。 「強い人だけが選ばれて出場できるレース。 だから出たい」 ターゲットに向け、昨年12月から新たな練習に取り組んだ。 1周を1人でもがく自力練習。 これまで当銘は追走練習に励み、レースでも他の選手の仕掛けに乗った差しが多かった。 「強い人は自力で勝てる」。 これまでとは比較にならないほどの負荷を自らに課した。 早くも結果が出ている。 1月25~27日の静岡ガールズケイリンコレクショントライアルレースでは次点で決勝に進めなかったが最終日に自分でレースを動かし、見事1着。 続く平塚(2月3~5日)では、最終ホームで自ら仕掛けて押し切り、優勝を決めた。 目標があるから努力できる。 努力できるから目標に届く。 強くなる理想のサイクルを描く当銘。 11月の小倉の出走表に彼女の名前があるような気がしてならない。 法大卒。 18年4月入社。 昨年12月までレイアウトを担当し1月からレース部競輪担当。 愛犬の名前は「ジャン」。 競馬、ボートも愛する。 特技はプロの資格を持つダーツ。 新人記者にも誠実に対応してくれる選手に感動を覚える日々。

次の

【記者コラム】競輪祭出場へモガく当銘

競輪祭 プロ予想

こんにちは。 めんぼうです。 競輪のラインのデータがなくて困ったこと、ありませんか? 僕も、昔はしょちゅうありました。 選手データはあるんだけど、ラインデータがないなんて・・・。 今考えれば、それは時間が経たないと出てこないって分かるんですけどね。 例えば、初日が終わってすぐに2日目のラインデータを探してみたり、GP選手が出そろったばかりなのに、やっぱりラインデータ探してみたり・・・。 まず、ラインデータは、出場選手が決まってからですので、早とちりしないでくださいね(昔の僕のように)。 それでも、やっぱりラインデータがない!なんてこともたまにあります。 というわけで、ラインデータがない時にどうすれば良いかを書いてみます。 もくじ• ラインを自分で予想する ある程度なら、自分でラインを予想できるんですね。 ある程度ですが。 やり方として、まず選手の地区を見ます。 隣接地区<同じ地区<同じ県<同じ競輪場の仲間 という風に右に行くにつれて絆は強くなります。 具体的な例を挙げてみます。 ・東日本 1. 北日本(北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島) 2. 関東(新潟、群馬、山梨、長野、栃木、茨城、埼玉、東京) 3. 南関東(千葉、神奈川、静岡) ・西日本 1. 中部(愛知、岐阜、三重、富山、石川) 2. 近畿(福井、滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山、兵庫) 3. 中国(岡山、広島、山口、島根、鳥取) 4. 四国(香川、徳島、高知、愛媛) 5. 九州(熊本、福岡、大分、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄) だいたい、こんな感じでラインが組まれます。 ラインの前後は、自力型かマーク屋か、先輩後輩、師匠弟子、などによって変わります。 基本、自力型が前で、先輩、師匠が後ろ、後輩、弟子は前になります。 あと、期別が同期の選手なども同じラインになります。 答え合わせの「脚見せ」 自分で予想したラインで賭けるは、ちょっと怖いので賭ける前にちゃんと「 脚見せ」を見ます。 脚見せというのは、「顔見せ」とか「選手紹介」とか「地乗り」とかいうやつです。 レース前に、選手がこういう感じでいくぞ!と1周アピールします。 その時、ラインもちゃんと見せてくれるので、自分が予想したラインと正しいか、確認しましょう。 ラインが違っていたら、予想も変えなくてはいけません。

次の