東 久留米 総合 高校 サッカー 部。 久留米西高校(東京都)の情報(偏差値・口コミなど)

横浜市立東高校サッカー部ホームページ

東 久留米 総合 高校 サッカー 部

今のうちでいいから、一度部活の見学やら練習参加したほうがいいですよ。 入学後に、期待していたのと違うって嘆いても学校かえられませんから。 ちょっとだけ勇気要りますが、学校に電話してサッカー部の人につないでもらってくださいな。 他人からの言葉も大切かもしれませんが、できるなら自分の目でみたもの、肌で感じたものを大切にしてください。 3年間部活をしようと思うのならなおさらです。 後悔しない選択をしてください。 じゃあ練習見学については聞いてないのですね?聞いてみましょう。 少なくとも試合については、後述するサイトで試合会場と時間がでているので見ることくらいはできますよ。 そこで久留米の親などを見つけて声がけしてみてはどうでしょうか?学校のホームページによるとAからCチーム、および1年生の4つに分かれるという記述がありましたね。 万が一にも見学断られたとしたら、どうします?それでも久留米への憧れが強いのならどうぞ。 もし他に練習見学と練習参加を快く受け入れてくれて、実際に行ってみて好印象の学校のサッカー部と久留米だったらどちらを選びますか?僕なら好印象の学校を希望してもいいと思います。 (これはあくまで僕の個人的な考えですが…) 東京都 高校体育連盟 サッカー とネット検索すれば総体、選手権、新人戦の結果がでています。 おそらく久留米くらいの学校であれば、毎回東京でベスト16に残るような学校ですから、地区予選は免除されている可能性が高いでしょうし、そういう学校ともなれば部員が100人近くいることも珍しくないでしょう。 10年以上前の学生時代の経験ですが、久留米のCチームとプレーしたことがあります。 1年生チームだったかな?練習試合はきっと組ませてもらってると思います、練習もきっとできているでしょう。 でもそれを確実なものにするためには、やはり自分の目でみたほうがいいですよ。 他の部活との兼ね合いで、練習場所が校庭じゃないこともあるでしょうから。 そしてトーナメント以外にも強豪チームとあればTリーグに参加していることもあります。 その上はプリンスリーグで、さらに上はプレミアリーグ。 一番下は地区リーグです。 総体、選手権、新人戦は基本トーナメントなのでAチームと呼ばれるいわゆる一番上手な11人がでるものです。 となると残りの90人の部員はこの3つの大会を経験することなく、3年間過ごすのです。 もちろんB、Cチームが上のリーグ戦に参加していれば、かなりの頻度で試合を経験することができるでしょうし、強豪チームとあらば、週末は練習試合を組んでいるでしょう。 ご存知ないかもしれませんが、清原というプロ野球選手がいて、彼が高校選びをするときにですね、もう30年くらい前の話なんですけど、どこに高校を進学するかということで、部活の見学をしたらとある強豪高校は1年生に球拾いをさせてたんですって。 それを見た清原の親が、ここは駄目だと選択肢から外したそうです。 その後甲子園で1年生から大活躍したのは有名な話です。 時代も大きく違うし、今でもよい結果を残している久留米のような学校であれば、そんなことはさせていないと思いますが、それでも1年生だったら白シャツ、白パン、白ソックス着せられ、Tシャツに大きく名前書いて来い!くらいは決して珍しくないかもしれませんね。 (顧問の斉藤先生って東京都の高校サッカー界では有名な人ですよー。 ) そうやって1つのサッカー部に100人在籍することがいいことなのか?という現状から、最近のクラブチームは、誰にでも公式戦を経験させるという指導者が多いです。 トーナメントよりリーグ戦を重要視しています。 高校生のサッカーには選手権という大きな舞台がありますが、トーナメントの試合は負けたら終わりです。 どんなに強くても半分の学校は1試合しかできません。 全国の4分の3は2試合しかできないのです。 そんなふうに負けて行く学校にもたーくさんの補欠がいるのです。 本気で全国を狙うような東久留米には東京中の上手な子が集まっているでしょう。 トレセンやらどこかのジュニアユースの人だって珍しくないでしょう。 そういう中で頑張ると決めて飛び込んでいくのもよし、いや自分にはそれが長続きする自信がないと思うなら、クラブチームや自分にあったサッカー部のある学校を探すもよしです。 部活には部活のよさがあります。 でも万が一部をやめても、部員や顧問と学校生活で顔を合わせなければなりません。 クラブチームは活動場所までの移動時間やお金も必要ですけれど、やめても顔を合わせる必要はありません。

次の

東久留米総合高校(東京都)の情報(偏差値・口コミなど)

東 久留米 総合 高校 サッカー 部

今のうちでいいから、一度部活の見学やら練習参加したほうがいいですよ。 入学後に、期待していたのと違うって嘆いても学校かえられませんから。 ちょっとだけ勇気要りますが、学校に電話してサッカー部の人につないでもらってくださいな。 他人からの言葉も大切かもしれませんが、できるなら自分の目でみたもの、肌で感じたものを大切にしてください。 3年間部活をしようと思うのならなおさらです。 後悔しない選択をしてください。 じゃあ練習見学については聞いてないのですね?聞いてみましょう。 少なくとも試合については、後述するサイトで試合会場と時間がでているので見ることくらいはできますよ。 そこで久留米の親などを見つけて声がけしてみてはどうでしょうか?学校のホームページによるとAからCチーム、および1年生の4つに分かれるという記述がありましたね。 万が一にも見学断られたとしたら、どうします?それでも久留米への憧れが強いのならどうぞ。 もし他に練習見学と練習参加を快く受け入れてくれて、実際に行ってみて好印象の学校のサッカー部と久留米だったらどちらを選びますか?僕なら好印象の学校を希望してもいいと思います。 (これはあくまで僕の個人的な考えですが…) 東京都 高校体育連盟 サッカー とネット検索すれば総体、選手権、新人戦の結果がでています。 おそらく久留米くらいの学校であれば、毎回東京でベスト16に残るような学校ですから、地区予選は免除されている可能性が高いでしょうし、そういう学校ともなれば部員が100人近くいることも珍しくないでしょう。 10年以上前の学生時代の経験ですが、久留米のCチームとプレーしたことがあります。 1年生チームだったかな?練習試合はきっと組ませてもらってると思います、練習もきっとできているでしょう。 でもそれを確実なものにするためには、やはり自分の目でみたほうがいいですよ。 他の部活との兼ね合いで、練習場所が校庭じゃないこともあるでしょうから。 そしてトーナメント以外にも強豪チームとあればTリーグに参加していることもあります。 その上はプリンスリーグで、さらに上はプレミアリーグ。 一番下は地区リーグです。 総体、選手権、新人戦は基本トーナメントなのでAチームと呼ばれるいわゆる一番上手な11人がでるものです。 となると残りの90人の部員はこの3つの大会を経験することなく、3年間過ごすのです。 もちろんB、Cチームが上のリーグ戦に参加していれば、かなりの頻度で試合を経験することができるでしょうし、強豪チームとあらば、週末は練習試合を組んでいるでしょう。 ご存知ないかもしれませんが、清原というプロ野球選手がいて、彼が高校選びをするときにですね、もう30年くらい前の話なんですけど、どこに高校を進学するかということで、部活の見学をしたらとある強豪高校は1年生に球拾いをさせてたんですって。 それを見た清原の親が、ここは駄目だと選択肢から外したそうです。 その後甲子園で1年生から大活躍したのは有名な話です。 時代も大きく違うし、今でもよい結果を残している久留米のような学校であれば、そんなことはさせていないと思いますが、それでも1年生だったら白シャツ、白パン、白ソックス着せられ、Tシャツに大きく名前書いて来い!くらいは決して珍しくないかもしれませんね。 (顧問の斉藤先生って東京都の高校サッカー界では有名な人ですよー。 ) そうやって1つのサッカー部に100人在籍することがいいことなのか?という現状から、最近のクラブチームは、誰にでも公式戦を経験させるという指導者が多いです。 トーナメントよりリーグ戦を重要視しています。 高校生のサッカーには選手権という大きな舞台がありますが、トーナメントの試合は負けたら終わりです。 どんなに強くても半分の学校は1試合しかできません。 全国の4分の3は2試合しかできないのです。 そんなふうに負けて行く学校にもたーくさんの補欠がいるのです。 本気で全国を狙うような東久留米には東京中の上手な子が集まっているでしょう。 トレセンやらどこかのジュニアユースの人だって珍しくないでしょう。 そういう中で頑張ると決めて飛び込んでいくのもよし、いや自分にはそれが長続きする自信がないと思うなら、クラブチームや自分にあったサッカー部のある学校を探すもよしです。 部活には部活のよさがあります。 でも万が一部をやめても、部員や顧問と学校生活で顔を合わせなければなりません。 クラブチームは活動場所までの移動時間やお金も必要ですけれど、やめても顔を合わせる必要はありません。

次の

チームプロフィール

東 久留米 総合 高校 サッカー 部

概要 [ ] サッカー部が全国大会に出場したことで、「都立の星」として話題を呼んだ。 かつてはの(・)が所属していた。 また、さらにさかのぼると、開校1期生であったも、同部にとして在籍していた。 (土) 東京都予選グループB決勝にてと対決。 前後半とも粘りにカウンターゴールを決め、1対0で東海大菅生に競り勝ち14年ぶり2回目の全国出場のをつかみ取った。 奇しくも、都立久留米高校としての最後の大会でもあった。 統合のため最後となる卒業式の2007年3月の卒業式では歴代の校長を招待したが、に東京都の教育に関して批判的な寄稿をした前校長の招待を取り消している。 なお、東久留米市にあるが、校名に「東」はついていない。 これは、当高校が開校した当時は、所在地の自治体が「久留米町」と称していたため。 に市制施行でとの同名回避により東久留米市となったが、校名は変更しなかった(近くにあるは市制施行後に開校したが、やはり「東」は付けていない)。 沿革 [ ]• - 東京都立久留米高等学校として開校。 全日制、定時制普通科を設置。 - 実施。 と76群を組む。 - 76群にが加わる。 - 76群から分離され、校となる。 - 学校群が廃止され、に移行。 91グループに編成される。 - 再びとなる。 - 全日制普通科の募集を停止。 - 全日制普通科をと統合する形で が開校。 2010年 - 閉校。 教育課程 [ ]• 3月に閉課。 交通アクセス [ ]• より徒歩15分。 同線より徒歩18分。 清瀬駅南口・入口・北口から・で「久留米高校」(現:東久留米総合高校前)停留所下車、徒歩 なお、停留所前にある学校は東久留米市立久留米 中学校であり、高校ではない。 高校は中学校の東側にある。 また、久留米西高校は同じ停留所の西側にある。 著名な出身者 [ ].

次の