四国 旅行 おすすめ。 見どころづくし!魅力溢れる「四国地方」のオススメ観光地21選

お知らせ

四国 旅行 おすすめ

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 四国地方の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 四国地方の人気カテゴリ• 四国地方で検索数の多いキーワード• 入場チケット• 空港周辺• 観光スポット周辺• 大学周辺• ホテル周辺•

次の

四国旅行 JR四国ツアー(駅コミ)

四国 旅行 おすすめ

JR四国ツアーからのお知らせ• 四国内• フリー• 観光 JR四国では、「四国満喫きっぷ」シリーズ特別編として「四国満喫きっぷスペシャル」を発売します。 8,500円〜10,500円• 四国内• フリー• 観光 JR四国では、「四国満喫きっぷ」シリーズ特別編として「四国満喫きっぷスペシャル」を発売します。 8,000円• 四国内• フリー• ビジネス• 観光 JR四国全線の特急列車自由席を連続3日何度でもご利用いただける、フリータイプのきっぷです。 16,440円• 四国内• フリー• 観光 誕生月の連続3日、JR四国全線と土佐くろしお鉄道全線の特急列車が乗り降り自由になるきっぷです。 9,680円〜13,240円• 四国内• 観光 宇多津駅までのJRの往復券と四国水族館の入館券引換券がセットになったおトクなきっぷです。 2,300円〜8,800円• 四国内• ビジネス• 観光 特急列車の自由席をご利用いただける往復きっぷです。 2,000円〜7,540円 JR四国ツアー 人気ランキング• アンパンマン列車 窓のない開放的なアンパンマントロッコで絶景の瀬戸大橋を渡り、岡山の水族館とおもちゃ王国にでかける... アンパンマン列車 窓のない開放的なアンパンマントロッコで絶景の瀬戸大橋を渡り、今年オープンした四国最大級の四国水族... 香川の鉄道博物館「Kトレインワールド」とJR四国の共同企画! Kトレインワールド開館1周年を記念し、... 観光列車• 時代の夜明けのものがたり 観光列車「志国土佐時代の夜明けのものがたり立志の抄」への乗車と立志の抄料理「土佐の食材を使った創... アンパンマン列車• アンパンマン• ラストランツアー <2020年6月23日10:00~2020年6月30日23:59までWEB先行受付中!> 運用終了後の「土讃線2000系アンパ... 観光列車• 時代の夜明けのものがたり• 千年ものがたり• 日帰りツアー 多度津~大歩危間を運行する人気観光列車「四国まんなか千年ものがたり」と2020年7月4日より運行を開始...

次の

人気の四国旅行・四国ツアーなら日本旅行!

四国 旅行 おすすめ

626,019アクセス• 私は以前高松に住んでいて、その後も西日本の中を3度の転勤で動いてますが、高松の時は本州から友人や家族親戚が遊びに来てくれたり、高松を出てからもうどん人気やETC割引や龍馬人気もあったりで、今度は逆に四国に連れて行ったりで、この7年程で30組以上をアテンドしました(それ以外にも仕事絡みで訪れたり、自分は行かなくてもアドバイスを求められたりと、相当数四国と関わっています)。 最初、高松に住み始めた頃は、何処に連れて行ったらいいのか、凄く悩みました。 来る友人達は自分が育った関東からが主なので、名所にしてもグルメにしても、関東近辺ならそこら中にありそうなものばかりで、遥々来てくれる友人が喜んでくれそうなものって何があるのかと(7年前はうどんブームの前です。 でも、うどんは有名でした)。 そして、色々試行錯誤して、行き着いたのはやっぱり「うどん」と「かつお」でした。 この2つは、間違いなく四国にしかないもので、皆が一番喜んでくれました。 基本的に1泊2日で行く事が多いので、これで、1日目の昼に「うどん」、晩は高知に泊まり「かつお」という軸が決まり、後はアテンドした人の反応などを見ながら尾ひれ背びれを付け替え、何となく自分なりのベストな「1泊2日四国旅行」が出来上がりました。 という事で、前置きが長くなりましたが、今回は今年4月に行った旅行をベースに、その時は時間の都合等で行かなかった場所なども含めて、これがベストな「1泊2日四国旅行」というのを投稿(ご提案)させて頂きます。 また、ある程度主観は入りますが、その辺りはご了承頂けたらと思います。 【まだある寄り道ガイド】 或いは、こんぴらさんを早めに出て、「脇町」という手もあります。 こんぴらさんからは1時間ほど。 通り道からは30分程ずれます。 ここは、うだつの町並みと言って、江戸時代の町並みを残すエリアです。 ちなみに「うだつ」とは、民家の前の壁のようなもので、防火用の役目や、または装飾を凝らしたりと、この壁の立派さや高さ(値段じゃなく背)が裕福の象徴だったらしい。 うんちくが長くなりましたが、そんな街です。 全国各地にもあるものと一緒で、ややこじんまりしてますが、割と綺麗に残っています。 町並みを見ながら、ぷらぷらにはよいかと思います。 途中に、雰囲気のいい喫茶店もあります。 写真ははりまや橋。 札幌時計台とともに日本三大がっかり(あと1個は長崎の眼鏡橋、オランダ坂、沖縄の守礼門等諸説あります)に仲間入りする程の観光名所です。 ---------------------------------------- という事で、前編はここまでになります。 【寄り道ガイド】も含めて、僕が案内した友人や家族親戚たちに評判が良かったものの中から、ある程度広い世代、広い嗜好に対応出来るよう、自分なりに精一杯記憶を辿りながら書かせて頂きました。 後編では、もう1つの柱「カツオ」を含めた高知の夜と、2日目に訪れたいスポットについて書いておりますので、興味のある方は下記にて引き続きご覧頂けたら幸いです。

次の