ラブ ライブ 同人 誌 ぶ ひ どう。 ラブライブ!公式サイト乗っ取りに使われた「ドメイン移管」の仕組みとは “10連休”に危険潜む?

ラブライブ!公式サイト乗っ取りに使われた「ドメイン移管」の仕組みとは “10連休”に危険潜む?

ラブ ライブ 同人 誌 ぶ ひ どう

商品名:ラブライブ! 東條希 抱き枕カバー dm20603 生地とサイズにより、商品の値段も異なります。 十分にご理解・ご了承頂いた上で、ご注文の方をお願い申し上げます。 抱き枕カバーのお手入れ方法 1. 商品特性のうえに、突起物などが触れないよう取り扱いには充分ご注意ください。 水又は汗を含んだ状態で長時間の放置や、袋に入れたまま放置されたり、洗濯液に長時間浸けて置いたりすると汚染することがあります。 長くご愛用頂けるために、中性洗剤の手洗いを推奨しております。 色物は外の衣料となるべく分けて洗ってください。 お洗濯の際は、抱き枕カバーを本体から取り外し、裏返してファスナーは閉めた状態でお洗濯してください。 お洗濯の周期の目安について、抱き枕カバーは最低2週間に1回程度、お洗濯してください。 詳しいお洗濯方法については、下記をご参照ください。 水温は30度以下とし、手洗いでお願いします。 洗濯機のご使用はできません。 アイロンは120度以下とし、低温(80〜120度)でかけるのが理想です。 手絞りの場合は弱く、優しくお願いします。 乾燥機・脱水機のご使用はできません。 日陰での吊り干しが理想です。 塩素漂白剤による漂白はできません。 また、何かご不明な点などがございましたら、お気楽にinfo amorcos. ocnk. net若しくは amorcosplay yahoo. jpまでにご連絡くださいませ。

次の

ラブライブ!

ラブ ライブ 同人 誌 ぶ ひ どう

2019年9月27日以降のご購入履歴が対象です。 すでに条件を満たされている方は『 特典 A3クリアポスター』のみをカートに入れて購入頂けます。 特典品切れの際はご容赦下さい。 (通販)2019年10月1日 火 ~ なくなり次第終了。 2019年9月27日以降のご購入履歴が対象です。 すでに条件を満たされている方は『 特典 A3クリアポスター』のみをカートに入れて購入頂けます。 限定特典配布終了店舗で作品を購入された場合、特典を別店舗等でお引き換え等は 出来かねますので、ご了承ください。 ・流通の都合上、商品、特典の着荷が遅延する事も予測されます。 その場合、商品と特典の発送が別となる場合がございます。 予めご了承ください。 ・一部店舗では実施しない場合もございます。 ご了承ください。

次の

【雑談】そう言えばラブライブ !総合誌の話ってどうなってるの?

ラブ ライブ 同人 誌 ぶ ひ どう

JPRSによるJPドメインの登録・管理(JPRSより) 汎用JPドメインの登録・管理は日本レジストリサービス(JPRS)が行っており、JPRSは、インターネットイニシアティブやGMOインターネットなどの各指定事業者(レジストラ)からドメイン名の登録手続きなどを受ける。 ドメイン名を登録したいエンドユーザーは、レジストラや再販・取次事業者(リセラー)に申請することになる。 ドメイン名は複数のレジストラやリセラーが登録業務を行うため、あるユーザーがあるドメイン名を取得したくても、他のレジストラでそのドメイン名がすでに登録されている場合がある。 この場合に発生するのが「ドメイン移管」で、手続きに関する規則はJPRSが定めている。 JPRSの「汎用JPドメイン名登録申請等の取次に関する規則」の第11条第2項には、「当社が、指定事業者に対して登録者の意思確認等を依頼した場合、指定事業者がその依頼のときから10日以内に登録者がその意思を有しない旨の回答をしない場合には、指定事業者において登録者の意思確認等を行い、登録者がその意思を有する旨の回答を得たものとみなす」とある。 「」の第11条 つまり、あるレジストラA社からJPRSに「レジストラB社からA社へドメインを移管してほしい」という申請が来たとき、JPRSはB社を通じて意思確認を行い、 10日以内にB社からドメイン登録者へ確認を行い返事がなかった場合には、「意思あり」(移管していい)とみなすという内容だ。 可能性は大きく2つ ここから考えられる可能性は大きく2つ。 犯人は、あるレジストラからドメイン移管申請を行った。 その上で、サンライズが 10日以内に返事をしなかったか、あるいは 間違えて移管を承諾してしまったかだ。 サンライズが契約しているレジストラは直接は分からないものの、WHOIS情報からDNS(ドメイン・ネーム・システム)サーバにインターネットイニシアティブ(IIJ)のサービスを利用していることが分かる。 IIJは「IIJ DNSサービス」で、ドメイン名登録・維持管理からDNSサーバ運用まで提供している。 IIJにドメイン移管について取材したところ、「個別事案については答えられない」とした上で「契約者の承諾なしに他社への移管を承認することはない」という。 JPRSがレジストラに対して提供している。 もしサンライズがIIJでドメイン名を登録していたとすれば、サンライズが間違えて移管申請を承諾してしまった可能性が高い。 ただ、IIJ以外で登録していたとすれば話は別だ。 レジストリロックサービスが有効でなく、IIJのようなポリシーがない場合、10日間返事をしなかったためにドメインが移管されてしまうということもあるだろう。 JPRS「誤った処理であれば戻せることもある」 では、一度移管されてしまったドメインは取り戻せないのか。 JPRSに聞くと、「個別の事案には答えられないが、一般論として、誤った処理で移管されたことが分かれば元のレジストラにドメイン管理を戻せることもある」という。 例えば、ドメイン登録者が間違ってドメイン移管に承諾してしまった場合、登録者やレジストラなど関係者に話を聞いた上で、誤った処理だったと確認が取れれば、元のレジストラと登録者に戻せることもあるということだ。 また、JPRSは公式サイトで「他人の権利を侵害するドメイン登録は不正行為とみなされる場合がある」ともアナウンスしている。 他社の会社名や商品名などでドメインを登録する行為は、紛争処理機関への申し立てで登録者情報がインターネット上に公開される他、不正競争防止法に抵触し、損害賠償を請求される場合もあるとしている。 5日午後4時時点で、問題となっているドメインのWHOIS情報を見ると登録者はサンライズに戻っている。 サンライズの訴えにJPRSが応えたと見てよさそうだ。 5日午後3時38分の更新で、問題のドメインの所有者はサンライズに戻った。 ネームサーバがIIJドメインであることも分かる(より) 「10日以内は暦通り」 10連休のゴールデンウイークに注意か JPRSの規則にある「10日以内」。 この数え方をJPRSに確認すると、「営業日計算ではなく暦通りの数え方だ」という。 そうなると注意すべきは、今年の ゴールデンウイークの10連休ではないだろうか。 レジストラ、リセラーから登録者への確認方法が登録者の会社宛てのメールであれば、企業ポリシーによっては連休中にメールを確認できないことも考えられる。 最悪、ゴールデンウイーク中にドメインを何者かに奪われるという事態も発生し得るのではないか。 ドメイン登録者は、自身の利用しているサービスでレジストリロックサービスが利用可能か、あるいはドメイン移管申請を受けた際のフローがどうなっているか、この機によく確認すべきだろう。

次の