胃腸 炎 食べ物。 胃腸炎の予防に効く食べ物!ヨーグルトやヤクルトがダメな理由も

胃腸炎の時の食べ物!ゼリー・ヨーグルトは食べても大丈夫?

胃腸 炎 食べ物

スポンサーリンク 急性胃腸炎になってしまった場合には、激しい嘔吐や下痢、腹痛などに苦しむ人が大半なのではないでしょうか。 そういった時にはどのような食べ物を選んだら良いのか、また食べてはいけないものはあるのでしょうか。 急性胃腸炎に良い食べ物 急性胃腸炎になった場合は、胃や腸が一時的に激しく炎症を起こしていますので、なるべく胃腸を休ませてあげるということも大事です。 もしも食欲が全くない、 水分以外は受け付けないという場合には絶食してもかまいません。 また、少しは何か口に入れられそうだという場合には、 お粥やスープなど消化に負担のかからないものを選ぶようにしましょう。 栄養バランスなどが気になるという方もいるかもしれませんが、症状が辛いうちは栄養についてはそこまで考えなくても大丈夫です。 糖質と水分があれば数日は問題ありません。 固形物を少しは口に入れられそうだという場合には、リンゴやバナナなどの果物も良いでしょう。 ゼリーやヨーグルトも食べやすいかもしれません。 スポンサーリンク 急性胃腸炎に悪い食べ物 逆に、これはなるべく食べない方が良いという物は、胃腸に刺激を与えるものです。 刺激を与えるものとして、一番に上がるのはアルコールです。 毎日お酒を飲む習慣があるという人も、急性胃腸炎時には禁酒するようにして下さい。 また、食べ物ではありませんが、 タバコも胃や腸には良くありませんので、やめた方が良いでしょう。 食事内容としては、塩気の強いものや、辛いものも良くありません。 お肉やお魚が好きという人も、胃腸炎のピーク時には摂取を控えるべきで、特に揚げ物や油を使用した焼き物などはやめましょう。 他にも、炭水化物ではありますが、コンビニに売っているような甘い菓子パンや、バターロールなどバターをたくさん使用したパンも、脂質が過剰なため胃腸に負担がかかってしまいますので、避けるようにしましょう。 1人暮らしの人の場合にはついコンビニを利用したくなると思いますが、急性胃腸炎時には、 コンビニ弁当やインスタント麺なども油が非常に多いため控えるようにしましょう。 スポンサーリンク -.

次の

ウイルス性胃腸炎で食事はいつから?良い食べ物は?治るまでの記録

胃腸 炎 食べ物

スポンサーリンク 胃腸炎になってしまった時、多くの人は何も食べたくないというくらい食欲がない状態になるのではないでしょうか。 こういった時には、どのような物を食べると良いのでしょうか。 体に負担のかからないように食事を摂るには、どのような点に気をつけると良いのでしょうか。 胃腸炎の時には何を食べたらいいの? 胃腸炎になった場合には、通常下痢や嘔吐が激しい状態が数日続くかもしれませんが、 あまりにも下痢や嘔吐が酷いという場合には、食事を無理に摂る必要はないと考えられています。 炎症がかなり激しい場合には、水分の摂取も難しいかもしれませんが、飲んですぐに吐いてしまうという状態でも水分の摂取は行った方が良いでしょう。 水分は経口補水液などが効率よく、ミネラルと水分を補給できて適しています。 食事ができるという場合には、なるべく胃腸に負担のかからないものを選ぶと良いでしょう。 基本的には お粥をベースにして、柔らかく煮たりゆでたりした野菜やスープが良いでしょう。 たんぱく源の肉や魚は胃腸に負担をかけるので、胃腸炎の症状があるうちは控えてもかまいません。 スポンサーリンク ゼリー・ヨーグルトは食べても大丈夫? 食欲がない時にデザートは喉越しが良く食べやすいでしょう。 ゼリーや、ヨーグルトを食べるという人も多いかもしれません。 しかし、これは正しいのでしょうか。 実際のところ、ゼリーもヨーグルトも胃腸炎時には差し支えありません。 ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸を健康に保つ作用もあります。 ゼリーについては、糖質が主になりますが、嘔吐や下痢症状、発熱がある時にはエネルギーをたくさん使ってしまっていますので、糖質の補給も有効です。 デザートばかりは体に良くないのではと思う方もいるかもしれませんが、食欲のない時にはデザートでも何も口に入れられないよりは良いことの方が多いです。 ゼリーやヨーグルトの他にも、プリンやアイスクリームも食べられるという人も多いようなので、そういったデザートの利用も良いでしょう。 スポンサーリンク -.

次の

【胃腸炎に効く食べ物】コンビニ限定で調べてみた

胃腸 炎 食べ物

Contents• ウイルス性胃腸炎になったら食事はいつから取っていい? ウイルス性胃腸炎で食事を阻むものは、 ・食欲がない ・吐き気がする ・胃が痛い ・食べても下痢をする といったところではないでしょうか。 ウイルス性でもそうでなくても、胃薬と整腸剤をもらい、食事に気を付けて快復を目指すのは一緒です。 食事はいつから取っていいのかですが、食欲があればいつでも食べて大丈夫です。 筆者がかかったお医者様は、水分をたくさん取ることと、 「ちょっと無理しても食べないと、体力がつかないから快復が遅くなるよ!」 とおっしゃっていたくらいです。 問題は時期ごとの食事内容です。 初期の頃、少しよくなってきた頃で食べていいもの、食べてはいけないものを注意し、量を腹八分にすることが肝心です。 (下記の「ウイルス性胃腸炎の時の食べ物は何がいい?食べてはいけないものは?」を参照) 逆に無理して食べなくても良く、そのときは水分だけ頑張って取りましょう! (下記の「ウイルス性胃腸炎の時は水分は何で取る?」を参照) ちょっとでも食欲が出てきたら、一口ずつでもいいので食べてみましょう。 そして、お腹がくだらなくなるまで、食べるものは慎重に選びましょう。 下痢がなくなっても、すぐに通常の食事に戻さないで、徐々に試しましょう。 そうしないと、筆者のように治りかけてぶり返します。 前回はその繰り返しで、胃痛と下痢が完全に止まるまで1ヶ月くらいかかりました。 それまで、美味しいものを食べてはぶり返して質素な食事にもどる、とやっていたので大変でした。 会社のお昼休みにランチに行くこともできず、短期間だけ我慢すれば長引かなかったのにと悔やみましたよ。 理由は忘れましたが卵もダメと言われました。 筆者のかかりつけ医は、病気の時の食事にはこだわりのある方です。 ここまで厳しいと戸惑いますが、初期の頃は食べられるものが迷わなくていいかなと思います。 簡単なのは「鮭おにぎり」とか「しらすご飯」ですね。 おにぎりはコンビニでも買えますし、コンビニおにぎりなら「塩むすび」もあって、筆者はそればかり利用しました。 この食事で3日、長くて1週間ほどかかるかもしれませんが、様子を見ましょう。 口さみしい時は、おにぎりをもう一個追加するか、揚げていないおせんべいで乗り切りましょう! 初期が肝心です。 間違えると、筆者のように症状がループして長引くことに。 後悔しました・・・。 次の段階 食欲があったり、症状が少し軽いようなら、一般的に消化の良いとされている次の食品をちょっとずつ挑戦してみましょう。 ・うどん ・柔らかく煮た野菜 ・柑橘系など酸味がないフルーツ ・生でない卵 この段階ではまだ食べないほうが良いものは ・辛いもの、甘味の強いもの ・揚げ物、油の多い炒め物以外 ・生のもの ・繊維の硬いもの(ごぼうやたけのこなど) 食べられるようになるとぱくぱく食べてしまいますが、そこでなんでも食べてしまうとまだ完全でない弱々しい胃腸があっというまに悪化して、不調をぶり返します。 朝からカツ丼を食べられると豪語していた筆者でさえ、油断して即普段通りの食事に戻したら、また苦しみが戻ってきました。 胃腸炎は、まさに炎症なのですね。 食べられるようなったら、まずは3日間、油断せずに消化のいい食事を意識することをおすすめします。 スポンサーリンク ウイルス性胃腸炎の時は水分は何で取る? ウイルス性胃腸炎の時は、下痢をしますので、とにかく水分を取ることが大事です。 OS-1という経口補水液が最適です。 ただ、たくさん飲もうと思うと・・・ドラッグストアや薬局で販売されていますが、値段がお手頃とは言えません。 ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツ飲料を3倍に薄めて飲むのがおすすめです。 なぜ薄めて飲むのか 食事が取れない時は、食品から取るはずの水分も取れないことになるので、余計に飲み物から取るように意識しなければなりません。 その時に、飲み物も、胃腸に負担が掛からないようなものを心がける必要があります。 甘すぎるもの、柑橘系のジュースは胃腸に負担がかかるので避けます。 なおかつ、食事で取れないカロリーも少しでも取れたほうが良いです。 スポーツ飲料も、清涼飲料水ですから、胃に負担がかかります。 また、薄めて飲む方が、濃いままよりも体に吸収されやすいちょうど良い濃度になります。 量も3倍になるし、費用対効果は抜群になります。 また、お湯で割ると暖かいし、口当たりもよく飲みやすくなり、いいことだらけです。 まとめ 胃が痛くても下痢をしても、食べ物でエネルギー補給をしなければいけないので悩ましいですが、最初はとにかく鮭おにぎりで乗り切って、症状が軽くなるまで辛抱しましょう。 症状が軽くなってからも油断は禁物で、胃腸にやさしいものから徐々に慣らしていく・・・と段階を踏むことがポイントです。 そこをすっとばすと、また胃腸炎からやり直す事に。 最短で治せるように、最低でも1~2週間かけて様子を見ましょう! はやく治りますようにー!.

次の