ホオズキ カズラ。 2018年3月18日(日)晴れ(調査班:岩原・白澤)

ゲンペイカズラの育て方

ホオズキ カズラ

サイサリスとはどんな花? サイサリスについて解説• サイサリスの名前の由来• サイサリスの誕生日花の日• サイサリスの種類 原種、園芸品種の花言葉や特徴• サイサリスに似た花 花言葉や特徴• まとめ 1. サイサリスとはどんな花? サイサリスとは、ほおずきのことです。 6月頃に五角形の白や薄い黄色の花を咲かせますが、花よりも、鮮やかな濃いオレンジ色をした提灯のような形の実を鑑賞することが多い植物です。 サイサリス ほおずき は、夏の風物詩として昔から日本では馴染みが深く、毎年夏になると各地でほおずき市が開催されています。 夜のほおずき市は、風鈴の音とともに目にも鮮やかなオレンジ色の実が浮かび上り、なんとも幻想的な光景になります。 お盆には仏花としても利用されていました。 古くから薬草としても利用されていますが、毒があることも知られています。 3-2. サイサリスを育てるコツ 3-2-1. 鉢植え 年間を通して日当たりの良い場所で育てます。 水は、土の表面が乾いたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えましょう。 ただし、水のやり過ぎは根腐れの原因になりますので気を付けます。 水やりは、朝や夕方の涼しい時間帯にしましょう。 強い日が当たる日中は水を与えないようにします。 3-2-2. 庭植え 水はけの良い場所で育てましょう。 少し湿り気のある肥沃な場所で良く育つ植物ですが、水 はけが悪いと白絹病がよく発生します。 水やりの必要はほとんどありません。 夏に晴天の日が続いて土壌が乾いているような時は水やりをしましょう。 水やりは、朝や夕方の涼しい時間帯にしましょう。 3-2-3. 植え付け、植え替え 鉢植え 植え付け、植え替えは3月〜4月頃に行います。 鉢植えの場合は、赤玉土中粒5:腐葉土3:酸度調整済みピートモス2の割合で配合した土にリン酸分の多い緩効性化成肥料を混ぜたものを用意するか、市販されている草花用培養土を使用しましょう。 サイサリスには、水はけと水もちのよい土が適しています。 鉢は6号サイズであれば、苗5〜6本が目安です。 植え替えは、年に1回を目安に一回り大きな鉢に植え替えます。 鉢の中が根でいっぱいになると根詰まりをおこし、生育が悪くなります。 3-2-4. 植え付け、植え替え 庭植え 庭植えの場合には、2〜3年に一度、新しい土に植え替えます。 同じ土に植えっぱなしにしていると、生育が悪くなります。 植え付けるときは、株と株の間隔が15〜20cmほどになるようにします。 密集しすぎると風の通りが悪くなり、蒸れて枯れたり、病気を引き起こすことがあります。 3-2-5. 病気、害虫 6月〜8月頃、気温が高く雨の日が続くと、白絹病が発生します。 病気が出てしまった株はすぐに処分しましょう。 4月〜8月頃には、アブラムシが付くことがあります。 見つけたら薬品を散布するなどしてすぐに退治しましょう。 3-5. サイサリスのマメ知識 3-5-1. ほおずき市 夏になると日本各地でほおずき市が開催されており、夏の風物詩として賑わっています。 中でも浅草の浅草寺で毎年7月に開かれているほおずき市は江戸時代から続く歴史のある市です。 ニュースでも取り上げられることが多く、境内には120件以上の露店が出て、ほおづきの鉢植えを所狭しと並べています。 毎年、地元の人や観光客でたいへんな賑わいを見せています。 3-5-2. 薬草としてのサイサリス 日本 日本では、古くから、腹痛や子供の夜泣きに効果がある薬草として親しまれてきました。 平安時代には鎮静剤として利用され、江戸時代には、堕胎剤として利用されていました。 又、青ほおずきは解熱剤として利用されていたとされています。 現在も一部の地域では、咳、痰、解熱、冷え性などの改善を目的とし、サイサリスを煎じて利用しています。 3-5-3. 薬草としてのサイサリス 海外 中国では、酸漿根 さんしょうこん と呼ばれるサイサリスの根から作られた生薬が、咳止めや解熱、利尿に効果があるとされる漢方薬の原料として用いられています。 ヨーロッパでは食用のサイサリスの果実はフルーツとして親しまれており、体内に脂肪が蓄積するのを防ぐ効果があるとされています。 3-5-4. サイサリスの毒性 鑑賞用のサイサリスには毒性があります。 株の全体に微量のアルカロイドが含まれており、誤って食べると腹痛を起こすことがあります。 特に根の部分にはヒストニンが含まれており、子宮を収縮させる作用があることから、妊娠中の女性が食べると流産の恐れがあります。 観賞用の品種は、絶対に口にしてはいけません。 6-2. 食用の品種 6-2-1. ショクヨウホオズキ ストロベリートマト 北アメリカ〜熱帯アメリカが原産の品種です。 ヨーロッパでは古くから栽培されており、完熟した果実は黄色いプチトマトのようで、甘酸っぱい味です。 日本では秋田県の特産品となっています。 山形県では、高校と協力してブランド化を目指しています。 北海道では20年程前から生産されています。 秋が週のフルーツで、ストロベリートマトという商品名で出荷されています。 6-2-2. シマホオズキ ゴールデンベリーホオズキ ペルー原産の品種で、薄い黄色の果実を付けます。 果実は甘酸っぱく、美容と健康に良いフルーツとして注目されています。 6-2-3. オオブドウホオズキ トマティーヨ 南米原産の品種で、果実はトマトに似た味がします。 メキシコ料理では一般的な食材です。

次の

ゲンペイカズラの育て方

ホオズキ カズラ

袋状の実が可愛らしい フウセンカズラ 科名:ムクロジ科 学名:Cardioapermum halicanabum 別名:バルーンバイン 原産地: 熱帯アメリカ アフリカ インド つる長:2m-3m 開花期:7月-9月 難易度 やさしい 耐寒性 よわい 耐暑性 (ふつう) フウセンカズラとは つる性の一年草でまきひげを出し、それをフェンスや他の植物に絡ませながらぐんぐん伸びて3mほどの長さに達します。 夏に緑がかった白色の小さな花を咲かせます。 花自体はさほど目立ちませんがその後にできる紙風船のような形をした袋状の果実が可愛らしくユニークです。 果実は径3cmほどで内側はホオズキのように空洞になっており、最初は明るいグリーンで熟すと茶色に変わります。 ひとつの果実からタネが3つとれます。 熟したタネは全体が黒くハート型の白い模様ができる可愛らしい姿です。 熱帯性の植物で、暑い夏にぐんぐん伸びて果実を付け、冬には寒さで枯れます。 タネがよくできるので秋に採ったタネは保存しておいて春にまきます。 花 種子 若い果実の断面 由来 属名のカルディオスペルマムはギリシア語のカルディア 心臓 とスペルマ 種子 からなり、種子に白いハート型の模様があることにちなみます。 種類 〔〕内は学名、C.. はCardioapermum の略。 フウセンカズラの仲間(カルディオスペルマム属)は熱帯アメリカ、アフリカ、インドなどに約14種類が存在しますが、その中でも観賞用に栽培されているのは フウセンカズラ〔C. halicanabum〕だけです。 果実が径1. 5cmほどと小さな コフウセンカズラ〔C. halicanabum microcarpum〕も知られています。 育て方 栽培カレンダー 肥料 日当たり・置き場所 日当たりと水はけの良い場所を好みます。 水やり・肥料 肥料を好む植物です。 真夏をのぞいて月3回ほど液体肥料を与えます。 ただし、チッソ分の多い肥料を与えると果実が落ちる原因にもなります。 できればリン酸分の多い肥料を使いましょう。 かかりやすい病気・害虫 特にありません。 植え付け・用土 水はけの良い土であれば、特に選ばずによく育ちます。 ふやし方 春に芽が出て夏に花(果実)を付け冬には枯れてしまう一年草なので、毎年タネをまいて育てます。 タネは発芽率がよいですが気温が低いと発芽しません。 あわてて早まきせず、気温が充分上がってからタネをまきましょう。 タネをまいた後は軽く土をかぶせて芽が出てくるまで乾かさないように管理しましょう。 タネは箱やビニールポットにまいて、ある程度の大きさ(本葉4~5枚)になったら植え付けてもよいですし、鉢やプランター、庭に直接まいて成長の遅いものや弱々しいものを間引きながら育ててもよいでしょう。 植え付ける数は6~7号鉢(直径18cm~21cm)に3株くらいが目安です。 手入れ 気温の上昇とともにぐんぐんと生長していくので、早めに支柱を立ててつるをからませる準備をしておきましょう。 フェンスやトレリスに絡ませるのもよいでしょう。 鉢植えにする場合はアサガオによく使うあんどん支柱を使うと場所もあまりとらない上に見栄えもよいです。 ある程度伸びてきたら、芽先を摘みます。 そうするとワキから新たに芽が出てきてよく茂ります。 ポイント ・タネまきは春に充分暖かくなってから ・早めに支柱を立てる ・生育期は肥料を与える 関連するページ ナス科、袋状の果実をつける ガガイモ科、袋状の果実をつける ヤサシイエンゲイ 京都けえ園芸企画舎 すくーでりあY・A・E 2010 お問い合わせ.

次の

「フウセンカズラ」の育て方|子どもも喜ぶ魅力とは?|cozre[コズレ]子育てマガジン

ホオズキ カズラ

サイサリスとはどんな花? サイサリスについて解説• サイサリスの名前の由来• サイサリスの誕生日花の日• サイサリスの種類 原種、園芸品種の花言葉や特徴• サイサリスに似た花 花言葉や特徴• まとめ 1. サイサリスとはどんな花? サイサリスとは、ほおずきのことです。 6月頃に五角形の白や薄い黄色の花を咲かせますが、花よりも、鮮やかな濃いオレンジ色をした提灯のような形の実を鑑賞することが多い植物です。 サイサリス ほおずき は、夏の風物詩として昔から日本では馴染みが深く、毎年夏になると各地でほおずき市が開催されています。 夜のほおずき市は、風鈴の音とともに目にも鮮やかなオレンジ色の実が浮かび上り、なんとも幻想的な光景になります。 お盆には仏花としても利用されていました。 古くから薬草としても利用されていますが、毒があることも知られています。 3-2. サイサリスを育てるコツ 3-2-1. 鉢植え 年間を通して日当たりの良い場所で育てます。 水は、土の表面が乾いたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えましょう。 ただし、水のやり過ぎは根腐れの原因になりますので気を付けます。 水やりは、朝や夕方の涼しい時間帯にしましょう。 強い日が当たる日中は水を与えないようにします。 3-2-2. 庭植え 水はけの良い場所で育てましょう。 少し湿り気のある肥沃な場所で良く育つ植物ですが、水 はけが悪いと白絹病がよく発生します。 水やりの必要はほとんどありません。 夏に晴天の日が続いて土壌が乾いているような時は水やりをしましょう。 水やりは、朝や夕方の涼しい時間帯にしましょう。 3-2-3. 植え付け、植え替え 鉢植え 植え付け、植え替えは3月〜4月頃に行います。 鉢植えの場合は、赤玉土中粒5:腐葉土3:酸度調整済みピートモス2の割合で配合した土にリン酸分の多い緩効性化成肥料を混ぜたものを用意するか、市販されている草花用培養土を使用しましょう。 サイサリスには、水はけと水もちのよい土が適しています。 鉢は6号サイズであれば、苗5〜6本が目安です。 植え替えは、年に1回を目安に一回り大きな鉢に植え替えます。 鉢の中が根でいっぱいになると根詰まりをおこし、生育が悪くなります。 3-2-4. 植え付け、植え替え 庭植え 庭植えの場合には、2〜3年に一度、新しい土に植え替えます。 同じ土に植えっぱなしにしていると、生育が悪くなります。 植え付けるときは、株と株の間隔が15〜20cmほどになるようにします。 密集しすぎると風の通りが悪くなり、蒸れて枯れたり、病気を引き起こすことがあります。 3-2-5. 病気、害虫 6月〜8月頃、気温が高く雨の日が続くと、白絹病が発生します。 病気が出てしまった株はすぐに処分しましょう。 4月〜8月頃には、アブラムシが付くことがあります。 見つけたら薬品を散布するなどしてすぐに退治しましょう。 3-5. サイサリスのマメ知識 3-5-1. ほおずき市 夏になると日本各地でほおずき市が開催されており、夏の風物詩として賑わっています。 中でも浅草の浅草寺で毎年7月に開かれているほおずき市は江戸時代から続く歴史のある市です。 ニュースでも取り上げられることが多く、境内には120件以上の露店が出て、ほおづきの鉢植えを所狭しと並べています。 毎年、地元の人や観光客でたいへんな賑わいを見せています。 3-5-2. 薬草としてのサイサリス 日本 日本では、古くから、腹痛や子供の夜泣きに効果がある薬草として親しまれてきました。 平安時代には鎮静剤として利用され、江戸時代には、堕胎剤として利用されていました。 又、青ほおずきは解熱剤として利用されていたとされています。 現在も一部の地域では、咳、痰、解熱、冷え性などの改善を目的とし、サイサリスを煎じて利用しています。 3-5-3. 薬草としてのサイサリス 海外 中国では、酸漿根 さんしょうこん と呼ばれるサイサリスの根から作られた生薬が、咳止めや解熱、利尿に効果があるとされる漢方薬の原料として用いられています。 ヨーロッパでは食用のサイサリスの果実はフルーツとして親しまれており、体内に脂肪が蓄積するのを防ぐ効果があるとされています。 3-5-4. サイサリスの毒性 鑑賞用のサイサリスには毒性があります。 株の全体に微量のアルカロイドが含まれており、誤って食べると腹痛を起こすことがあります。 特に根の部分にはヒストニンが含まれており、子宮を収縮させる作用があることから、妊娠中の女性が食べると流産の恐れがあります。 観賞用の品種は、絶対に口にしてはいけません。 6-2. 食用の品種 6-2-1. ショクヨウホオズキ ストロベリートマト 北アメリカ〜熱帯アメリカが原産の品種です。 ヨーロッパでは古くから栽培されており、完熟した果実は黄色いプチトマトのようで、甘酸っぱい味です。 日本では秋田県の特産品となっています。 山形県では、高校と協力してブランド化を目指しています。 北海道では20年程前から生産されています。 秋が週のフルーツで、ストロベリートマトという商品名で出荷されています。 6-2-2. シマホオズキ ゴールデンベリーホオズキ ペルー原産の品種で、薄い黄色の果実を付けます。 果実は甘酸っぱく、美容と健康に良いフルーツとして注目されています。 6-2-3. オオブドウホオズキ トマティーヨ 南米原産の品種で、果実はトマトに似た味がします。 メキシコ料理では一般的な食材です。

次の